アクセス

【2019年版】マンダレー市内からインワへの行き方【タクシー・ピックアップ・ボート・馬車・現地ツアー情報】

ぐちを
ぐちを
こんにちは、海外(特にミャンマー)が好きで50ヵ国くらい渡航経験があるブロガーのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
マンダレーからインワってどうやったら行けるの?

という方向けに、今回は現地の交通事情にある程度詳しい僕が記事を書いていきます。

3分程度で読めるかと思うので、旅行の参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

▼マンダレー行きの格安航空券検索はこちら

また、マンダレーからインワへは現地オプショナルツアーを使って観光もできるので、この記事を読みつつ合わせて検討してみてください。

マンダレー市内からインワへの行き方

マンダレーの大通り

マンダレー市内からインワへの移動手段は自力の場合、以下があります。

  • タクシー
  • バイクタクシー
  • ピックアップ

ピックアップはタイのソンテウのような、軽トラックの荷台に人を乗せて運ぶ現地の移動手段ですね。

ちなみに、バイクタクシー以外ではインワまで直接行くことができず、タクシーやピックアップは途中のアマラプラで乗り換えが必要となります。

 

インワの観光スポットを巡る移動手段によって行き方が変わる

インワの観光用馬車

インワの観光スポットを巡るには以下の移動手段があります。

  • ボート+馬車
  • バイクタクシー

インワはアマラプラから川を挟んで対岸にあり、ボートで川を超えるかバイクタクシーで迂回し、橋を渡って行く必要があります。

このどちらを利用するかで、マンダレーからの移動方法が若干異なってきます。

ボートはアマラプラ〜インワ間で片道2,000チャット(約140円)です。

インワに渡ったあとの馬車は2時間の観光プランで1万チャット(約720円)、遠方のローカタラピェ・パゴダまで巡る場合は1万5,000チャット(約1,080円)くらいが相場になります。

ぐちを
ぐちを
馬車は2人乗りになります。

一方、バイクタクシーはアマラプラ周辺から往復する場合、10,000チャット(約720円)くらいが相場です。

バイクタクシーのほうが小回りが利きますが、馬車のほうが風情があるので基本はそちらがおすすめですね。

 

マンダレー市内からインワへタクシーでの行き方

ミャンマーのタクシー(ヤンゴン)

タクシーでインワへ行く場合は、ボート乗り場まで行くか、途中のアマラプラでバイクタクシーへの乗り換えになります。

ただし、初めからバイクタクシーであれば、ドライバー次第ではマンダレー市内からインワ観光まで通しでしてくれるかもしれません。

その場合、往復+インワ巡りで20,000~30,000チャット(約1,400~2,150円)くらいになると思います。

ただし、マンダレー市内から拾う場合はインワの地理に詳しくないドライバーに当たる可能性があるので注意です。

他方、ボートの乗り場へ行ってボート+馬車でインワ観光をしたい人は「インワジェッティ(Inwa Jetty)」と伝えれば運転手に理解してもらえると思います。

その場合、市内からボート乗り場までの料金は片道10,000チャット(約720円)くらいが相場ですね。

 

マンダレー市内からインワへピックアップでの行き方

ピックアップでインワへ行く場合は、まず「アマラプラ」方面へ行くピックアップに乗ります。

アマラプラ方面行きのピックアップは、マンダレー市内の、30番通り(30th Street)と84番通り(84th Street)の交差点付近から出発しています。

▼だいたいこの辺り

運転手や客引きに「アマラプラ?」と言えばどのピックアップか教えてくれますし、「インワジェッティ」でも理解してもらえるかもしれません。

ピックアップの料金は片道500チャット(約35円)で、アマラプラまでの所要時間は40~1時間くらいです。

ただし、ピックアップはインワへのボート乗り場までは行かないので、途中の分岐路で途中下車しそこからは徒歩移動になります。

Maps.meというGPS機能付き地図アプリでマンダレーの地図をダウンロードしておけば、自分が今どこにいるのかネット無しで確認できるので、ボート乗り場への分岐路付近に着いたらピックアップを降りましょう。

MAPS.ME オフライン地図とナビゲーション
MAPS.ME オフライン地図とナビゲーション
開発元:MY COM
無料
posted withアプリーチ

 

▼だいたいこの辺で降りると良いと思います

適当にピックアップを降りたら、ボート乗り場まで向かうか、バイクタクシーを拾ってインワ観光に行きましょう。

注意:帰りのピックアップは17時で終了

馬車でのインワ観光を終えて、ボートでアマラプラへ戻り、マンダレーへの帰りも分岐点のところからピックアップを拾えます。

ただし、ピックアップは17時で終了になるようなので、注意が必要です。

▼下記ツイート参照

こんな感じなので、インワ観光の際は夕方早めにマンダレーへ戻れるプランを組んだほうが良いですね。

 

現地ツアーでマンダレー市内からインワを観光することも可能

ミャンマーの女性とウーベイン橋(引用:Pixabay)

マンダレー市内からインワを観光するなら、現地オプショナルツアーを使う方法もあります。

自力でインワまで行くのは結構めんどうなので、ホテル発着で移動手段も心配する必要のないツアーは普通におすすめです。

日本語ガイド付きなので、歴史の勉強もできますね。

ツアーはH.I.Sによるもので、近郊のサガインとセットで、インワは馬車で巡るプランとなります。

また、夕方にアマラプラのウーベイン橋にも訪れるプランなので、あちこちと巡れてお得な内容となっています。

 

まとめ:マンダレー市内からインワへの行き方はインワを馬車かバイクタクシーで巡るかで若干異なる

マハーアウンミェ僧院(インワ)

以上、マンダレー市内からインワへの行き方でした。

自力で移動する場合、インワを馬車で巡るかバイクタクシーで巡るかで移動方法が若干異なります。

基本的にはインワは馬車巡りがおすすめできるので、ボート乗り場までの往復をタクシーにするかピックアップにするかで検討するのが良いと思います。

自力移動は多少ややこしく旅慣れしてないと不安な面もあるので、場合によっては現地オプショナルツアーを検討してみるのも良いでしょう(^^)

▼マンダレー行きの格安航空券検索はこちら

ミャンマーでネットを使う
  1. レンタルWiFi
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。ミャンマー旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。ミャンマー旅行であればtelenorといった現地SIMか、タイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!