アクセス

【2019年版】日本から台湾への行き方【飛行機の直行便・格安航空(LCC)情報】

ぐちを
ぐちを
どうも、海外(特にミャンマー)が好きで50ヵ国くらい渡航経験があるブロガーのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
日本から台湾ってどんな行き方があるの?安くお得に行ける方法があれば教えて!

という方向けの記事を用意しました。

結論を先に言うと、日本から台湾へは直行便が数多く運行されています。

そして、格安航空会社(LCC)も多数運行されているので、安く行きたい人はこれらを活用すればOKです。

上記についてのほか、台湾各都市への空路(直行便)についても詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

▼台湾行きの格安航空券検索はこちら

▼台湾の現地オプショナルツアーはタビナカがおすすめ
台湾の現地オプショナルツアーを調べる

▼日本から台湾への海外パッケージツアーならJTBがおすすめ台湾の海外ツアーを調べる

日本から台湾への行き方は飛行機の直行便でOK

日本から台湾へは移動は飛行機の直行便を利用すればOKです。

台北行きであれば東京・中部・関西以外の地方都市からの直行便も多いので、わざわざ経由便を利用する必要はありません。

参考までに、日本から台湾へは下記の航空会社が運行されています(2019年11月現在)。

レガシー航空会社
  • 日本航空(JAL)
  • 全日空(ANA)
  • チャイナ・エアライン(中華航空)
  • エバー航空
  • キャセイ・パシフィック航空
LCC
  • ピーチ
  • ジェットスター・ジャパン
  • タイガーエア台湾
  • エアアジア
  • スクート

これら以外では、レガシーとLCCの中間的な立ち位置に当たるスターフライヤーが台湾路線を運行しています。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
これだけ候補があれば逆に選ぶのに困っちゃうな!
ぐちを
ぐちを
東京(成田・羽田)や関空発の場合はピーチが安いことが多いようですね!

 

日本から台北へ飛行機で行く場合

台北の街並み

日本から台北へは、日本のあらゆる都市から直行便で行くことができます。

特に、東京や大阪からは1日に複数の便が運行されています。

所要時間は東京からの場合、おおむね4時間ですね。

台北には台湾桃園空港台北松山空港の2ヶ所の空港からアクセスでき、松山空港のほうが市内にすぐにアクセス可能となっています。

あわせて読みたい
【2019年版】台湾桃園国際空港から台北市内への行き方まとめ【鉄道(MRT)がおすすめ】 という方向けの記事を用意しました。 この記事を書いている僕は、2019年9月に台湾を訪れ、現地の交通事情を調査して...

▼台湾行きの格安航空券検索はこちら

 

日本から高雄へ飛行機で行く場合

日本から高雄へ行く場合は、

  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡
  • 札幌
  • 沖縄
  • 熊本

といった地域から直行便で行くことが可能です。

それ以外の都市から行く場合は、1度台北などを経由する必要があります。

台北から高雄へは新幹線(台湾高速鉄道)も通っていますので、そちらを活用するのもありでしょう。

▼台湾行きの格安航空券検索はこちら

 

日本から台中へ行く場合

チャイナ・エアラインの子会社であるマンダリン航空が、

  • 東京(成田)
  • 那覇

に直行便を就航させています。

それ以外の都市からは台北経由でアクセスするのが良さげですね。

▼台湾行きの格安航空券検索はこちら

 

日本から台南へ行く場合

日本から台南へは、チャイナ・エアラインが大阪の関西国際空港と台南を結ぶ直行便を運行しています。

所要時間は3時間45分です。

ただし、チャイナ・エアラインはレガシーの航空会社になるので、LCCで台北や高雄を経由して台南へ行くほうがより安く行くことができるでしょう。

▼台湾行きの格安航空券検索はこちら

 

おまけ:かつては石垣島〜基隆で船(フェリー)が運行

ちなみに、飛行機以外の交通手段ですと、かつては日本の石垣島から台湾の基隆を結ぶフェリーの定期便が運行されていました(2008年まで)。

その後については、不定期でクルーズ船が運行されることもあるようです。

ただし、これに関してはツアーになってしまうので、交通手段とは言い難いですね…。

ぐちを
ぐちを
いずれにせよ、もし今後また日本と台湾を結ぶ船の定期便が運行されるようなことがあれば、ぜひ1度乗ってみたいものです。

 

まとめ:日本から台湾へは直行便が多数運行!格安航空(LCC)も便利!

台北の中正記念堂

以上、日本から台湾への行き方についてまとめました。

飛行機の直行便だけでもレガシー、LCCを含めて様々な選択肢があるので、1番自分の旅行プランに合ったものを選ぶで良いでしょう。

LCCだと安いぶん、出発や到着が早朝・深夜になりがちであったり、時期によってはレガシーの航空会社とあまり変わらないくらい高くなるデメリットがあるので、その点は気をつけてくださいね(^^)

▼台湾行きの格安航空券検索はこちら

▼台湾の現地オプショナルツアーはタビナカがおすすめ
台湾の現地オプショナルツアーを調べる

▼日本から台湾への海外パッケージツアーならJTBがおすすめ台湾の海外ツアーを調べる

台湾でネットを使う
  1. レンタルWiFi(旅行初心者向け)
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。複数人でのシェアも可能なので、グループ旅行では重宝するでしょう。台湾旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード(旅行上級者向け)
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。台湾旅行であれば、現地の亜太電信かタイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!
ぐちを
ぐちを
最後までお読みいただきありがとうございました!Twitterで海外やこれからの生き方に関するツイート、Instagramで旅行写真の投稿、Line@でブログ更新やイベント情報を共有しております。ぜひフォローしていただけると嬉しいです!