観光情報まとめ

【ミャンマー】マンダレーの観光情報まとめ【郊外にも見所多数ありな碁盤目状の古都です】

お得なキャンペーン情報

ソフトバンクグループが運営する電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやiPadで気軽に読めるので、とても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる(初月に解約すれば無料です)

こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者さん
質問者さん

ミャンマーのマンダレーってどんなところですか? 観光情報を一通りまとめていただけると嬉しいです。

という方向けに、今回は現地にある程度詳しい僕がマンダレーの観光情報をまとめていきます。

行き方やホテル情報などもひととおり網羅していくので、マンダレー旅行の参考に読んでもらえると嬉しいです(^^)

ちなみに、日本からマンダレーへは最低価格保証付き航空券一括予約サイトのサプライスか、ホテルとセットで割引になるエクスペディアを利用するのがおすすめですよ。

マンダレーってどんなところ?

マンダレー(Mandalay)は、ミャンマー中部に位置する同国第2の都市で、マンダレー地方域(Mandalay Division)の州都です。

▼マンダレーの場所

ミャンマー版京都のような碁盤目状の古都

マンダレーは中心部が王宮を中心に道路が碁盤目状になっているのが特徴で、その様子はさながらミャンマー版の京都のような存在です。

鉄道駅やバスターミナルなど、交通の拠点は王宮の西や南西エリアに集中し、近辺はダウンタウンと呼ばれています。

ダウンタウンにはホテルやレストランも数多くあるため、観光の拠点にするのもおすすめです。

郊外にも歴史的な見所が多い

マンダレーは古都なので中心部に見所が多数ありますが、それに加え郊外にも見所が多いです。

代表的な場所が

  • アマラプラ
  • インワ
  • サガイン
  • ミングォン

といった場所になります。

このうち、ミングォン以外の3ヶ所は過去にミャンマー(旧ビルマ)の王朝の首都になった過去があります。

▼アマラプラの観光情報まとめはこちら

あわせて読みたい
【ミャンマー】アマラプラの観光情報まとめ【世界最長の木造橋があるマンダレー郊外の由緒ある古都です】 ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった疑問にお答えしていきます。 ...

▼インワの観光情報まとめはこちら

あわせて読みたい
【ミャンマー】インワの観光情報まとめ【地震によって衰退した旧ビルマ王朝の都】 ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回は現地にある程度詳しい僕がイ...

▼サガインの観光情報まとめはこちら

あわせて読みたい
【ミャンマー】サガインの観光情報まとめ【マンダレー郊外の仏塔と寺院の集まる宗教都市】 ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回は現地にある程度詳しい僕がサ...

▼ミングォンの観光情報まとめはこちら

あわせて読みたい
【ミャンマー】ミングォンの観光情報まとめ【巨大仏塔があるエーヤワディー川沿いの小さな集落】 ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回は現地にある程度詳しい僕がミ...

 

マンダレーに観光で訪れたらするべきこと

僕が思う、マンダレーに観光で訪れたらするべきことは以下です。

郊外を含め、歴史的な見所を訪れる

郊外を含め、歴史的な見所を訪れるのがマンダレー旅行のハイライトだと思います。

マンダレー中心部にそびえる王宮や、マハムニ・パゴダクトードー・パゴダシュエナンドー僧院に代表されるマンダレーの仏教建築を訪れましょう。

また、マンダレー・ヒルサガイン・ヒルに登って素晴らしい景色を望むのもおすすめです。

アマラプラのウーベイン橋で夕日を鑑賞する

マンダレー郊外のアマラプラには、ウーベイン橋という世界最長の木造の橋があります。

ここは、夕日の時間帯が特に美しい場所としても有名。

雨季(6月〜11月)は橋一帯に湖ができあがるので、ボートで遊覧しながら夕日を鑑賞することもできますよ。

とにかく絶景なので、マンダレー滞在中は夕方にウーベイン橋を訪れる旅程を組むことをおすすめします。

 

マンダレーのおすすめ観光スポット

マンダレーのおすすめ観光スポットは以下の記事にまとめました。

市内中心部と郊外を含め、網羅しています。

全部訪れるとなると2〜3日必要なので、1〜2日程度の滞在の人は選別が必要ですね。

▼マンダレーのおすすめ観光スポット

あわせて読みたい
【2019年】マンダレーのおすすめ観光スポット16選【市内・郊外を網羅】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 といった方向けに、今回は過去にマンダ...

 

ミャンマー各都市や日本・タイからマンダレーへの行き方

ミャンマー各都市からや、日本やタイからマンダレーへの行き方を解説していきます。

ヤンゴンからマンダレーへの行き方

ヤンゴンからマンダレーへは飛行機バス鉄道といった行き方があります。

おすすめは飛行機かバスのどちらかですね。

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

あわせて読みたい
【2019年】ヤンゴンからマンダレーへの行き方を解説【飛行機・バス・鉄道での移動方法】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回は記事を書いてい...

バガンからマンダレーへの行き方

バガンからマンダレーへは飛行機バス(ミニバス)鉄道クルーズ船といった移動方法がありますが、基本的にはバスをおすすめします。

バガンのホテルから基本的にマンダレーまでのバスチケットを手配することができるので、それを活用すると良いですね。

ちなみに、OK Expressというミニバスの会社であれば、マンダレーのホテルまでの送迎もしてもらえるようです。

クルーズ船はエーヤワディー川をのんびり遊覧しながら移動するもので、少しラグジュアリーな旅を楽しみたい人向けの移動手段になります。

日本からマンダレーへの行き方

日本からマンダレーへは、タイ経由や中国経由の乗り継ぎ便を利用して行くことができます。

航空券は最低価格保証付き航空券予約サイトのサプライスか、航空券+ホテルで割引になるエクスペディアを利用するのがおすすめです。

タイからマンダレーへの行き方

タイからは首都バンコクや第2の都市チェンマイから直行便が運行されています。

こちらも最低価格保証付き航空券予約サイトのサプライスか、航空券+ホテルで割引になるエクスペディアを利用するのがおすすめ。

なお、陸路でタイからマンダレーへ行く場合は2019年3月現在、メーソート・ミャワディ間の国境を経由し、1度ヤンゴンまで出る必要があります。

外国人がタチレクから陸路移動でマンダレーへ行くことはできないので注意。

▼バンコクからヤンゴンへの陸路移動についてはこちら

あわせて読みたい
【2019年版】バンコクからヤンゴンまで陸路移動での行き方【メーソート・ミャワディ国境】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問にお答えします。...

▼チェンマイからヤンゴンへの陸路移動についてはこちら

あわせて読みたい
【2019年版】チェンマイからヤンゴンまで陸路移動での行き方【メーソート・ミャワディ国境】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマド(@guchiwo583)のぐちをです。 今回はこういった質問にお答えしていき...

 

マンダレーで観光におすすめのホテル

マンダレー観光におすすめのホテルは以下の記事にまとめてあります。

バックパッカー向けの格安宿から5つ星の高級ホテルに至るまで候補は多いです。

▼マンダレーでおすすめの高級ホテル

あわせて読みたい
【5つ星あり】マンダレーのおすすめ高級ホテル5選【1泊1万円代】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はミャンマーのホ...

▼マンダレーでおすすめのバックパッカー向け格安宿

あわせて読みたい
【2019年版】マンダレーでおすすめのゲストハウス&ホステル5選【1泊1000円以下】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はマンダレーの安...

宿泊予約サイトでサクッと調べたい人は以下からどうぞ。

マンダレーのホテルを調べる

 

マンダレーの観光スポットを訪れる現地ツアーについて

マンダレー観光の際は現地オプショナルツアーを利用して観光スポットを巡るのもおすすめです。

ホテルまでの送迎と日本語ガイド付きツアーもあり、初めて訪れる人や英語でのやり取りに不安な人には特におすすめしたいですね。

 

マンダレーの治安や訪れる際の注意点について

2019年3月時点、外務省の海外安全ホームページではマンダレーの危険度はレベル1(十分注意)となっています。

レベル1ですが、実際のマンダレーの治安は個人的な感覚ではかなり良い印象でした。

なので、観光するぶんにはいたって安全ですね。

ただし、マンダレーは街灯が少ないため夜はかなり暗く、また野犬の活動が活発になるので、夜間の外出は気をつけましょう。

また、マンダレーは信号などの整備が遅れており、加えて交通量もかなり多いので、交通事故には十分に気をつけましょう。

 

まとめ:マンダレーは市内・郊外に見所多数のミャンマーのおすすめ観光地

以上、マンダレーの観光情報まとめでした。

マンダレーは市内と郊外に歴史的な見所が多数あるミャンマーのおすすめ観光地です。

第2の規模を誇る大都市でもあるため、これからもどんどん成長していくことが予想されます。

バガンインレー湖への観光と合わせて、ぜひ旅行先として検討してみてください。

というわけで今回の記事は以上になります。

それでは良い旅を(^^)

▼ミャンマー旅行の持ち物リストはこちら

あわせて読みたい
ミャンマー旅行に必要&便利な持ち物をまとめました【必需品・役立つアイテムを紹介】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマド(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はミャンマーに何度も訪れ...