海外ホテル

【厳選】インレー湖(ニャウンシュエ)でおすすめの格安ゲストハウス5選【バックパッカー向け】

ぐちを
ぐちを
元学生バックパッカーで現海外ノマド、海外では特にミャンマーが好きで他に50ヵ国くらい渡航経験ありのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
インレー湖でおすすめのバックパッカー向けゲストハウスを教えて!

という方向けの記事を用意しました。

本記事の内容
  • インレー湖(ニャウンシュエ)の格安ゲストハウス5選を紹介
  • インレー湖(ニャウンシュエ)のゲストハウス事情と注意点を解説

紹介するゲストハウスについては、全部で5ヶ所です。

いくつか候補がある中で、ミャンマーの旅行事情にある程度詳しい僕が厳選したものになります。

それぞれの詳細を紹介していくので、インレー旅行を考えている人はぜひ参考程度に読んでいただければと思います(^^)

ちなみに、インレー湖の最寄りとなる空港はヘーホー空港ですが、国際便の就航はまだありません。

そのため、まずは日本や他の国からインレー湖を訪れる際はまずミャンマーの最大都市ヤンゴンか、第2都市のマンダレーへ行く必要があります。

航空券は以下で調べられるので、ぜひチェックしてみてください。

▼ミャンマー行きの格安航空券検索はこちら

▼ミャンマーの現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ

インレー湖の現地オプショナルツアーを調べる

インレー湖(ニャウンシュエ)のおすすめゲストハウス&ホステル5選

さっそくインレー湖(ニャウンシュエ)の格安ゲストハウス5選を見ていきましょう。

▼宿の場所はこちらのマップで確認できます

オステッロ ベロ ニャウンシュエ(Ostello Bello Nyaung Shwe)

(引用:agoda)

オステッロ ベロ ニャウンシュエ(Ostello Bello Nyaung Shwe)は、インレー湖へのボートが集まる船着き場近くに立地するホステルです。

ここは、立地については申し分のない場所ですね。

また、最近できた宿なので館内はとてもきれいです。

ドミトリーが中心ですが、ツインルームやファミリールームも用意されています。

▼客室(ドミトリー)の様子

(引用:agoda)

名前からも察せられるように、イタリア系の安宿です。

そのため、宿泊者は欧米人が大半で、サービス面も欧米人寄りとなっています。

ただし、宿そのものにアットホーム感はあまりありません。

ミャンマー感はほぼない場所ですが、立地やサービスの良さで選ぶと間違いはない場所です。

ぐちを
ぐちを
ちなみに、バガンにはオステッロ ベロ バガン、マンダレーにはオステッロ ベロ マンダレーと同じ系列がありますよ。気に入った人はそちらもどうぞ。

バオバベッドホステル ニャウンシュエ (BaobaBed Hostel Nyaung Shwe)

(引用:agoda)

バオバベッド ホステル ニャウンシュエ(BaobaBed Hostel Nyaung Shwe)は、「Yone Gyi Street」 と「Nandawon Street」との交差点に立地しています。

こちらも新しくできてホステルで、館内はとても綺麗。

立地はめちゃめちゃ良いわけではないですが、そこまで悪くもないです(中心部まで徒歩5分くらい)。

ドミトリーの他、シングル・ダブル・トリプルとひと通りそろっています。

▼客室(ドミトリー)の様子

(引用:agoda)

ホステル内でカフェや食事も楽しめ、食事も美味しいですよ。

朝食はビュッフェとなっていて、宿泊費を考えるとかなりコスパの良い宿となっています。

ぐちを
ぐちを
ここは僕のイチオシです。ヤンゴンに本店のバオバベッド ホステル、またバガンに支店のバオバベッド ホステル バガンと同じ系列があるので気にいったら泊まり渡ることができます。

ウィステイ @ ザ グランド ニャウンシュエ ホテル (WEStay @ The Grand Nyaung Shwe Hotel)

(引用:agoda)

ウィステイ @ ザ グランド ニャウンシュエ ホテル (WEStay @ The Grand Nyaung Shwe Hotel)は、「West Kyaung Taw Road」沿いに立地するホテルです。

立地は少し中心部から遠いですが、そのぶん周辺は静かで落ち着いています。

ホテル自体は3つ星ですが、ドミトリールームがあり、そこであれば1泊1,000円もせず格安で泊まることが可能です。

▼客室(ドミトリー)の様子

(引用:agoda)

館内はとても綺麗ですが、Wi-Fiは繋がりにくいのが難点です。

とはいえ、ボーっとリラックスしたり読書したりする環境としては最適ですね。

ソング オブ トラベル ホステル (Song of Travel Hostel)

(引用:agoda)

ソング オブ トラベル ホステル (Song of Travel Hostel)は、「Aung Chan Thar Street」沿いに立地するホステルです。

何よりもまず凄いのが建物の外観がステレオという奇抜さ。

立地はちょっと悪く、中心部まで徒歩15分くらいかかりますが、そのぶん周辺はとても静かです。

客室はドミトリー部屋しかありません。

カプセルホテルにあるようなつくりですね。

▼客室(ドミトリー)の様子

(引用:agoda)

ここのスタッフはとても親切です。

また、無料の自転車レンタルもあり、またインレー湖へのツアー参加も安く15ドル程度ど、とても安いのおすすめです。

ぐちを
ぐちを
実は僕が泊まった時はWi-Fiがまだなかったんですが、現在はあるみたいです。

▼過去に参加したソングオブトラベルホステルの1日ツアー詳細はこちら

あわせて読みたい
写真37枚で振り返るインレー湖サンライズ&サンセット1日ボートツアー【2016年2月】 この記事では、僕が2016年2月に参加したインレー湖の1日ボートツアーの様子を写真で振り返ります。 インレー湖のボートツア...

ABC ホステル インレー (ABC Hostel Inle)

(引用:agoda)

ABC ホステル インレー (ABC Hostel Inle)は、船着き場の西、「Yone Gyi Street」沿いに立地しています。

町の中心部までは徒歩10分弱で行くことができます。

特に船着き場に近いので、インレー湖観光へのアクセスには便利です。

客室はドミトリー部屋のみとなっています。

▼客室(ドミトリー)の様子

(引用:agoda)

ここはスタッフがフレンドリーで親切と評判です。

レンタサイクルやランドリーサービスが無料なところも嬉しいですね。

周辺は静かなので、ゆっくりとした滞在も可能となっています。

 

インレー湖(ニャウンシュエ)のゲストハウス&ホステル事情

ここからは、事前に知っておきたいインレー湖(ニャウンシュエ)のゲストハウス事情について共有します。

全てニャウンシュエの中心部に立地

先ほど紹介したゲストハウス5カ所については、全てニャウンシュエの中心部に立地しています。

町の中心なので外食等には便利ですが、インレー湖へ出るには町の船着き場からボートで10〜15分くらいかかる、そんな立地ですね。

湖の目の前に泊まりたい人は、4〜5つ星のハイクラスなホテルに泊まる必要があります。詳しくは、【5つ星あり】インレー湖(ニャウンシュエ)のおすすめ高級ホテル5選をチェックしてください。

WiFiはあるが、別のネット環境も確保すべき

ミャンマーはWiFi環境があまり発達していないため、ゲストハウスのWiFiが遅いことがあります。

また、電力供給事情が悪く停電も頻繁に起こるため、その際は使えなくなる場合があります。

なので、もし速いネットを使いたい場合は、4G回線が使えるtelenorooredooといったミャンマーの現地SIMも使い、別のネット環境を確保するべきです。

▼ミャンマーのSIMカードについて詳しくはこちら

あわせて読みたい
【2019年版】ミャンマーSIMカード3社の料金や特徴を解説【旅行ならtelenorがおすすめ】 という方向けの記事を用意しました。 この記事を読むことで、ミャンマーのSIMカード選びに困ることがなくなり...

ただし、お使いのスマホがSIMフリーでない場合は海外でSIMカードを利用することができません。その場合は、日本からレンタルWiFiを持って行きましょう。

 

まとめ:インレー湖で一押しのゲストハウスはバオバベッドホステル

(引用:Booking.com)

以上、インレー湖(ニャウンシュエ)でおすすめのゲストハウス5ヵ所でした。

バックパッカー向けの候補もこれだけあるので、予算重視の方もインレー湖観光は十分にできますね。

インレー湖は、湖の雄大な自然と、少数民族の独特な暮らしぶりが観られるミャンマー屈指の観光地なので、ぜひ1度は訪れて欲しいです。

僕のイチオシはバオバベッドホステル ニャウンシュエですが、それぞれ良さがあるので自分の好みに合わせた宿選びをどうぞ。

というわけで、今回の記事は以上になります。

それでは、良きミャンマー旅行を(^^)

▼ミャンマー行きの格安航空券検索はこちら

▼ミャンマーの現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ

インレー湖の現地オプショナルツアーを調べる

ミャンマーでネットを使う
  1. レンタルWiFi
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。ミャンマー旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。ミャンマー旅行であればtelenorといった現地SIMか、タイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!