旅のノウハウ

ミャンマーで外国人観光客が守るべきマナー・法律・規則を解説【郷に入っては郷に従えを徹底するべき】

お得なキャンペーン情報

月額たったの500円で漫画や雑誌が読み放題の電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやタブレットで気軽に読めるので、とても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者さん
質問者さん

ミャンマーで外国人観光客が守るべきマナーや規則はどんなものがありますか?今度ミャンマーに行こうと思っているんですが、事前に知っておきたいです。

という方向けに、今回はミャンマーを何度か訪れ、現地のマナー・法律・規則にある程度詳しい僕が解説していきます。

3分ほどで読めるこの記事を読めば、ミャンマーを訪れる前に知っておきたい最低限のマナーや規則を知ることが可能です。

参考程度にぜひ読んでもらえればと思います(^^)

ちなみに、ミャンマーへの航空券は最低価格保証付きのサプライスかホテルとセットで割引になるエクスペディアを利用して探すのがおすすめですよ。

ミャンマーで外国人観光客が守るべきマナー

まずは、ミャンマーで外国人観光客が守るべき代表的なマナーを解説していきます。

仏塔・寺院・僧院では土足厳禁&過度の肌露出は控える

仏塔・寺院・僧院といった場所を訪れる時は土足厳禁で、これが1番外国人観光客がミャンマーで守るべきマナーと言って過言ではありません。

日本の寺院などでは本堂内部など、建物の中では土足禁止となっていますが、ミャンマーの場合は敷地が全て土足禁止で、例え外であっても仏教施設内であれば靴・靴下を脱ぎ、裸足とならなければいけません。

また、肩や膝上が露出する服装(ノースリーブやミニスカートなど)もNGです。

僧侶には触れない

仏教の僧侶には厳しい戒律があり、特に男性僧侶と女性が触れることはNGとされています。

もちろん男性同士や女性同士でも基本的にNGですね。

ミャンマーでは子どもの僧侶も多く見かけますが、可愛いからと言って触れることは控えましょう。

女人禁制の場所に入らない

仏教施設では一部女人禁制となっている場所もあります。

代表的なところでは、チャイティーヨ・パゴダやマンダレーのマハムニ・パゴダにこうした場所が存在します(金箔を直接貼る行為が男性のみ許されているため)。

例え外国人であっても、こうした女人禁制の規定は守らなければいけません。

公共の場で怒ったり騒いだりしない

仏教の教えでは、表立って怒りの感情を他人に見せることは善くない行為とされており、基本的にミャンマー人の多くは公共の場で怒ったり怒鳴ったりすることをみっともない行為と考えています。

そのため、例え文化の違いに戸惑うことがあっても、冷静に行動するよう心掛けるべきです。

また、基本的にミャンマー人は穏やかな性格をしているので、公共の場で騒ぐことも控えるべきです。

ぐちを
ぐちを
日本人は複数人で行動すると騒ぎがちなので注意ですね。

 

ミャンマーで外国人が注意するべき法律や規則

ミャンマーを旅行するうえで、外国人が注意するべき法律規則があります。

政府関係・軍事施設などの撮影禁止

まずは、他の国でも言えることでが、政府関係軍事施設などの撮影は禁止されています。

ミャンマーの場合は空港国会議事堂などがその代表で、中にはガソリンスタンド港湾の貿易関連施設も対象となっている場合があります。

また、警察官軍人軍用機にカメラを向けるのも場合によっては拘留される可能性があるので、控えるべきです。

外国人が入れない地域あり

ミャンマーでは政府の規定により、外国人が入れない地域入るのに許可証が必要な地域があります。

基本的には、国境沿いなどの民族的な摩擦の多い地域がその対象となっています。

具体的な場所については、以下の公式ホームページ(英語)を参照してください。

 

過去に外国人観光客が起こし問題となったマナー違反

残念ながら、過去に外国人観光客が起こし問題となったマナー違反があります。

▼参考ツイート


これら全ては、現地の仏教文化をよく理解していなかったがために生じたものです。

ミャンマーは仏教を特に重んじる国なので、こうした仏教を冒涜する行為は慎むべきですね。

 

まとめ:ミャンマーを旅行するなら最低限のマナーや法律・規則は守るべき

以上、ミャンマーで外国人観光客が守るべきマナー・法律・規則についてでした。

「郷に入っては郷に従え」ということわざがある通り、ミャンマーを旅行するなら現地の文化を尊重し、最低限のマナーは守りましょう。

仏教を冒涜する行為には外国人に対しても厳しい措置が取られているので、特に注意してください。

というわけで今回の記事は以上になります。

それでは良い旅を(^^)

▼ミャンマー旅行の持ち物リストはこちら

あわせて読みたい
ミャンマー旅行に必要&便利な持ち物をまとめました【必需品・役立つアイテムを紹介】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマド(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はミャンマーに何度も訪れ...