観光情報まとめ

インレー湖(ニャウンシュエ)旅行前にチェックすべき観光情報まとめ

お得なキャンペーン情報

ソフトバンクグループが運営する電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやタブレットで気軽に読めるのでとても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者
質問者

ミャンマーのインレー湖ってどんなところですか?旅行しようと思っているので、現地の情報を詳しく知れたらなと思っています。

という方向けに、今回はインレー湖の観光事情にある程度詳しい僕が詳しくまとめていきます。

本記事で共有すること
  • インレー湖の基本情報
  • インレー湖観光でするべきこと
  • インレー湖の観光スポット
  • インレー湖への行き方
  • インレー湖のホテル情報
  • インレー湖を訪れる現地オプショナルツアー情報
  • インレー湖の治安や注意点について

インレー湖への旅行をお考えの方はこの記事が参考になると思うので、読んでもらえると嬉しいです(^^)

ちなみに、日本からインレー湖へ行くにはまずミャンマーの最大都市ヤンゴンか第2都市のマンダレーへ行く必要があります。

航空券は最低価格保証付き格安航空券一括予約サイトのサプライスか、ホテルとセットで大きく割引になるエクスペディアで探すのがおすすめです。

また、インレー湖観光は日本語ガイド付き現地オプショナルツアーを使うのもおすすめなので、この記事を読みつつ合わせて検討してみてください。

インレー湖の基本情報

インレー湖(Inle Lake)は、ミャンマー東部のシャン州にある湖です。

南北に約18キロ、東西に約5キロと縦長の形をしています。

▼インレー湖の場所

水上生活を営むインダー族が暮らしている

インレー湖では、インダー族というミャンマーの少数民族が多く暮らしています。

彼らの一部は今でも湖上で水上生活を営んでいて、独特な猟法で知られる漁業や水上に田んぼや畑を形成して行う農業、また近年では特に観光業を中心に生計を立てています。

また、インダー族以外にもシャン州の主要民族であるシャン族や、首長族として知られるカヤン族などがインレー湖周辺で生活しています。

観光の拠点となる街はニャウンシュエ

インレー湖において観光の拠点となる街はニャウンシュエ(Nyaung Shwe)になります。

▼ニャウンシュエの場所

ニャウンシュエはインレー湖から北に3キロほどの場所に立地していて、運河を通ってインレー湖までアクセスできます。

街中にはホテルやゲストハウス、レストランが数多くありますよ。

 

インレー湖に観光で訪れたらするべきこと

インレー湖の観光スポットや水上集落を訪れるボートトリップにぜひ参加しましょう。

  • サンライズやサンセットを鑑賞するツアー
  • 首長族が住む村を訪れるツアー

など、様々なツアーがありますよ。

ツアーは滞在しているホテル・ゲストハウスや現地の旅行代理店で直接組むことができます。

日本語ガイド付き現地オプショナルツアーでも、このボートトリップはメインのアクティビティになりますね。

ぐちを
ぐちを
僕は過去にソング オブ トラベル ホステルが主催しているサンライズ&サンセットツアーに参加しました。丸1日ボートであちこち巡ることができたので、良い経験でしたね!

▼インレー湖1日ボートツアーの様子はこちら

あわせて読みたい
写真37枚で振り返るインレー湖サンライズ&サンセット1日ボートツアー【2016年2月】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回は僕が2016年2月に参加したインレー湖...

 

ミャンマー各都市からインレー湖(ニャウンシュエ)への行き方

ミャンマー各都市からインレー湖観光の拠点となるニャウンシュエまでの行き方は以下です。

ヤンゴンからニャウンシュエへの行き方

ヤンゴンからニャウンシュエへは、

  • 飛行機
  • バス
  • 鉄道

で行くことができます。

鉄道はあまりおすすめできないので、飛行機かバスが無難です。

飛行機の場合はニャウンシュエ近郊のヘーホー空港(Heho Airport)が最寄りです。

航空券の予約はエクスペディアがおすすめですね。

バスは直通バスのほか、タウンジー行きのバスを途中のシュエニャウンで降りる方法もあります。

バスの予約はオンライン予約ヤンゴンのホテルでフロントに頼んで手配するのがおすすめですね。

詳細は以下の記事にもまとめているので、合わせてどうぞ。

あわせて読みたい
ヤンゴンからインレー湖(ニャウンシュエ)への行き方を詳しく解説【飛行機・バス・鉄道】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問に答えていきます...

マンダレーからニャウンシュエへの行き方

ミャンマー第2の都市マンダレーからは、飛行機バスで移動できます。

飛行機は1日1便の運行があり、予約はエクスペディアからが便利です。

バスの場合は、オンライン予約するかマンダレーのホテルでフロントに頼んで手配しましょう。

バガンからニャウンシュエへの行き方

バガンからはマンダレーと同様、飛行機バスが移動手段になります。

バガンのニャウンウー空港からヘーホー空港までは午前中に2便あるので、エクスペディアから予約しましょう。

バスの場合は、オンライン予約バガンのホテルで直接手配するのがおすすめです。

 

インレー湖(ニャウンシュエ)で観光におすすめのホテル

インレー湖(ニャウンシュエ)には、高級ホテルからバックパッカー向けのゲストハウスまで、多種多様な滞在先が存在します。

詳しくは以下の記事で紹介しているので、合わせてどうぞ。

▼インレー湖(ニャウンシュエ)の高級ホテル

あわせて読みたい
インレー湖(ニャウンシュエ)でおすすめの高級5つ星ホテル5選【1泊2万円前後】 こんにちはミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問に答えていきます。...

▼インレー湖(ニャウンシュエ)のバックパッカー向け宿

あわせて読みたい
【厳選5選】インレー湖(ニャウンシュエ)でおすすめのゲストハウス&ホステル【バックパッカー向け安宿】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問に答えていきます...

 

インレー湖の観光スポットを訪れる現地ツアー

インレー湖を観光するなら、日本語ガイド付きの現地オプショナルツアーを利用するのもおすすめです。

少々高額かもですが、移動手段を考える手間がなくなりついでに歴史などもしっかり学べるので、せっかくの機会に利用するのもアリだと思います。

ツアーは日帰りで、ニャウンシュエまたはヘーホー空港発着のものとヤンゴン発着のものがありますよ。

 

インレー湖の治安や訪れる際の注意点

2019年5月時点、外務省の海外安全ホームページではインレー湖周辺の危険度はレベル1(十分注意)となっていますが、観光する分にはいたって安全です。

注意点としては、ニャウンシュエは夜になるととても暗く、また野犬の活動も活発になるので、夜間の外出はあまりおすすめしません。

また、インレー湖周辺では朝晩が冷え込むことがあるので、羽織れるものを持っておくべきですね。

軽量コンパクトで保温性の高いウルトラライトダウンが個人的にはおすすめです。

 

まとめ:ミャンマーを訪れるならぜひインレー湖観光を

以上、インレー湖(ニャウンシュエ)の観光情報まとめでした。

インレー湖は、風光明媚な景色と周辺に住む少数民族の独特な文化が垣間見られるミャンマー屈指の観光スポットです。

観光の目玉となるボートトリップは、一生の思い出になること間違いなしですね。

個人旅行のほか、現地オプショナルツアーでも観光ができますよ。

ミャンマーを訪れるのであれば、ぜひ時間を作ってインレー湖を観光をしましょう(^^)

▼ミャンマー旅行の持ち物リストはこちら

あわせて読みたい
ミャンマー旅行に必要&便利な持ち物をまとめました【必需品・役立つアイテムを紹介】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマド(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はミャンマーに何度も訪れ...