エポスカード

年会費無料エポスゴールドカードのインビテーションを貰う条件とは?【半年間の利用20万円で届きました】

ぐちを
ぐちを
どうも、海外(特にミャンマー)が好きで50ヵ国くらい渡航経験があり、クレジットカードは10枚以上保有しているブロガーのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
エポスのゴールドカードはインビテーションからの切り替えだと年会費無料になるみたいだけど、具体的には何をすればいいの?詳しく教えて!

という方向けの記事を用意しました。

本記事の内容
  • エポスゴールドカードへのインビテーションを貰う条件・時期を解説
  • インビテーションでエポスゴールドカードに切り替えてから行ったことを紹介

エポスゴールドカードを年会費無料で入手したい人は、この記事が参考になるかと思います(^^)

ちなみに、エポスゴールドカードのインビテーションを受けるには、エポスカード(ノーマルカード)の発行が前提となりますので、まだ持ってない人はこのタイミングでぜひ発行しておきましょう。

▼エポスカード(ノーマルカード)を今すぐ無料で発行する
≫詳細をチェック≫公式ページはこちら

▼エポスゴールドカードのメリット・特典についてはこちらの記事をどうぞ

エポスゴールドカードの海外旅行でのメリット・お得な特典を旅のプロが解説【まずはエポスカードから発行がおすすめ】エポスゴールドカードの特徴・お得な特典・メリット・デメリットを当ブログ「ぐちをぐろーぶ」でまとめました。海外旅行でのメリットを中心に解説しています。海外旅行保険が特に魅力的で、他にも割引優待などの特典が豊富です。発行はエポスカードからの切り替えがおすすめです。...

前提:エポスゴールドカードはインビテーションで入手するべき

(引用:エポスカード)

まず前提から解説しますが、エポスゴールドカードはエポスカード(ノーマルカード)を利用してインビテーションが届くのを待ってから入手するべきです。

もちろん、エポスゴールドカードは直接申し込みをし、審査に受かればすぐに手に入れることができます。

ただし、この方法だと年会費5,000円(税抜)が必要となりますのでおすすめしません。

一方、エポスカード(ノーマルカード)を継続的に利用することで届くインビテーション(招待状)を待ってからエポスゴールドカードに切り替えを行うと、通常必要となるエポスゴールドカードの年会費がなんと無料となります。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
毎年かかる5,000円がずっと無料になるのは大きいな!

年会費無料で持てるゴールドカードはかなり珍しいので、エポスゴールドカードを持ちたいと思う人も、特に理由がなければまずはエポスカードを発行して継続的に利用し、インビテーションが届くのを待つのが賢い選択です。

▼エポスカード(ノーマルカード)を今すぐ無料で発行する
≫詳細をチェック≫公式ページはこちら

 

エポスゴールドカードのインビテーションを貰う条件・時期とは?

気になるエポスゴールドのインビテーションを貰うための条件や時期ですが、以下で詳しく解説します。

インビテーションの入手条件は非公表

まず、肝心のインビテーションの入手条件についてはエポスカード側から特に掲示があるわけではなく、残念ながら非公表となっています。

ただし、確実に言えるのは

  • エポスカードを所有していること
  • エポスカードをある程度利用していること

は間違いのない必要条件となるでしょう。

年間カード利用額50万円以上という情報が多い

インターネット上では、「エポスカードの年間の利用金額が50万円を越えるとインビテーションが届く」という情報を多く見かけます。

確かに、エポスゴールドカードの翌年以降の年会費無料の条件(後述)もこの条件と同じですし、ある程度信憑性のありそうな情報なのではないかと思います。

ただし、「30万円ほどの利用でインビテーションが届いた」という情報もあったりと、結局のところ真相はエポスカードの内部の人間が知るのみといった感じですね。

僕の場合、半年で20万円超の利用でインビテーションが届きました

(引用:エポスカード)

ちなみに、僕の場合は半年で20万円超の利用でインビテーションが届きました。

▼エポスゴールドになるまでの内訳はこの通り

支払い月 利用金額(円)
2018年10月 8,438
2018年11月 17,357
2018年12月 46,790
2019年1月 72,426
2019年2月 41,099
2019年3月 17,205
合計金額 203,315

 

エポスカードを発行したのは2018年8月で、最初に利用をしたのが翌月の9月・10月あたり。

それからゴールドカードへの切り替えを狙うためにクレジット払いのほとんどをエポスカードに一本化させました。

そのような中、たった半年で20万円を利用しただけでインビテーションが届いたので、思ったよりもだいぶ早かったなという印象と同時にこの結果にとても嬉しい気持ちでした。

ぐちを
ぐちを
インビテーションが届くまで最低1年くらいはかかるかなと思ってましたので。

ここから察するに、エポスゴールドカードのインビテーションが届く条件は

半年間でエポスカードの利用金額が20万円以上

となる可能性が高いと言えます。

なので、ひと月に3.5万円以上をクレジットカードで支払っている人は、エポスゴールドカードのインビテーションを積極的に狙いにいっても良いでしょう。

定期券パソコンなどの高額な支払いを何回かするだけでも、すぐにインビテーションが届きそうです。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
そう考えるとそれほど難しくはないね!

▼エポスカード(ノーマルカード)を今すぐ無料で発行する
≫詳細をチェック≫公式ページはこちら

 

エポスゴールドカードは年間の利用50万円以上でも翌年以降の年会費永年無料になる

(引用:エポスカード)

ちなみに、エポスゴールドカードは年間の利用金額が50万円を超えた場合でも、翌年以降の年会費が永年無料となります。

「すぐにでもエポスゴールドカードが欲しい」かつ「1年に50万円はクレジットカードで支払いをしている」という人の場合のみ、最初の年会費5,000円だけを支払って翌年以降の年会費を無料にするのもアリですね。

ぐちを
ぐちを
ただ、基本はノーマルカードからの発行がおすすめです。

 

エポスカードをインビテーションでゴールドカードに変えてから行ったこと

エポスゴールドカード入手時に受け取ったレター

ここからは、インビテーションを受けてエポスカードからエポスゴールドカードに実際に切り替えたあとに僕が行ったことを解説します。

これからエポスゴールドカードのインビテーションを狙う人はぜひ参考にしてください。

各種クレジットカード情報の変更

まずは、各種クレジットカード情報の変更を行いました。

ゴールドカードに切り替わると、クレジットカード番号が変わり、それまで利用していたエポスカード(ノーマルカード)の方は利用ができなくなります。

そのため、月額課金のサービスなどの支払いにエポスカードを利用している人は、ゴールドカードに切り替わってからは再度登録し直す必要があります。

選べるポイントアップショップの登録

(引用:エポスカード)

エポスゴールドカードには、エポスカード(ノーマルカード)にはない特典がいくつかあります。

その1つが選べるポイントアップショップです。

選べるポイントアップショップとは?

300以上の店舗の中から最大3店舗まで選択可能な、選んだ店舗の買い物でポイントが3倍となるエポスのゴールドカード・プラチナカード限定のサービス。

詳しくはこちらの公式サイトをどうぞ。

通常のポイント還元率が0.5%のエポスカードですが、選べるポイントアップショップで選択した店舗を利用すれば3倍の1.5%となり、とてもお得になります。

こちらは事前に登録が必要なサービスなので、エポスゴールドカードが届いたら早めに行っておくと良いですよ。

登録は会員サイトのエポスNetから行え、その日からすぐポイントアップの対象となります。

ただし、1度選んだ店舗は3ヶ月間は変更ができないので、登録は慎重に行いましょう。

 

まとめ:まずはエポスカードを発行してゴールドカードへのインビテーションを狙いましょう

エポスゴールドカード(VISA)

以上、年会費無料エポスゴールドカードのインビテーションについてまとめました。

エポスゴールドカードを入手したい人は、まずはエポスカード(ノーマルカード)を発行して継続的に利用し、インビテーションを狙うのが圧倒的におすすめです。

エポスゴールドカードはエポスカードの上位互換で、海外旅行保険が自動付帯であったり、それ以外にも様々な特典がある使い勝手のとても良い優れたクレジットカードです。

にも関わらず、上記で解説した通り年会費無料で持てるので、ぜひこの機会に入手を検討してみてください(^^)

▼エポスカード(ノーマルカード)を今すぐ無料で発行する
≫詳細をチェック≫公式ページはこちら