海外ホテル

モーラミャインの格安ホテル&ゲストハウスおすすめ5選【バックパッカー向け】

ぐちを
ぐちを
元学生バックパッカーで現海外ノマド、海外では特にミャンマーが好きで他に50ヵ国くらい渡航経験ありのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
モーラミャインでおすすめの安く泊まれるところを教えて!

という方向けの記事を用意しました。

本記事の内容
  • モーラミャインの格安ホテル&ゲストハウス5選を紹介
  • モーラミャインの宿泊事情と注意点を解説

モーラミャインでは最近になって格安ホテルやバックパッカー向けのゲストハウスも新しくオープンし、以前よりもお得に泊まれるようになりました。

そういった場所を中心に紹介していくので、ぜひ旅行の参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

ちなみに、日本からモーラミャインへ行くにはまずミャンマー最大都市のヤンゴンへ行き、そこからバス移動するのが一般的です。

ヤンゴンへの航空券は以下のサイトから調べられるので、ぜひ活用してください。

▼ヤンゴン行きの格安航空券検索はこちら

モーラミャインの格安ホテル&ゲストハウス5選

さっそくモーラミャインでおすすめの格安ホテル&ゲストハウスを見ていきましょう。

今回紹介するのは、全部で5ヵ所になります。

▼ホテルの立地はこちら

ブリーズ ゲスト ハウス(Breeze Guest House)

(引用:Booking.com)

ブリーズ ゲスト ハウス(Breeze Guest House)は、サルウィン川そばの「Strand Road」沿いに立地するゲストハウスです。

外観は青いコロニアル風の建物で、2階のテラスからはサルウィン川を望むことができ、朝食もそこで味わえます。

客室はシングル、ツイン、トリプルがありますが、エアコン付きの部屋とそうでない部屋があるので注意しましょう。

▼客室(シングルルーム)の様子

(引用:Booking.com)

施設は割と古く、ところどころ汚いところもありますが、スタッフはとても親切です。

周辺は落ち着いた雰囲気なので、リラックスできる環境ですね。

シンデレラ ホテル(Cinderella Hotel)

(引用:Booking.com)

シンデレラ ホテル(Cinderella Hotel)は、「Baho Road」沿いに立地する3つ星ホテルです。

中級ホテルですが、ドミトリールーム(男女共用)を備えていて、そちらであれば1泊1,000円ちょっととリーズナブルに泊まることができます。

客室はドミトリーのほかはスーペリア、デラックスと中級ホテル価格となります(6,000円~)。

▼客室(ドミトリールーム)の様子

(引用:Booking.com)

ホテル自体は中級ホテルなので良い雰囲気ですが、ドミトリーに宿泊した場合は朝食はついてこないので注意です。

ザ オールド モールメイン ホステル(The Old Moulmein Hostel)

(引用:Booking.com)

ザ オールド モールメイン ホステル(The Old Moulmein Hostel)は、モーラミャインのバスターミナルに立地するかなり新しいホステルです。

バスターミナルのほか、鉄道駅も徒歩10分弱でアクセスできる好立地。

客室はドミトリー(男女共用・女性専用)が計3部屋と、ダブルとツインの部屋が各1ずつあります。

▼客室(ダブルルーム)の様子

(引用:Booking.com)

ここは、ドミトリーなら1泊700円~とモーラミャインでは最安価格となる宿で、オーナーやスタッフも英語が堪能なので安心です。

1人旅のバックパッカーには特におすすめしたい格安宿ですね。

ピンロン パン モーテル(Pinlon Pann Motel)

(引用:Booking.com)

ピンロン パン モーテル(Pinlon Pann Motel)も、さきほどのザ オールド モールメイン ホステルの近くで、バスターミナルや鉄道駅へのアクセスに便利なホテルです。

こちらはダブル、トリプル、ファミリールームと揃っていて複数人向き。

部屋も広く、開放感があります。

▼客室(ツインルーム)の様子

(引用:Booking.com)

ドミトリー部屋やシングルルームも備えていますが、1人で泊まるならさきほど紹介したザ オールドメイン ホステルのほうが安くて施設も新しいので、そちらに泊まったほうが良いかと思います。

こちらは複数人でのんびり滞在したい人向きですね。

ホテル KS(Hotel KS)

(引用:Booking.com)

ホテル KS(Hotel KS)は、鉄道駅の南、「Myoshaung Road」沿いに立地するホテルです。

中級ホテルですが、スーペリアの部屋であれば1泊2,400円~と、かなりリーズナブルに泊まることができます。

客室は他に、スタンダード、デラックス、ファミリーとあり、バスタブ付きの部屋もありますよ。

▼客室(スーペリアダブル)の様子

(引用:Booking.com)

コスパ良く泊まれる良いホテルですが、モーラミャインの中心部からはかなり離れているので、観光の際はタクシーやバイクタクシーといった移動手段の確保が必要です。

 

モーラミャインの格安ホテル&ゲストハウス事情

モーラミャインの街並み

ここからは、モーラミャインの格安ホテル&ゲストハウス事情と宿泊の注意点を解説します。

立地は川沿いエリアとバスターミナルエリアの主に2ヶ所

ホテルの立地は主に市内中心部のサルウィン川沿いエリアと、バスターミナルや鉄道駅があるエリアの2ヶ所になります。

サルウィン川沿いエリアであれば、モーラミャインの観光名所であるチャイタンラン・パゴダなどが近く、観光の拠点としておすすめですね。

一方、バスターミナルエリアは交通の利便性は高いですが、モーラミャインを観光する際は基本的に移動手段(レンタサイクルやタクシーなど)を確保する必要があります。

Wi-Fiの環境は悪い

モーラミャインだけでなくミャンマー全体で共通して言えることですが、格安ホテルやゲストハウスのWiFiはまだまだ遅いことが多いです。

また、停電も頻繁に起きるため、その際は利用そのものができなくなることも。

対策としては、最大で4G回線が利用できるtelenorやooredooといったミャンマーの現地SIMを使うと良いでしょう。

▼ミャンマーのSIMカードについて詳しくはこちら

あわせて読みたい
【2019年版】ミャンマーSIMカード3社の料金や特徴を解説【旅行ならtelenorがおすすめ】 という方向けの記事を用意しました。 この記事を読むことで、ミャンマーのSIMカード選びに困ることがなくなり...

また、Amazonで事前にSIM2Flyのアジア周遊プランを購入して持って行くのもおすすめです。

▼SIM2Flyの4Gデータ通信8日間プラン

ただし、お使いのスマホがSIMフリーでない場合は海外でSIMカードを利用することができません。その場合は、日本からレンタルWiFiを持って行きましょう。

 

まとめ:モーラミャイン観光の際はおすすめした格安ホテルやゲストハウスへぜひ

チャイタンラン・パゴダ(モーラミャイン)

以上、モーラミャインのおすすめ格安ホテル&ゲストハウス5選でした。

モーラミャインはまだまだマイナーですが、仏塔が並ぶ丘と穏やか川沿いの景色が美しい町。

観光にもおすすめなので、ぜひ紹介した格安ホテルやゲストハウスにコスパ良く滞在してみてください(^^)

▼ヤンゴン行きの格安航空券検索はこちら

ミャンマーでネットを使う
  1. レンタルWiFi
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。ミャンマー旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。ミャンマー旅行であればtelenorといった現地SIMか、タイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!