アクセス

【2019年版】マンダレー市内からアマラプラへの行き方【タクシー・ピックアップ・現地ツアー情報】

ぐちを
ぐちを
元学生バックパッカーで現海外ノマド、海外では特にミャンマーが好きで他に50ヵ国くらい渡航経験ありのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
マンダレー市内からアマラプラに行きたいんだけど、どうやって行けばいいの?

という方向けに、今回は現地の交通事情にある程度詳しい僕が記事を書いていきます。

3分程度で読めるかと思うので、旅行の参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

結論を先に言うと、マンダレー市内からアマラプラへはタクシーピックアップを利用してアクセスできます。

また、記事内で詳しく解説しますが、現地オプショナルツアーを使って観光もできるので、この記事を読みつつ合わせて検討してみてください。

▼マンダレー行きの格安航空券検索はこちら

マンダレー市内からアマラプラへの行き方は2通り

マンダレーの街並み

繰り返しますが、マンダレー市内からアマラプラへの移動手段は自力の場合、以下の2通りです。

  • タクシー(バイクタクシー)
  • ピックアップ

ピックアップはタイのソンテウのような、軽トラックの荷台に人を乗せて運ぶ現地の移動手段になります。

 

マンダレー市内からアマラプラへタクシーでの行き方

ミャンマーのタクシー(ヤンゴン)

最も効率が良い自力での移動方法は、マンダレー市内でタクシーかバイクタクシーを拾うことです。

料金はだいたい片道10,000チャット(約750円)くらいで向こうが言ってくるので、必要に応じて値下げ交渉しましょう。

ドライバーが往復でアマラプラや場合によってはインワなどの観光スポットを巡るプランを交渉してくる可能性もあり、その場合はだいたい20,000~30,000チャット(約1,400~2,100円)くらいで向こうが掲示してくるかと思いますが、ゆっくり観光しにくくなるかもしれないのでそこは注意が必要です。

タクシーであれば複数人で割ることができるので、その場合は1人換算でお得に移動することができますね。

ぐちを
ぐちを
 ちなみに帰りはウーベイン橋付近にタクシーやバイクタクシーが夕方の時間帯に集まっているので、そこから帰ることができます。

 

マンダレー市内からアマラプラへピックアップでの行き方

ピックアップ(マンダレー)

ピックアップは少し利用のハードルが高いので、主にミャンマー慣れしている人やバックパッカーにおすすめの移動手段になります。

アマラプラ方面行きのピックアップは、マンダレー市内の30番通り(30th Street)と84番通り(84th Street)の交差点付近から出発しています。

▼だいたいこの辺り

ぐちを
ぐちを
インワやサガイン方面のピックアップもこの交差点から出発してますよ。

運転士や客引きに「アマラプラ?」と聞けばどのピックアップがアマラプラ行きか教えてくれるはずです。

マンダレー市内からアマラプラまでの料金は500チャット(約35円)とかなり安いですが、移動の所要時間は40~1時間くらいと長くかかってしまい、かつ乗り心地はあまり良くないのでそこは注意してください。

Maps.meというGPS機能付き地図アプリでマンダレーの地図をダウンロードしておけば、自分が今どこにいるのかネット無しで確認できるので、アマラプラ付近に着いたらピックアップを降りましょう。

MAPS.ME オフライン地図とナビゲーション
MAPS.ME オフライン地図とナビゲーション
開発元:MY COM
無料
posted withアプリーチ

 

▼だいたいこの辺で降りると良いと思います

ピックアップの通る道からアマラプラの観光スポット(ウーベイン橋など)までは若干の距離(徒歩15分くらい)があります。

ちなみに、現地のミャンマー人も値段に関してはほとんどの人が英語で答えられるので特に言葉の面で問題はないかと思いますが、それ以外の会話はあまりできない人もいるので、念のため指差し会話帳を持っておくと安心ですね。

 

現地ツアーでマンダレー市内からアマラプラを観光することも可能

ミャンマーの女性とウーベイン橋(引用:Pixabay)

アマラプラへの観光は、現地オプショナルツアーを利用する方法もあります。

こちらは移動手段を確保してもらえますし、ホテル発着プランになるのでとても楽ちん。

日本語ガイド付なので英語が苦手な人も安心ですし、歴史などの勉強もできるのでおすすめですね。

ベルトラではマンダレー市内の観光スポットとを合わせて巡るツアー、またH.I.Sでは近郊のダトゥータウン洞窟とセットで訪れるプランがあります。

 

まとめ:マンダレー市内からアマラプラへの行き方は、それぞれ好きな方法を選びましょう

ウーベイン橋(アマラプラ)

以上、マンダレー市内からアマラプラへの行き方でした。

まとめると以下の通りですね。

料金(片道) 所要時間(片道)
タクシー(バイクタクシー) 5,000~10,000K 20~30分
ピックアップ 500K 40~60分

どちらがおすすめかは人によると思うので、それぞれ好きな方を利用しましょう。

アマラプラはマンダレーから日帰り可能な観光地で、特に夕暮れ時のウーベイン橋がおすすめです。

ぜひマンダレー旅行の際は訪れてみてください(^^)

▼マンダレー行きの格安航空券検索はこちら

ミャンマーでネットを使う
  1. レンタルWiFi
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。ミャンマー旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。ミャンマー旅行であればtelenorといった現地SIMか、タイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!