空港ラウンジ

桃園空港第1ターミナルのプラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)利用レビュー【ゾーンCとの違いは?】

ぐちを
ぐちを
どうも、海外(特にミャンマー)が好きで50ヵ国くらい渡航経験があるブロガーのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
台湾桃園国際空港の第1ターミナルにあるプラザ・プレミアム・ラウンジはどんな感じなのか知りたい! 

という方向けの記事を用意しました。

この記事を書いている僕は、先日の台湾旅行で台湾桃園国際空港ターミナル1に2ヵ所あるプラザ・プレミアム・ラウンジのうち、ゾーンDのほうに潜入してきました。

今回はそのレビューをしていくので、旅行の参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

訪問日

2019年9月20日

▼台湾行きの格安航空券検索はこちら

▼台湾の現地オプショナルツアーはタビナカがおすすめ

台湾の現地オプショナルツアーを調べる

台湾桃園国際空港のプラザ・プレミアム・ラウンジとは?

プラザ・プレミアム・ラウンジ・ラウンジ(ゾーンD)の入口

プラザ・プレミアム・ラウンジ(Plaza Premium Lounge)とは、香港の会社が運営する空港ラウンジで、アジアを中心に世界の100ヵ所以上で快適なラウンジを提供しています。

特定の航空会社や搭乗クラスに関係なく利用ができ、全ての空港利用者に開放されているのが特徴です。

台湾桃園国際空港にはこのプラザ・プレミアム・ラウンジが計4ヵ所あり、

  • ゾーンA(第2ターミナル)
  • ゾーンB(第2ターミナル)
  • ゾーンC(第1ターミナル)
  • ゾーンD(第1ターミナル)

に分かれています。

ぐちを
ぐちを
繰り返しですが、今回は第1ターミナルのゾーンDに潜入しました。

 

桃園空港同ターミナルのプラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンC)との違いとは?

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
同じ第1ターミナルにあるゾーンCとの違いはなに?
ぐちを
ぐちを
聞かれると思ったので、簡単に解説しますね。

結論、違いは以下となります。

  • ゾーンDは24時間営業 ※ゾーンCは6:00~22:00
  • ゾーンDはシャワーがある

これ以外には特に特筆すべき違いはないようですね。

つまり、プラザ・プレミアム・ラウンジのゾーンDは深夜の利用にも適したサービスを提供しているラウンジと言えます。

ぐちを
ぐちを
僕も深夜便の利用だったので、今回はこのゾーンDを利用する運びとなりました。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
なるほど!シャワーも使えるのはありがたいね!

 

桃園空港プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)内部の様子

ここからは、実際にプラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)に潜入した時の様子を紹介していきます。

▼参考ツイート

上記のツイート内容を深掘りするものとなっています。

リラクゼーションスペース

プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)のリラクゼーションスペース

受付を済ませてラウンジの中に入るとすぐこのリラクゼーションスペースが広がっています。

1人用のソファ席が多いので、ゆったりくつろげますね。

プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)のリラクザーションスペース

こちらは仕切りのある1人用の席で、ちょっとだけプライベート感が高めですね。

各座席にコンセントが設置されており、長時間の利用でも安心です。

ぐちを
ぐちを
ちなみに台湾のコンセントは日本と同じAタイプなので、変換プラグは不要です!

ダイニングエリア

プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)で食べた食事

リラクゼーションスペースの奥は、ダイニングエリアとなってます。

全景の写真は撮り忘れてしまったのですが、レストランにあるようなテーブル席が広がっていました。

こちらは、食事やドリンクを楽しむのにもってこいのスペースとなります。

プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)のテレビ

ダイニングエリアには大型の液晶テレビも設置されています。

僕が利用した時はちょうどラグビーW杯の日本vsロシアの試合(たぶん録画)が放送されていました。

食事・ドリンクメニュー

プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)のビュッフェ

プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)のビュッフェはこんな感じ。

台湾料理もあれば、そうじゃなさそうなのもある印象でした。

ちなみに、別途シェフに頼めば牛肉麺といった料理も提供してもらえます。

プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)のビュッフェ

こちらは野菜とデザートのコーナー。

深夜だったので、もしかしたらメニューは少なかったかもしれませんね。

プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)で食べた食事

今回僕が取ったメニューはこんな感じ。

基本的にどれも美味しかったですが、左下のチキンナゲットみたいなやつが僕の好みでした。

プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)のバー

プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)はドリンクメニューも豊富です。

コーヒーマシンでは美味しいコーヒーもいただくことができますし、冷蔵庫のソフトドリンクには台湾のお茶などが用意されてました。

プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)のバー

こちらはソフトドリンクのマシン。

コーラやファンタといった炭酸系はこちらですね。

プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)のバー

アルコールはビールとワインの2種類が用意されていて、もちろん無料でいただくことができます。

ビールのブランドは台湾ビールで、すっきりと飲みやすいです。

ワインは赤と白の2種類がありました。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
無料でお酒が楽しめるのは良いね!

シャワー

すみません、今回はあまり時間のない滞在だったのでシャワーは利用しませんでした。

次回利用時にはどんなに身体が綺麗でもシャワーも使ってみて、感想を追記する予定です。

 

桃園空港プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)の詳細

台湾桃園国際空港第1ターミナルのプラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)の詳細をまとめていきます。

場所

プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)へ行くには、出国審査を終えてゲートを通過したら右に進み(左からでも行けます)、4階へ上がります。

桃園空港第1ターミナル(制限エリア内)の標識

この標識がある場所にある階段から4階へ上がることができますよ。

「貴賓室(VIP Lounge)」の表記が目印です。

ここを上がれば、中華航空のラウンジの隣にプラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)があります。

営業時間

先述のとおり、プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)の営業は24時間です。

料金

料金は1回の利用で1名あたり1,300元(約4,500円)となります。

ただし、世界中の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスや、提携のクレジットカードを掲示すれば無料で利用することができ、こちらを利用する方が大半です。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
結構高いからぜひとも無料で利用できるようにしたいなあ。
ぐちを
ぐちを
それなら、後述の楽天プレミアムカードに入会してプライオリティ・パスを手に入れるのが最短でお得なのでおすすめです!

施設のサービス

プラザ・プレミアム・ラウンジ)ゾーンD)には以下のサービスがあります。

  • WiFi
  • 食事
  • ドリンク(アルコールあり)
  • トイレ
  • シャワー(別室)
  • テレビ
  • ファックス(別途料金)
  • フライト情報
  • 新聞

WiFiは僕が利用した時はそれほど速くなかったです。

利用条件

プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)の利用条件はこちら。

  • 最長3時間まで滞在可能
  • 2際未満のお子様は入室無料
  • お子様は大人の同伴が必要
  • ドレスコードはスマートカジュアル

 

桃園空港プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)のレビュー総評

プラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)のレビューは以下になります。

  • 雰囲気:★★★☆☆
  • 広さ:★★★★☆
  • 綺麗さ:★★★★☆
  • 食事:★★★★☆
  • ドリンク:★★★☆☆
  • WiFiスピード:★★☆☆☆
  • サービス:★★★☆☆
  • 混雑度:★★☆☆☆

個人の主観ですが、総合評価は3.1です!

綺麗で食事は割と充実しているものの、WiFiがあまり速くなく、また利用対象者が多いので混雑しやすいのはデメリットになるでしょう。

ただ、全体としてはとても満足度の高い滞在となりました。

 

桃園空港プラザ・プレミアム・ラウンジを無料で利用するなら楽天プレミアムカードがおすすめ

楽天プレミアムカード(Mastercard)

桃園空港のプラザ・プレミアム・ラウンジは、プライオリティ・パスを持っていれば誰でも無料で利用することができます。

実は、プライオリティ ・パスは公式サイトから入会するよりも、特定のクレジットカードを持つことで無料で発行できることがあります。

その中でも特におすすめなのが、楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは年会費10,000円(税抜)がかかるクレジットカードですが、このカードを持つことでなんと年会費429USドル(約4万6,000円)もかかるプライオリティ・パスのプレステージ会員に無料でなることができちゃいます。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
それはすごすぎ!!!楽天さんどんだけ太っ腹なの!?
ぐちを
ぐちを
いつ改悪されてもおかしくないなと思いつつ、地味に継続している制度なのがすごいですね!

普通に入会するより3万6,000円もお得にプライオリティ・パスを手に入れることができるので、海外へよく行く人はぜひとも持っておきたいクレジットカードです。

さらに、楽天プレミアムカードは入会すれば初年度年会費分以上のポイントをもらえるキャンペーンを常時行っているので、初年度に関しては実質無料で入手することができますよ。

キャンペーンでもらえるポイントは期間限定のものあるので、失効しないようご注意を。

審査はそれほど厳しくなく、フリーターや学生でも条件(過去に延滞をしていない等)を満たせば発行できるので、ぜひ気軽に申し込んでみてください。

▼楽天プレミアムカード

詳細をチェック公式ページはこちら

 

まとめ:桃園空港のプラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)は深夜利用もできて快適!

プラザ・プレミアム・ラウンジ・ラウンジ(ゾーンD)の入口

以上、台湾桃園国際空港第1ターミナルのプラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)の利用レビューでした。

第1ターミナルにはプラザ・プレミアム・ラウンジが2カ所ありますが、24時間営業でシャワーの利用ができるのは今回紹介したゾーンDのほうとなります。

すぐ近くにゾーンCのラウンジもあるので、シャワーを利用しなければ混雑具合で判断すると良いですね。

楽天プレミアムカードに入会してプライオリティ・パスを発行するのが、1番コスパ良くこのラウンジを利用する近道となりますので、ぜひ次の旅行では利用してみてください(^^)

▼台湾行きの格安航空券検索はこちら

▼台湾の現地オプショナルツアーはタビナカがおすすめ

台湾の現地オプショナルツアーを調べる

台湾でネットを使う
  1. レンタルWiFi
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。台湾旅行であればイモトのWiFiの4G/LTE高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。台湾旅行であれば、現地の亜太電信かタイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!