アクセス

【2019年版】マンダレー市内からサガインへの行き方【タクシー・ピックアップ・現地ツアー情報】

ぐちを
ぐちを
どうも、海外(特にミャンマー)が好きで50ヵ国くらい渡航経験があるブロガーのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
マンダレ―からサガインへ行きたいんだけど、どうやったら行けるの?

という方向けに、今回は現地の交通事情にある程度詳しい僕が記事を書いていきます。

結論を先に言うと、マンダレー市内からサガインへはタクシーかピックアップでアクセス可能です。

また、上記の自力で移動する方法以外に現地オプショナルツアーを使っても訪れることができるので、この記事を読みつつ合わせて検討してみてください(^^)

▼マンダレー行きの格安航空券検索はこちら

マンダレー市内からサガインへの行き方は2通り

マンダレーの大通り(マンダレー、ミャンマー)

マンダレー市内からサガインへの行き方は以下の2通りです。

  • タクシー(バイクタクシー)
  • ピックアップ

ピックアップとは、タイでいうソンテウのような、軽トラックの荷台に人を乗せて運ぶ現地のローカルな移動手段になります。

 

マンダレー市内からサガインへタクシーでの行き方

ミャンマーのタクシー(ヤンゴン、ミャンマー)

タクシー利用の際は、Grabはまだ使えないのですが、流しのものをンダレー市内で適当に拾えばOKですね。

車の場合は片道10,000チャット(約700円)、バイクなら5,000チャット(約350円)程度が相場かと。

往復で利用し、ドライバーと一緒にサガインの観光スポットを巡るプランであればこの2.5〜3倍程度の値段になるかと思います。

つまり、車だと30,000チャット(約2,100円)、バイクだと15,000チャット(約1,050円)くらいです。

もちろん、交渉次第になり確実にこの値段で往復できるとも限らないのでそこはご注意を。

あと、ドライバー次第では周辺のアマラプラインワを一緒に巡るプランを持ちかけられるかもしれませんが、必要に応じて判断しましょう。

 

マンダレー市内からサガインへピックアップでの行き方

ピックアップ(マンダレー、ミャンマー)

ピックアップは片道500チャット(約35円)と圧倒的に安いぶん、旅慣れしている人でないと使いにくいです。

サガイン方面行きのピックアップは、マンダレー市内の30番通り(30th Street)と84番通り(84th Street)の交差点付近から出発しています。

▼だいたいこの辺りです

ぐちを
ぐちを
ちなみに、アマラプラ方面へのピックアップもこの場所からの出発です。

運転士や客引きに「サガイン?」と聞けばどのピックアップがサガイン行きか教えてくれるはずです。

ちなみに、現地のミャンマー人も値段に関してはほとんどの人が英語で答えられるので特に言葉の面で問題はないかと思いますが、それ以外の会話はあまりできない人もいるので、念のため指差し会話帳を持っておくと安心ですね。

マンダレー市内からサガインまでの所要時間は1時間程度、途中渋滞があると1時間30分くらいかかります。

Maps.meというGPS機能付き地図アプリでマンダレーの地図をダウンロードしておけば、自分が今どこにいるのかネット無しで確認できますよ。

MAPS.ME オフライン地図とナビゲーション
MAPS.ME オフライン地図とナビゲーション
開発元:MY COM
無料
posted withアプリーチ

 

このMaps.meを適度に確認しつつ、サガインに着いたらピックアップを降りましょう。

マンダレーとサガインの間は大河エーヤワディー川が流れており、インワ鉄橋という大きな橋を渡ります。

その橋を渡ったところで降りれば基本的にOKです。

▼だいたいこの辺で降りると良いと思います

ここからは、サガインの観光スポットであるサガイン・ヒルカウンムードー・パゴダへタクシーを捕まえて行くことができますよ。

僕はバイクタクシーを利用しましたが、それぞれ往復して5,000チャット(約360円)くらいでした。

ぐちを
ぐちを
ピックアップはもしかしたらカウンムードー・パゴダのほうまで行くかもしれませんが、タクシーは確実にインワ鉄橋付近のほうが捕まえやすいですね。

 

現地ツアーでマンダレー市内からサガインを観光することも可能

ミャンマーの女性とウーベイン橋(引用:Pixabay)

マンダレー市内からサガインを観光する際は、現地オプショナルツアーを利用するのもおすすめです。

自力での移動方法を考えたくない人や、日本語ガイドをつけて歴史などをしっかり勉強したい人に特におすすめですね。

こちらは大手H.I.Sのツアーで、マンダレーのホテル発着で近郊のインワを一緒に巡り、夕方にアマラプラのウーベイン橋で夕日を鑑賞するプランとなっています。

 

まとめ:マンダレー市内からサガインへの行き方はタクシーかピックアップ、または現地ツアーで

サガインの街並み(サガイン、ミャンマー)

以上、マンダレー市内からサガインへの行き方でした。

まとめると以下の通りです(マンダレー市内〜サガインのインワ鉄橋付近を移動した場合)。

料金(片道) 所要時間(片道)
タクシー 10,000K 30〜40分
バイクタクシー 5,000K 30〜40分
ピックアップ 500K 1時間〜1時間30分

どれが良いとかはケースバイケースなので、上記を参考に自分が旅行慣れしているかどうかも考慮して選びましょう(^^)

▼マンダレー行きの格安航空券検索はこちら

ミャンマーでネットを使う
  1. レンタルWiFi
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。ミャンマー旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。ミャンマー旅行であればtelenorといった現地SIMか、タイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!