国内ホテル

ザ・ミレニアルズ福岡のブログ宿泊レビュー【中洲のハイテクおしゃれカプセル】

ぐちを
ぐちを
どうも、海外(特にミャンマー)が基本好きですが国内旅行も好きなWeb系フリーランスのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
ミレニアルズ福岡ってどんな感じのホテルなのか知りたい!

という方向けの記事を用意しました。

この記事を書いている僕は、2020年3月にザ・ミレニアルズ福岡に1泊2,600円で実際に泊まってきました。

宿泊日

2020年3月30日

その際の宿泊レビューをこの記事で詳しくまとめていきますので、宿泊の参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

ちなみに、博多を旅行する際は以下の予約サイトが便利なので、必要な方は合わせてチェックされることをおすすめします。

博多旅行におすすめのサイト

ザ・ミレニアルズ福岡の詳細

ザ・ミレニアルズ福岡の内観

ザ・ミレニアルズ福岡(The Millennials Fukuoka)は、福岡市の繁華街「中洲」の中心部に立地するカプセルホテルです。

2019年7月27日にオープンした比較的新しいカプセルホテルで、その内装は近未来的かつハイテクな造りとなっています。

当カプセルホテルは「ホテル・イン・ホテル」という形態を取っており、ザ・ライブリー(The Lively)という別ブランドのホテルと建物を共有しています。

▼ザ・ミレニアルズ福岡の基本情報

住所 福岡県福岡市博多区中洲5-2-18
電話番号 092-262-2009
アクセス 中洲川端駅から徒歩2分
宿泊料金 1泊2,600円〜(参考価格)
チェックイン 15:00〜
チェックアウト 〜10:00

▼ザ・ミレニアルズ福岡の場所

ザ・ミレニアルズ福岡へのアクセス

中洲川端駅

ザ・ミレニアルズ福岡へは、福岡市営地下鉄空港線の中洲川端駅から徒歩2分でアクセスできます。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
中洲の駅から徒歩すぐなのは素晴らしい立地!

駅の出口は2番もしくは3番を利用するのが最短となります。

駅を出て地上に出たら中洲中央通りを進み、「THE LIVELY」の文字のある建物の中に入ってそこでチェックインすればOKです。

ザ・ミレニアルズ福岡の外観
ぐちを
ぐちを
外観にミレニアルズの表示はないので、ザ・ライブリー・ホテルと共有の建物ってことを知らないと探しにくいのでご注意を!

ザ・ミレニアルズ福岡の客室

ザ・ミレニアルズ福岡の客室フロア

ザ・ミレニアルズ福岡の客室の様子を紹介していきます。

専用iPodを活用するハイテクな客室「スマートポッド」

ザ・ミレニアルズ福岡の客室(スマートポッド)

ザ・ミレニアルズ福岡では「スマートポッド」と呼ばれるハイテクなベッドで寝ることができます。

ぐちを
ぐちを
ベッドの大きさもセミダブルと1人用にしてはかなり広々としていて、ベッドから天井までの高さもかなりありました!

こちらはチェックイン時に渡される専用のiPodを活用し、

  • ベッドルームの施錠
  • ベッドのリクライニングの変更
  • ポッド内の証明とファンの調整
  • 目覚ましアラームの設定

といった操作が行えます。

こちらがiPodのホーム画面。

ホテルの施設案内や言語選択が可能です。

ライトとファンの調整はこちらの画面から行えます。

こちらの画面でベッドのリクライニング調整ができます。

「UP」を押すとベッドが持ち上がり、「DOWN」を押すと下がります。

iPod関連以外ではコンセントが4ヶ所と

ハンガー2本がスマートポッド内にあります。

また、ベッドの下部には

  • 荷物スペース
  • 金庫

も備わっていました。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
快適に過ごせそう!

充実のアメニティ

チェックイン時に渡される黒いバッグ

ザ・ミレニアルズ福岡はアメニティも充実していて、チェックイン時に渡される黒いアメニティ・バッグの中に、以下のものが入っています。

  • タオル
  • 館内用スリッパ
  • 歯ブラシ&歯磨き粉
  • ティッシュ
  • コットン
アメニティ類
アメニティ類

清潔で数も豊富な洗面台・トイレ・シャワー

ザ・ミレニアルズ福岡の洗面ルーム

また、同フロアにある洗面台・トイレ・シャワーもとても清潔で、快適な滞在ができました。

それぞれの数も多いので、満室とかでない限り待たされるようなことはないでしょう。

トイレはウォシュレット完備。

シャワールームはこんな感じで、全てシャワーのみ。

京都にある同系列のザ・ミレニアルズ京都ではバスタブのあるシャワールームもありましたが、福岡のこちらではありませんでした。

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープも完備。

ザ・ミレニアルズ福岡の館内設備

続いて、ザ・ミレニアルズ福岡の館内設備をご紹介します。

基本的には、併設するホテル「ザ・ライブリー(The Lively)」のものをミレニアルズ福岡の宿泊者も利用できるシステムとなっています。

ザ・ライブリー・バー・ロビー(1階)

ザ・ライブリー・バー・ロビー(2階から撮影)

1階はザ・ライブリー・バー・ロビーという名称になっており、その名の通りバーとロビーが一体となったスペースです。

ホテルのレセプションもこの場所にあります。

バーでは毎日17:30〜18:30の間でハッピーアワーが開催されていて、この時間帯はビールとサングリアが無料で味わえます。

もちろん時間内であればお代わりも何杯でもいけます。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
無料はすごい!太っ腹なサービス!

コモン・エリア(1階)

バーの横にはコモン・エリア(共有エリア)もあり、イスやソファが充実していてリラックスできる環境なので、ハッピーアワーの際などに利用すると良いでしょう。

インテリアもザ・ライブリー(The Lively)の世界観をふんだんに取り入れたデザインとなっていて、1泊2,600円にはすこぶる相応しくありませんね(笑)

サングリアがよく映える空間です。

ライブラリー・コワーキングスペース(2階)

2階には「ライブラリー(LIVERALLY)」という名前のコワーキングスペースもあります。

パソコンで一人黙々と作業するよりは、誰かと会議や商談するのに向いた空間といった感じでしょうか。

ザ・ミレニアルズ京都にあったコワーキングスペースとはまた違う雰囲気でした。

ビリヤード台もあります。

ザ・ライブリー・キッチン

コワーキングスペースの奥にはキッチンもあり、

  • 流し
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 湯沸かし器

など一通り揃っています。

また、コーヒーマシンもあり、無料でコーヒーを飲むこともできました。

使い終わった食器は自分で綺麗にする必要があります。

コインランドリー(4階)

コインランドリーは4階にあり、洗濯機と乾燥機がそれぞれ3台あります。

利用料金は洗濯機が1回300円、乾燥機が10分で100円です。

洗剤は1階のレセプションで100円で購入ができました。

ザ・ミレニアルズ福岡の朝食

ザ・ミレニアルズ福岡では朝食も味わってきましたので、その時の様子もまとめておきます。

ちなみに、本来はビュッフェ形式のようですが、僕が泊まった時は新型コロナウイルスの影響でそちらは中止となり、アラカルトのメニューとなってました。

朝食会場は1階の、ライブリー・バー・ロビーの隣りにあります。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
朝食会場も広くてオシャレ!

朝食は料金が1人1,500円(税込)で、宿泊者は割引価格の1,320円(税込)となってます。

メニューは僕が利用した時は食べ放題の

  • 前菜
  • サラダ
  • パン
  • スープ
  • ヨーグルト

に飲み放題のジュースとコーヒー・ティー、またメインディッシュ4種類のうち1つを選ぶことができました。

前菜類はこちら。

メインディッシュは今回、「フレンチトーストとジンジャーポーク」を選びました。

ぐちを
ぐちを
味の染み込んだフレンチトーストとポークが最高に美味しかったです!

ドリンク類はセルフサービスとなっています。

1,320円は朝食にしては決して安くはないですが、メニューのクオリティを考えると全然ありな金額だったので、ザ・ミレニアルズ福岡に宿泊する際はぜひ朝食もセットにするのをおすすめします。

ザ・ミレニアルズ福岡の口コミ

ザ・ミレニアルズ福岡の口コミ評価はかなり高いです。

宿泊予約サイト大手のBooking.comでは、1,264件の口コミ総数のうち、総合で8.6という高い評価を得ています(2020年4月時点)。

参考までに、予約サイトにあった口コミを共有します。

良い口コミ
  • 館内がとにかくオシャレ
  • 駅やコンビニに近くて便利
  • スタッフの対応が良い
  • ベッドが広くて寝やすい
  • とにかくコスパ最高
  • 朝食がとても美味しい
悪い口コミ
  • 建物にミレニアルズの表記がないので探すのに苦労した
  • 英語表記が多くて分かりづらい
  • ホテル内の照明が暗すぎると思う

また、Twitterの口コミもまとめてみました。

▼参考ツイート

まとめ:ザ・ミレニアルズ福岡に泊まってみた評価と感想

ザ・ミレニアルズ福岡の外観

今回泊まったザ・ミレニアルズ福岡を5段階評価で表すと以下の通り。

スタッフサービス ⭐️⭐️⭐️⭐️
設備・アメニティ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
清潔さ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
立地 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
お得感 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

結論、ほぼ全ての項目において完璧と言えるカプセルホテルでした。

ザ・ライブリー(The Lively)の内部にあるホテル・イン・ホテルということで、内装がとにかくカプセルホテルとは思えないほど豪華だったのと、朝食が美味しかったのが印象的です。

同系列で過去に泊まったザ・ミレニアルズ京都ともまた異なったイメージで、京都は完全にノマドワーカー向きな施設ですが、こちらは滞在そのものを楽しむのを得意とする空間でしたね。

中洲の中心地にコスパ良く滞在したい人にとってはとにかくおすすめのホテルですので、ぜひ1度泊まってみてください(^^)

ぐちを
ぐちを
最後までお読みいただきありがとうございました!このブログ以外でも


で日々発信していますので、ぜひそちらもチェック&フォローしていただけると嬉しいです!

福岡旅行におすすめのサイト