海外ホテル

【パアン】ソーブラザーズ2ゲストハウス宿泊レビュー【洞窟寺院を巡るツアーもあり】

ぐちを
ぐちを
元学生バックパッカーで現海外ノマド、海外では特にミャンマーが好きで他に50ヵ国くらい渡航経験ありのぐちを(@guchiwo583)です。

2017年9月に、ミャンマーのパアンでソーブラザーズ2ゲストハウス(Soe Brothers 2 Guesthouse)というゲストハウスに宿泊しました。

今回はその宿泊レビューを詳しく紹介します。

結論、快適な滞在ができるゲストハウスで、パアンの洞窟寺院を巡る1日ツアーも開催されている便利な場所になります。

ぜひパアン旅行の滞在先候補として検討してみてください(^^)

ちなみに、日本からパアンへは行くにはまずミャンマー最大都市のヤンゴンへ行き、そこからバス移動をするのが最も一般的な行き方になります。

ヤンゴンへの航空券は以下のサイトから調べられるので、ぜひ活用してください。

▼ヤンゴン行きの格安航空券検索はこちら

▼ヤンゴンからパアンへの行き方について詳しくはこちら

あわせて読みたい
【2019年版】ヤンゴンからパアンへの行き方【自力ならバス1択】 という方向けの記事を用意しました。 結論を先に言うと、ヤンゴンからパアンで自力で行く場合、移動手段はバス1択です。...

パアンでおすすめの格安ゲストハウスはソーブラザーズ 2 ゲストハウス

(引用:Booking.com)

ソーブラザーズ 2 ゲストハウスはミャンマー、カイン州(カレン州)の州都パアン(Hpa-An)のバックパッカー向け格安ゲストハウスです。

▼ソーブラザーズ 2 ゲストハウスの場所

市内中心部にある便利な立地。

近くのカンターヤー湖(Kan Thar Yar Lake)では夜になるとマーケットも開かれるので、夕飯の調達におすすめです。

 

ソーブラザーズ 2 ゲストハウスのおすすめポイント

実際に宿泊して僕が感じたソーブラザーズ 2 ゲストハウスのおすすめポイントはこちら。

閑静な場所にある

ソーブラザーズ 2 ゲストハウスはとても閑静な場所にあり、とても静かで落ち着いた滞在が可能です。

周辺に住む現地の人もみんな優しく、見知らぬ外国人に対しても好意的に接してくれる人が多い印象でした。

ただし、ゲストハウス周辺は街灯があまりなく夜は非常に暗いので、そこだけは注意しましょう。

ビュッフェ式の朝食付き

ソーブラザーズ 2 ゲストハウスではビュッフェ式の朝食を味わうことができます。

味はまあまあといった感じですが、宿泊料金の安さを考慮するととてもコスパが良いです。

バス予約もフロントで可能

(引用:Booking.com)

バスチケットもフロントで正規価格での購入が可能です。

ヤンゴン、バゴー、モーラミャイン、ミャワディなど各地へ行くことができます。

バスは近くの道路を通るためそこから乗車するのですが、乗車までスタッフが案内してくれるので安心です。

パアンの観光スポットを巡る現地ツアーあり

チャウカラッ・パゴダ(パアン)

ソーブラザーズ 2 ゲストハウスではトゥクトゥクでパアンの観光スポット(洞窟寺院など)を巡る1日ツアーを開催しています。

これが丸1日いろいろと巡って1人1,000円ちょっとくらいで、控えめに言ってコスパ最強でした。

ぐちを
ぐちを
はっきり言って、この1日ツアーに参加するのを目的にこのゲストハウスに泊まっても良いくらいだと個人的に思うくらいです。

▼現地ツアーの詳しい様子はこちらの記事をどうぞ

あわせて読みたい
【ミャンマー】写真46枚で振り返るパアンの洞窟寺院を巡る1日ツアー【2017年8月】 今回は、僕が2017年8月に訪問したミャンマーはカイン州(カレン州)の州都パアンの洞窟寺院を巡る1日ツアーについて写真で振り返り...

 

ソーブラザーズ 2 ゲストハウスの設備

ソーブラザーズ 2 ゲストハウスの設備について紹介していきます。

客室

(引用:Booking.com)

客室はシングルダブルトリプルの個室と10人共有のドミトリールームがあります。

トイレとシャワーは個室の場合は各部屋ごとにありますよ。

シャワーは温水がちゃんと使え、水圧も強めでした。

そこまで綺麗すぎず汚すぎない程度に掃除がなされているので、十分な内容かなと思います。

共有スペース

(引用:Booking.com)

共有スペースはフロント付近にあります。

テレビでサッカーやナショナルジオグラフィックを視聴することも可能で、英語のできるフレンドリーなスタッフに話しかけられることもしばしばありました。

ちなみに、Wi-Fiはこの場所が一番強いです(全フロアで使えた記憶です)。

ただし、それでも遅めだったので、念のためSIMカードを持っておくと安心ですよ。

▼ミャンマーのSIMカードについては詳しくはこちら

あわせて読みたい
【2019年版】ミャンマーSIMカード3社の料金や特徴を解説【旅行ならtelenorがおすすめ】 という方向けの記事を用意しました。 この記事を読むことで、ミャンマーのSIMカード選びに困ることがなくなり...

食事エリア

(引用:Booking.com)

食事エリアは建物の上階にあり、朝食はここで食べることができます。

テラスからの眺めも良い感じです。

 

ソーブラザーズ 2 ゲストハウスの宿泊料金

僕が利用した時(2017年8月)は1泊2,000円くらいしましたが、現在(2019年2月)はドミトリールームも追加されて最安1泊1,100円くらいから泊まれるようになっています。

パアンの中でもかなりリーズナブルに宿泊可能な場所ですね。

 

ソーブラザーズ 2 ゲストハウスの周辺情報

ゲストハウス周辺の観光情報はこちらのマップで確認できます。

ソーブラザーズ 1 ゲストハウス(後述)も載せています。

 

おまけ:ソーブラザーズ 1 ゲストハウスもあります

ちなみに2があるなら1はあるのか気になる人ももしかしたらいるかもしれませんが、ちゃんと存在します(笑)

こちらは2よりも市内中心部に近い立地ですが、規模が小さく見た感じ総合評価も2より低めだったので僕は2を選びました。

結果的には2に泊まって満足できたので、あえて1を選ぶ必要はないかなと思います。

ぐちを
ぐちを
ちなみに、ソーブラザーズ 1のほうはオンラインの宿泊予約サイトだと掲載されてません。

 

まとめ:ソーブラザーズ 2 ゲストハウスはパアンでおすすめの格安ゲストハウス

(引用:Booking.com)

以上、パアンのソーブラザーズ 2 ゲストハウスの紹介でした。

市内中心部からの立地は若干悪いですが、それ以外はすこぶる良く、主にバックパッカーに適したコスパ最強のゲストハウスです。

ここは特に1日ツアーの内容が良かったので、パアン旅行の際は宿泊とセットで検討してみてください(^^)

▼ヤンゴン行きの格安航空券検索はこちら

ミャンマーでネットを使う
  1. レンタルWiFi
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。ミャンマー旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。ミャンマー旅行であればtelenorといった現地SIMか、タイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!