ぐちを(管理人)のnoteはこちら
フリーランス

旅好きの学生はトラベルライターの仕事をしてみましょう【旅を仕事にできます】

このブログの他、Webライターの仕事も行っているぐちを@guchiwo583)です。

今回は旅好きの学生にぜひオススメしたいトラベルライターについて。

僕は今まで、例えばこんな記事を書いてきました。

ずばり言うとトラベルライターの仕事は旅好きの学生本当におすすめな仕事です。

僕は学生時代の旅行費用はすべて地元のバイトだけでまかなってきましたが、学生の時代からやっておけば良かったと大いに反省しています。

そんな僕のようにならないために、次の旅行費を貯めるために必死にバイトをしている学生の方はこの記事を読んで欲しいです。

 

トラベルライターとは?

トラベルライターとは、その名前のとおり旅のことについて記事を書く仕事です。具体的には、おすすめの観光地旅先での出来事(グルメ情報や経験等)を書いたりします。

いわゆるガイドブック的な観光情報から実際に旅した人間だからわかるニッチな情報まで執筆する内容は様々です。

 

なぜ学生にトラベルライターはおすすめか

はっきり言って、もしあなたが旅好きの学生であれば、今すぐトラベルライターの仕事をしたほうが良いです。

それは単純にお金が稼げるという理由意外にも、学生のうちにやっておくべきメリットがいくつかあるからです。

それらをご紹介します。

 

旅先でもパソコン1台でお金を稼げる

基本的にパソコンで作業ができるトラベルライターは旅先でも仕事が可能なので、例え海外にいる時でもお金を稼ぐことができます。

特に物価の安い国では、たとえ記事を1つ書くだけでも旅の費用としては十分な額が稼げます。

僕自身これまで行ってきた学生時代の旅の費用は全て飲食のバイトでまかなえており、バックパッカー旅行をそれでまかなうことはできていました。

しかし、貯金が尽きないように旅行内容を調整せねばならず、あまり自由度の高くない旅になっていましたね。

旅先での収入源も確保しておけば旅行費用にもさほど困る事はありませんし、旅の自由度も高くなります。

その1つとして学生のうちから簡単に始められるトラベルライターの仕事はオススメですよ。

 

学生のうちにライティングの経験が得られる

やはり、学生のうちにWebライティングの経験が得られるのは強いと思いました。

Webライティングのスキルはブログにも生かせますし、あって絶対に損はないスキルです。

ライティングスキルと言ってもトラベルライターの場合、語彙力や文章力よりも分かりやすい文章で書くことの方が大事だったりするので

「自分にライターなんてできるのか心配」

って人でも大丈夫です。

ただし、一応書き方のマニュアルやノウハウなどは存在するので気になる方は予備知識として読んでおくといいでしょう。

僕のオススメはこの2冊です。とりあえずこれを読んでおけば大丈夫かと。

 

学生のうちにクライアントを作れる

トラベルライターという仕事を実際に行い、クライアントから高評価が得られれば、また次の仕事がくる可能性も十分にあります。

そのまま継続的に仕事をもらえるようになれば、時給の低いアルバイトをしなくてもライターとして学生の平均以上に稼ぐことが可能です。

また、学生の時代から自分のクライアントを持っておけば、会社に入った後でも副業として続けることが可能になりますね。

副業を政府も奨励している時代ですし、ぶっちゃけこれから先どうなるか予測不可能なんで稼げるスキルが色々とあったほうが何かと便利です。

これからはたくさんの仕事をこなすパラレルワーカーになることをオススメします。

 

そのままフリーライターとして生きていけるかも

うまくいけばそのままフリーライターとして生きていくことができるかもしれません。

就活に失敗したり、入った会社が自分に合わなくて辞めてしまったりしてもお先真っ暗には少なくともならないので安心できますね!

実はフリーランスの専業ライターは、月100万円以上稼ぐ人もいる魅力的な業界になります。

ただ旅行系の内容だけだとちょっとそれは厳しいですけどね。

あくまでも将来の仕事の候補として、まずは学生トラベルライターを始めてみるのも良いですよ。

 

トラベルライターになるには?

トラベルライターになるにはいくつか方法があります。

旅行系メディアから直接応募しよう

旅行系メディアの多くはライターを募集をしているので積極的に応募しましょう。

ライター経験がなくても応募するのはタダなので積極的に自分から営業をかけるべきです。

また、一度記事を書くとそれが実績となって自身のアピールポイントにもなるので次の仕事が取りやすいです。

僕がライターとして寄稿したTABIPPO.NET以外にも、TABIZINETravel.jpといったサイトでもライターを募集(2018年6月5日現在)しています。

 

クラウドソーシングサイトから案件を獲得しよう

ランサーズクラウドワークスといったクラウドソーシングサイトから、仕事を取ることも可能です。

クラウドソーシングサイトとは、フリーランス向けに様々な仕事を受注できるサイトのこと。

サイトに登録したら実際に自分でトラベルライターの仕事を探してみて、自分にできそうな案件があったら応募するだけですね。

 

ブログで記事を書こう

トラベルライターの仕事だけでなく、自身のブログを作って積極的に発信していくこともオススメです。

ブログでは基本的に自分の好きなことを書くことができるので、苦にならず文章スキルを身につけることが可能ですね。

また、ブログ運営が上手にできれば、個人ブログのコンタクトフォームから直接仕事の依頼がくることもあります。

自分でお仕事依頼のページをブログ上に公開してみても良いでしょう。

 

実際にトラベルライターの仕事をしてみた感想

僕が実際にトラベルライターの仕事をしてみて感じたことを書きますね。

 

トラベルライターって楽しい!

やはり自分のこれまでの経験が仕事になり、お金を得ることができるのが何よりも嬉しかったです。

また、自分の好きな内容(旅)で書くことができたので仕事そのものを楽しむことができました。

 

実際の仕事で難しかったこと

初のトラベルライターの仕事だったので当然不安はありますし、もちろん

「自分にもライターってできるの?」

と最初は思っていました。

ですが、やはり自分の好きなこと・得意なことであれば自然に伝えたいことは自分の言葉で表現できますし、幸いクライアントの方からもしっかりサポートを受けることができたので無理なく仕事をこなすことができました。

そして最後には

「あ、僕って意外とライターできるじゃん」

って思えるようになりました。

最初は慣れていないので、必要以上に執筆に時間をかけてしまうことも多いと思いますが、その辺は慣れで克服できるところなので、とにかくどんどん仕事を取っていきましょう。

 

まとめ:旅好きの学生はトラベルライターに挑戦するべき

繰り返して言いますが、旅好きの学生は一度トラベルライターの仕事をしてみるべきだと強く思います。

なぜなら、

・旅先でもパソコン1台でお金を稼げる

・学生のうちにライティングの経験を得られる

・学生のうちに自分のクライアントが持て、副業(複業)に生かせる

▷そのままフリーライターとして生きていける可能性がある

というメリットがあるからです。

僕がこの記事を書いた理由は、僕自身が学生の時にトラベルライターの仕事をしていなかったからです。

卒業後、実際にトラベルライターの仕事をしてみて感じたリアルな感想になります。

本当に学生のうちから始めておけばよかったなという思いです。

もし旅好きで学生さんであれば、僕のようにならないためにも、一度トラベルライターの仕事を経験してみることを強くオススメします!