ぐちを(管理人)のnoteはこちら
アクセス

【2019年版】ヤンゴンからパテインまでの行き方を詳しく解説【バス一択です】

お得なキャンペーン情報

月額たったの500円で漫画や雑誌が読み放題の電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやiPadで気軽に読めるので、とても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者さん
質問者さん
ヤンゴンからパテインまで行きたいんですが、どうやったら行けますか?

今回はこういった質問に答えていきます。

僕は2018年12月にヤンゴンからパテインへ実際に行ってきたので、ほぼ最新の情報になります。

2分ほどで読めるかと思うので、パテインへの旅行を考えている方はぜひ参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

▼パテインの観光情報は別途こちらの記事にまとめてあります

あわせて読みたい
【2019年版】パテインの概要とおすすめ観光スポットを紹介【ツアー情報あり】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問に答えていきます...

ヤンゴンからパテインへの行き方はバス一択

前提を先に言うと、ヤンゴンからパテインへの移動方法は、公共交通機関を利用する場合、バス一択になります。

一応、パテインには鉄道駅もありますが、ミャンマー鉄路事情はかなり悪く、鉄道での移動はおすすめしません。

空港も一応あるにはありますが、ヤンゴンからは運行されてないようなので、利用不可ですね。

現地のミャンマー人もヤンゴン↔️パテインの移動はほぼバス利用です。

 

ヤンゴンからパテインまでバスでの行き方を解説

ここからは、ヤンゴンからパテインまでバスを使って移動する方法を解説します。

①ダゴン・エーヤー・ハイウェイ・バスステーションへ行く

まずはヤンゴン中心部から郊外のダゴン・エーヤー・ハイウェイ・バスステーション(Dagon Ayar Highway Bus Station)へ行きます。

▼ダゴン・エーヤー・ハイウェイ・バスステーションの場所

こちらは長距離バスのメインバスターミナルであるアウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーションとは違う場所なので注意。

ダゴン・エーヤー・ハイウェイ・バスステーションへはタクシーで移動するのが一番楽ですね。

料金は流しだと外国人価格で10,000チャット(720円)程度、Grabだともう少し安いです。

ぐちを
ぐちを
タクシードライバーいわく、ヤンゴンの路線バス(YBS)の20番でもバスステーション近くまで行けるみたいですが、僕は未確認なので自己責任でお願いします。

②パテイン行きのバスに乗る

ダゴン・エーヤー・ハイウェイ・バスステーションに到着したらパテイン行きのバスを探してそれに乗るだけです。

オフィスが並んでいるのでそこでバスチケットを購入しましょう。

僕が利用した時のバス料金は6,000チャット(480円)で、パテインまでの所要時間は、5時間くらい、途中20分程度の食事休憩が1回ありました。

バスは数社が運行しており、6:30〜14:00時頃までは毎時1本の便数があるみたいです。

③パテイン到着後は乗り換えも場合によっては必要

僕が利用したバスはパテインの少し離れのバスステーションに到着したため、そこからパテインの市内中心部まではさらに路線バスに乗る必要がありました。

路線バスはすぐ隣りに待機していた韓国製中古バスを利用しました。

バスステーションにはバイクタクシーも待機しているため、それを利用するのも良いと思います。

ぐちを
ぐちを
もしかしたらバス会社によっては市内中心部まで行ってくれるかもしれませんが、すいません、未確認です。

ヤンゴンからパテインまでの行き方は簡単です

以上、ヤンゴンからパテインまでの行き方の解説でした。

ぶっちゃけ移動方法さえ知ってしまえば割と簡単に移動できますよ。

この記事通りに動けばOKだと思います。

パテインはエーヤワディー地方の州都で、貿易で栄えた歴史ある港湾都市なので、時間があればヤンゴンから訪れてみるのも面白いです。

▼パテインの観光情報はこちら

あわせて読みたい
【2019年版】パテインの概要とおすすめ観光スポットを紹介【ツアー情報あり】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問に答えていきます...

パテインの近くにはグエサウンやチャウンターといったミャンマーのビーチリゾートもあるので合わせてどうぞ。

▼グエサウンの観光情報はこちらの記事にまとめてあります。

あわせて読みたい
グエサウン・ビーチの観光情報まとめ【ミャンマーの屈指のおすすめリゾートです】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問に答えていきます...

というわけで、今回の記事は以上になります。

ミャンマー旅行の参考になれば嬉しいです(^^)