海外ホテル

【台北駅至近】セイラブホテル(Say Love Hotel)宿泊レビュー【ここは立地最高のラブホ?】

ぐちを
ぐちを
どうも、海外(特にミャンマー)が好きで50ヵ国くらい渡航経験があるブロガーのぐちを(@guchiwo583)です。

2019年9月に、台北駅徒歩すぐに立地するセイ ラブ ホテルに宿泊しました。

今回はその宿泊レビューを記していきますね。

結論、セイラブホテルは台北駅すぐ近くの超便利な立地で、旅行やビジネスにも利用できる格安ホテルです。

ぜひ、この記事を参考にしてみてください(^^)

▼台湾行きの格安航空券検索はこちら

▼台湾の現地オプショナルツアーはタビナカがおすすめ
台湾の現地オプショナルツアーを調べる

そもそもセイラブホテルはラブホなのか?

このホテルに泊まることを考える際、どうしても気になるのがラブホテルというその名前。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
え、もしかしてここラブホなの?

って思う人も多いと思います。

僕が実際に利用してみたところ、ラブホの要素もあるけど普通にビジネス・旅行でも利用できるホテルでした。

ぐちを
ぐちを
特にカップル以外だと利用しづらいような雰囲気もなかったのです(コンドームは置いてありますが笑)。

あと、窓の無い部屋が一部あるのも地味にラブホっぽい気がしました。

ただ宿泊レビューを見てても、1人で泊まっている人や女子旅で利用している人も多そうなので、よほど気にならなければ問題なく利用できるはずです。

ぐちを
ぐちを
ちなみに、このホテルの中国語名は「璽愛商務飯店」になります。

 

セイラブホテルのおすすめポイント

実際に宿泊して感じた、セイ ラブ ホテル(Say Love Hotel / 璽愛商務飯店)のおすすめポイントを紹介していきますね。

立地がすごく良い(台北駅から徒歩5分)

何よりもこれに尽きます。

台北駅から徒歩5分の好立地なので、観光の拠点として素晴らしいです。

▼セイラブホテルの場所

ホテル自体は複数の商業施設が集う雑居ビルの3階にあり、割とコンパクトな造りとなっています。

日本語のできるスタッフもいる

日本語が結構できる男性の若いスタッフもいました。

ただ、基本は英語か中国語のみの対応となります。

ホテルの近くにはレストランも多数

ホテルの近くにはレストランやカフェの多い通りがあるので、外食するのにも困りません。

僕は良品牛肉麺という台湾牛肉麺のお店に足を運んだりしました。

良品牛肉麺の牛肉麺(台北、台湾)
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
めっちゃ美味そうじゃん!!!
ぐちを
ぐちを
激ウマでした!!!

▼良品牛肉麺の場所

 

セイラブホテルはこんな人におすすめできない

(引用:Pixabay)

ちなみに、セイ ラブ ホテルは以下の人にはおすすめできないなと思いました。

早めにチェックインしたい人

実はここ、チェックインが18時以降というシステムとなっています(こういうところもラブホっぽい?笑)。

それより前はフロント前に荷物を置くことはできますが、客室の利用はできないようです。

早めにチェックインしたい人は別のところを利用したほうが良いですね。

ラブホっぽいところがどうしても気になる人

やはり、完全なラブホではないとは言えラブホっぽい要素もあるので、そういうのが苦手な人は避けたほうが良いですね(笑)

サービス重視の人

正直に言って、台北の中では格安ホテルの部類になるのでサービスは必要最低限といった感じです。

宿泊予約サイトの評価も8以下となっているので、決して良い評価のホテルとは言えません。

より良いサービスを求める人はもう少しランクの高いホテルに泊まりましょう。

 

セイラブホテルの設備・アメニティ・サービス

ここからは、セイ ラブ ホテル設備・アメニティ・サービスついて紹介していきますね。

客室

セイ ラブ ホテルの客室(引用:Booking.com)

ビル自体はちょっと古めですが、客室は結構綺麗です。

ダブルやトリプルの部屋もありますよ。

ちなみに、窓あり窓なしの部屋があり、窓なしの部屋は安い価格設定となっています。

トイレ

トイレに関しては、ウォシュレットはありませんし、トイレットペーパーを流すこともできないタイプだったので、海外に慣れていない日本人には多少使いづらいです。

気になる人は携帯ウォシュレットの持参も検討してみましょう。

▼TOTOの携帯ウォシュレット

シャワー

セイ ラブ ホテルのシャワー(引用:Booking.com)

シャワーはトイレと同じ部屋にありますが、ブース式なのでそれぞれは分かれています。

比較的キレイに保たれている印象で、お湯はちゃんと出ました。

タオルももちろん完備されていましたよ。

WiFi

WiFiのスピードはそこそこあった記憶です(すみません、計測し忘れました)。

ただ、何種類かあってそれぞれスピードが違っていたので、自分に合うものを探す手間が必要でした。

共有スペース

共有スペースはレセプション前にあります。

チェックイン前やチェックアウト後にはここに荷物を置くことができます。

朝食

朝食は一応オプションとしてあるみたいですが、僕は今回は利用しませんでした。

レビューを見る限り、当たり障りの無い至って普通の朝食みたいなので、食事重視の人は周辺の美味しそうなレストランを利用するほうが良いかと思います。

 

台北駅からセイラブホテルへのアクセス

台北駅(台北、台湾)

台北駅(台北車站)からセイ ラブ ホテルへのアクセスは、徒歩約5分になります。

MRTを利用して行く場合は、地下街を通るのが最初は分かりやすいでしょう。

改札を出て「忠考西路方向」に進み、「站前地下街(Z區)」にアクセスできたら6番出口を出ればすぐです。

セイ ラブ ホテルの入口(台北、台湾)

この看板が目印となりますよ。

エレベーターで3階に上がれば、その先にセイ ラブ ホテルがあります。

 

まとめ:セイラブホテルは台北駅至近の立地最高なちょっとラブホっぽいホテル

セイ ラブ ホテルの入口(台北、台湾)

以上、台北駅至近のセイ ラブ ホテルについて紹介しました。

クオリティーも評価もそれなりですが、立地は最高なのでそれなりの利用価値はあるホテルです。

ちょっとラブホの要素もあったりしますが、一般の旅行者にも利用できるのでぜひ検討してみてください(^^)

▼台湾行きの格安航空券検索はこちら

▼台湾の現地オプショナルツアーはタビナカがおすすめ
台湾の現地オプショナルツアーを調べる

台湾でネットを使う
  1. レンタルWiFi(旅行初心者向け)
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。複数人でのシェアも可能なので、グループ旅行では重宝するでしょう。台湾旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード(旅行上級者向け)
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。台湾旅行であれば、現地の亜太電信かタイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!