アクセス

【2019年】マンダレー市内からミングォンへの行き方【ボートがおすすめ】

お得なキャンペーン情報

ソフトバンクグループが運営する電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやタブレットで気軽に読めるのでとても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

こんにちは、ミャンマー好き海外のノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者さん
質問者さん

マンダレー市内中心部から郊外のミングォンへ観光しに行こうと思ってるんですが、どういった移動手段がありますか?

という方向けに、今回は現地の交通事情にある程度詳しい僕が記事を書いていきます。

3分程度で読めるかと思うので、旅行の参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

ちなみに、ミングォンへ行くにはまずミャンマー第2の都市であるマンダレーへ行きましょう。

マンダレーへの飛行機は最低価格保証付き格安航空券一括予約サイトのサプライスか、ホテルとセットで割引になるエクスペディアで探すのがおすすめですよ。

また、マンダレーからミングォンへは自力で移動する以外に現地オプショナルツアーを使って観光もできるので、この記事を読みつつ合わせて検討してみてください。

マンダレー市内からミングォンへの行き方は2通り

マンダレー市内からミングォンへの移動手段は以下の2通りです。

  • 船(ボート)
  • タクシー

外国人観光客は船(ボート)を利用してマンダレーとミングォンを往復観光するのが一般的ですね。

 

マンダレー市内から船(ボート)でのミングォンへの行き方

まずは、マンダレー市内の26th Street付近のエーヤワディー川沿いにあるボート乗り場まで向かいます。

こちらは少し市内の外れにあるので、タクシー(バイクタクシー)を利用する機会が多いかと思います。

ぐちを
ぐちを
僕はフォー リバーズ B&B マンダレーからバイクタクシーを利用しましたが片道1,500~2,000チャット(約110~145円)くらいが相場でした。

▼ミングォン行きボート乗り場の場所

ここから、通称「ツーリスト・ボート」と呼ばれる政府運営の外国人が利用するボートに乗車します。

ボートはマンダレー・ミングォンの間を1日1往復し、マンダレーからの往路は朝の9時発、ミングォンからの復路は12時30分発となります。

片道45分~1時間(雨季は水かさが増して時間がかかる)で、ミングォンでの滞在時間は2時間程度、ボート料金は往復5,000チャット(約360円)です。

ミングォンの観光スポットは歩いて行ける範囲に集中しているので、2時間でも十分ですね。

▼ミングォンの船着き場はこの辺りです

このツーリスト・ボートを利用しない場合はチャーターして行くことも可能ですが、往復30,000チャット(約2,200円)かかります。

 

マンダレー市内からタクシーでのミングォンへの行き方

僕は利用してませんが、マンダレーからタクシーでサガインを経由し、ミングォンへ行くことも可能なようです。

ただし、道が悪いそうで、距離もあって値段も高くり、コストパフォーマンスは悪めのようですね。

 

現地ツアーでマンダレー市内からミングォンを観光することも可能

マンダレー市内からミングォンを観光する際は、現地オプショナルツアーを利用するのもおすすめです。

こちらはツーリスト・ボートを利用しますが、ホテル発着なので移動手段が少し楽になります。

特に、日本語ガイドをつけて歴史などをしっかり勉強したい人におすすめしたいプランです。

 

まとめ:マンダレー市内からミングォンへの行き方は船(ボート)利用がおすすめ

以上、マンダレー市内からミングォンへの行き方でした。

タクシーは大回りになりコスパも悪いので、基本的には船(ツーリスト・ボート)の利用がおすすめです。

ミングォンは小さな集落沿いにいくつか歴史的な建築物が集結している場所で、マンダレー滞在中はぜひ時間を作って日帰り観光したい場所。

現地オプショナルツアーを利用して観光することも可能なので、合わせて検討してみてください。

というわけで今回の記事は以上になります。

それでは良い旅を(^^)

▼ミングォンの観光情報まとめはこちら

あわせて読みたい
【ミャンマー】ミングォンの観光情報まとめ【巨大仏塔があるエーヤワディー川沿いの小さな集落】 ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回は現地にある程度詳しい僕がミ...

▼マンダレーの観光情報まとめはこちら

あわせて読みたい
【ミャンマー】マンダレーの観光情報まとめ【郊外にも見所多数ありな碁盤目状の古都です】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回は現地にある程度...