観光情報まとめ

【ミャンマー】バガンの観光情報まとめ【旅行で必ず訪れたい世界三大仏教遺跡の1つです】

お得なキャンペーン情報

ソフトバンクグループが運営する電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやタブレットで気軽に読めるのでとても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

こんにちは、ミャンマー好き海外のノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者
質問者

今度ミャンマーを観光します。行く場所に迷っているんですが、バガンはやっぱり行くべきですか?ヤンゴンから遠いみたいなので、そのあたりのこと詳しい人がいたら知りたいです。

という方向けに、今回はバガンへ3度訪れたことがある僕が、現地の観光情報をまとめていきます。

結論を先に言うと、バガンはミャンマーを訪れる人はぜひとも訪れて欲しい場所です。

特に、バガンはこれから観光客がもっと増えるとも言われている場所で、できるだけ観光客の少ない今のうちに行っておくべき場所だと個人的には思います。

この記事を読めばバガン旅行に必要な情報を事前にかなり網羅することができるので、旅行の参考にぜひ読んで見てください(^^)

ちなみに、日本からミャンマーへは最大都市のヤンゴンか第2都市のマンダレーへ行く必要があります。

最低価格保証付き格安航空券一括検索サイトのサプライスか、ホテルとセットで割引になるエクスペディアで航空券を探すのがおすすめですよ。

また、日本発着のツアーでもバガンを訪れることは可能となっています。

バガンってどんなところ?

バガン(Bagan)はミャンマー中部、マンダレー地方域にある仏教寺院や仏塔が並ぶ地域になります。

▼バガンの場所

パガン朝時代の首都

バガンは旧名では「パガン」と呼ばれ、11世紀から13世紀にかけてその土地を治めたビルマ族によって建てられたパガン王朝の首都でした。

現在でもその当時建てられた建築物が数多く残り、王宮があったエリアは今では通称「オールド・バガン」と呼ばれれています。

3,000以上の寺院や仏塔が集まる世界三大仏教遺跡

バガンには3,000を超える仏塔寺院が乱立していて、カンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボロブドゥールと並び、世界三大仏教遺跡の1つとなっています。

広大な大地に遺跡がタケノコのようにそびえる景観は唯一無地の光景であり、とにかく圧巻です。

ぐちを
ぐちを
他の仏教遺跡とはまた異なる雰囲気の場所なので、この素晴らしい景観を見るために必ず訪れるべきです。

 

バガンをいま観光するべき理由

僕がバガンに行くなら今がおすすめと思う理由をご紹介します。

世界遺産にまだ登録されていない

バガンはその歴史的価値の高さにも関わらず、未だに世界遺産に登録されていません。

正確には、1997年に一度世界遺産登録の申請をユネスコにしていますが、その時は却下されました。

その理由は

  • 軍事政権時代に作られたゴルフ場や展望塔が景観を損ねている
  • 遺跡の修復が建造当時のやり方で行われていない

といった世界遺産を統括するユネスコが世界遺産への登録に求めている条件を満たさなかったためです。

そんなバガンですが、現ミャンマー政府の主導によって再び世界遺産登録を目指しており、登録の可否が2019年の7月に判断されることになりました。

仮に世界遺産に登録された場合、今よりも認知度が上がって観光客がさらに増えると予想されます。

つまり、バガンに行くなら世界遺産に登録される前の今が、観光客も少ないので観光しやすいと思います。

ぐちを
ぐちを
ユネスコとしてもバガンの歴史的価値自体は強く認めているみたいなので、再度どのような判断を下すのか注目ですね。

ミャンマー入国に必要だったビザが期間限定で不要に

今までミャンマーへの入国には、観光での滞在でもビザ(査証)が必要でした。

それが、2018年10月から試験的に1年間、日本人と韓国人を対象にビザが免除となっています。

あわせて読みたい
【結論】ミャンマーの観光ビザ免除について【最終報告です】 ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(guchiwo583)です。 今回は10月から行われる日本人・韓国人を対象とするミャンマ...

ビザの取得にはこれまで50USドルが必要だったので、それが0になるのはかなり大きいです。

しかし、あくまでも試験的な取り組みなので、2年目以降も継続されるかは現段階では分かりません。

なので、できるだけ2019年9月末までの間にミャンマーを訪れ、バガンを観光するのがおすすめです。

 

バガンに観光で訪れたらするべきこと

僕が思う、バガンに観光で訪れたらするべきことは以下になります。

遺跡巡りをする

言わずもがな、バガンの遺跡巡りは観光のメイントピックです。

日中の時間帯を中心に、広大なバガンの大地を巡りながら仏教寺院や仏塔を巡りましょう。

ちなみに、バガンはとても広大で、徒歩で観光することは不可能。

そのため以下の移動手段を確保する必要があります。

▼バガンの遺跡巡りでの移動手段

  • 自転車
  • Eバイク
  • 馬車
  • タクシー

この中で、おすすめはEバイクです。

Eバイクとは、電動で動く蓄電池式電動バイクのことで、バガンでは中国製のこの電動バイクが観光の拠点であるニャウンウーやニュー・バガンのはじめ、あちこちでレンタルできます。

自転車、馬車、タクシーもアリですが、料金も安く機動性に優れたEバイクが1番コスパの良い移動手段になりますね。

また、後ほど詳しく解説しますが、現地オプショナルツアーでバガンの観光スポットを巡ることも可能です。

▼バガンのEバイクについて詳しくはこちらの記事をどうぞ

あわせて読みたい
バガンの遺跡観光は電動バイク(Eバイク)がおすすめです【利用方法・注意点を詳しく解説】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 というわけで、今回は ...

サンライズ&サンセットを鑑賞する

サンライズサンセットを鑑賞するのもバガンでぜひやるべきことの1つ。

残念ながら現在はほとんどの仏塔に登ることができなくなっていますが、新しく建設された鑑賞用の丘や、穴場の寺院に登って引き続き鑑賞することが可能です。

▼バガンのサンセット鑑賞場所について詳しくはこちらをどうぞ

あわせて読みたい
【2019年最新】バガンで夕日(サンセット)鑑賞におすすめの場所を紹介【穴場あり】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回は現地を3度訪れ...

サンライズについては乾季の10〜4月限定で、気球ツアーに参加して鑑賞することもできます。

▼バガンの気球ツアーについて詳しくはこちらをどうぞ

あわせて読みたい
【10月〜4月限定】バガン気球ツアーの情報まとめ【日本語アシスタント付きツアーもあります】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はバガンを3度訪...

ポッパ山を訪れる

ポッパ山(Mount Popa)は、バガンの近郊にある標高1,518メートルの山で、山頂に仏教寺院が建てられており、巡礼場所となっている場所。

仏教以外にも、ミャンマーの土着信仰である「ナッ信仰」の聖地としても知られています。

ポッパ山は山頂からの景色も格別なので、バガンを旅行するならぜひ時間を作って訪れたい場所ですね。

基本的にはバガンのホテルでツアーの手配をすることが可能ですが、日本語ガイドをつけたい人は以下から予約することができます。

ぐちを
ぐちを
ちなみに、ポッパ山を眺められるポッパ マウンテン リゾートというリゾートホテルもあるので、現地で宿泊するのもアリですね。

 

バガンのおすすめ観光スポット

バガンのおすすめ観光スポットについては以下の記事にまとめました。

バガンは見所がとにかく多いので、旅行期間が短い人はある程度場所を選別する必要があるでしょう。

アーナンダ寺院やブー・パヤーなど、定番の見所は基本的にオールド・バガンに集中しています。

▼バガンのおすすめ観光スポットを定番から穴場まで網羅した記事

あわせて読みたい
【網羅】バガンで訪れるべきおすすめ観光スポット25選【3度訪れた僕がエリア別に厳選する】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 こんな疑問にお答えしていきます。 ...

 

ミャンマー各都市からバガンへの行き方

ここからは、バガンへの行き方を詳しく解説

2019年3月現在、バガンへは国際便が就航していないため、1度ミャンマーの都市を経由する必要があります。

ヤンゴンからバガンへの行き方

ヤンゴンからバガンへは飛行機バスを利用するのがおすすめです。

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

あわせて読みたい
【2019年】ヤンゴンからバガンへの行き方を詳しく解説【飛行機・バス・鉄道での移動方法】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 といった方向けに、今回はミャンマーの...

マンダレーからバガンへの行き方

マンダレーからは飛行機バス(ミニバス)鉄道クルーズ船といった移動手段がありますが、基本的にはミニバスで十分ですね。

ただし、ミャンマーを南北に流れるエーヤワディー川を下ってマンダレーからバガンまでクルーズ船で旅をする経験はここでしか味わえない特別なものがあるので、そちらを利用するのもおすすめです。

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

あわせて読みたい
【2019年】マンダレーからバガンへの行き方を詳しく解説【飛行機・バス・ミニバス・クルーズ船・鉄道での移動方法】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、現地の交通事情にある...

ニャウンシュエ(インレー湖)からバガンへの行き方

インレー湖観光の拠点の町であるニャウンシュエからは、バスか飛行機でバガンへアクセス可能です。

バスはニャウンシュエのホテルで手配可能、ピックアップ付きで片道6時間くらいです。

飛行機はニャウンシュエ近郊のヘーホー空港からバガンのニャウンウー空港まで1日1便の直行便が運行されています。

飛行機の予約はExpediaを活用するのがおすすめですね。

航空券+ホテルの予約で割引も適用されますよ。

 

バガンで観光におすすめのホテル

バガンで観光におすすめのホテルを紹介。

ちなみに、バガンは大きく以下の3つのエリアに分かれています。

  • ニャウンウー:空港、バスターミナルがあるバガン最大の町
  • オールド・バガン:バガンの歴史建築が立ち並ぶエリア
  • ニュー・バガン:オールド・バガンの南にある小さな町

それぞれの場所にホテルがあるので、予約の際は立地をよく考慮する必要がありますね。

▼バガンの高級ホテルまとめ

あわせて読みたい
【5つ星も紹介】バガンでおすすめの高級ホテル10選をエリア別に紹介 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問にお答えしていき...

▼バガンの格安宿まとめ

あわせて読みたい
【2019年】バガンのおすすめゲストハウス&ホステル5選【1泊2000円以下】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問にお答えしていき...

 

バガンの観光スポットを訪れる現地ツアーについて

バガンの観光はツアーを利用するのもおすすめです。

特に、初めて訪れる人や英語でのやりとりに不安がある人、歴史などを詳しく学びたい人には特におすすめしたいですね。

現地での移動手段も特に考える必要がないのはとても楽なので、ぜひ検討してみてください。

日本発着ツアーもありますよ。

 

バガンの治安について

2019年3月時点、外務省の海外安全ホームページではバガンの危険度はレベル1(十分注意)となっていますが、バガンの治安はとても良いです。

特に、ミャンマーを代表する観光地でツーリストポリスも存在するので、旅行者の安全は比較的確保されています。

 

バガンで観光客が注意するべきこと

バガンで観光客が注意するべきことは大きく以下の2点です。

①現地の仏教文化への配慮

バガンは仏教の聖地であり、現在でも現地住民にとっては信仰の対象として存在している場所になるので、外国人観光客は仏教文化への理解と配慮が必要です。

代表的なものでは、以下のルールを守る必要があります。

  • 遺跡(寺院・パゴダ)の敷地内は土足禁止
  • 肩や膝上を露出する服装は禁止
  • 仏陀の刺青が体に彫ってあるのは禁止

特に、土足禁止の文化は徹底されており、観光客が最も守らなければいけないルールとされています。

過去には外国人観光客が逮捕された例もあるので、必ず守るようにしましょう。

▼参考ツイート

②交通事故

特にEバイクや自転車を運転する際は、交通事故に注意が必要です。

バガンではまだヘルメット装着の義務化がなされておらず、Eバイクはノーヘルで運転することになり、少なからずリスクがあります。

また、幹線道路沿いはスピードを出す車も多く、また道もデコボコしているので危険があります。

必ずバイクや自転車は道路脇に避けて運転し、安全運転を心がけましょう。

 

まとめ:バガンを観光するなら今がおすすめ

以上、バガンの観光情報まとめでした。

バガンは、ミャンマーへ行くなら必ず行って欲しい場所です。

特に、世界遺産に登録される前でまだ観光客が少なく、ビザ免除が確定となっている2019年9月までがバガンを訪れる絶好のチャンスです。

ぜひ、今年の海外旅行はぜひミャンマーを選んで欲しいと思います。

というわけで、今回の記事は以上になります。

それでは良い旅を(^^)

▼ミャンマー旅行の持ち物リストはこちら

あわせて読みたい
ミャンマー旅行に必要&便利な持ち物をまとめました【必需品・役立つアイテムを紹介】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマド(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はミャンマーに何度も訪れ...