【2019年版】マンダレー市内からミングンへの行き方【ボートがおすすめ】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ぐちを

どうも、海外(特にミャンマー)が好きでミャンマーは複数回の渡航経験があるぐちを(@guchiwo583)です。

ぐろーぶ君

マンダレーからミングンへ行きたいんやけど、どうやって行くのがええん?

今回はこのような疑問をお持ちの方向けの記事を用意しました。

本記事の内容
  • マンダレーからミングンへの移動方法を紹介
  • それぞれの移動方法を詳しく解説

結論を先に言うと、マンダレーからミングンへはボートを利用するのがおすすめです。

上記について詳しく解説していくので、ぜひ旅行の参考にしてみてください(^^)

🇲🇲 ミャンマー旅行でおすすめの予約サイトはこちら!
航空券予約:エクスペディア
ホテル予約:agoda
現地オプショナルツアー:ベルトラ
日本発着ツアー:HIS

目次

マンダレー市内からミングンへの行き方は2通り

マンダレーの大通り
マンダレーの大通り

マンダレーの市内からミングンへの移動手段は以下の2通りです。

・船(ツーリストボート)
・タクシー

それぞれの移動方法について以下で詳しく解説していきますね。

マンダレー市内から船(ボート)でのミングンへの行き方

エーヤワディー川のボート(ミングン)
エーヤワディー川のボート(ミングン)

最初に、1番おすすめの船(ツーリストボート)での移動方法について解説します。

まずは、マンダレー市内の「26th Street」付近のボート乗り場(Jetty)まで向かいます。

▼ミングン行きボート乗り場の場所

こちらは少し市内の外れにあるので、

・タクシー
・バイクタクシー

のどちらかを利用すると良いです。

Mingun Jetty(ミングン ジェッティ)と言えば通じるはずです。

ぐちを

僕ははゲストハウス「フォー リバーズ B&B マンダレー」からバイクタクシーを利用しましたが、片道1,500~2,000チャット(約110~145円)くらいが相場でした。

ボート乗り場に着いたら、通称「ツーリスト・ボート」と呼ばれる政府運営の外国人向けボートに乗車します。

ボートはマンダレー・ミングンの間を1日1往復し、マンダレーからの往路は朝の9時発、ミングンからの復路は12時30分発となります。

ボートの所要時間は片道45分~1時間(雨季は水かさが増して時間がかかる)で、料金は往復5,000チャット(約360円)です。

ミングンでの滞在時間は2時間程度となりますが、ミングォンの観光スポットは歩いて行ける範囲に限られているので、2時間でも十分に旅行を楽しむことができます。

ちなみに、ツーリスト・ボートを利用しない場合はチャーターして行くことも可能ですが、往復30,000チャット(約2,200円)程度かかります。

マンダレー市内からタクシーでのミングンへの行き方

ミャンマーのタクシー(ヤンゴン)

僕は利用してませんが、マンダレーからタクシーでサガインを経由し、ミングンへ行くことも可能なようです。

ただし、サガイン〜ミングンに至る道路は悪路なようで、距離も結構あるので値段も高くなるでしょう。

先述のボートでの移動方法をおすすめします。

現地ツアーでマンダレー市内からミングンを観光することも可能

ぐろーぶ君

ミングン観光、自力で行くのは不安やな…。

ツアーとかないんかな?

ぐちを

英語ガイド付きのツアーであればトリップアドバイザーで予約ができます!

ただ、日本語ガイド付きのツアーは現状予約できないようですね…。

とは言え、1人あたり7,000円程度と安く、移動や観光スポットの入場にかかる費用は全て賄ってくれる良心的なツアーとなっています。

ツアーを利用する魅力はなによりも面倒なことは全てお任せできるところにあるので、現地でスムーズに観光したい人はぜひ利用のご検討を。

ぐろーぶ君

英語ガイドってとこだけ納得できれば、ええ感じやな!

ミングンの現地ツアーはこちら

まとめ:マンダレー市内からミングンへの行き方は船(ボート)利用がおすすめ

ミングンの船着き場
ミングンの船着き場

以上、マンダレー市内からミングンへの行き方を解説しました。

タクシーは大回りになりコスパも悪いので、船(ツーリスト・ボート)の利用が基本的におすすめです。

ミングンは小さな集落沿いにいくつか歴史的な建築物が集結している場所で、マンダレーから日帰りで観光ができます。

滞在中にぜひ訪れてみてください(^^)

🇲🇲 ミャンマー旅行でおすすめの予約サイトはこちら!
航空券予約:エクスペディア
ホテル予約:agoda
現地オプショナルツアー:ベルトラ
日本発着ツアー:HIS

ミャンマーでインターネットを使う方法
  1. レンタルWiFi(旅行初心者向け)
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。複数人でのシェアも可能なので、グループ旅行では重宝するでしょう。ミャンマー旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード(旅行上級者向け)
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。ミャンマー旅行であればtelenorといった現地SIMか、タイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly(シムトゥーフライ)」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!
あわせて読みたい
ミングン旅行前にチェックすべきおすすめの見どころと観光情報まとめ ミャンマーのミングンってどんなところなん?おすすめの観光スポットとか観光の注意点とかいろいろ知っておきたいわ! 今回はこのような疑問をお持ちの方向けの記事を用...
あわせて読みたい
日本からミャンマーへの行き方【直行便や乗り継ぎ便、LCC情報を解説】 日本からミャンマーへは何の航空会社で行けるの?直行便はある? という方向けの記事を用意しました。 本記事の内容 日本各地からヤンゴンへの行き方を解説日本各地から...
あわせて読みたい
ミャンマー旅行にクレジットカードが必要な理由とおすすめのクレカ5選 ミャンマー旅行にクレジットカードって必要?もし必要ならどのカードがおすすめなん? という方向けの記事を用意しました。 本記事の内容 ミャンマー旅行にクレジットカ...
あわせて読みたい
【2020年版】ミャンマー旅行の持ち物リストまとめ【必需品・役立つ便利アイテムを紹介】 @guchiwo583)です。 [/chat] [chat face="globe-sad-1.jpg" name="ぐろーぶ君" align="left" border="gray" bg="gray" style="maru"] ミャンマー旅行の持ち物を必需品...
ぐちを

最後までお読みいただきありがとうございました!

「記事が参考になった!」という人はぜひSNSでシェアしていただきたいです(Twitterならリツイートもしますね)!

また、このブログ以外でも

Twitter
・Facebook
Instagram
・YouTube
・Line@

で日々発信していますので、ぜひそちらもチェック&フォローしていただけると嬉しいです!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる