ゴールデンロック観光でおすすめのホテル5選【チャイティーヨー山頂と麓キンプンのホテルを紹介】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

@guchiwo583)です。 [/chat] [chat face=”globe-sad-1.jpg” name=”ぐろーぶ君” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”] ミャンマーのチャイティーヨー・パゴダ(ゴールデンロック)観光におすすめのホテルを教えて! [/chat] という方向けの記事を用意しました。 前提として、チャイティーヨー・パゴダ観光では、山頂か麓の町のどちらかのホテルを拠点として利用することになります。 [box02 title=”本記事の内容”]

  • チャイティーヨー山頂でおすすめのホテルを紹介
  • 麓のキンプンでおすすめのホテルを紹介
  • チャイティーヨーのホテル事情と注意点を解説
[/box02] 設備や立地について詳しく解説していくので、チャイティーヨー・パゴダ観光を予定している方はこの記事を参考にしてもらえると嬉しいです(^^) ちなみに、日本からチャイティーヨーへ行くにはまずミャンマー最大都市のヤンゴンへ行くのが一般的です。 航空券は以下で調べられるので、合わせてチェックしてみてください。

▼ミャンマー行きの格安航空券検索はこちら

▼ミャンマーの現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ ミャンマーの現地オプショナルツアーを調べる icon

▼日本発着のミャンマーツアーならHISがおすすめ ミャンマーのツアーを調べる

目次

チャイティーヨー・パゴダ観光のホテルは山頂と麓(キンプン)の2ヵ所に立地が分かれる

[caption id="attachment_3672" align="alignnone" width="914"] キンプンの街並み[/caption] チャイティーヨ・パゴダ近くのホテルは、パゴダ(ゴールデンロック)がある山頂のチャイティーヨー(Kyaiktiyo)と麓の町キンプン(Kinpun)の2ヵ所に立地が分かれています。 ▼チャイティーヨーの場所 ▼キンプンの場所 山頂はホテル数が少なく、かつ宿泊費も高め。 一方、キンプンはホテル数がそれなりにあり、価格帯も下から上まで様々です。

山頂に泊まると夜のチャイティーヨ・パゴダ(ゴールデンロック)が拝める

[caption id="attachment_4429" align="alignnone" width="981"] チャイティーヨー・パゴダ(ゴールデンロック)[/caption] 山頂(チャイティーヨ)に泊まる最大のメリットは、チャイティーヨ・パゴダのすぐ近くに泊まれることです。 そうすることで、夜の光り輝く黄金のパゴダを拝むことができます。 麓のキンプンから山頂へはトラックで移動するのですが、山頂からの下りの最終便が18時であるため、日帰りで訪れる場合や麓のキンプンに泊まる場合は夜のゴールデンロックの姿を拝むことができません。  

山頂(チャイティーヨー)でおすすめのホテル

ここからはホテル紹介に移ります。 まずは山頂(チャイティーヨ)のおすすめホテルです。 ▼ホテルの場所はこちらのマップで確認できます(山頂のホテルは赤色

チャイ トー ホテル(Kyaik Hto Hotel)

[caption id="attachment_3644" align="alignnone" width="1111"] (引用:Booking.com)[/caption] チャイ トー ホテル(Kyaik Hto Hotel)は、チャイティーヨー山頂に立地する大きなホテルで、チャイティーヨ・パゴダからは徒歩5分ほどの好立地です。 2019年現在、チャイティーヨー山頂にあるホテルでは唯一、大手宿泊予約サイトからネット予約が可能なホテルとなっています。 値段は少々張りますが、パゴダ間近に泊まれる場所だけあって日本人にも人気の高いホテル。 客室は4タイプほどありますが、どれもシンプルな内装ですね。 ▼客室(デラックスツインルーム)の様子 [caption id="attachment_3645" align="alignnone" width="908"] (引用:Booking.com)[/caption] ホテルのテラスからはチャイティーヨー・パゴダを望むこともできます。 Wi-Fiはレセプション周辺のみで、客室では繋がりにくいです。 [box05 title=”1泊6,000円~”] [/box05]  

チャイティーヨーの麓キンプンでおすすめのホテル4選

ここからは麓の町キンプンのおすすめホテルを4ヵ所紹介していきます。 ▼ホテルの場所はこちらのマップで確認できます(キンプンのホテルは青色

ザ エターニティ リゾート(The Eternity Resort)

[caption id="attachment_3646" align="alignnone" width="1066"] (引用:Booking.com)[/caption] ザ エターニティ リゾート(The Eternity Resort)は、キンプンの中心から山頂方面に10分ほど歩いた距離に立地するホテルです。 敷地は広く、立派な庭園があって自然を満喫することもできます。 客室はダブルまたはツインルームです。 ▼客室の様子 [caption id="attachment_3647" align="alignnone" width="1125"] (引用:Booking.com)[/caption] 朝食がビュッフェ形式で、スタッフもとても親切なホテル。 山頂行きのトラック乗り場までの無料送迎も付いています。 [box05 title=”1泊4,000円~”] [/box05]

ゴールデン サンライズ ホテル(Golden Sunrise Hotel)

[caption id="attachment_3648" align="alignnone" width="948"] (引用:Booking.com)[/caption] ゴールデン サンライズ ホテル(Golden Sunrise Hotel)は山頂行きトラック乗り場から徒歩10分ほどの場所に立地しています。 こちらは南国リゾート感がただようホテルで、緑あふれる敷地にバンガローが立ち並んでいます。 客室はデラックスまたはツインで、シャワールームは嬉しい浴槽付きです。 ▼客室の様子 [caption id="attachment_3649" align="alignnone" width="1167"] (引用:Booking.com)[/caption] スタッフが親切と特に評判が高いです。 館内のレストランも美味しく、コスパの良いプチリゾートとして人気の高いホテルとなっています。 [box05 title=”1泊3,000円~”] [/box05]

ボーガ テディ ホテル(Bawga Theiddhi Hotel)

[caption id="attachment_3650" align="alignnone" width="903"] (引用:Booking.com)[/caption] ボーガ テディ ホテル(Bawga Theiddhi Hotel)はキンプンの山頂行きトラック乗り場からすぐに立地しています。 モダンなつくりの中級ホテルで、館内も綺麗。 客室はダブルやツインのほか、ファミリールームやバンガローもありますが、バス・トイレは共同になります。 ▼客室の様子 [caption id="attachment_3651" align="alignnone" width="1162"] (引用:Booking.com)[/caption] このホテルのWi-Fiは周辺地域のホテルの中では比較的スピーディーです。 特筆すべきものはありませんが、ロケーションを含め利便性の高いホテルとなっています。 [box05 title=”1泊2,500円~”] [/box05]

シュエ ヒン ター ホテル(Shwe Hinn Thar Hotel)

[caption id="attachment_3652" align="alignnone" width="979"] (引用:Booking.com)[/caption] シュエ ヒン ター ホテル(Shwe Hinn Thar Hotel)は、山頂行きのトラック乗り場から徒歩5分ほどの場所に立地しています。 こちらは紹介する宿の中では最安価格のホテルです。 こちらはプチリゾート風で、ホテルの敷地は自然が豊か。 客室は、格安のバジェットルームのほか、スタンダードツイン、バンガロー、ファミリールームがあります。 ▼客室(スタンダートツインルーム)の様子 [caption id="attachment_3653" align="alignnone" width="1047"] (引用:Booking.com)[/caption] 朝食が美味しいと評判ですが、Wi-Fiがかなり弱いのが欠点の宿ですね。 [box05 title=”1泊1,500円~”] [/box05]  

チャイティーヨー・パゴダ観光のホテル事情と宿泊の注意点

ここからはチャイティーヨー・パゴダ観光の拠点となる山頂・キンプンのホテル事情と、宿泊の際の注意点を解説します。

お祭り期間(11月頃)は予約が困難になる

[caption id="attachment_3661" align="alignnone" width="1003"] (引用:Pixabay)[/caption] チャイティーヨー・パゴダでは毎年11月にお祭りがあり、その期間は巡礼者が多く集まるため、ホテルの予約が困難になります。 一方、6月~9月はローシーズン(雨季)のため、ホテル価格は20~50%ほど安くなりますよ。

ホテルのWi-Fiはだいたい弱い

[caption id="attachment_3767" align="alignnone" width="950"] (引用:Pixabay)[/caption] チャイティーヨーやキンプンだけでなくミャンマー全体で共通して言えることですが、ホテルのWiFiは遅いことが多いです。 また、停電もしょっちゅう起こるので、念のためのネット対策としてミャンマーの現地SIMも持っておきましょう。 telenorやooredooといったミャンマーのSIMカードを現地の空港や街中で購入すれば、サクサクの4G回線を利用することができます。 ▼ミャンマーのSIMカードについて詳しくはこちら https://guchiwo-globe.com/myanmar-sim/ また、日本で事前購入したAISのSIM2Fly(アジア16ヵ国周遊プリペイド)を持って行くのもありですね。 ▼SIM2Flyの4Gデータ通信8日間プラン [itemlink post_id="7341"]
ただし、お使いのスマホがSIMフリーでない場合は海外でSIMカードを利用することができません。その場合は、日本からレンタルWiFiを持って行きましょう。
 

まとめ:チャイティーヨー・パゴダ観光で宿泊するならやはり山頂がおすすめ

[caption id="attachment_4250" align="alignnone" width="800"] チャイティーヨー山頂[/caption] 以上、チャイティーヨと麓の町キンプンでおすすめのホテル5選でした。 やはり、どうせ宿泊するのであれば山頂のチャイ トー ホテルにするのが良いですが、山頂のホテルは値段が高いので予算重視の人は麓のキンプンにある格安ホテルに宿泊するのも候補です。 ヤンゴンからチャイティーヨー・パゴダへは日帰り観光もできますが、これらのホテルに泊まることでゆっくりと旅行をすることができますよ(^^) [chat face=”guchiwo-longyi-1.jpg” name=”ぐちを” align=”right” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”] 最後までお読みいただきありがとうございました!Twitterで海外やこれからの生き方に関するツイート、Instagramで旅行写真の投稿、Line@でブログ更新やイベント情報を共有しております。ぜひフォローしていただけると嬉しいです! [/chat]

▼ミャンマー行きの格安航空券検索はこちら

▼ミャンマーの現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ ミャンマーの現地オプショナルツアーを調べる

▼日本発着のミャンマーツアーならHISがおすすめ ミャンマーのツアーを調べる

[box05 title=”ミャンマーでネットを使う”]
  1. レンタルWiFi(旅行初心者向け) WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。複数人でのシェアも可能なので、グループ旅行では重宝するでしょう。ミャンマー旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード(旅行上級者向け) 現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。ミャンマー旅行であればtelenorといった現地SIMか、タイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!
[/box05] [box06 title=”あわせて読みたい”] [/box06]]]>

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる