海外ホテル

【2019年版】バゴーでおすすめのホテル5選【市内中心部の格安・中級ホテルを紹介】

ぐちを
ぐちを
元学生バックパッカーで現海外ノマド、海外では特にミャンマーが好きで他に50ヵ国くらい渡航経験ありのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
ミャンマーのバゴーにはどんなホテルがあるの?おすすめを教えて!

という方向けの記事を用意しました。

本記事の内容
  • バゴーの格安・中級ホテル5選を紹介
  • バゴーのホテル事情と注意点を解説
  • バゴーのホテルに宿泊するメリットを解説

設備や立地について詳しく解説していくので、バゴー旅行を予定している方はこの記事を参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

ちなみに、バゴーへ行くにはまずミャンマー最大都市のヤンゴンへ行くのが一般的です。

航空券は以下で調べられるので、合わせてチェックしてみてください。

▼ヤンゴン行きの格安航空券検索はこちら

バゴーでおすすめの格安・中級ホテル5選

さっそくバゴーでおすすめの格安・中級ホテルを見て行きましょう。

今回紹介するのは、全部で5カ所です。

バゴーには現状、4つ星以上クラスの高級ホテルやドミトリー付きのバックパッカー向けゲストハウスは存在しません。

▼ホテルの場所はこちらの地図で確認できます

カンボーザ ヒンター ホテル(Kanbawza Hinthar Hotel)

(引用:Booking.com)

カンボーザ ヒンター ホテル(Kanbawza Hinthar Hotel)は、バゴーでは外国人に人気の高い3つ星中級ホテルです。

2015年にできたホテルで館内はとても綺麗、レストランも安くて美味しいと評判です。

客室はスタンダードとスーペリアの2種類があります。

▼客室の様子

(引用:Booking.com)

市内中心部からは離れた場所に立地し、周辺はとても静かな環境です。

自力での運転が問題なければ、電動バイクを1時間1,000チャット(72円)でレンタルできるので観光にも便利。

嬉しいバスターミナルまでの無料送迎もあります。

ザ ペグー ロッジ(The Pegu Lodge)

(引用:Booking.com)

ザ ペグー ロッジ(The Pegu Lodge)は、「Bayinnaung Road」沿いに立地するホテルです。

こちらも新しい中級ホテルで、館内はとても綺麗です。

客室は広く、スーペリアとデラックスの2種類があります。

▼客室の様子

(引用:Booking.com)

スタッフのサービスも丁寧と評判のホテルです。

周辺はとても静かで、ガーデンでのんびりすることもできます。

ジェイド ガーデン ホテル(Jade Garden Hotel)

(引用:Booking.com)

ジェイド ガーデン ホテル(Jade Garden Hotel)は、「Bogyoke Aung San Road」沿いに立地する格安ホテルです。

ホテル自体は少し古めですが、館内は綺麗に保てれています。

客室は2人用のみですが、1人旅にもおすすめのホテルです。

▼客室の様子

(引用:Booking.com)

全室に浴槽、無料WiFi、薄型テレビ、無料のミネラルウォーター、ヘアドライヤーが供えられていて、アメニティーは充実しています。

自転車のレンタルもありますよ。

アマラ ゴールド ホテル(Amara Gold Hotel)

(引用:Booking.com)

アマラ ゴールド ホテル(Amara Gold Hotel)は、バゴーの中心部からは少し離れていますが、便利な幹線道路沿い近くに立地する格安ホテルです。

幹線道路に近い物の、周辺は静かです。

こちらもツインルームのみですが、1人旅での利用にもおすすめですよ。

▼客室の様子

(引用:Booking.com)

スタッフは英語を流暢に操り、ホスピタリティーも良好。

レンタルバイクなどはないので、観光の際はバイクタクシーをチャーターする必要がありますね。

ピン カイェー モーテル(Pwint Khayay Motel)

(引用:Booking.com)

ピン カイェー モーテル(Pwint Khayay Motel)も、バゴーの中心地から少し離れた幹線道路沿いに立地する格安ホテルです。

オーナーの男性が気さくで優しいと評判のホテルですね。

こちらも2人部屋しかありませんが、1人旅にもおすすめ。

▼客室の様子

(引用:Booking.com)

中心地から離れていてあまり便利な立地ではありませんが、チャイプーン・パゴダ(Kyaikpun Pagoda)が徒歩圏内になります。

 

バゴーのホテル事情と宿泊する際の注意点

バゴーはヤンゴンから片道2時間でアクセスできるミャンマーの古都で、旧名はペグー(Pegu)と呼ばれた場所。

現在は、ヤンゴンから日帰りでも行ける歴史的な観光地となっています。

ここからは、そんなバゴーのの最近のホテル事情と宿泊の際の注意点を解説していきます。

ホテルはバゴー市内の西側に集中

バゴーの幹線道路

バゴーのホテルは、バゴーの町の西側エリアに集中しています。

立地としてはバゴー川(Bago River)の西側で、バゴー駅(Bago Station)やバスターミナルがあるエリアになります。

交通の拠点からは近いですが、一方でバゴーの主要な観光スポット(王宮やシュエモードー・パゴダなど)はバゴーの東側エリアにあり、少しアクセスは不便です。

Wi-Fi環境は悪い場合がある

(引用:Pixabay)

バゴーだけでなくミャンマー全体で共通して言えることですが、ホテルのWiFiは遅いことが多いです。

また、停電もしょっちゅう起こるので、念のためのネット対策としてミャンマーの現地SIMも持っておきましょう。

telenorやooredooといったミャンマーのSIMカードを現地の空港や街中で購入すれば、サクサクの4G回線を利用することができます。

▼ミャンマーのSIMカードについて詳しくはこちら

あわせて読みたい
【2019年版】ミャンマーSIMカード3社の料金や特徴を解説【旅行ならtelenorがおすすめ】 という方向けの記事を用意しました。 この記事を読むことで、ミャンマーのSIMカード選びに困ることがなくなり...

また、日本で事前購入したAISのSIM2Fly(アジア16ヵ国周遊プリペイド)を持って行くのもありですね。

▼SIM2Flyの4Gデータ通信8日間プラン

ただし、お使いのスマホがSIMフリーでない場合は海外でSIMカードを利用することができません。その場合は、日本からレンタルWiFiを持って行きましょう。

 

バゴーのホテルに宿泊するメリット

バゴーはヤンゴンから日帰りでも行ける町なので、わざわざここに泊まるメリットはあまり感じられないかもしれませんが、それでも少なからずここに泊まるメリットはあります。

古都バゴーをじっくり観光できる

シュエモードー・パゴダ(バゴー)

当たり前の話ですが、宿泊すればバゴーをじっくり観光することができます。

バゴーはミャンマーではあまりメジャーな観光地ではないですが、由緒ある古都なので歴史的な見所はかなり存在する街。

ヤンゴンから日帰り観光も可能ですが、やはりちゃんと観光したい人は1泊することをおすすめしたいです。

▼バゴーの見どころ・観光情報まとめについてはこちら

あわせて読みたい
バゴー旅行前にチェックすべきおすすめの見どころ8選と観光情報まとめ【現地ツアーも紹介】 という方向けの記事を用意しました。 この記事の前半では主にバゴーの見どころについて紹介し、後半ではその他の観光情報...

チャイティーヨ・パゴダ(ゴールデンロック)へ楽に行ける

チャイティーヨー・パゴダ(チャイティーヨー)

また、チャイティーヨー・パゴダ(ゴールデンロック)へのアクセスが良いのもバゴーに宿泊するメリットです。

ヤンゴンからチャイティーヨー・パゴダを日帰りで観光する場合、トータル10時間程度かかるため結構ハード。

それが、バゴーならトータル7〜8時間程度で済ますことができます。

▼チャイティーヨー・パゴダについて詳しくはこちら

あわせて読みたい
チャイティーヨー旅行前にチェックすべき見どころ・観光情報まとめ【ゴールデンロック】 という方向けの記事を用意しました。 旅行を検討している人はぜひ参考にしてもらえると嬉しいです(^^) ちなみ...

 

まとめ:バゴーをじっくり観光したい人はホテル泊するのがおすすめです

カンボーザターディー王宮(バゴー)

以上、バゴーでおすすめのホテル5選でした。

バゴーはヤンゴンから日帰りで観光するのも可能ですが、じっくり観光したい人はやはり最低1泊するのがおすすめですね。

チャイティーヨ・パゴダ(ゴールデンロック)へのアクセスも良くなるので、バゴー滞在中に合わせて訪れるのもアリですよ(^^)

▼ヤンゴン行きの格安航空券検索はこちら

ミャンマーでネットを使う
  1. レンタルWiFi
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。ミャンマー旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。ミャンマー旅行であればtelenorといった現地SIMか、タイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!