アクセス

【2019年】日本からミャンマーへの行き方とおすすめ格安航空券サイトを解説【飛行機の直行便や乗り継ぎ便】

お得なキャンペーン情報

月額たったの500円で漫画や雑誌が読み放題の電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやタブレットで気軽に読めるので、とても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者さん
質問者さん

日本からミャンマーへ行くには、何の航空会社で行けますか? 直行便や格安の乗り継ぎ便、おすすめの航空券予約サイトなど詳しく知りたいです。

という方向けに、今回はミャンマーに何度か訪れたことのある僕が記事を書いていきます。

ちなみに先に言っておくと、日本からミャンマーへの航空券を探すなら、最低価格保証付きのサプライスか、ホテルとセットで割引になるエクスペディアを利用するのがおすすめです。

詳しくは記事の後半でも解説しているので、ぜひ参考にしてもらえればと思います(^^)

 

日本からヤンゴンへの飛行機での行き方

まずは、ミャンマーの最大都市ヤンゴン(Yangon)へ日本から行く方法です。

直行便は東京(成田)発の全日空(ANA)のみ

2019年2月現在は、全日空(ANA)が1日1便、成田国際空港とヤンゴン国際空港を結ぶ直行便を運航しています。

時期にもよりますが往復10万円前後で、時間は下記の通り。

往路:成田11:00発 → ヤンゴン16:30着

復路:ヤンゴン22:10発 → 成田6:45着(翌日)

使用機材は中型旅客機であるボーイング767-300です。

日本のフルサービスキャリアなので安心できますが、やはり乗り継ぎ便と比べると高く、ビジネスやツアー向きですね。

また、成田以外からの直行便は無いので、首都圏在住でない人は乗り継ぎ便の利用のみになります。

乗り継ぎ便の選択肢は多い

乗り継ぎの便の場合は選択肢が多く、代表的なのはこちら。

  • エアアジアなどのLCCを利用してバンコクやクアラルンプール経由
  • タイ航空を利用してバンコク経由
  • マレーシア航空を利用してクアラルンプール経由
  • ベトナム航空を利用してホーチミン経由
  • 中国国際航空を利用して北京経由

最安では往復5万円程度ですね。

やはりLCCであるエアアジアがほとんどの場合は最安ですが、荷物代や食事代が別なので、それを考慮すると、実はLCCじゃない航空会社とあまり値段が変わらないこともあるので、要チェックですね。

 

日本からマンダレーへの飛行機での行き方

続いて、ミャンマー第2の都市マンダレー(Mandalay)への行き方です。

日本からマンダレーへは乗り継ぎ便のみ

2019年2月現在、日本からマンダレーへの直行便はありません。

乗り継ぎ便の場合は、

  • タイ航空を利用してバンコク経由
  • 中国東方航空を利用して上海経由

などがあり、往復6万円程度になります。

別々に航空券を買うと安くなることもある

ちょっとした裏技ですが、別々に航空券を買う方法もあります。

例えば、タイのバンコクからマンダレーへはエアアジアが直行便を運航しており、片道1万5,000円程度です。

この場合、日本からバンコクと、バンコクからマンダレーを別々に購入すると、日本からマンダレーを一括で予約するより安くなる可能性があります。

ただし、これはLCCを利用する場合にほぼ限ります。

また、経由地のバンコクで再チェックインする必要もあり、ただの乗り継ぎだけでは少し面倒なので、あくまでも1~2日程度のバンコク旅行との組み合わせでの利用がおすすめです。

 

日本からミャンマーへのおすすめ格安航空券予約サイト

日本からミャンマーへの航空券を探すなら、以下の予約サイトがおすすめです。

サプライス

サプライスは旅行業界大手のH.I.Sが運営する航空券予約サイトで、大手旅行会社が運営している安心感と、圧倒的な価格の安さが最大の特徴です。

頻繁にクーポンを配布していて結果として1番安く航空券が購入できる機会が多いほか、最低価格保証というサービスがあり、他の航空券予約サイトよりもサプライスの方が高かった場合にはその差額を返金してくれます。

ミャンマーへの航空券を買う際もこのサプライスを利用すれば割安になる可能性が極めて高いです。

エクスペディア

(引用:エクスペディア)

エクスペディア、航空券とホテルをセットで予約することで、ホテル代金が最大で全額OFFになるサービス(AIR+割)を実施しています。

他サイトもこれと同じサービスを提供しているものが多いですが、エクスペディアはその中でも割引率が比較的高いので、航空券とホテルをセットで購入する際はぜひこちらを利用するのがおすすめです。

 

まとめ:日本からミャンマーへの飛行機は直行なら全日空(ANA)1択、乗り継ぎなら様々です

以上、日本からミャンマーへの行き方の解説でした。

日本からミャンマーへの直行便は、東京(成田)と最大都市ヤンゴンを結ぶ全日空の1択のみですが、乗り継ぎ便なら第2都市マンダレーを含めて様々な選択肢があります。

航空券を探す際は、最低価格保証付きのサプライスかホテルとセットで割安になるエクスペディアを活用し、少しでもお得に日本とミャンマーを行き来しましょう。

というわけで、今回の記事は以上になります。

それでは良いミャンマー旅行を(^^)

▼ミャンマー旅行の持ち物リストはこちら

あわせて読みたい
ミャンマー旅行に必要&便利な持ち物をまとめました【必需品・役立つアイテムを紹介】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマド(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はミャンマーに何度も訪れ...