地域別クレカ事情

【年会費無料あり】台湾旅行におすすめのクレジットカード5選【現地クレカ事情と選び方を解説】

ぐちを
ぐちを
どうも、海外(特にミャンマー)が好きで50ヵ国くらい渡航経験があるブロガーのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
台湾旅行にはどんなクレジットカードがおすすめ?

という方向けの記事を用意しました。

本記事の内容
  • 台湾旅行におけるクレジットカードの選び方を解説
  • 台湾旅行におすすめのクレジットカード5選を紹介

結論を先に言うと、台湾旅行でおすすめのクレジットカードは以下の5つです。

おすすめクレカ
  1. エポスカード
    年会費無料で海外旅行保険が自動付帯。台湾で優待あり
  2. JCB CARD W
    39歳以下限定の年会費無料JCBカード。台湾で優待あり。
  3. セディナカードJiyu!da!
    海外キャッシングが超お得。海外での支払いでポイント3倍
  4. 楽天プレミアムカード
    プライオリティ・パスを無料で発行可能
  5. Booking.comカード
    Booking.com利用に強く、海外旅行保険も自動付帯

上記について詳しく深掘りしていくので、ぜひ旅行の参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

▼台湾行きの格安航空券検索はこちら

▼台湾の現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ
台湾の現地オプショナルツアーを調べる
icon

▼日本発着の台湾ツアーならHISがおすすめ
台湾のツアーを調べる

台湾旅行におけるクレジットカードの選び方

まずは台湾旅行におけるクレジットカードの選び方を見ていきましょう!

国際ブランドはVISA、Mastercard、JCBを選ぼう

台湾でクレジットカードを利用するなら、国際ブランドは

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB

がおすすめ。

この3つは台湾での普及率が高く、利用できる機会が多いです。

ぐちを
ぐちを
特に、台湾では他の海外と同様にVISAの普及率が最も高いので、とりあえずVISAのクレジットカード1枚と予備のサブカードがあれば困りませんよ!

MastercardはVISAの次に普及していて、VISAが使える店では同様に使えることがほとんどなので、こちらもアリ。

JCBはVISA・Mastercardに比べると普及率は低めですが、他の海外と比べると台湾ではそれなりの普及率で、またJCBにしかない優待が受けられるので、サブカードとして持っておくと良いでしょう。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
なるほど!VISAかMastercardをメインカードにして、JCBをサブカードとして持っておけば良いってことね!

American ExpressやDiners Clubはあまり使えない

一方、American ExpressやDiners Clubといった国際ブランドは、一部の富裕層向けのお店やホテル以外では使えないケースが多いです。

両者ともラグジュアリーな旅行向け特典が豊富なので持っておく分にはアリですが、メインカードにはしないほうが良いですね。

銀聯カードも使えるけど不要

台湾では中国人旅行者向けに銀聯カードでの決済を受け付けているお店も多いですが、そういったお店はたいがいVISAやMastercardも同様に受け付けています。

なので、中国本土とは違い決済手段として日本人が銀聯カードを持つ必要はありません。

台湾で優待割引のあるクレジットカードもあり

台湾で利用することで優待割引の特典が受けられるクレジットカードもあるので、そうしたカードを持つのも大いにあり。

この記事でも以下で紹介しているエポスカードJCB CARD Wなんかがそれですね。

台湾での優待割引
  • エポスカード:台北101の展望台チケットが10%OFFなど
  • JCB CARD W:会員専用アプリ「たびらば」でレストランやコスメ・ファッションのお店の割引クーポンが利用可能

どうせなら割引のあるクレジットカードで決済した方がお得なので、上記のカードはあると便利。

どちらも年会費無料なので、持つことで損することもありません。

海外キャッシング可能なクレジットカードが便利

海外キャッシングが可能なクレジットカードを持参すれば、台湾で現金(ニュー台湾ドル)を手に入れるのもとても楽になります。

両替所でわざわざ両替しなくても街中のATMですぐに引き出せるので利便性が高く、またレートも両替所より良い場合がほとんどです。

特に、この記事でも以下で紹介しているセディナカードJiyu!da!の海外キャッシングは、あらゆる海外での外貨入手方法の中でも最安で行うことができるので、おすすめです。

あわせて読みたい
【2020年版】台湾でのお得な両替方法と注意点を解説【最安は海外キャッシング】 という方向けの記事を用意しました。 結論、台湾ではいくつかの両替手段がありますが、その中で最もお得な両替方法はクレ...

海外旅行保険はクレジットカード付帯のもので基本的にカバー可能

台湾は医療費が安いので、旅行の際は掛け捨ての保険に入らずとも、クレジットカードに付帯されている海外旅行保険で基本的にはカバー可能です。

台湾の医療費の目安

病院の個室(1日当たり):約12,900円〜約30,600円
病院の手術費(虫垂炎):約257,600円〜約305,900円
病院の手術費(アキレス腱断裂):約177,100円〜約225,400円
外来初診料:約4,800円〜約12,100円

引用:世界の医療事情

このように、日本と比べると格安の医療費ですね。

クレカ付帯海外旅行保険では、とりわけ利用頻度の高い以下の3項目を意識しましょう。

  • 傷害治療費用:ケガによる治療の補償
  • 疾病治療費用:病気による治療の補償
  • 携行品損害:持ち物の盗難や損壊に対する補償

台湾であれば、傷害治療費用と疾病治療費用は総額500万円、携行品損害は何を持って行くか次第ですが、50〜100万円くらいの補償があれば十分と言えます。

ちなみに、複数枚のクレカを持つことで海外旅行保険の補償金額は合算が可能。

海外旅行保険が自動付帯(旅費を決済しなくても保障の対象になる)となるクレカを組み合わせて、十分な補償金額を確保するようにしましょう。

ぐちを
ぐちを
クレカの枚数が足りなくて補償金額が少ない人は、AIG損保といった掛け捨ての保険に入りましょう!
あわせて読みたい
【年会費無料あり】海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードまとめ19選【補償金額を上乗せしよう】 という方向けの記事を用意しました。 クレジットカードに付帯されている海外旅行保険を利用することで、海外での保険代を...

 

台湾旅行におすすめのクレジットカード5選

ここからは、台湾旅行におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

全部で5枚あるので、1つずつ見ていきましょう!

同時に複数のクレカに発行申し込みをすると審査の難易度が上がるので、発行は1枚ずつ行うようにしましょう。

エポスカード

エポスカード(VISA)

▼エポスカードの基本情報

年会費 無料
国際ブランド VISA
旅行保険 海外:最高500万円(自動付帯)
ポイント 200円=1P(エポスポイント)
マイル交換レート JAL & ANA:1,000P → 500マイル

エポスカードはマルイが発行する年会費無料クレジットカードで、最高500万円の海外旅行保険が自動付帯。

つまり、このカードを持つだけで、1円もプラスせずに海外旅行保険の補償金額を自動的に増やすことができます。

特に、傷害治療補償が最高200万円、疾病治療補償が最高270万円とゴールドカード並みの補償内容となっているのが最大の魅力ですね。

また、国際ブランドも世界中で使えるVISAになるので海外での決済も安心。

マルイを筆頭に国内での優待もさることながら、台湾でもこのカードの利用で割引となる特典があるので、マルイユーザーでなくてもぜひ持っておきたいですね。

ぐちを
ぐちを
特に、台北101の展望台や台湾グルメを堪能できるレストランの優待割引は熱いです!
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
マルイでしか使えないイメージだったけど、海外でもめっちゃ使い勝手が良いんだね!
  • 年会費が永年無料
  • ゴールドカード級の海外旅行保険が自動付帯
  • 世界中で使える安心のVISA
  • 台湾で会員限定の優待割引あり

▼エポスカードを今すぐ無料で発行する
≫詳細をチェック≫公式ページはこちら

JCB CARD W(39歳以下限定)

JCB CARD W

▼JCB CARD Wの基本情報

年会費 無料
国際ブランド JCB
旅行保険 海外:最高2,000万円(利用付帯)
ポイント 1,000円=2P(OkiDokiポイント)
マイル交換レート JAL & ANA & スカイ:500P → 1,500マイル

JCB CARD Wは、JCBが発行するオリジナルカードの1つで、年会費無料とポイント還元率の高さが魅力。

1,000円で2ポイントが貯まりますが、OkiDokiポイントの価値は1ポイント=5円相当なので、実質の還元率は1%と高いです。

さらに海外利用でもポイント還元となるので、台湾での利用にも持ってこいですね。

たびらばという会員専用サイトを利用すれば台湾でグルメやショッピングの優待割引が受けられ、対象の店舗数はエポスカードの優待よりも多いです。

優待を利用すれば割引してさらにポイント還元もあるので、破壊力は抜群。

ただし、JCBはVISAやMastercardよりは台湾で普及していないため、あくまでもサブカードとしての保有がおすすめです。

ちなみに、女性の方はより女性向けの特典が充実したJCB CARD W plus Lがあるので、こちらを発行しましょう。

どちらも39歳以下でないと申し込みができませんが、数少ない年会費無料で持てるJCBカードなので、20〜30代の方は要チェックですよ。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
僕は46億歳だからこのカードに申し込めないんだけど、どうしたらいいかな?
ぐちを
ぐちを
それなら40歳以上でも申し込める一般のJCBカードをどうぞ(笑)
  • 年会費無料のJCBオリジナルカード
  • ポイント還元率が1.0%と高い
  • 台湾で会員限定の優待あり

▼JCB CARD Wを今すぐ無料で発行する
≫詳細をチェック≫公式ページはこちら

セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!(Mastercard)

▼セディナカードjiyu!da!の基本情報

年会費 無料
国際ブランド VISA / Mastercard / JCB
旅行保険 国内:最高1,000万円(利用付帯)
ポイント 100円=0.5~1.5P(わくわくポイント)
マイル交換レート JAL:1,000P → 500マイル

台湾でお得に外貨両替をするために、このセディナカードJiyu!da!を海外キャッシング目的で利用するのをおすすめします。

セディナカード系列のカードは、

  • 海外ATMの利用手数料が無料
  • Pay-easyを使って最短数日でネットから繰り上げ返済ができる

という特徴を持つ海外キャッシングにおいて最強とも言えるカード。

会員サイトのセディナビからPay-easyにアクセスし、現地でもネット繰り上げ返済が可能です。

▼セディナカードの海外キャッシングについて詳しくはこちら

あわせて読みたい
セディナカードの海外キャッシングは外貨両替の方法で最安【ペイジー繰上げ返済の手順も解説】海外旅行で最もお得にキャッシングができるセディナカードについて当ブログ「ぐちをぐろーぶ」でまとめました。セディナカードシリーズのクレカはPay-easy(ペイジー)を利用して最短3日で繰り上げ返済が可能・海外ATM利用手数料が無料となります。おすすめは年会費無料のセディナカードJiyu!da!で、セディナゴールドカードも存在します。...

これにより、例えば1万円分のキャッシングでわずか15円前後の金利のみに抑えることができ、両替所で両替するよりも10分の1以下で外貨を手に入れることができます。

セディナカードはいくつか種類がありますが、今回紹介するセディナカードJiyu!da!は海外でのショッピング利用でポイントが3倍(=1.5%の還元率)となるなど、海外旅行に最も適したセディナカードシリーズです。

リボ払い専用カードですが、後から全額払いに設定することで、通常のカードと同じリボ手数料を一切支払わない全額決済にすることができますよ。

台湾ではなぜか会員サイトのセディナビにアクセスできないことがあるようです。その場合は日本帰国後に繰り上げ返済するか、VPNを利用して現地でもアクセスできるようにしましょう。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
台湾だけでなく海外どこでもキャッシングでお得になるのは素晴らしいね!海外旅行するなら絶対に持っておきたいクレカだ!
ぐちを
ぐちを
ちなみに、このカードの国際ブランドはMastercardがおすすめ。MastercardならVISAよりも少しだけ良いレートでキャッシングができます!
  • 年会費が無料
  • 海外キャッシング時のATM手数料が無料
  • ネットから最短3日でキャッシングの繰り上げ返済が可能
  • 海外利用ではポイント3倍
  • 後から全額払い設定にすることでリボ手数料の心配なし

▼セディナカードJiyu!da!を今すぐ無料で発行する
≫詳細をチェック≫公式ページはこちら

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード(Mastercard)

▼楽天プレミアムカードの基本情報

年会費 10,000円(税抜)
国際ブランド VISA / Mastercard / JCB / AMEX
旅行保険 海外 & 国内:最高5,000万円(自動付帯あり)
ポイント 100円=1P(楽天スーパーポイント)
マイル交換レート ANA:2P → 1マイル

楽天カードの上級カード、楽天プレミアムカードは、世界中の空港ラウンジを使用できるプライオリティ・パスを無料で発行できるクレジットカード。

プライオリティ・パス

楽天プレミアムカードを発行することで、普通に入会すると年会費399USドル(約4万6,000円)がかかるプライオリティ・パスのプレステージ会員になんと無料でなることができます。

楽天プレミアムカードの年会費は10,000円(税抜)なので、3万円以上もお得ですね。

台湾では桃園国際空港や高雄国際空港にこのプライオリティ・パスで入れるラウンジがあるので、旅行をちょっと優雅にしたい方はぜひ。

あわせて読みたい
桃園空港第1ターミナルのプラザ・プレミアム・ラウンジ(ゾーンD)利用レビュー【ゾーンCとの違いは?】 という方向けの記事を用意しました。 この記事を書いている僕は、先日の台湾旅行で台湾桃園国際空港ターミナル1に2ヵ所...

またプライオリティ・パスだけではなく、最高5,000万円補償の海外・国内旅行保険や、発行後に「トラベルコース」を選択することで利用できる手荷物無料宅配サービスも見逃せません。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
ぶっちゃけプライオリティ・パス発行するだけで年会費の元がすぐ取れちゃうね!
ぐちを
ぐちを
楽天市場楽天トラベルといった楽天サービスを活用すれば、国内でもポイントを利用してかなりの節約ができますよ!
  • プライオリティ・パスを無料で発行可能
  • 充実の海外旅行保険が付帯(一部自動付帯)
  • 手荷物無料宅配サービスあり(トラベルコース選択時)
  • 楽天経済圏を利用すれば国内でも大きく節約できる

▼楽天プレミアムカードを今すぐ発行する(新規入会&利用で10,000ポイント獲得)
≫詳細をチェック≫公式ページはこちら

Booking.comカード

(引用:Booking.comカード)

▼Booking.comカードの基本情報

年会費 無料
国際ブランド VISA
旅行保険 海外 & 国内:最高2,500万円(利用付帯)
ポイント 100円=1P(Booking.comカードキャッシュバックポイント)
マイル交換レート なし

大手ホテル予約サイトのBooking.comのユーザーであれば、特におすすめしたいのがBooking.comカードです。

こちらは専用サイトからの予約+現地でのこのカードでの支払いで、宿泊費の6%がポイントとして還元されます。

ポイントは翌月キャッシュバックされる仕組みのため、ポイントを失効するリスクもありません。

また、Booking.comのGenius会員であれば10%OFFとなるので、つまり最大16%も安く海外のホテルに泊まることが可能となり、とてもお得です。

台湾のホテル予約でもBooking.comは主流なので、このカードを持つメリットは大きいですね。

ただ、宿泊予約にBooking.comを利用しない人でも、実はこのカードはおすすめな理由があります。

それは、

  • 最高2,500万円の海外・国内旅行保険が付帯(自動付帯)
  • 年間100万円までのショッピング補償がある(海外もOK)
  • RentalCars.comで8%割引
  • ポイントは翌月キャッシュバックなので、失効のリスクが無い

といった特典があるからです。

特に、海外旅行保険が自動付帯なのは大きいですね。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
Booking.comのクレジットカードなんてあったのか!しかもめっちゃ使えそうなやつじゃん!
ぐちを
ぐちを
海外旅行保険の上乗せ用として持つのもおすすめです!

▼Booking.comカードを今すぐ無料で発行する
≫公式ページはこちら

 

まとめ:台湾旅行に強いクレジットカードで快適な旅を!

台北の士林地区

以上、台湾旅行におすすめのクレジットカードでした。

まとめると以下の通りです。

おすすめクレカ
  1. エポスカード
    年会費無料で海外旅行保険が自動付帯。台湾で優待あり
  2. JCB CARD W
    39歳以下限定の年会費無料JCBカード。台湾で優待あり。
  3. セディナカードJiyu!da!
    海外キャッシングが超お得。海外での支払いでポイント3倍
  4. 楽天プレミアムカード
    プライオリティ・パスを無料で発行可能
  5. Booking.comカード
    Booking.com利用に強く、海外旅行保険も自動付帯

上記のうち、楽天プレミアムカード以外は年会費永年無料のクレジットカードになるので、とりあえず発行しても損はしません。

台湾以外でも海外のほとんどの国で利用価値の高いクレカになるので、ぜひこの機会に発行してみてください(^^)

ぐちを
ぐちを
最後までお読みいただきありがとうございました!Twitterで海外やこれからの生き方に関するツイート、Instagramで旅行写真の投稿、Line@でブログ更新やイベント情報を共有しております。ぜひフォローしていただけると嬉しいです! 

▼台湾行きの格安航空券検索はこちら

▼台湾の現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ
台湾の現地オプショナルツアーを調べる
icon

▼日本発着の台湾ツアーならHISがおすすめ
台湾のツアーを調べる

台湾でネットを使う
  1. レンタルWiFi(旅行初心者向け)
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。複数人でのシェアも可能なので、グループ旅行では重宝するでしょう。台湾旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード(旅行上級者向け)
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。台湾旅行であれば、現地の亜太電信かタイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!