SIMカード

台湾SIMカードはAmazon事前購入がコスパ最高です【亜太電信・SIM2Flyがおすすめ】

ぐちを
ぐちを
どうも、海外(特にミャンマー)が好きで50ヵ国くらい渡航経験があるブロガーのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
台湾でおすすのSIMカードは何?

という方向けの記事を用意しました。

結論、台湾のSIMカードはAmazonで事前購入するのが最もおすすめで、亜太電信・SIM2Flyといった種類があります。

詳しく解説していくので、旅行の参考にぜひ読んでもらえると嬉しいです(^^)

▼台湾行きの格安航空券検索はこちら

▼台湾の現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ
台湾の現地オプショナルツアーを調べる
icon

▼日本発着の台湾ツアーならHISがおすすめ
台湾のツアーを調べる

台湾のSIMカードはAmazonの事前購入をおすすめする理由

繰り返しますが、台湾のSIMカードはAmazonでの事前購入がおすすめ。

理由は主に以下の2点があります。

1. 格安でネットが使える(空港より安い)

Amazonで事前購入する最も大きな利点は値段の安さですね。

僕が確認した限りでは、現地の空港で買うよりも安く買うことができるようになっています。

2. 現地の空港や街中で探す手間が省ける

事前に持参すれば、台湾の空港や街中でSIMカードを探す手間が省けのもメリットです。

飛行機の機内や到着後すぐにSIMカードを挿入しすぐにネットにアクセスできるようになれば、旅行もとてもスムーズになりますね。

 

台湾SIMカード事前購入のデメリット

一方で、事前購入するデメリットはこちら。

1. 自分で持参し、設定が必要

自分で持参する必要があるのは人によってはデメリットに感じるかもしれません。

また、自分でSIMの設定しないといけないのも慣れてない人には少々不安かも。

ぐちを
ぐちを
とは言ってもほとんどのSIMカードは差し込めばすぐにネットに繋がるタイプが多いので、設定はとても簡単ですよ!

設定に必要なのは、SIMカードとSIMの差込口を開けるためにピンくらいなので、ご安心を。

2. Amazon以外のネット通販はSIMカードの種類が少ない

残念ながらAmazon以外の楽天市場やYahoo!ショッピングでは取り扱っている台湾用SIMカードの種類が少ないです。

例えばこの記事でもおすすめしている亜太電信のSIMカードはAmazonとYahoo!ショッピングでは購入できますが、楽天市場では購入することができません(2019年12月現在)。

また、Amazon利用者でもAmazonプライムの会員でないと配送料がかかって割高になってしまう場合があるので、その点も要注意ですね。

【2019年】Amazonプライムが超お得すぎるのでメリット・デメリットを詳しく解説します【コスパ最強】 こんにちは、Amazonヘビーユーザーのぐちを(@guchiwo583)です。 Amazonが提供しているサービス「Ama...

 

台湾でおすすめのSIMカード

ここからは、台湾でおすすめのSIMカードを紹介していきます!

亜太電信

亜太電信は、台湾の会社が提供している台湾専用のSIMカード。

Amazonで1枚たったの600円程度で買え、4G回線のインターネットを5日間容量無制限で利用することができます。

▼参考ツイート

このあと空港で確認したら1枚1,000円はしたので、やはりAmazonの事前購入はコスパが素晴らしいです。

設定もSIMカードを挿入すればOKなので安心。

台湾で使えるSIMカードの中では、とりあえずこれを買えば間違いないですね。

ただし、自宅に届くまでに1週間ほど用したので、購入は余裕を持って行いましょう。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
台湾行きまで1週間もないんだけど!
ぐちを
ぐちを
その場合は、下記のSIM2Flyを利用するといいですよ。

▼2枚セットはこちら(少しだけお得です)

SIM2Flyのアジア16ヶ国周遊プリペイド

台湾行きまでに時間がない場合は、こちらのSIM2Flyがおすすめ。

値段は少し高くなりますが、Amazonのお急ぎ便で最短翌日に届きます。

SIM2Flyは台湾以外でも利用可能なSIMカードなので、例えば台湾とベトナムをセットで旅行する場合でもこのSIMカード1枚で両国ともに利用できますよ。

こちらも挿入するだけですぐにネットに繋がるので、使い勝手も抜群です。

ぐちを
ぐちを
こちらは4GBまでの通信量制限がありますがが、仮に使い切ったとしても128kbpsでの低速通信ができます。

 

もちろん空港での購入もアリ

台湾桃園国際空港の第1ターミナル

もちろん、値段さえ気にならなければ日本で事前購入するのではなく、現地の空港で購入するのも全然アリです。

その場合はスタッフにSIMカードの設定もしてもらえるので、SIMの操作に不安がある人にはありがたいかと。

ちなみに、kkdayで事前予約しておいて空港で受け取るという方法もあるので、こちらも要チェックです。

▼kkdayで台湾SIMカードを事前予約する
≫公式ページはこちら

 

スマホがSIMフリーでない場合はレンタルWiFiを利用しよう

前提として、スマホがSIMフリーでないと上記で紹介した海外SIMカードは利用できないので、まずはご自身のスマホがSIMフリーかどうかをチェックしてください。

SIMフリー化ができていない場合はそのための設定が必要ですが、docomoやソフトバンクなど会社によって設定方法が異なりますので、それぞれ確認しましょう。

もしSIMフリー化が面倒な場合は、レンタルWiFiを利用することでSIMカードを買わなくても現地でインターネットを利用できます。

こちらはSIMカードよりは値段が高いですが、複数人でのシェアも可能なのでグループ旅行なんかにはおすすめ。

台湾であれば、グローバルWiFiイモトのWiFiあたりが人気ですね。

 

まとめ:台湾SIMカードはAmazon事前購入がコスパ最高

まとめると、台湾のSIMカードはAmazonで事前に亜太電信のものを事前購入するのがコスパが最も高いのでおすすめ。

旅行に出るまで時間がない場合は、SIM2Flykkdayを利用すると良いですね。

いずれにしても空港でSIMカードを買ったりレンタルWiFiを利用するよりも安く収まるので、旅費を節約したい方はぜひ(^^)

ぐちを
ぐちを
最後までお読みいただきありがとうございました!Twitterで海外やこれからの生き方に関するツイート、Instagramで旅行写真の投稿、Line@でブログ更新やイベント情報を共有しております。ぜひフォローしていただけると嬉しいです! 

▼台湾行きの格安航空券検索はこちら

▼台湾の現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ
台湾の現地オプショナルツアーを調べる
icon

▼日本発着の台湾ツアーならHISがおすすめ
台湾のツアーを調べる