アクセス

【2020年版】ランカウイ島からペナン島への行き方【直行フェリーがおすすめ】

ぐちを
ぐちを
どうも、海外(特にミャンマー)が好きで50ヵ国くらい渡航経験があるブロガーのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
ランカウイ島からペナン島への行き方を教えて!おすすめの移動方法は何?

という方向けの記事を用意しました。

この記事を書いている僕は、先日実際にランカウイ島からペナン島までの移動を経験しました。

移動日

2020年01月12日

この区間は移動方法がいくつかありますが、結論は直行フェリーの利用が1番良いと感じたので、今回はそういった内容で深掘りしていきます。

ぜひ旅行の参考にしてもらえれば嬉しいです(^^)

▼マレーシア行きの格安航空券検索はこちら

▼マレーシアの現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ
≫マレーシアの現地オプショナルツアーを調べる
icon

▼日本発着のマレーシアツアーならHISがおすすめ
≫マレーシアのツアーを調べる

ランカウイ島からペナン島への行き方は大きく3通り

ランカウイ島からペナン島への移動方法は、以下の大きく3通りが存在します。

  • 直行フェリー(おすすめ度:★★★)
  • フェリー+バス+鉄道での乗り換え移動(おすすめ度:★)
  • 飛行機(おすすめ度:★★)

それぞれメリット・デメリットがありますが、僕が思う総合的なおすすめ度はこんな感じです。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
それぞれ詳しく教えて!
ぐちを
ぐちを
以下で解説していきますね。

 

ランカウイ島からペナン島まで直行フェリーを利用する行き方(おすすめ)

まずは1番おすすめ度の高い、直行フェリーを利用する移動方法です。

こちらは本数が1日2本と少ないのがデメリットですが、ペナン島の観光都市「ジョージタウン(George Town)」までたったの3時間でアクセスできるのが最大のメリット。

こうしたメリットから、実際に僕がランカウイ島からペナン島に移動する際もこの直行フェリーを利用しました。

ランカウイ島→ペナン島行き直行フェリーのチケットを購入

ランカウイ島、クアのフェリーターミナル

ランカウイ島のフェリー乗り場はクア(Kuah)にあるので、まずはそちらへ移動しましょう。

メインのビーチリゾート「パンタイ・チェナン(Pantai Cenang)」からクアまではGrabタクシーで25〜30リンギット程度です。

ペナン行きフェリーの窓口

クアではフェリー乗り場の外にある窓口で、ペナン島(ジョージタウン)行き直行フェリーのチケットを購入可能ですが、パンタイ・チェナンのホテルや旅行代理店で手配することも可能だと思います。

ぐちを
ぐちを
僕が利用した時はフェリー乗り場での直接購入で片道73.60リンギット(約1,970円)でしたが、度々値上げされているようですね。

注意点として、利用者の需要が割とあるのに便が10:30発と15:00発の1日2本しかないので、できるだけ早めにチケットを買っておくべきです。

ランカウイ島からペナン島行きの直行フェリーに乗船

ランカウイ島のフェリーターミナル

チケットの購入が完了したら、あとは当日間に合うようにフェリー乗り場へ行き、フェリーに乗船するだけ。

ランカウイ島→ペナン島は国内移動になるので、「PERLEPASAN DOMESTIK」の表記が目印です。

ランカウイ島のフェリーターミナル

荷物検査を終えると、広めの待合室があるのでそこで時間まで待ちます。

ランカウイ島のフェリーターミナル

時間になるとこのように並ばせられます。

ここでチケットのチェックと座席の指定がなされました。

ランカウイ島のフェリーターミナル

チェックを終えたら「PENANG」の目印に従ってフェリーに乗船すればOKです。

ペナン島行きフェリーの船内

車内はこんな感じで少し薄暗い感じでした。

決して新しいフェリーという感じではありませんね。

移動中はそれほど揺れるわけではないですがその時の波にもよると思うので、酔いやすい人は酔い止めを持っておくと安心です。

created by Rinker
トラベルミン
¥469
(2020/08/14 11:01:23時点 Amazon調べ-詳細)

約3時間でペナン島のジョージタウンに到着

ペナン島のフェリーターミナル

約3時間の船旅を終えると、そこは世界遺産の町ジョージタウンです。

乗客より先に荷物を下ろす作業があったので、10分ほど待たされました。

ペナン島のフェリーターミナル

フェリーターミナルの外がすぐジョージタウンの中心部なのは、やはり直行フェリーを利用するメリットでもあり素晴らしいなと感じました。

ぐちを
ぐちを
ちなみに、出口付近ではインド系のタクシドライバー(生活かかってないのかあまりしつこくはない)が待機しています(笑)

 

ランカウイ島からペナン島までフェリー乗り換え移動での行き方(最安)

クアラケダ行きフェリーの窓口

直行フェリー以外では、クアラケダ行きのフェリーを利用しそこから複数回乗り換えをしてペナン島(ジョージタウン)まで行く方法もあります。

具体的な移動方法は以下。

  1. ランカウイ島のクアからクアラケダまでフェリーで移動
  2. クアラケダからアロースターまでバスで移動
  3. アロースターからバターワースまで鉄道で移動
  4. バターワースからジョージタウンまでフェリーで移動

こちらはトータルで直行フェリーの半額程度で移動ができる最安ルートとなるので、時間に余裕のあるバックパッカー等は検討しても良いかもしれません。

ぐちを
ぐちを
ただ、乗り換えが多くてとても面倒なのに直行フェリーと比べて1,200円程度の差にしかならないので、基本的におすすめではないです(笑)

詳しくは以下のブログが参考になるかと思うので、それでも挑戦してみたい方はどうぞ。

 

ランカウイ島からペナン島まで飛行機を利用する行き方(最速)

(引用:Pixabay)

また、ランカウイ島からペナン島へは飛行機で移動することもできます。

詳しくは以下。

ランカウイ島の空港からペナン行きの飛行機に乗る

まずは、シンプルにランカウイ島の空港からペナン行きの飛行機に乗って移動します。

両島は距離が近いので、飛行機の移動時間も40分と短め。

飛行機移動のメリットとしては、

  • 所要時間が最速である
  • フェリーと違いわざわざクアまで移動する必要がない
  • プライオリティ・パスを持っていれば空港ラウンジが利用できる

あたりでしょうか。

LCC(エアアジアなど)であればオフシーズンで片道2,000円程度(預け荷物なしの場合)と決して高くはないので、飛行機も実はかなりアリな移動手段だと思います。

▼ペナン行きの格安航空券検索はこちら

ペナン国際空港からジョージタウンまで移動

飛行機移動のデメリットとしては、ペナン到着後の空港から市内(ジョージタウン・バトゥフェリンギなど)への移動があることですね。

とは言っても、

  • タクシー(Grabあり)
  • 路線バス

のどちらかを利用して割と簡単にアクセス可能なので、そこはご安心を。

詳しくは以下の記事にまとめてあります。

【2020年版】ペナン国際空港から市内(ジョージタウン)への行き方【タクシー・バス・チャーター情報】 という方向けの記事を用意しました。 結論を先に言うと、ペナン国際空港から市内中心部のジョージタウンまでの行き方は基...

 

まとめ:ランカウイ島からペナン島へは直行フェリーが便利でおすすめ

ペナン島行のフェリー

以上、ランカウイ島からペナン島への行き方をまとめました。

1番おすすめは直行フェリーで、片道約2,000円・所用3時間でアクセス可能です。

他にはクアラケダ行きフェリーでの乗り換え移動や、飛行機でひとっ飛びする移動手段もあるので、ご自身の旅行プランに合わせて最適なものを選んでみてください(^^)

ぐちを
ぐちを
最後までお読みいただきありがとうございました!Twitterで海外やこれからの生き方に関するツイート、Instagramで旅行写真の投稿、Line@でブログ更新やイベント情報を共有しております。ぜひフォローしていただけると嬉しいです!

▼マレーシア行きの格安航空券検索はこちら

▼マレーシアの現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ
≫マレーシアの現地オプショナルツアーを調べる
icon

▼日本発着のマレーシアツアーならHISがおすすめ
≫マレーシアのツアーを調べる

マレーシアでネットを使う
  1. レンタルWiFi(旅行初心者向け)
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。複数人でのシェアも可能なので、グループ旅行では重宝するでしょう。マレーシア旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。詳しくはマレーシアのレンタルWiFiについての記事をどうぞ。
  2. SIMカード(旅行上級者向け)
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。マレーシア旅行であれば、現地のSIM会社かタイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!詳しくはマレーシアのSIMカードについての記事をどうぞ。