おすすめ宿

パテインのおすすめホテル5選【格安モーテル・3つ星中級ホテル】

ぐちを
ぐちを
元学生バックパッカーで現海外ノマド、海外では特にミャンマーが好きで他に50ヵ国くらい渡航経験ありのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
パテインでおすすめのホテルを教えて!

という方向けの記事を用意しました。

本記事の内容
  • パテインのホテル5選を紹介
  • パテインのホテル事情と注意点を解説

パテイン旅行の参考に読んでもらえると嬉しいです(^^)

ちなみに、パテインへ行くにはまずミャンマー最大都市のヤンゴンへ行く必要があります。

ヤンゴンまでの航空券は、以下で調べられますよ。

▼ヤンゴン行きの格安航空券検索はこちら

▼パテインの現地オプショナルツアーはトリップアドバイザーで手配可能

パテインの現地オプショナルツアー(英語)を調べる

パテインでおすすめのホテル5選

さっそくパテインのおすすめホテルを見ていきましょう。

今回紹介するホテルは、全部で5カ所になります。

▼ホテルの場所はこちらの地図で確認できます。

ザ ファースト ホテル (The First Hotel)

(引用:agoda)

ザ ファースト ホテル (The First Hotel)は、「Strand Road」沿いのパテイン川近くに立地し、パテイン市街地の中心部に位置する好立地のホテルです。

館内、客室ともに綺麗で、口コミ評価もパテインではトップレベルの場所ですね。

▼客室の様子

(引用:agoda)

朝食はビュッフェ形式で、パテインの街並みを眺めながら味わうことができます。

Wi-Fiは全室で無料、フロントは24時間対応です。

セントロ シティ ホテル (Centro City Hotel)

セントロ シティ ホテル (Centro City Hotel)は、「Ohmar Darni Road」に立地するホテルです。

先ほどのザ ファースト ホテルにも近い立地で、ロケーションは抜群、こちらの方が全体的に値段は安めです。

こちらはリバービューは微妙ですが、パテインのコロニアルな街並みを一望することは可能です。

客室には大きめのテレビも備えられていて、バスタブ付きの部屋も一部あります。

▼客室の様子

(引用:agoda)

中華系のホテルなので、フロントは中国語も対応しています。

パテイン ホテル (Pathein Hotel)

(引用:agoda)

パテイン ホテル (Pathein Hotel)は、大通り「Maha Bandoola Road」沿いに立地する3つ星ホテルです。

ロイヤル・レイク近くの立地で市内中心部からは少し離れていますが、とても落ち着いた場所にあるホテルになります。

客室もミャンマーのチーク家具を備えており、バルコニーとテラス付きです。

▼客室の様子

(引用:agoda)

ホテルはパテインでは数少ないリゾートタイプ。

周辺は何もなく利便性は悪いですが、食事はホテル内のレストランで行えます。

落ち着いた滞在をしたい人におすすめですね。

スウェン ホテル (Swen Hotel)

(引用:agoda)

スウェン ホテル (Swen Hotel)も、大通り「Maha Bandoola Road」に立地する3つ星ホテルです。

館内はスタイリッシュでとてもオシャレ。

バスタブ付きの客室が多く、日本人にはありがたいですね。

▼客室の様子

(引用:agoda)

市内中心部に近く、立地もそこまで悪くないです。

カップルやファミリーにおすすめの場所です。

ゴールデン ブリッジ モーテル (Golden Bridge Motel)

(引用:agoda)

ゴールデン ブリッジ モーテル (Golden Bridge Motel)も大通り「Maha Bandoola Road」沿いに立地し、こちらはモーテルタイプの宿です。

この場所はパテインでは最安価格で泊まれ、節約派の方におすすめ。

客室はダブルまたはツインで、2名で泊まれば1人1泊1,000円以下で泊まれます。

▼客室の様子

設備は古めで価格相応ですが、タオルやランドリーサービス、24時間対応のフロントデスクがあります。

Wi-Fiは共有エリアのみ使用可能です。

 

パテインのホテル事情

続いて、旅行者が知っておきたいパテインのホテル事情と注意点を解説します。

ホテルのWiFiは遅い場合がある

残念ながらミャンマーまだWiFi環境が整っておらず、ゲストハウスのWiFiは遅い場合がほとんどです。

特に、パテインは地方都市になるので、WiFi環境はヤンゴンやマンダレーなどの都市部よりもさらに悪くなります。

一方、現地のSIMカードは4G回線が使えて価格も激安なので、WiFiが遅い場合に備えて空港などでSIMカードを購入して使えるようにしておくことをおすすめします。

▼ミャンマーのSIMカードについて詳しくはこちら

あわせて読みたい
【2019年】ミャンマーSIMカード3社の料金や特徴を詳しく解説【旅行ならtelenorがおすすめ】元学生バックパッカーで現海外ノマド、海外では特にミャンマーが好きで他に50ヵ国くらい渡航経験ありのぐちを(@guchiwo583)です。...

ただし、お使いのスマホがSIMフリーでない場合は海外でSIMカードを利用することができません。その場合は、レンタルWiFiを利用しましょう。

パテインの現地ツアーもあります

ちなみに、トリップアドバイザーを利用してパテインの現地オプショナルツアーに参加することができます。

ただし、日本語ではなく英語のツアーです。

このツアーは船でエーヤワディー川沿いの村を訪れて文化体験を楽しむことができる昼食付きのツアーで、ツアーの最後はエーヤワディー川から夕日を眺めるプラン。

パテインで滞在しているホテルからのピックアップも付いているので、パテイン旅行を考えている人はぜひチェックしてみてください。

 

まとめ:パテインで最もおすすめしたいのはザ ファースト ホテルです

ミャンマーの女性とウーベイン橋(引用:Pixabay)

以上、パテインのおすすめホテル5選でした。

パテインは観光地としてはマイナーですが、ミャンマー第4の都市であり、ホテルは割と存在します。

僕が最もおすすめしたいのは一番最初に紹介したリバービューが眺められるザ ファースト ホテルですが、好みもあるかと思うので、この記事を参考に良さげなところを選んでみてください。

また、パテイン近郊にはグエサウンチャウンターといったビーチリゾートもあるので、パテイン旅行のついでに行ってみると良いですよ。

というわけで今回の記事は以上になります。

パテイン旅行の参考になれば嬉しいです(^^)

▼ヤンゴン行きの格安航空券検索はこちら

ミャンマーでネットを使う
  1. レンタルWiFi
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。ミャンマー旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。ミャンマー旅行であればtelenorといった現地SIMか、タイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!