ぐちを(管理人)のnoteはこちら
海外旅行の情報

バリ島からジャワ島までバスでの行き方を紹介【バスごとフェリーに乗車】

質問者
質問者

インドネシアのバリ島からジャワ島に行ってみたい。移動時間が長くてもいいのでできるだけ安く行きたいんですが、方法はありますか?

こんにちは、インドネシアを海外ノマドで旅行中のぐちを(@guchiwo583)です。

先日、バリ島からジャワ島のスラバヤまで2000円以下で移動したので、上の疑問を持つ人向けに情報を共有します。

先に行っておくと、バリ島からジャワ島まで最安で移動する方法はバスです。

鉄道ではバリ島からジャワ島まで行くことができないので、飛行機以外の選択肢をお探しならバス一択ですね。

しかもなんとこのバス、途中バリ島とジャワ島の間をバスごとフェリーに乗るという他ではあまり味わえない体験が得られます。

ぶっちゃけ飛行機と比べると大変な移動手段ですが、移動費を圧倒的に安く抑えることができますし、旅の思い出作りにもなりますよ。

そんなわけで今回は、インドネシアのバリ島からジャワ島までバスによる具体的な移動方法をご紹介していきます。

 

バリ島からバスで行けるジャワ島の都市

そもそもジャワ島ってめちゃめちゃ大きい島です。

というかインドネシア自体がまじでデカい。

このことを知っている人やそうでない人でも

質問者
質問者

バリ島からジャワ島までバスで行くならどこの都市まで行けるの?

と思うかもしれませんね。

結論を言うと、よほど田舎の町でない限り全ての都市へ行くことができます。

もちろん、バリ島からジャワ島の西にある首都のジャカルタまで走るバスもありますよ。

ただし、この場合移動に30時間以上かかるのであまりおすすめはできませんね…。

ジャカルタまで行く途中の街にも見所がありますし、そもそも、バリ島からジャワ島までバスで移動したい人の層は、バックパッカーのような費用を安く抑えてあちこちを巡ってみたい人なのではないでしょうか?

実際のところ、バリ島からジャワ島へ行くのであれば、以下の都市へ行くのが現実的な選択肢になるかと。

  • スラバヤ(Surabaya):インドネシア第2の商業都市
  • プロボリンゴ(Probolingo):ブロモ山の麓の小さな町
  • マラン(Malang):東ジャワのパリとも称される学園都市

僕は今回、スラバヤまで夜行バスで移動しました。

移動費は22万5000ルピア(1800円弱)で、移動時間は12時間くらいでしたね。

他の2都市も同じくらいの値段でおそらく行くことができるでしょう。

 

バスでのバリ島からジャワ島までの行き方を解説

ここからは実際にバリからジャワまで行くバスに乗車する流れを解説していきます。

バリのウブン・バスターミナルまで行く

僕がまずは行った場所は、バリ島のデンパサールにあるウブン・バスターミナル(Terminal Bus Ubung)です。

▼ウブン・バスターミナルの地図

ここまで行く移動手段としては配車アプリのGrabがありますよ。

Grab App
Grab App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

 

僕はデンパサールの東にあるサヌールからGrabのバイクタクシーを利用し、19,000ルピア(150円)で行きました。

クタからウブン・バスターミナルへ行く場合はサヌールからよりも距離があるので、もう少し高くなるかと。

ウブドからもし行く際は、プラマ(Perama)のバスでクタまで行かず、途中のサヌールで降りて向かうといいですね。

あわせて読みたい
【格安】バリ島のクタからウブドへの移動方法【プラマ・バスがおすすめ】 こんにちは、海外ノマドワーカーのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこのような疑問を解決する記事になります。 ...

バスのチケットを購入

ウブン・バスターミナルに着いたら、目的地まで行くバスのチケットを購入します。

一応、窓口っぽい場所がありますが、僕が行った際は夜だからか閉まっており、代わりに客引きのおじさんに頼み、チケットを手配しました。

この時の夜行バスのチケットは、バリからスラバヤまでで225,000ルピア(1800円)

インドネシアの交通費はめちゃめちゃ安いですね。

 

メングウィ・バスターミナルからジャワ島へ向かうバスに乗車

チケットを購入したら、ウブン・バスターミナルからトランスサルバギタと呼ばれるローカルバスに乗り、メングウィ・バスターミナル(Terminal Bus Mengwi)へ移動します。

▼メングウィ・バスターミナルの地図

料金は7,000ルピア(56円)ですね。

僕はてっきりウブン・バスターミナルから長距離バスに乗れるものだと思っていましたが、実際はバリ島発着の長距離バスの多くはメングウィ・バスターミナルから発着するようです。

僕はこのとき乗ったトランスサルバギタのバスがスラバヤまで行くものだと思い、バスの運転手に7,000ルピア払えと言われたのを既に支払済みという理由で「Why?」と強気で聞き返したんですが、結局支払わずに済んでしまいました。

おそらくバスの運転手とチケットを買った客引きのおじさんとの間でやり取りが交わされたのかもしれませんね。

未確認ですが、Grabを利用してわざわざウブン・バスターミナルまで行かなくても、トランスサルバギタを利用してメングウィ・バスターミナルまで行くことも可能かもしれません。

メングウィ・バスターミナルの窓口でスラバヤまでのバスチケットを購入した場合、220,000 ルピア(1600円)らしいので、僕はウブン・バスターミナルの客引きのおじさんに25,000ルピア(200円)分だけ余計に支払ったことになります。

という感じなので、この仮説の通りか否か知っている人は情報共有していただければありがたいですm(_ _)m

ちなみに僕が今回利用したバスはアカス(Akas)というバス会社でした。

バスは途中、バリ島とジャワ島を繋ぐフェリーに乗ります

バスでバリ島からジャワ島まで行く際、両島の間は橋がないので、フェリーに乗ることになります。

バスごとフェリーに乗車し、1時間ほどの船旅になりますね。

乗客はバスの車内に残ることも可能ですが、せっかくなのでフェリー内を散策するのも面白いですよ。

フェリー内にはトイレがあるので、この時に用は済ませておくのが無難ですね。

 

目的地に着いたらどうする?

目的地のバスターミナルに着いたらその後どうすればいいのか、スラバヤとマランに関して情報共有です。

プロボリンゴは僕は行っていないので分からないです。

スラバヤの場合

僕が乗ったバスはスラバヤ郊外のプラバヤ・バスターミナル(Terminal Bus Purabaya)に着きました。

▼プラバヤ・バスターミナルの地図

ここからスラバヤ市内中心部まではローカルバスや鉄道でも行ける可能性がありますが、Grabを利用するのが圧倒的に楽かと。

僕はプラバヤ・バスターミナルからスラバヤ・グブン駅(Stasiun Gubeng)までGrabのバイクタクシーを利用し、料金は18,000ルピア(145円)でした。

プラバヤ・バスターミナルは広いので、Grabを手配する時はドライバーに分かりやすい場所を選ぶようにしましょう。

バスターミナルの外のホテルや、分かりやすいお店(コンビニ等)を指定するといいですよ。

注意点としては、スラバヤのGrabドライバーはバリほど英語を話せる人がいないので、最低限の旅行会話レベルでインドネシア語が必要になります。

▼こちらの本があれば便利ですね

 

マランの場合

バリからマランに長距離バスで行く場合は、アルジョサリ・バスターミナル(Terminal Arjosari)に到着すると思います。

▼アルジョサリ・バスターミナルの地図

こちらもスラバヤと同様、中心部から離れた郊外にあるバスターミナルですね。

印象として、マランはスラバヤほどGrabの数が多くない(特に郊外エリアは)ため、旅行者は別の移動手段を確保する必要がある場合があります。

アルジョサリ・バスターミナルからマランの市内中心部までは、アンコタと呼ばれる青いミニバスが走っているので、そちらを利用すると良いでしょう。

市内のマラン駅(Stasiun Malang)や、市立公園のアルン・アルン(Alun Alun Merdeka Malang)まで、わずか5,000ルピア(40円)で行くことができますよ。

アンコタを利用する際は、インドネシア語が必須なので、必要最低限の旅行会話(数字等)は覚えておくか、指差し会話帳を持っていくことをおすすめします。

 

バリ島からジャワ島までのバス移動で注意するべきこと

バリ島からジャワ島まで長距離バスで移動する際の注意点をいくつかシェアします。

貴重品管理は徹底するべき

インドネシアのバスに限らずですが、バス乗車中の貴重品管理は徹底してください。

▼海外旅行中の防犯対策はこちらの記事が参考になります

あわせて読みたい
40か国以上を旅した僕が行っている海外旅行の盗難対策【スリ・置き引きを撲滅】旅ブロガーのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった疑問を解決していきます。 この記事を書いているの...

バスの利用者はほぼインドネシア人

長距離バスの利用者はほぼ地元のインドネシア人です。

僕が利用した時はたまたま1人だけ中国からのバックパッカーがいましたが、基本的に外国人が利用するのは完全アウェイな環境であることは理解しておきましょう。

バスの車内はエアコンガンガン

バスの車内はこれでもかというくらいエアコンが効いています。

寒がりの人はウルトラライトダウン等、旅行に向いた上着を持っておくといいですよ。

追加料金不要の食事あり

バスには追加料金不要で食事がついてくるので、バス乗車の前に食料を買い込んだりする必要は特にないです。

食事はインドネシア式ビュッフェになりますね。

食べたものはこんな感じ。これにホットティーがついてきます。

僕が乗った夜行バスでは、食事休憩は朝の4時半でした…笑

 

思い出作りにバリ島からジャワ島までバスで行くのもあり

以上、バリ島からジャワ島までのバス移動方法とその注意点のご紹介でした。

移動は割とハードですが、飛行機よりも安いですし、旅の思い出にもなりますよ。

というわけで今回は以上です。

いいインドネシア旅行をお楽しみください(^^)