ポイント

リクルートポイントの貯め方・使い方を旅のプロが徹底解説【お得な利用法を伝授します】

還元率の高いお得なクレカ3選

リクルートカード【年会費永年無料】
ポイント還元率1.2%!ポイントはPontaポイントに等価交換可能!
リクルートカードについて詳しくはこちら

楽天カード【年会費永年無料】
ポイント還元率1.0%!貯め方・使い方も豊富で便利!
楽天カードについて詳しくはこちら

セディナカードJiyu!da!【年会費永年無料・リボ払い専用】
セブンイレブン・ダイエー・イオンでポイント還元率1.5%
セディナカードJiyu!da!について詳しくはこちら

こんにちは、海外旅行とクレジットカードが好きなぐちを(@guchiwo583)です。

質問者さん
質問者さん

リクルートポイントの貯め方や使い方、お得な利用方法が知りたいです。

という方向けの記事となっています。

結論を先に言うと、リクルート系サービスでの利用かPontaポイントへの交換がお得な利用方法になります。

上記を深堀りしていくので、参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

リクルートポイントの基本的な特徴

まず前提として知っておきたいリクルートポイントの基本的な特徴は以下です。

1ポイント=1円相当

リクルートポイントは、1ポイント=1円相当の価値があります。

例えば、100ポイントがあれば100円分としての実質的な価値があり、それを利用することが可能です。

有効期限は実質無期限

リクルートポイントの有効期限は、最後に通常のポイントが付与された月から数えて12ヶ月後(1年後)の月末になります。

有効期限延長の対象は通常ポイントのみで、後述する期間限定ポイントサイト限定ポイントは除きます。

特徴としては、既存のポイントも含めた全てのポイント有効期限が延長されるところがあります。

つまり、1年に1度でもリクルートポイントを貯めることができれば、リクルートポイントの有効期限は実質的に無期限です。

日頃から利用するうえではポイントの有効期限を気にする必要がないのがメリットですね。

期間限定ポイントやサイト限定ポイントもあり

(引用:Ponta Web)

リクルートポイントには通常のポイント以外に、有効期限が1〜2ヶ月でポイント延長ができない期間限定ポイントと、特定のリクルート系サービスでしか利用ができないサイト限定ポイントの2種類が存在します。

この2種類はキャンペーンを利用したり、年に数回だけ行われるポイントプレゼントを利用して獲得ができます。

これらの限定ポイントをゲットした時は、積極的に利用していくのがお得ですね。

ぐちを
ぐちを
この2種類の限定ポイントは時としてかなりお得です。普段僕は楽天系サービスを利用することが多いですが、これらのポイントがある時はリクルートのサービスを利用しますね。

 

リクルートポイントの貯め方

リクルートポイントの貯め方は以下になります。

リクルートカードを利用する

(引用:リクルートカード)

リクルートポイントの貯め方はたった1つで、シンプルにリクルートのクレジットカードを利用するだけです。

リクルートのクレジットカード

リクルートカードプラスは、年会費がかかるものの驚異の還元率2%で大人気のクレジットカードでしたが、残念ながら既に新規発行が終了しています。

現在唯一発行可能な年会費無料のリクルートカードでは、月の利用金額から1.2%分のリクルートポイントを毎月貯めることができますよ。

▼リクルートカードについて詳しくはこちら

あわせて読みたい
リクルートカードの評判と海外旅行でのメリットを旅のプロが解説【年会費無料で旅行にも強い優秀なクレカ】 という方向けの記事を用意しました。 結論を先に言うと、リクルートカードは海外旅行での使うメリットが多数あります。 ...

注意点:リクルート系サービスの利用ではPontaポイントが貯まる

(引用:Ponta Web)

注意点として、リクルート系サービスでの利用では、リクルートポイントを貯めることができません。

これらでは、リクルートポイントではなくPontaポイントを貯めることができます。

少しややこしいですが、リクルートポイント=Pontaポイントと無理やり考えることもできるので、利用しつつ徐々に理解していくと良いですよ。

 

リクルートポイントの使い方

リクルートポイントの使い方を以下で解説していきます。

ネタバレすると、全てリクルート系サービスでの利用になります。

じゃらんで利用する

(引用:じゃらん)

じゃらんは、リクルートが運営するホテルや旅館の予約サイトです。

規模としては国内最大級とも言われていて、旅行や出張にとても役立つサイトですね。

最近では海外ホテル予約のじゃらん海外や、航空券or新幹線+宿のパッケージプランを探せるじゃらんパック、またじゃらんレンタカーといったサービスも登場しています。

これらでの利用にリクルートポイントを利用することも可能です。

ちなみに、じゃらんでの決済にリクルートカードを利用すると、2%のボーナスポイントが加算されてトータルでのポイント還元率が3.2%になるので、とてもお得ですよ。

ホットペッパーグルメで利用する

(引用:ホットペッパーグルメ)

ホットペッパーグルメは、リクルートが運営するグルメサイトです。

レストランや居酒屋の予約に便利で、割引クーポンも頻繁に配信していますよ。

支払いにリクルートポイントが利用できるほか、こちらでもリクルートカード決済でプラス2%のボーナスポイントが加算されます。

ホットペッパービューティーで利用する

(引用:ホットペッパービューティー)

ホットペッパービューティーは、ヘアサロン予約のサイトになります。

通常の美容室のほか、リラクゼーションサロンなどの予約にも利用可能で、掲載数は50,000店舗を超えています。

こちらでもリクルートポイントが利用できるほか、リクルートカード決済でプラス2%のボーナスポイントを得ることができますよ。

ポンパレモールで利用する

(引用:ポンパレモール)

ポンパレモールは、リクルートが運営する通販サイトです。

食品や日用品、洋服や家電に至るまであらゆるものが売られていて、こちらでの支払いにもリクルートポイントが利用可能です。

ポンパレモールでは、3%のPontaポイントでのポイント還元があるのが最大の売りですね。

また、リクルートカードでの決済でリクルートポイントも貯まり、合わせるとポイント還元率は驚異の4.2%となります。

じゃらんゴルフで利用する

(引用:じゃらんゴルフ)

じゃらんゴルフは、じゃらんのゴルフ場予約専門サイトです。

日本全国にあるゴルフ場を、コースの種類や口コミ情報をもとに検索&予約することができます。

ゴルフ好きの人や、会社の接待で利用する人におすすめのサイトですね。

こちらでもリクルートポイントの利用ができるほか、リクルートカード払いでプラス2%のボーナスポイントを獲得できます。

 

リクルートポイントはPontaポイントへの交換でさらに使い道が広がる

(引用:Ponta Web)

リクルートポイントは、Ponta Webというサイトを利用してPontaポイントへの等価交換をすぐに行うことができます。

Pontaポイントもリクルートポイントと同じようにリクルート系サービスでの利用ができることに加え、

  • Ponta加盟店での店頭利用
  • dポイントなど他社ポイントへの交換
  • マイルへの交換

が可能なので、さらに使い道が広がりますよ。

リクルートポイントを持つ特別な理由がない限り、貯まったリクルートポイントはすぐにPontaポイントに交換してしまうのがおすすめですね。

 

まとめ:リクルートポイントはリクルート系サービスでの利用かPontaポイントへの交換がお得な利用方法

以上、リクルートポイントの貯め方・使い方についてでした。

リクルートポイントは、リクルートが運営するサービスで利用するかPontaポイントへの交換がおすすめ、というかこれ以外に利用方法は特にありませんね。

どちらもポイントの分だけお得になるのに加え、リクルートカードのポイント還元率が1.2%とそもそも高いので、リクルートカード利用で得られるリクルートポイントの利用価値は極めて高いと言えます。

リクルートカードデビューするだけで現金払いでは到底たどり着けないお得感があるので、気になる人はぜひリクルートカードを発行してみましょう。

年会費も一切かからないので、持つデメリットは特にありません。

▼新規入会&利用でポイントプレゼント!

リクルートカードの申し込みはこちら(無料)

▼リクルートカードについて詳しくはこちら

あわせて読みたい
リクルートカードの評判と海外旅行でのメリットを旅のプロが解説【年会費無料で旅行にも強い優秀なクレカ】 という方向けの記事を用意しました。 結論を先に言うと、リクルートカードは海外旅行での使うメリットが多数あります。 ...