バックパッカー・世界一周でおすすめのクレジットカード5選はこちら

Visa LINE Payクレジットカードの審査は厳しい?審査基準と申し込み方法を解説【審査落ち対策も紹介】

ぐちを

どうも、ぐちを( @guchiwo_nomad)です。

ぐろーぶ君

Visa LINE Payクレジットカードについて気になってるんだけど、審査って厳しいのかな?

審査基準とか審査に落ちないための対策を教えて!

という方向けの記事を用意しました。

本記事を読むメリット
  • Visa LINE Payクレジットカードの審査基準が分かる
  • Visa LINE Payクレジットカードの審査に受かるためのコツが分かる

この記事を読むことで上記のメリットがあるので、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

▼Visa LINE Payクレジットカードの基本情報

年会費永年無料
国際ブランドVisa
カード利用枠10~80万円
キャッシング利用枠お客さまのご希望をもとに、総利用枠の範囲内でキャッシング利用枠を設定させていただきます。
※カードレス会員では、ATMでのお借り入れはできません。
電子マネーApple Pay、Google Pay、iD
追加カード家族カード、ETCカード
旅行保険海外旅行保険(最高2,000万円) ※利用付帯
ショッピング補償あり:最高100万円
※海外利用および国内でのリボ・分割払い(3回以上)
ポイント100円=1P(LINEポイント)
マイル交換レートマイル交換不可

\LINE Payユーザーは必携/

✔︎ 年会費永年無料
✔︎ 10分で申し込み可能

※当ページからのお申し込みはLINE Pay株式会社および三井住友カード株式会社が主催する各種キャンペーンの条件に該当しない場合がございます。

Visa LINE Payクレジットカードの特徴や評判について詳しくはこちらの記事をご参考ください

あわせて読みたい
Visa LINE Payクレジットカードの特典・メリット・評判を徹底解説【LINE Payユーザーに最適!】 Visa LINE Payクレジットカードについて気になってるんだけど、どんな特典やメリットがあるのか知りたい! という方向けの記事を用意しました。 結論を先に言うと、Visa...
目次

Visa LINE Payクレジットカードの審査基準

Visa LIne Payクレジットカードのデザイン

まずは、Visa LINE Payクレジットカードの審査基準を深掘りして解説します。

正確な審査基準については非公開となっているので、あくまでも参考程度に考えてください。また、現在安定した収入があっても過去2年以内にカード利用料の延滞や過去5年以内に自己破産をしてブラックリスト(金融事故情報)入りしている場合は審査に合格するのは難しいです(詳しくは後述)。

高校生を除く18歳以上なら誰でも作れる

Visa LINE Payクレジットカードの審査基準ですが、公式では

満18歳以上の方(高校生は除く)
※インターネット申し込みのみの受付
※未成年者の方は親権者の同意が必要

となっています。

すなわち、「18歳以上でインターネットを持っている人」であれば誰でも入会できる可能性があるカードです。

正確に言うと、「LINEを使っている(LINE Payを使っている)」も条件になりますが、今のご時世LINEを使ってない日本人のほうが少ないので、その点は気にする必要はないでしょう。

一定の収入があるのが条件

Visa LINE Payクレジットカードは年会費が永年無料のクレジットカードなので、審査基準はそれほど高くないと予想できます。

・大学生
・フリーター
・主婦

でも審査に合格している実績はあるので、収入の基準そのものは高くないと予想できますね。

ただし、一定の収入があるのが条件で、無職で収入が全くない人が審査に通るのは難しいでしょう。

\LINE Payユーザーは必携/

✔︎ 年会費永年無料
✔︎ 10分で申し込み可能

Visa LINE Payクレジットカードの申し込み方法

Visa LINE Payクレジットカードの申し込み方法とその手順について解説します。

STEP
LINE Payアカウントを作成しておく

まずはLINE Payのアカウントを事前に作成しておきましょう。

LINE PayのアカウントとVisa LINE Payクレジットカードを紐付けさせることで、初めてポイント還元が得られます。

登録は、LINEアカウントの「ウォレット」から「Line Payをはじめる」へと進み、必要事項(名前・住所)を入力すればOKです。

STEP
公式ページからカードに申し込む

続いて、Visa LINE Payクレジットカードの公式ページからカードに申し込みをします。

こちらは名前・住所・職業・収入などの入力が必要になるので、間違いなく入力するようにしましょう。

その後はお支払い金融機関の設定も必要で、Web上から口座振替の設定ができると便利ですが、できない場合は郵送での手続きとなります。

STEP
審査後にカード発行

カードに申し込み、審査に無事に合格すると、正式にカード発行となります。

審査が完了してから自宅に届くまで平均して約1週間かかりますが、郵送で口座振替となった場合は、申し込みから発行までトータル2週間程度かかります。

STEP
カード到着後にLINE Payに紐付けする

Visa LINE Payクレジットカードが到着したら、忘れずにLINE Payとの紐付けを行いましょう。

設定はLINE Payのアカウントから行えます。

この設定を行わないと、ポイント還元が受けられないので、ご注意ください。

\LINE Payユーザーは必携/

✔︎ 年会費永年無料
✔︎ 10分で申し込み可能

Visa LINE Payクレジットカードの審査に落ちる原因

Visa LINE Payクレジットカードの審査に落ちる要因としては、以下が考えられます。

ブラックリストに載っている

過去にカード利用金額の滞納などを理由に、信用情報機関のブラックリスト入りをしている場合は、クレジットカードの新規発行ができません。

1度ブラックリスト入りすると、信用情報がリセットされるまで最短でも5年はかかるので、ご注意ください。

自分がブラックリスト入りしているか否かは、信用情報機関で本人開示請求を行うことで確認が可能です。

ちなみに、ブラックリスト入りしていてもデビットカードの発行は可能です。

どうしてもカードが必要な人はそちらを検討しましょう。

スーパーホワイトである

スーパーホワイトとは、信用情報に一切情報がない状態の人のことを言います。

こちらは、

・これまで1度もクレジットカードを利用したことがない
・これまで1度も何かしらのローンを組んだことがない
・ブラックリスト入りした後に信用情報がリセットされた

といった場合に該当します。

要するに、「ブラックではないけど情報が何もないからイマイチ信用ができない人」という扱いとなるわけですね。

スーパーホワイトから抜け出すには、クレジットカードヒストリー(クレヒス)の積み上げが必要です。

まずは独自審査のクレジットカードを発行するなどして、地道に信用を獲得するところから始めましょう。

収入が少ない

上記の審査基準のところでも解説した通り、Visa LINE Payクレジットカードは審査がそれほど厳しくないカードですが、それでもあまりにも収入が少ない場合は審査に落ちる可能性があります。

特に無職である場合は、アルバイトでも良いのでいったん職に就いてからカード申し込みを行うのが無難です。

短期間に多数のカードを発行している

短期間に何枚もクレジットカードを発行している場合、審査に落ちるリスクが上がります。

これは、「今すぐお金が必要で自己破産をするのが目的の人」とカード会社から判断されやすくなるからです。

参考としては、多くても2ヵ月に1〜2枚までの発行に抑えておくのが無難で、それよりも短いスパンで発行している場合は2〜3ヵ月程度期間を空けることをおすすめします。

申し込み内容に誤りがある

そもそも、申し込み内容に誤りがあった場合は審査が適切に行われず、発行に至りません。

・電話番号
・住所
・口座振替用の銀行口座

は特に入力ミスが起こりやすいので、注意するようにしましょう。

\LINE Payユーザーは必携/

✔︎ 年会費永年無料
✔︎ 10分で申し込み可能

Visa LINE Payクレジットカードの審査落ち対策

ここからは、Visa LINE Payクレジットカードの審査落ちを回避する具体的な対策について紹介します。

キャッシング枠を0円にする

キャッシングの枠を設定しない(0円にする)ことで、カードの審査に通りやすくなります。

これは、「個人の借入額は年収の3分の1以下まで」という賃金行法の総量規制があり、クレカのキャッシングがその対象となるからです。

また、キャッシング枠を設けないことで、「負債を抱えて自己破産をしない人である可能性が高い」という印象をカード会社にも与えられます。

キャッシング枠はカード発行後に後から追加することもできるので、まずは審査に通ることを重視し、審査に通るか心配な人はキャッシング枠は0円にして申し込みを行いましょう。

クレヒスを積み上げる

クレジットカードを利用してクレジットカードヒストリー(クレヒス)を積み上げていれば、審査に通りやすくなります。

支払いの延滞を必ず避けるようにし、日頃からクレヒスを積み上げていきましょう。

クレジットカードの利用歴が少ないのもクレヒス的にはマイナスになるので、既に持っているクレジットカードがあれば日頃から利用して支払いの実績を作ると良いですね。

家族カードなら審査なしで作成可能

ちなみに、家族カードであれば審査なしで発行してもらえます。

審査に通るか不安な人はまず両親や配偶者にVisa LINE Payクレジットカードを発行してもらい、自分は家族カードでそれを保有するのも1つの手です。

家族カードであっても、還元されるLINEポイントはLINE Payのアカウントごとに貯められます。

なので、ポイントを誰かと共有することなく、自分のためにポイントを貯めることが可能です。

ただし、家族カードの利用可能額は本会員と共有になります。独自に利用額が設定されるわけではないので、ご注意ください。

\LINE Payユーザーは必携/

✔︎ 年会費永年無料
✔︎ 10分で申し込み可能

Visa LINE Payクレジットカードの審査結果を確認する方法

Visa LINE Payクレジットカードの審査結果を確認するには、三井住友カードの「審査状況照会ページ」にアクセスすればOKです。

照会には、

・お申し込み番号 ※申し込み後に発行されるもの
・生年月日
・電話番号

の入力が必要です。

なお、照会可能な期限は審査完了後3ヵ月となっています。

\LINE Payユーザーは必携/

✔︎ 年会費永年無料
✔︎ 10分で申し込み可能

もしVisa LINE Payクレジットカードに審査落ちしたら?

Visa LINE Payクレジットカードに申し込んだものの審査落ちしてしまった場合は、以下の方法を取ると良いです。

再申し込みは6ヶ月後が目安

再度申し込みをする場合は、半年後に行いましょう。

クレジットカードの申し込み履歴は、信用情報機関(CIC)に6ヵ月間に渡り残り、その間は審査がより厳しくなってしまいます。

他のクレジットカードも検討しよう

Visa LINE Payクレジットカードの発行は諦め、他のクレジットカードを検討するのもありです。

中でも、アコムACマスターカードは独自審査のクレジットカードになるので、審査に合格する可能性が高いです。

また、即日発行も可能な

三井住友カード(NL)
エポスカード

や、Visa LINE Payクレジットカードと同じくポイント還元率の高い

楽天カード
リクルートカード

といったクレジットカードも要検討ですね。

\LINE Payユーザーは必携/

✔︎ 年会費永年無料
✔︎ 10分で申し込み可能

まとめ:Visa LINE Payクレジットカードの審査に通るためにクレヒスを積み上げよう

以上、Visa LINE Payクレジットカードの審査基準や審査に受かるコツなどをまとめました。

Visa LINE Payクレジットカードはそれほど審査の厳しくないカードですが、ブラックリスト入りしている人や収入が著しく低い人は審査落ちする可能性があります。

審査に合格するためには一定以上のクレヒスが必要ですので、日頃から適切にクレジットカードを利用してクレヒスを積み上げるようにしましょう。

審査に受かる可能性が少しでもあるなら、まずは申し込んでみることをおすすめします。

カードの申し込みもわずか10分程度で終わるので、この機会にぜひ発行を検討してみてください(^^)

ぐちを

最後までお読みいただきありがとうございました!

「この記事が参考になった!」という際は、ぜひSNS等でシェアしていただけると嬉しいです(^^)

また私自身、フリーランスの旅好きなWebコンテンツクリエイターとして現在活動しております。

各種SNSやYouTube、お仕事依頼はこちらのリンクからぜひチェックしてみてくださいね!

あわせて読みたい
Visa LINE Payクレジットカードの特典・メリット・評判を徹底解説【LINE Payユーザーに最適!】 Visa LINE Payクレジットカードについて気になってるんだけど、どんな特典やメリットがあるのか知りたい! という方向けの記事を用意しました。 結論を先に言うと、Visa...

サポートのお願い

「記事が役に立った!」という方は、サポート(100円〜)をいただけるとすごく嬉しいです。皆様からいただいた寄附金は活動の継続に使わせていただきますm(_ _)m
この続きはcodocで購読
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ぐちをのアバター ぐちを サイト運営者

1995年生まれの旅好きWeb系クリエイター。これまで国内の全都道府県と海外49カ国を訪問しました。特に好きな国は東南アジアのミャンマーです。このサイトでは、旅先の観光情報やクレジットカードやマイル、クーポンなどを使って旅行や日頃の生活をお得にする方法を紹介しています。

目次