エムアイカード

エムアイカードゴールドの評判と海外旅行でのメリットを旅のプロが解説【羽田の国際線ラウンジに無料で入れる】

ぐちを
ぐちを
どうも、海外(特にミャンマー)が好きで50ヵ国くらい渡航経験があり、クレジットカードは10枚以上保有しているブロガーのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
エムアイカードゴールドについて気になっているんだけど、実際メリットはあるの?海外旅行に使えるのかどうかも含めて知りたい!

という方向けの記事を用意しました。

結論を先に言うと、エムアイカードゴールドは以下のメリットがあるクレジットカードで、特に海外旅行において特典が豊富です。

  • 割安の年会費で持てるゴールドカード
  • 空港ラウンジ特典が充実
  • 海外旅行保険が充実
  • 海外利用でポイント還元率アップ
  • 国内旅行の特典も豊富

今回はそんなエムアイカードゴールドの評判やメリットについて、海外旅行での視点をメインに詳しく解説していきます!

また、記事の後半では

  • 海外旅行だけでなく国内でも使えるのか?
  • デメリットはあるのか?

についても深堀りしていきますので、ぜひ申し込み前の参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

▼エムアイカードゴールドを今すぐ発行する
≫公式ページはこちら

エムアイカードゴールドの特徴とは?

(引用:エムアイカード)

エムアイカードゴールド(MICARD GOLD)は、三越伊勢丹グループの(株)エムアイカードが発行するクレジットカードです。

ノーマルカードであるエムアイカードのゴールドカードに相当するクレカで、さらに充実した特典が付帯されています。

名前や特徴の似たカードでエムアイカードプラスゴールドというカードも存在しますが、エムアイカードゴールドはそちらの廉価版といった扱いになります。

▼エムアイカードゴールドの基本情報

年会費 5,000円(税抜)
国際ブランド VISA
旅行保険 海外:1億円、国内:最高5,000万円(自動付帯あり)
ポイント 100円=1〜3P (エムアイポイント)
マイル交換レート JAL:3,000P → 1,500マイル、ANA:2,000P → 500マイル

年会費は5,000円(税抜)

エムアイカードゴールドの年会費は5,000円(税抜)です。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
ゴールドカードにしては年会費が安めだね!

なので、持つことのハードルは比較的低いクレカとなります。

国際ブランドはVISA

エムアイカードゴールドで選べる国際ブランドはVISAのみとなります。

ぐちを
ぐちを
VISAは世界で1番普及している国際ブランドで世界中どこでも使えるので、1択とはいえ問題にはなりませんよ。

ポイント還元率は基本1%でボーナスポイント制度もある

エムアイカードゴールドのポイント還元率は1%で、ノーマルカード(エムアイカード)の還元率(0.5%)の2倍となります。

つまり、100円で1ポイントが貯まる計算で、クレジットカードの中では高めの還元率。

もらえるポイントはエムアイポイントになり、こちらは主に三越伊勢丹グループで利用できるポイントとなります。

▼エムアイカードゴールドを今すぐ発行する
≫公式ページはこちら

 

エムアイカードゴールドの海外旅行におけるメリット

ここからは、エムアイカードゴールドの海外旅行におけるメリットを見ていきましょう!

1. 羽田空港国際線のTIAT Loungeが無料で使える

(引用:食べログ

エムアイカードゴールドを持つことで、通常1人1回3,000円程度かかる羽田空港国際線ターミナルのTIAT Lounge(ティアット・ラウンジ)が無料で使えます(しかも同伴者1名まで無料)。

このラウンジはビュッフェ式の食事やシャワールームがあるワンランク上のラウンジで、羽田空港から海外へ出る時にゆったりリラックスできます。

残念ながら、羽田空港にはプライオリティ・パスで入れる上級ラウンジがないので(2020年2月現在)、TIAT Loungeが利用できるエムアイカードゴールドを持っておくとこのラウンジが使えるので便利です。

他にTIAT Loungeが無料になるクレジットカードは、ラグジュアリーカードなど数社しかないため、エムアイカードゴールドはその点でとてもおすすめ。

5,000円の年会費はTIATラウンジを年2回以上利用するのであればすぐに元が取れます。

2. 海外旅行保険が充実(最高1億円まで補償)

(引用:Pixabay)

エムアイカードゴールドには、エムアイカードプラスゴールドと全く同じ内容の海外旅行保険が付帯されており、こちらは海外旅行保険の補償金額が最高1億円と充実の内容です。

最も重要度の高い

  • 傷害治療費用
  • 疾病治療費用

の2点も300万円まで補償されるので、素晴らしいの一言ですね。

▼エムアイカードゴールドに付帯する海外旅行保険の内容

補償内容 補償金額
傷害死亡・後遺障害 1億円(うち自動付帯枠;5,000万円)
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
携行品損害 100万円(自己負担3,000円)
賠償責任 5,000万円
救援者費用 400万円
航空機遅延費用
ロストバゲージ費用
キャッシュレス診療 可能
保険会社 損保ジャパン日本興亜(株)

(参考:ゴールドカード旅行傷害保険 – エムアイカード

ただし、エムアイカードゴールドの海外旅行保険は傷害死亡・後遺障害の5,000万円を除いて全て利用付帯となっています。

すなわち、該当する旅費(目的地までの航空券など)の決済がないと傷害治療費用などの保険は適用されません。

ぐちを
ぐちを
その代わりですが、海外での旅費の決済でも保険の対象になるため海外旅行保険を延長する裏技が可能なカードとなっています!

3. ショッピング保険もあり

(引用:Pixabay)

エムアイカードゴールドには購入した商品の盗難・損壊を補償してくれるショッピング保険が付帯されています。

購入から90日以内が対象で、年間300万円まで補償してもらえます(自己負担は1事故につき3,000円)。

エムアイカードゴールドで買ったものは全てショッピング保険の対象となるので、海外でのショッピングにも安心ですね。

4. 海外での利用はポイント還元率がアップ

(引用:Pixabay)

海外での支払いでエムアイカードゴールドを利用した場合、ポイント還元率が1.5%までアップします。

例えば、免税店で1万円の買い物を海外でした際は150ポイントの還元となります。

この海外利用の特典はノーマルカードにはない特典です。

5. その他の海外旅行系サービスで割引あり

エムアイカードゴールドには、その他にも以下の海外旅行向けサービスが特典として用意されています。

手荷物宅配サービスが割引

JAL ABCの空港から自宅までの手荷物宅配サービスが割引で利用でき、以下の金額となります。

1個目 500円
2個目以降 15%OFF
ぐちを
ぐちを
一部のAMEXカードのように無料になるわけではないですが、それでもこの金額であればかなりお得と言えますね!

海外レンタカーが10%割引

Hertz(ハーツ)レンタカーの利用が、事前予約割引料金からさらに10%OFFとなります。

特に欧米諸国でのレンタカー利用は地味に高くつくので、10%OFFになるのはかなり大きいです。

レンタルWiFiが20%割引

(引用:グローバルWiFi)

海外で使えるポケットWiFiとして有名なグローバルWiFi通常の20%OFFで利用できます。

海外でのインターネットの確保は必須なので、割引を利用して少しでもお得にしましょう!

▼エムアイカードゴールドを今すぐ発行する
≫公式ページはこちら

 

エムアイカードゴールドの国内におけるメリット

今までは海外旅行でのメリットを紹介してきましたが、ここからは国内でのメリットを紹介します!

1. 提携店舗での利用でポイント還元率アップ

エムアイカードゴールドは提携する店舗での利用でポイント還元率アップとなります。

提携店舗では最低でも1.5%(200円で3ポイント)のポイント還元が得られるので、積極的に利用すると良いですね。

2020年2月現在は以下の店舗が優待の対象となっています。

対象店舗 還元率
ビックカメラ 1.5%
ソフマップ 1.5%
J:COM 1.5%
スタジオ・ヨギー 1.5%
得タク 2%
Lucua 2.5%
mi:ts 3%
LACHIC 3%

2. 国内空港ラウンジが無料で使える

エムアイカードゴールドには、日本国内各地の空港ラウンジを無料で利用できる特典があります。

離島を除くほとんどの空港に対象となるラウンジがありますし、また海外でも韓国ハワイで対象のラウンジがあるので便利です。

対象のラウンジは以下の公式サイトからチェックできます。

3. 国内旅行保険が付帯

(引用:Pixabay)

海外旅行保険だけでなく、国内旅行保険もエムアイカードゴールドには付帯されています。

▼エムアイカードゴールド国内旅行保険の内容

補償内容 補償金額
傷害死亡・後遺障害 5,000万円
入院保険 5,000円(1日当たり)
通院保険 3,000円(1日当たり)

(参考:ゴールドカード旅行傷害保険 – エムアイカード

全て利用付帯となるため、航空券やツアー代を事前に決済する必要があります。

海外旅行保険と比べるとあまり利用する機会のない国内旅行保険ですが、これだけの補償が用意されていると万が一の際も安心できますね。

4. 一休.comグループの利用がお得

エムアイカードゴールドを持っている人は一休.comおよび一休レストランの利用がお得。

一休のエムアイカード専用サイトから予約・利用することで3%のポイント還元(200円で6ポイント)が得られます。

また、専用バナーからの申し込みで、一休のプラチナ会員サービスも最大で1年間無料で利用できます。

この一休プラチナ会員サービスは利用金額に応じてお得さがどんどん増していくサービスなので、日頃から一休を利用している人には嬉しい特典ですね。

5. ふるさと納税でポイント3倍

(引用:Shutterstock

ふるさと納税もエムアイカードゴールド保有者にはお得です。

さとふるというふるさと納税サイトをエムアイカード専用サイト経由で利用することで、ポイントが通常の5倍もらえます。

さとふるは自治体の参加数が多く返礼品も豊富なところが魅力です。

6. 家族カードを発行できる

エムアイカードゴールドは、家族カードを追加で1枚発行できます。

家族カードの年会費は1枚につき1,000円(税抜)で、本カードと同様に初年度から年会費が発生します。

7. ETCカードの発行が無料

また、エムアイカードゴールドでは、ETCカードを年会費無料・発行手数料無料で持てます。

こちらは本カード会員のみの発行で、家族カード会員の発行はできません。

ETCカードの発行は有料のクレジットカードも多いなか、無料になのはありがたいですね。

ETCカードの利用でも100円で1ポイント(還元率1%)貯まるので、お得です。

▼エムアイカードゴールドを今すぐ発行する
≫公式ページはこちら

 

エムアイカードゴールドのデメリット

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
メリットばっかりじゃあれだからデメリットも教えて!

という方向けに、以下で僕が思うエムアイカードゴールドのデメリットを挙げていきます。

三越伊勢丹のヘビーユーザーにはメリットが薄い

(引用:Shutterstock

エムアイカードゴールドは三越伊勢丹系のクレジットカードですが、三越伊勢丹のヘビーユーザーにはあまりお勧めできません。

その理由は、エムアイカードゴールドはエムアイカードプラスゴールドの廉価版であり、三越伊勢丹の利用では大きくポイント還元が得られないため。

もし三越伊勢丹で日頃から買い物をしている人であれば、最大で10%のポイント還元が得られるエムアイカードプラスゴールドの方に入会すると良いでしょう。

ぐちを
ぐちを
つまり、三越伊勢丹はそんなに利用しない人にとってエムアイカードゴールドは魅力的なクレカであるとも言えます!

初年度から年会費がかかる

年会費は無料ではなく、初年度から5,000円(税抜)かかってしまうのもネックですね。

ただし、ゴールドカードにしては割安な年会費なので、特典をしっかり利用するつもりなら元を取るのは難しくありません。

3. 海外キャッシングにはあまり向いていない

(引用:Pixabay)

エムアイカードゴールドは、海外キャッシングにはあまり向いていないカードです。

海外キャッシングではセディナカードというクレジットカードが最もお得になるので、できる限りこちらを利用すると良いですよ。

ぐちを
ぐちを
海外でのクレジットカード払いはエムアイカードゴールド、ATMで現金を引き出す時はセディナカードと、うまく使い分けるとよりお得です!

▼セディナカードの海外キャッシングについて詳しくはこちら

あわせて読みたい
セディナカードの海外キャッシングは外貨両替の方法で最安【ペイジー繰上げ返済の手順も解説】海外旅行で最もお得にキャッシングができるセディナカードについて当ブログ「ぐちをぐろーぶ」でまとめました。セディナカードシリーズのクレカはPay-easy(ペイジー)を利用して最短3日で繰り上げ返済が可能・海外ATM利用手数料が無料となります。おすすめは年会費無料のセディナカードJiyu!da!で、セディナゴールドカードも存在します。...

 

エムアイカードゴールドの評判

エムアイカードゴールドの評判をピックアップしてみました。

やはりラウンジの特典を推す声が多かったです。

▼参考ツイート

 

まとめ:エムアイカードゴールドは空港ラウンジ特典と海外旅行保険が充実のコスパ最高クレカ

(引用:エムアイカード)

以上、エムアイカードゴールドのメリット・デメリットをまとめました。

ずばり、

  • 空港ラウンジ
  • 海外旅行保険

の特典が魅力的な海外旅行向けクレジットカードです。

三越伊勢丹のヘビーユーザーでない人は、エムアイカードプラスゴールドよりも年会費の安いこちらがおすすめなので、ぜひ発行を検討してみてください(^^)

▼エムアイカードゴールドを今すぐ発行する
≫公式ページはこちら