ミャンマーで外国人が注意するべきマナーやルールを紹介【仏教の戒律を守ろう】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ぐちを

どうも、海外(特にミャンマー)が好きでミャンマーは複数回の渡航経験があるぐちを(@guchiwo583)です。

ぐろーぶ君

ミャンマーで守ったほうがいいルールやマナーってどんなものがあるん?

今度ミャンマーに行こうと思っているんだけど、事前に知っておきたいわ!

今回はこのような疑問をお持ちの方向けの記事を用意しました。

この記事を読むメリット
  • ミャンマーで守るべき現地のマナーや文化、習慣がわかる
  • ミャンマーで守るべき現地の法律やルールがわかる

この記事を読むことで、ミャンマーを訪れる前に知っておきたい現地のマナーやルールを知ることができ、より良いミャンマー旅行を行うことができるようになります。

なので、旅行前の参考にぜひ読んでもらえれると嬉しいです(^^)

🇲🇲 ミャンマー旅行でおすすめの予約サイトはこちら!
航空券予約:エクスペディア
ホテル予約:agoda
現地オプショナルツアー:ベルトラ
日本発着ツアー:HIS

目次

ミャンマーで外国人観光客が注意するべき現地のマナーや習慣

まずは、ミャンマーで外国人観光客が注意するべき代表的なマナーを解説していきます。

パゴダでは土足厳禁&過度の肌露出は控える

シュエダゴン・パゴダ(ヤンゴン)
シュエダゴン・パゴダ(ヤンゴン)

ミャンマーでパゴダ(仏教寺院)を観光で訪れる際に、特に守るべきルールあります。

それは、パゴダ内での土足厳禁です。

日本の寺院などでは本堂内部など、建物の中では土足禁止となっていますよね。

ただ、ミャンマーの場合は敷地が全て土足禁止で、例え外であっても仏教施設内であれば靴・靴下を脱ぎ、裸足とならなければいけません。

また、肩や膝上が露出する服装(ノースリーブやミニスカートなど)もNGとなります。

ぐろーぶ君

神聖な場所だから、土足で歩いたり無闇に素肌を見せたりしちゃダメってことね!

僧侶には触れない

チャカッワイン僧院の托鉢(バゴー)
チャカッワイン僧院の托鉢(バゴー)

ミャンマー仏教には厳しい戒律があり、特に男性僧侶と女性が触れることはNGとされています。

フレンドリーな僧侶もたくさんいますが、僧侶には極力触れることのないように心がけましょう。

また、ミャンマーでは子どもの僧侶も多く見かけますが、可愛いからいって頭を撫でたりするような行動も避けるようにしてください。

女人禁制の場所に入らない

マハムニ・パゴダのマハムニ仏(マンダレー )
マハムニ・パゴダのマハムニ仏(マンダレー )

ミャンマーの仏教寺院には、女人禁制(女性が入れない)となっている箇所があるところも多いです。

例をあげると、

・チャイティーヨー・パゴダ
・マハムニ・パゴダ

にこうした場所が存在します(金箔を直接貼る行為が男性のみ許されているため)。

例え外国人であっても、こうした女人禁制の規定は守らなければいけません。

公共の場で怒ったり騒いだりしない

仏教の教えでは、表立って怒りの感情を他人に見せることは善くない行為とされており、ミャンマー人の多くは公共の場で怒ったり怒鳴ったりすることをみっともない行為と考えています。

そのため、例え文化の違いに戸惑うことがあっても、冷静に行動するよう心掛けるべきです。

また、ミャンマー人はそもそも穏やかな性格をした方が多いので、公共の場で騒ぐことも控えるべきですね。

複数人で行動してるとつい騒いでしまいがちになるので、注意しましょう。

ミャンマーで外国人観光客が注意するべき法律・ルール

ミャンマーを旅行するうえで外国人が注意するべき法律や規則があるので、続いてそちらを解説していきます。

政府関係・軍事施設などは撮影禁止

ミャンマー以外の他の国でも言えることですが、政府関係や軍事施設などの撮影は禁止されています。

ミャンマーの場合は

・国会議事堂
・空港

がその代表で、中にはガソリンスタンド港湾の貿易関連施設も対象となっている場合があります。

また、警察官や軍人、軍用機にカメラを向けることも、最悪の場合は拘束される可能性があるので控えるべきです。

また、ドローンを飛ばすのは基本的に、事前の許可なしでは違法となります。

過去に首都のネピドーで、許可を取らずにドローンを飛ばした外国人旅行者が逮捕された事例もあるので、注意しましょう。

外国人が入れない地域あり

ミャンマーでは政府の規定により、外国人が入れない地域や、入るのに許可証が必要な地域があります。

基本的には、国境沿いなどの民族的な摩擦の多い地域がその対象となっています。

具体的な場所については、以下の公式ホームページを参照してください。

過去に外国人観光客が起こし現地で問題となったマナー違反の事例

残念ながら、過去に外国人観光客が起こし現地で問題となったマナー違反があります。

▼参考ツイート

これらは全て、現地の仏教文化をよく理解していなかったがために生じたものと考えていいです。

ミャンマーは仏教を重んじる精神が強い国なので、こうした仏教の冒涜に値する行為は慎むべきと言えますね。

ぐろーぶ君

郷に入れば郷に従えやな!

まとめ:ミャンマーを旅行するなら最低限のマナーや法律・ルールを守ろう

ブー・パヤーで祈る人(バガン)
ブー・パヤーで祈る人(バガン)

以上、ミャンマーで外国人観光客が守るべきマナーやルールについて解説しました。

「郷に入れば郷に従え」ということわざがある通り、ミャンマーを旅行するなら現地の文化を尊重し、最低限のマナーは守りましょう。

特に仏教の冒涜に値する行為や、政治・軍事施設関連の撮影は過去に外国人の逮捕例もあるので、細心の注意を払うようにしてください。

この記事で解説したことを守れれば快適な旅行ができますので、ミャンマー旅行の参考になれば嬉しいです(^^)

🇲🇲 ミャンマー旅行でおすすめの予約サイトはこちら!
航空券予約:エクスペディア
ホテル予約:agoda
現地オプショナルツアー:ベルトラ
日本発着ツアー:HIS

ミャンマーでインターネットを使う方法
  1. レンタルWiFi(旅行初心者向け)
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。複数人でのシェアも可能なので、グループ旅行では重宝するでしょう。ミャンマー旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード(旅行上級者向け)
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。ミャンマー旅行であればtelenorといった現地SIMか、タイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly(シムトゥーフライ)」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!
ぐちを

最後までお読みいただきありがとうございました!

「記事が参考になった!」という人はぜひSNSでシェアしていただきたいです(Twitterならリツイートもしますね)!

また、このブログ以外でも

Twitter
・Facebook
Instagram
・YouTube
・Line@

で日々発信していますので、ぜひそちらもチェック&フォローしていただけると嬉しいです!

あわせて読みたい
日本からミャンマーへの行き方【直行便や乗り継ぎ便、LCC情報を解説】 日本からミャンマーへは何の航空会社で行けるの?直行便はある? という方向けの記事を用意しました。 本記事の内容 日本各地からヤンゴンへの行き方を解説日本各地から...
あわせて読みたい
ミャンマー旅行にクレジットカードが必要な理由とおすすめのクレカ5選 ミャンマー旅行にクレジットカードって必要?もし必要ならどのカードがおすすめなん? という方向けの記事を用意しました。 本記事の内容 ミャンマー旅行にクレジットカ...
あわせて読みたい
【2020年版】ミャンマー旅行の持ち物リストまとめ【必需品・役立つ便利アイテムを紹介】 @guchiwo583)です。 [/chat] [chat face="globe-sad-1.jpg" name="ぐろーぶ君" align="left" border="gray" bg="gray" style="maru"] ミャンマー旅行の持ち物を必需品...
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる