海外ホテル

【2017年開業5つ星】シーザーメトロ台北の宿泊レビュー【口コミや周辺情報も】

ぐちを
ぐちを
どうも、海外(特にミャンマー)が好きで50ヵ国くらい渡航経験があるブロガーのぐちを(@guchiwo583)です。

2019年9月に台北市中心部の龍山寺駅近くに立地する5つ星ホテル、シーザー メトロ 台北(Caesar Metro Taipei / 台北凱達大飯店)に宿泊しました。

2017年オープンと台北ではかなり新しい宿泊施設で、とても快適な滞在をすることができました。

今回は、そんなシーザーメトロ台北の宿泊レビューを紹介していくので、旅行の参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

▼台湾行きの格安航空券検索はこちら

▼台湾の現地オプショナルツアーはタビナカがおすすめ
台湾の現地オプショナルツアーを調べる

シーザーメトロ台北にチェックイン

シーザーメトロ台北のレセプション

僕は前日に台北駅至近の格安ホテル「セイ ラブ ホテル」に泊まっていたので、そこからMRTを利用して龍山寺駅へ移動、駅から徒歩5分ほどでホテルに到着しました。

シーザーメトロ台北は高層ビル型のシティホテルで客室数も多いため、チェックインは時間帯によってはそれなりに混雑する印象ですね。

スタッフは中国語・英語対応のみの方がほとんどですが、日本語や韓国語の対応ができる人もいるみたいです。

シーザーメトロ台北のエクスプレスチェックアウトサービス

ちなみに、チェックアウトについてはこのエクスプレスチェックアウトの箱にキー(カードタイプ)を入れるだけで済ますことができるので、とてもスムーズに行えました。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
これはありがたいサービス!

 

シーザーメトロ台北の客室とアメニティを紹介

シーザーメトロ台北の客室(スーペリアダブル)

1階でチェックインを済ませたらエレベーターで上階へ行き、自分が泊まる客室に向かいましょう。

シーザー メトロ 台北には、

  • スーペリアルーム
  • デラックスルーム
  • スイートルーム(ファミリールーム)

の3種類があるみたいです。

シーザーメトロ台北の客室(スーペリアダブル)

僕は今回、9階のスーペリアダブルルームに泊まりました。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
丸い鏡が特徴的だな!笑

トイレ

シーザーメトロ台北のトイレ

トイレはTOTO製で、日本人にありがたいウォシュレット付きです。

もちろんトイレットペーパーはそのまま流すことができます。

シャワー

シーザーメトロ台北のシャワー

シャワーはトイレと別室になっているのも嬉しいポイント。

シャンプーとボディーソープは備え付けのものがありました。

シーザーメトロ台北のシャワー

バスタブも完備です。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
日本人も安心して泊まれるね!

アメニティ

僕が泊まったスーペリアダブルの客室には以下の無料アメニティがありました。

  • タオル
  • スリッパ
  • 浴衣
  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉
  • 石鹸
  • シェーバー
  • ドライヤー

上記のものが全て無料でついてますし、毎日交換してもらえるので安心ですね。

ちなみに、浴衣は購入すれば持ち帰ることもできるみたいです。

コンセント

僕が泊まったスーペリアダブルの客室には、

  • プラグ(Aタイプ)の差込口が5箇所
  • USBの差込口が2箇所

ありました。

これだけあれば基本的には十分ですし、台湾のコンセント形状は日本と同じAタイプなので、変換プラグも不要です。

それでも万が一足りなくなりそうな場合には、電源タップがあれば差込口の数を増やしましょう。

▼エレコムの電源タップ

WiFi

データ計測するのは忘れましたが、WiFiはとてもスピーディーでした。

ただし、鍵のないタイプだったので、セキュリティーについては少し不安材料があります。

クレカの決済やネットバンク利用など、重要な作業を行う場合はその時だけ海外SIMカードレンタルWiFiで代用するようにしましょう。

それらが無い場合は、VPNサービスを使用する方法もあります。

VPNは海外版を中心に無料で利用できるものもありますが、日本語で扱える有料のものがサービスやアフターサポートのことも考えると安心です。

特におすすめなのはセカイVPNで、最大2ヶ月間は無料体験があるので、使用してみて微妙だった場合は無料で解約ができますよ。


ドリンク・スナック類

シーザーメトロ台北の無料スナック・ドリンク類

ドリンクは冷蔵庫内に

  • ミネラルウォーター(2本)
  • コーラ(1缶)
  • ファンタ・オレンジ(1缶)

がありました。

これらに加え、インスタントのコーヒーとお茶、スナックが置いてありました。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
めっちゃ充実してる!

 

シーザーメトロ台北のホテル内施設

シーザー メトロ 台北のホテル内には、以下の施設がありました。

ジム

シーザーメトロ台北のジム

ジムは8階にあり、営業時間は6:30〜22:00となってます。

施設内はとても綺麗ですが、ランニングマシーンしか置いてなかったので、設備としてはちょっと物足りない感じもしましたね。

プール

シーザーメトロ台北のプール

プールはジムと同じ8階にあり、ジムを通ってアクセスできます。

こちらの営業時間は7:00〜21:00でした。

ぐちを
ぐちを
僕が利用した9月下旬はギリギリ入れる水温でしたが、夕方になって気温が下がるとかなり寒く感じたので、利用者はあまり多くなかったです。

レストラン

シーザーメトロ台北の館内には以下のレストランがあります。

  • メトロビュッフェ(5階)
  • Bar 98(5階)
  • 中華レストラン「家宴」(3階)

メトロビュッフェ

シーザーメトロ台北のメトロビュッフェ(引用:シーザーメトロ台北

5階のメトロビュッフェは、朝食ビュッフェの会場にもなっている場所。

ガラス張り窓付きの広々とした空間で、豪華な食事を楽しむことができます。

朝食だけでなく、ランチやディナーでもビュッフェを味わうことができますよ。

▼営業時間

朝食 6:00〜10:00(休日10:30)
ランチ 11:00〜14:00
ディナー 17:30〜21:00

Bar 98

シーザーメトロ台北のBar 98(引用:シーザーメトロ台北

Bar 98はメトロビュッフェと同じ5階にあります。

こちらはこじんまりしたバーですが、カウンター席で台北の街並みを見つつ、お酒やスイーツを嗜むことができますよ。

シーザーメトロ台北、Bar 98のフライドポテト
ぐちを
ぐちを
フライドポテトが美味でした!

▼営業時間

終日の食事 10:00〜24:00
ブランチ 7:00〜14:00

中華レストラン「家宴」

シーザーメトロ台北の中華レストラン「家宴」(引用:シーザーメトロ台北

3階にある創作中華レストラン「家宴」は、ランチとディナーで営業しています。

高級レストランなため、利用者は少なめな印象でした。

広東料理を中心に提供しているようですね。

▼営業時間

ランチ 11:30〜14:30
ディナー 17:30〜21:30

 

シーザーメトロ台北の朝食

シーザーメトロ台北の朝食シーン

シーザー メトロ 台北のメトロビュッフェで味わえる朝食は、豪華で品揃えも多く、非常におすすめできるものでした。

予約時に朝食あり・朝食なしの両プランを選べますが、朝食ありにするのが断然におすすめです。

メニュー

メニューは本当に多種多様で、

  • 中華
  • 和食
  • 洋風

と揃っています。

シーザーメトロ台北の朝食シーン

中華のコーナー。

シーザーメトロ台北の朝食シーン

洋食のコーナー。

シーザーメトロ台北の朝食シーン

和食のコーナー。

シーザーメトロ台北の朝食シーン

揚げ物類。

美味しいですが、食べすぎは禁物ですね。

シーザーメトロ台北の朝食シーン

サラダ、フルーツバー。

シーザーメトロ台北の朝食シーン

ドリンクバー。

見ての通り、充実の内容です。

料金

朝食ビュッフェの料金は、

  • 大人:550台湾ドル(約2,000円)
  • 小人:275台湾ドル(約1,000円)

となっています。

物価の安い台湾では高めな値段設定ですが、メニューの豊富さや食べ放題である点を考慮すると妥当な価格だと思いました。

時間

朝食の営業時間は

  • 平日:6:00〜10:00
  • 休日:6:00〜10:30

となっています。

僕は8:30頃に行きましたが、既に結構混んでいました。

なので、空いている時間帯を狙うなら7時くらいが良いと思います。

とは言え、料理はちゃんと最後まで補充してくれますので、そこはご安心を。

 

シーザーメトロ台北の評価と口コミ

シーザー メトロ 台北の評価は、どの宿泊サイトでも及第点以上です。

Booking.comの総合評価は8.6と結構高く(2019年9月時点)、総件数6,000件以上での評価なのでかなり信頼性が高いと言えるでしょう。

参考までに、宿泊サイトで見つけたシーザーメトロ台北の良い口コミと悪い口コミを載せておきます。

良い口コミ
  • 施設が新しく、綺麗
  • 眺望が素晴らしい
  • 立地が良い
  • トイレとシャワーが別々で嬉しい
  • バスタブとウォシュレット付きなので安心
  • コスパ最高
悪い口コミ
  • スタッフの対応が少し雑
  • 宿泊者の数が多い

全体としては、良い口コミが大半です。

 

シーザーメトロ台北に実際に泊まってみた感想

個人的には、ランクとしては5つ星に入りますが、その割にはリーズナブルな価格設定なのでとてもコスパの良いホテルだなという感想です。

台北でも比較的新しいホテルなので、館内も凄く綺麗でとても快適に過ごすことができました。

ぐちを
ぐちを
接客に関しては、過剰という感じではなくほどほどに親切に対応してくれ、個人的にはちょうど良かったなと思います。

客層は中華圏・韓国からの方々がほとんどでしたが、日本人や欧米人も何人か滞在していました。

ホテル周辺はほど良くローカルな雰囲気もあり、街歩きするのも楽しい立地です。

 

シーザーメトロ台北へのアクセス

シーザー メトロ 台北は、台北市中心部の萬華区にあります。

▼シーザーメトロ台北の場所

公共交通機関でアクセスする場合、最寄りの駅は

  • 萬華駅(台湾鉄路管理局)
  • 龍山寺駅(MRT板南線)

の2つです。

萬華駅利用の場合

萬華駅とシーザーメトロ台北の建物はほぼ直結していて、徒歩30秒ほどしかかかりません。

▼萬華駅の場所

ただし、台北駅からアクセスする場合はMRTに乗って龍山寺駅に行くほうが本数が多く便利なため、この駅からアクセスする機会は少ないでしょう。

龍山寺駅利用の場合

台北駅からMRTの板南線(ブルーライン)を利用して2駅で龍山寺駅に行くことができます。

▼龍山寺駅の場所

龍山寺駅からは、南方向に徒歩数分でシーザーメトロ台北へ行くことができますよ。

ちなみに、桃園国際空港からアクセスする場合は、台北駅での乗り換えが必要です。

台北駅はとても広く、MRT桃園空港線からMRT板南線への乗り換えには徒歩10〜15分かかるため、特に大きな荷物がある場合は後述のタクシー利用もおすすめします。

▼桃園国際空港から台北駅への行き方について詳しくはこちら

あわせて読みたい
【2019年版】台湾桃園国際空港から台北市内への行き方まとめ【鉄道(MRT)がおすすめ】 という方向けの記事を用意しました。 この記事を書いている僕は、2019年9月に台湾を訪れ、現地の交通事情を調査して...

桃園国際空港からはタクシー利用もおすすめ

桃園国際空港からシーザーメトロ台北へアクセスする場合は、タクシーの利用もおすすめです。

MRTを利用する場合では台北駅で必ず乗り換えとなり、乗り換えの距離も多少あって多少不便なので、空港から直接ホテルまで行けるタクシーはとても助かる移動手段となります。

空港から台北市内まではメータータクシーの場合、1,200元(約4,200円)前後が相場のようですね。

しかし、kkdayで事前予約すればこれより安く、最安3,000円ほどでタクシー移動ができますので、要チェックです。

▼桃園国際空港 → 台北市内のタクシーチャーターはkkday
桃園国際空港からホテルまでのタクシーを予約する

シーザーメトロ台北の周辺情報

ここからは、シーザー メトロ 台北の周辺情報を紹介していきますね。

観光スポット

観光スポットは以下のものがあります。

龍山寺(Longshan Temple)

萬華区を代表する観光スポットがこの龍山寺(ロンシャンスー)です。

いつも多くの参拝者と観光客で賑わっていて、パワースポットとしても人気の場所となっています。

食事処

食事処は、以下がありました。

四方阿九魯肉飯(Si Fang a Jiu Minced Pork Rice)

四方阿九魯肉飯の外観

四方阿九魯肉飯は、龍山寺駅近くに立地する魯肉飯(ルーローファン)の名店で、美味しい魯肉飯をリーズナブルな価格で味わうことができます。

メニュー表には日本語も書いてある(ちょっとミスってる)ので、中国語が分からなくても安心です。

注文表にチェックをつけて頼めば、すぐに出てきますよ。

席数はそれほど多くないので、場合によっては相席になることもありますね。

艋舺夜市(Bangka Night Market)

先ほど紹介した四方阿九魯肉飯がある通りは、夜になると艋舺夜市としてたくさんの屋台が並びます。

ショッピング

ショッピングができるところは以下がありました。

セブンイレブン

シーザーメトロ台北の入り口近くすぐのところにセブンイレブンがあります。

ちょっとした買い物をするのにも便利です。

▼セブンイレブンの場所

龍山寺地下街商場

龍山寺駅には地下街があり、そこにいくつかお店がありました。

ただし、観光客向けではなく地元民向けといった雰囲気でした。

 

まとめ:シーザーメトロ台北はコスパ最高の5つ星ホテル

シーザーメトロ台北の外観

以上、シーザーメトロ台北の宿泊レビューを中心に紹介しました。

台北にある5つ星の高級ホテルの中では、比較的リーズナブルに泊まることができるので、かなりおすすめです。

特に朝食ビュッフェが素晴らしかったので、予約する際はぜひ朝食付きのプランを選ぶと良いですよ(^^)

▼台湾行きの格安航空券検索はこちら

▼台湾の現地オプショナルツアーはタビナカがおすすめ
台湾の現地オプショナルツアーを調べる

台湾でネットを使う
  1. レンタルWiFi(旅行初心者向け)
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。複数人でのシェアも可能なので、グループ旅行では重宝するでしょう。台湾旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード(旅行上級者向け)
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。台湾旅行であれば、現地の亜太電信かタイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!