アクセス

【2019年】ヤンゴンからパテインまでの行き方を詳しく解説【バス一択です】

元学生バックパッカーで現海外ノマド、海外では特にミャンマーが好きで他に50ヵ国くらい渡航経験ありのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者さん
質問者さん
ヤンゴンからパテインまで行きたいんですが、どうやったら行けますか?

今回はこういった質問に答えていきます。

2018年12月にヤンゴンからパテインに実際に行ってきましたので、その情報を共有します。

パテインへの旅行を考えている方はぜひ参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

▼ヤンゴン行きの航空券検索はこちら

ヤンゴンからパテインへの行き方はバス一択

ダゴン・エーヤー・ハイウェイ・バスステーション(ヤンゴン)

前提を先に言うと、ヤンゴンからパテインへの移動方法は、公共交通機関を利用する場合、バス一択になります。

パテインには鉄道駅もありますが、ミャンマーの鉄路事情はかなり悪く、鉄道での移動は全くおすすめしません。

空港も一応あるにはありますが、ヤンゴンからは運行されてないようなので、利用不可ですね。

現地のミャンマー人もヤンゴン・パテイン間の移動はほぼバスを利用しています。

 

ヤンゴンからパテインまでバスでの行き方を解説

ここからは、ヤンゴンからパテインまでバスを使って移動する方法を解説します。

①ダゴン・エーヤー・ハイウェイ・バスステーションへ行く

ダゴン・エーヤー・ハイウェイ・バスステーション(ヤンゴン)

まずはヤンゴン中心部から郊外のダゴン・エーヤー・ハイウェイ・バスステーション(Dagon Ayar Highway Bus Station)へ行きます。

▼ダゴン・エーヤー・ハイウェイ・バスステーションの場所

こちらは長距離バスのメインバスターミナルであるアウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーションとは違う場所なのでご注意を。

ダゴン・エーヤー・ハイウェイ・バスステーションへは、タクシーで移動するのが一番楽です。

料金は流しだと外国人価格で10,000チャット(720円)程度、Grabだともう少し安いです。

ぐちを
ぐちを
タクシードライバーいわく、ヤンゴンの路線バス(YBS)の20番でもバスステーション近くまで行けるみたいですが、僕は未確認なので自己責任でお願いします。

②パテイン行きのバスに乗る

パテイン行きの長距離バス(ヤンゴン)

ダゴン・エーヤー・ハイウェイ・バスステーションに到着したらパテイン行きのバスを探してそれに乗るだけです。

オフィスが並んでいるのでそこでバスチケットを購入しましょう。

僕が利用した時のバス料金は6,000チャット(480円)で、パテインまでの所要時間は5時間くらい、途中20分程度の食事休憩が1回ありました。

バスは数社が運行しており、6:30〜14:00時頃までは毎時1本の便数があるみたいです。

③パテイン到着後は乗り換えも場合によっては必要

パテインを走る韓国製の中古バス

僕が利用したバスはパテインの少し離れのバスステーションに到着したため、そこからパテインの市内中心部まではさらに路線バスに乗る必要がありました。

路線バスはすぐ隣りに待機していた韓国製の中古バスを利用しました。

バスステーションにはバイクタクシーも待機しているため、それを利用するのも良いと思います。

ぐちを
ぐちを
もしかしたらバス会社によっては市内中心部まで行ってくれるかもしれませんが、すいません、未確認です。

 

ヤンゴンからパテインまでの行き方は簡単です

パテインのシュエモートー・パゴダ

以上、ヤンゴンからパテインまでの行き方の解説でした。

移動方法さえ知ってしまえば割と簡単に移動できますよ。

パテインはエーヤワディー地方の州都で、貿易で栄えた歴史ある港湾都市なので、時間があればヤンゴンから訪れてみるのも面白いです。

パテインの近くにはグエサウンチャウンターといったミャンマーのビーチリゾートもあるので合わせてどうぞ。

というわけで、今回の記事は以上になります。

ミャンマー旅行の参考になれば嬉しいです(^^)