マレーシア旅行の持ち物リストはこちらをタップ!

マレーシアでのお得な両替方法と注意点を解説【最安はキャッシング】

当ページのリンクには広告が含まれています。
ぐちを

どうも、海外好きなWebクリエイターのぐちを(https://lit.link/guchiwo)です!

ブログやYouTube、SNSで旅行に役立つ情報を発信しています。

この記事では、マレーシアでのお得な両替方法について解説していきます。

いくつかの両替手段がありますが、その中で最もお得な両替方法はクレジットカードの海外キャッシングになります。

上記のほか、両替時の注意点なども解説していくので、ぜひ旅行の参考にしてみてください!

マレーシア旅行でおすすめの予約サイト

航空券予約:Trip.com
→ 最安の航空券が見つかりやすい!日本語対応が充実していて口コミ評価も高め◎

ホテル予約:agoda
→ アジア圏に強い宿泊予約サイト!マレーシアでも自分に合ったホテルを見つけやすい!

現地オプショナルツアー:ベルトラ
→ 豊富な種類 & お手頃な値段が売り!日本の会社なのでその点も安心◎

日本発着ツアー:HIS
→ 日本発着でツアーを組むならコレ!大手 & 格安でツアー数も業界最多!

マレーシア旅行のお得情報(タップで詳細が開きます)
① マレーシア旅行でインターネットをお得に利用するには?

✔️ 楽天モバイルに乗り換えれば追加料金が不要(短期の旅行におすすめ)

楽天モバイルのRakuten最強プランなら、毎月2GBまでマレーシアでのデータ通信(海外ローミング)が無料で利用可能!

現地に着いたら「海外ローミング」をONにするだけで、日本と同じようにサクサクネットが使えます◎

しかも、Rakuten Linkアプリ同士なら国際通話もかけ放題

それなのに、利用料は最大3,278円(税込)しかかからないので、控えめに言ってコスパ最強です!

\海外旅行でも楽天モバイルがお得/

✔︎海外72の国と地域で使える
✔︎2GB超過後は1GBあたり500円でチャージ可

✔️ プリペイドSIMカードを別途購入(中期〜長期の旅行におすすめ)

5日以上の中・長期での旅行なら、プリペイドSIMカードを別途購入しましょう!

個人でSIMの差し込みなどしないといけないデメリットはありますが、海外用のポケットWi-Fiをレンタルするよりも安価で済みます。

マレーシア旅行であれば、現地最大手の「Maxisマクシス」を現地の空港などで購入するか、SIM2Flyのアジア周遊プランを日本で購入して持参するのがおすすめ。

ご自身で設定・管理される際は、SIMカードケースホルダー&ピンのご用意も忘れずに!

② 海外旅行保険に無料で加入できる!?

海外旅行保険はクレジットカード付帯のものなら無料で利用できます!

加えて、エポスカードなら年会費が永年無料なのにゴールドカード級の海外旅行保険が付帯!

使いやすいVISAブランドで、即日発行も可能です🙆

クレカ付帯海外旅行保険は補償金額は合算が可能なので、すでにメインのクレカを持っているかたにもサブとしておすすめの1枚です◎

\年会費永年無料・即日発行も可/

✔︎マルイユーザーは必携
✔︎海外旅行の特典も充実

ぐちをぐろーぶ
エポスカードの特徴・メリット・評判を徹底解説!【2年使ってみて分かった感想→マルイと海外旅行好きは必携... 当ブログ記事では、エポスカードの詳細や特典、メリット・デメリット、口コミ評価などを詳しく解説しています。マルイ利用者や海外旅行好きは必携のクレジットカードです。
③ 空港ラウンジを最安で利用できる!

楽天プレミアムカードは空港ラウンジが無料で利用できる「プライオリティ・パス」を追加料金ゼロで発行可能!

MastercardやJCBでの発行も可能で、海外旅行保険も付帯。楽天市場での利用でも1番お得になるクレジットカードです👍

年会費は11,000円(税込)しますが、年に2〜3回ほど海外旅行に行かれる方ならすぐに元が取れますよ◎

\新規入会で楽天ポイントもプレゼント/

✔︎  楽天系サービスのヘビーユーザー必携
✔︎ プライオリティ・パスを無料で発行可能

ぐちをぐろーぶ
楽天プレミアムカードの特徴・メリット・評判を詳しく解説【最安でプライオリティ・パスが持てる!】 | ぐ... 当ブログ記事では、楽天プレミアムカードの詳細や特徴と、利点や欠点、口コミの評価を実際に使用している自分の体験談や感想を元にまとめています。プライオリティ・パスを...
目次

マレーシアの現地通貨について

両替についての解説の前に、マレーシアの現地通貨について見ていきましょう!

名称は「リンギット」

マレーシア・リンギット

マレーシアの現地通貨はリンギット(Ringgit)と言い、略称は「RM」や「MYR」などのアルファベットで表記されます。

2024年2月時点で、1リンギット=30円となっています。

ちなみに、補助通貨で「セン(Sen)」も存在し、こちらはコインとなります(後述)。

ちなみに、現地の発音だと語尾の「t」が抜けがちで、カタカナで表すと「リンギ」の音に近いです。

マレーシア・リンギットは現在、紙幣が7種類と通貨が5種類の計12種類が流通しています。

紙幣
  • 100リンギット
  • 50リンギット
  • 20リンギット
  • 10リンギット
  • 5リンギット
  • 2リンギット
  • 1リンギット
硬貨
  • 50セン
  • 20セン
  • 10セン
  • 5セン
  • 1セン

種類が豊富なので、現金の管理はやや大変です。

旅行用財布などを用いて、しっかりマネジメントするようにしましょう。

ちなみに、100リンギット紙幣は現地の屋台などではお釣りがないため拒否されることも。

現地では、少額の紙幣はできるだけ手元に残すように調整することをおすすめします。

@guchiwo583)です。 [/chat]
[chat face=”globe-sad-1.jpg” name=”ぐろーぶ君” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”] マレーシアでの両替について詳しく教えて!1番お得な両替方法は何? [/chat]
という方向けの記事を用意しました。
マレーシアではいくつかの両替手段がありますが、その中で最もお得な両替方法はクレジットカードの海外キャッシングになります。
上記について深掘りして解説していくので、旅行の参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

▼マレーシア行きの格安航空券検索はこちら

▼マレーシアの現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ
≫マレーシアの現地オプショナルツアーを調べる
icon

▼日本発着のマレーシアツアーならHISがおすすめ
≫マレーシアのツアーを調べる

マレーシア両替の基本情報

まず、マレーシアでの両替の基本情報を見ていきましょう!

マレーシアの現地通貨は「リンギット」

[caption id="attachment_10087" align="alignnone" width="1024"] マレーシア・リンギット[/caption]
マレーシアの現地通貨はリンギット(Ringgit)と言い、「RM」や「MYR」で表記されます。
ただし、現地の発音だと「リンギ」に近いです。
また、リンギットの下には補助通貨で「セン(Sen)」があります。

紙幣は7種類、通貨は5種類が流通

マレーシア・リンギットは現在、紙幣が7種類と通貨が5種類の計12種類が流通しています。
[box05 title=”紙幣”]

  • 100リンギット
  • 50リンギット
  • 20リンギット
  • 10リンギット
  • 5リンギット
  • 2リンギット
  • 1リンギット

[/box05]
[box05 title=”硬貨”]

  • 50セン
  • 20セン
  • 10セン
  • 5セン
  • 1セン

[/box05]
割と種類が豊富で、現金の管理は少し大変です。
コンパクトかつ収容力の高い旅行用財布が現地では重宝しますよ。
▼ノーマディックの海外旅行向き財布
[itemlink post_id="10065"]
ちなみに、100リンギット紙幣はローカルのお店ではお釣りがないため拒否されることもありました。
なので、マレーシアではできるだけ少額の紙幣は手元に残すようにすると良いですね。
 

日本円からマレーシア・リンギットへの両替方法

日本円からマレーシア・リンギットに両替する方法は以下の6通りです。

1. クレジットカードの海外キャッシング(おすすめ)

[caption id="attachment_7211" align="alignnone" width="902"] (引用:Pixabay)[/caption]
海外でキャッシング可能なクレジットカードを使って、ATMから引き出す方法で、結論これが1番おすすめの両替方法になります。
[chat face=”globe-sad-1.jpg” name=”ぐろーぶ君” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”] キャッシングってよく聞くけどよく分かってないから詳しく教えて! [/chat]

クレジットカードのキャッシングとは?
クレジットカードに付帯されているキャッシング機能を使ってATMからお金を借りること。年利は18%(月利で1.5%)で、つまり1万円のキャッシングで手数料は150円前後になります。

キャッシングは要するに借金のことで、通常は1ヶ月後の返済となります。
借金なので抵抗を感じる人も多いですが、手数料を考慮しても両替所での両替よりお得になることが多いです。
また、現地のATM(グローバル対応のもの)から引き出せるので、数の少ない両替所を探すより手間要らずなのもメリットですね。

できるだけ銀行のATMを利用しよう

ちなみに、海外でキャッシングをする場合はできるだけ銀行のATMを利用するべきで、マレーシアでも同様です。
なぜなら、海外のATMはカードが吸い込まれてそのまま出てこなくなることが稀にあります。
そうした際、銀行のATMであれば銀行のスタッフが基本対応してくれるので、万が一を考慮してできるだけ銀行にあるATMを利用しましょう。

マレーシアならMaybankがおすすめ

[caption id="attachment_10086" align="alignnone" width="1024"] メイバンクの外観[/caption]
マレーシアで最もおすすめの銀行は、黄色いカラーが特徴のMaybank(メイバンク)です。
Maybankはマレーシア最大の銀行であり、設置されているATMが新しいものであることが多いので、1番信頼のおける銀行になります。
ちなみに、マレーシアの証券取引所で時価総額が最大の企業なんだそうですよ。
[chat face=”guchiwo-longyi-1.jpg” name=”ぐちを” align=”right” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”] マレーシア国内の至るところに支店があり、街中でもよく見かけるのでぜひ覚えておきましょう! [/chat]

海外キャッシングで最もお得なのはセディナカード

[caption id="attachment_5628" align="alignnone" width="921"] セディナカードJiyu!da!(Mastercard)[/caption]
そして海外キャッシングにおいては、セディナカードというクレジットカードを利用するのが最安で、あらゆる両替方法において最もお得になります。
セディナカードは、

  • 海外ATMの利用手数料が無料になる
  • 最短3日でネットから繰り上げ返済ができる

特徴を持つクレジットカードで、最安でわずか15円程度の金利で10,000円分を両替できます。
他のカードの場合、ATM手数料が有料であったり、繰り上げ返済の申請が電話(海外からなので国際電話)でしかできなかったりと、いまいち利用しづらいです。
そんな中でセディナカードはこれら2つの条件を満たし、あらゆる外貨両替方法の中でも最安になるので、海外旅行好きの方はセディナカードの海外キャッシングをぜひ利用しましょう。
[chat face=”guchiwo-longyi-1.jpg” name=”ぐちを” align=”right” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”] ちなみに、セディナカードはいくつか種類があるのですが、海外キャッシング専用で使うのであれば年会費無料で持てるセディナカードJiyu!da!が1番おすすめです。 [/chat]

▼セディナカードJiyu!da!を今すぐ無料で発行する
≫詳細をチェック≫公式ページはこちら

ぐちをぐろーぶ
セディナカードの海外キャッシングは外貨両替で1番お得【ペイジー繰上げ返済の手順も解説】 | ぐちをぐろー... 当ブログ記事では、セディナカードの海外キャッシングについて詳しく解説しています。海外ATMの手数料が無料で、Pay-easy(ペイジー )による繰上げ返済が可能なため、大変...

2. 国際キャッシュカード・デビットカードで引き出す

クレカのキャッシングではなく、

  • 国際キャッシュカード
  • デビットカード

を利用してATMからマレーシア・リンギットを引き出すことも可能です。
代表的なところでは、マネパカードNEO MONEYといったものがありますよ。
こちらはあらかじめ日本円で入金した分までしか引き出せないプリペイド式なので、クレカのキャッシングにどうしても抵抗がある人におすすめ。
また、クレカと違い18歳未満の未成年でも持てるところもメリットですね。
デメリットとしては、引き出し時にかかる利用手数料が必要で、それなりにかかってしまうことが多いです。

3. 現地の空港で両替(少額に済ませよう)

[caption id="attachment_10030" align="alignnone" width="1047"] クアラルンプール国際空港[/caption]
ATMを利用する方法以外では、両替所を利用する方法があり、外貨両替と言えばこの方法を思い浮かばれる人も多いでしょう。
もちろん、マレーシアの空港にも両替所はたくさんあります。
ただし、空港の両替所はレートがかなり悪く設定されていることが多いので、ここで高額の両替をするのはあまりおすすめしません。
あくまでも、市内へ出るために5,000円程度を空港で両替し、残りはレートの良い街中の両替所で行うのが無難です。
例外として、ランカウイの空港は街中の両替所とそれほどレートが変わらなかったので、ランカウイに行く場合に限り空港で全額を両替するのもアリだと思います。

4. 現地の街中の両替所で両替

上記の通りですが、両替所を利用するなら街中の両替所がレート的には最も良いです。
もちろん、両替所によってレートが異なるので、旅行中はいくつかの両替所を調べて最もレートが良いところを選ぶと良いですね。
[chat face=”guchiwo-longyi-1.jpg” name=”ぐちを” align=”right” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”] レートを調べる時はCurrecyというアプリがおすすめ。現地通貨の「Buy」のレートと日本円を照らし合わせ、レートをチェックしましょう! [/chat]

Currency

Currency
開発元:Jeffrey Grossman
無料
posted withアプリーチ

クアラルンプールはKLセントラルやブキッビンタンがおすすめ

クアラルンプールはKLセントラルブキッビンタンにレートの良い両替所が多いです。
特に、KLセントラルの向かいにあるショッピングモール「NUセントラル」の地下1階にある両替所は便利ですね。
▼NUセントラルの場所

ペナンはショッピングモールがおすすめ

[caption id="attachment_10118" align="alignnone" width="1024"] ガーニー・プラザ[/caption]
ペナンの場合も、ショッピングモール内の両替所が基本おすすめですね。
中でも、ガーニー・プラザ(Gurney Plaza)1階の両替所はペナンで最も日本円のレートが良い両替所なんだそうです。
▼ガーニー・プラザの場所

5. 現地のホテルで両替(推奨しません)

他にも、中級以上クラスのホテルでは両替を行っているところもあります。
ただし、空港と同様にレートが悪いことがほとんどなので、急用のときを除いてはあまり利用しないほうがいいですね。

6. 日本で事前に両替

現地で両替するのが面倒な場合は、日本であらかじめ両替をしておいて持っていく方法もあります。
こちらは

  • 日本の空港
  • 銀行やデパートなどにある両替所

でマレーシア・リンギットを扱っている場所があれば両替可能です。
ただ、マレーシア・リンギットの場合はドルやユーロと違ってレートがかなり悪く設定されていることが多く、基本的に現地で行うよりもレートが悪いのでおすすめはしません。

外貨両替マネーバンクが日本で事前両替するならおすすめ

[caption id="attachment_10080" align="alignnone" width="1024"] (引用:外貨両替マネーバンク)[/caption]
もし、日本で両替するなら外貨両替マネーバンクを利用するのが良いでしょう。
7万円以上の制限がありますが、日本で行うにしては割と良いレートで両替ができ、自宅に無料で郵送してくれます。
[chat face=”globe-relax-1.jpg” name=”ぐろーぶ君” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”] マレーシア・リンギットにも対応しているのは素晴らしいね! [/chat]
▼日本で両替するなら外貨両替マネーバンクがおすすめ
≫日本円からマレーシア・リンギットに両替する

 

マレーシア両替の注意点

マレーシアでの両替にはいくつか注意点もあるので、以下で解説していきますね。

1. 余ったマレーシア・リンギットの再両替はできるだけ避けよう

旅行時に余ったマレーシア・リンギットを再両替して日本円に戻すのは、つまりもう1度両替の手数料を払うことになるので可能な限り避けるのが無難。
できるだけ旅行中に使い切ってしまうのか、次の旅行のために取っておくの良いですね。

2. 現金の管理は徹底しよう


マレーシアは割と治安の良いですが、都市部(特にクアラルンプール)を中心に窃盗事件は日頃起きています。
なので、現金の管理は日本にいる時よりも徹底するべき。
特に、人混みではスリの被害にあう確率も上がるので、財布の管理には注意しましょう。
[chat face=”guchiwo-longyi-1.jpg” name=”ぐちを” align=”right” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”] ズボンのポケットに財布は入れないほうが良いですね。また、現金の収納は一箇所に集中させず、分散させてリスクヘッジするべきです。 [/chat]
また、スリや置き引きの被害を少しでも減らすために、

といった盗難防止に役立つグッズを使うのもおすすめです。
https://guchiwo-globe.com/theft-prevention/
 

まとめ:マレーシアで最もお得な両替方法はキャッシング

[caption id="attachment_10161" align="alignnone" width="1024"] ペナンのジョージタウンの街並み[/caption]
以上、マレーシアでの両替方法について解説しました。
まとめると以下の通りです。

  • 両替は現地(マレーシア)で行うべき
  • 空港やホテルよりは街中の両替所の方がレートが良い
  • クレカの海外キャッシング等でATMから引き出すのが最もおすすめ

いくつか両替方法はありますが、結論セディナカードの海外キャッシングを利用するのが1番お得な両替方法になります。
もちろん、セディナカードはマレーシア以外でも超お得に外貨両替ができるカードになるので、マレーシア旅行前に発行してみるのも良いですね(^^)
[chat face=”globe-nice-1.jpg” name=”ぐろーぶ君” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”] 次の海外旅行のためにセディナカードは作っておかなきゃだな![/chat]

▼海外で最もおすすめのセディナカードはセディナカードJiyu!da!
≫詳細をチェック≫公式ページはこちら

[chat face=”guchiwo-longyi-1.jpg” name=”ぐちを” align=”right” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”] 最後までお読みいただきありがとうございました!Twitterで海外やこれからの生き方に関するツイート、Instagramで旅行写真の投稿、Line@でブログ更新やイベント情報を共有しております。ぜひフォローしていただけると嬉しいです! [/chat]

▼マレーシア行きの格安航空券検索はこちら

▼マレーシアの現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ
≫マレーシアの現地オプショナルツアーを調べる
icon

▼日本発着のマレーシアツアーならHISがおすすめ
≫マレーシアのツアーを調べる

[box05 title=”マレーシアでネットを使う”]

  1. レンタルWiFi(旅行初心者向け)
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。複数人でのシェアも可能なので、グループ旅行では重宝するでしょう。マレーシア旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。詳しくはマレーシアのレンタルWiFiについての記事をどうぞ。
  2. SIMカード(旅行上級者向け)
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。マレーシア旅行であれば、現地のSIM会社かタイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!詳しくはマレーシアのSIMカードについての記事をどうぞ。

[/box05]
[box06 title=”合わせて読みたい”]

[/box06]]]>

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ぐちをのアバター ぐちを サイト運営者

1995年生まれの旅好きなデジタルノマド。ブログとYouTubeをメインに旅行情報を発信してます。飛行機・鉄道・バスを使っての自由気ままなひとり旅が好きです。

目次