観光情報まとめ

【ミャンマー】ミングォンの観光情報まとめ【巨大仏塔があるエーヤワディー川沿いの小さな集落】

お得なキャンペーン情報

ソフトバンクグループが運営する電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやタブレットで気軽に読めるのでとても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者
質問者

ミャンマーのミングォンってどんなところですか? 観光情報をまとめていただけると嬉しいです。

という方向けに、今回は現地にある程度詳しい僕がミングォンの観光情報を諸々共有します。

▼本記事で共有すること

  • ミングォンの歴史と概要
  • ミングォンの観光スポット情報
  • マンダレーからミングォンへの行き方
  • ミングォンのホテル情報
  • 現地オプショナルツアー情報
  • ミングォンの治安や注意点について

ミングォン旅行をお考えの方はこの記事が参考になると思うので、読んでもらえると嬉しいです(^^)

ちなみに、ミングォンへ行くにはまずミャンマー第2の都市マンダレーへ行く必要があります。

マンダレーへの飛行機は最低価格保証付き格安航空券一括予約サイトのサプライスか、ホテルとセットで割引になるエクスペディアで探すのがおすすめです。

また、マンダレーからミングォンへは現地オプショナルツアーを使って観光もできるので、この記事を読みつつ合わせて検討してみてください。

ミングォンってどんな場所?

ミングォン(Mingun)は、マンダレーからエーヤワディー川(イラワジ川)を挟んで対岸に位置する町で、「ミングン」と呼ばれることもあります。

小さな集落沿いに巨大仏塔などが集結

ミングォンは小さな集落ですが、旧ビルマのコンバウン朝時代に建てられた巨大仏塔などが集結する場所です。

人々はのんびりしていて落ち着いた雰囲気ですが、仏教建築の壮大さには圧倒される場所となっています。

王朝の首都になったことは過去に1度もない

ミングォンは仏教建築が集まる場所ですが、同じマンダレー郊外のアマラプラインワサガインとは違い、過去に王朝の首都になったことはありません。

ですが、首都であったとしても驚かないくらい宗教都市のような様相があります。

 

ミングォンのおすすめ観光スポット

ミングォンを訪れたら訪れるべきおすすめ観光スポットの紹介です。

ミングォンを訪れる際は基本的に1日1往復のツーリスト・ボートを利用するのが一般的で、現地での滞在時間は2時間程度ですが、ミングォンの敷地は狭いので2時間で十分にこれらを観光することができます。

なお、ミングォンを観光する際には5,000チャット(約360円)を払い、サガインと共通の観光チケットを入手する必要があります。

チケットはミングォンのボート乗り場のすぐ隣りの場所で買うことができますよ。

ぐちを
ぐちを
チケット購入の際にパスポートが必要なのでご注意を!

ミングォン・パトドージー・パゴダ(Mingun Pahtodawgyi Pagoda)

ミングォン・パトドージー・パゴダ(Mingun Pahtodawgyi Pagoda)は、ミングォンで一番大きい仏教建築です。

1790年からレンガを積み上げる形で建設が始まったもので、完成すれば世界一大きい仏舎利殿になる予定でしたが、当時の資金不足などの理由により未完成のままになっています。

しかし、未完成とはいえ、その存在感はミングォンの中でも一際目立つ存在ですね。

ミングォン・パトドージー・パゴダの近くには、このパゴダの守り神とされるライオンの像があります(ライオンの面影はありませんが)。

ミングォン観光のハイライトとも言える場所なので、観光の際はぜひ立ち寄りましょう。

▼詳細情報

名称(英語):ミングン・パトドージー・パゴダ(Mingun Pahtodawgyi Pagoda)

住所:Mingun, Myanmar (Burma)

入場料:ミングォン入域料(5,000チャット)の掲示が必要

▼地図

シンピューメ・パゴダ(Hsinbyume Pagoda)

シンピューメ・パゴダ(Hsinbyume Pagoda)、は別名ミャーテインタン・パゴダ(Mya Thein Tan Pagoda)とも呼ばれる白亜の姿がとても美しい仏教建築です。

その美しさから、ミングォン・パトドージー・パゴダよりもむしろこちらを目当てにミングォンへ訪れる人もいるくらいです。

ミャンマーでも随一のインスタ映えスポットに数えられるので、観光客に非常に人気が高い場所となっています。

▼詳細情報

名称(英語):シンピューメ・パゴダ(Hsinbyume Pagoda)

住所:Mingun, Myanmar (Burma)

入場料:ミングォン入域料(5,000チャット)の掲示が必要

▼地図

ミングォン・ベル(Mingun Bell)

こちらのミングォン・ベル(Mingun Bell)は、約90トンもある立派な鐘で、本当かどうか知りませんが世界で3番目に大きいらしいです。

壮大さの点では先ほどのミングォン・パトドージー・パゴダやシンピューメ・パゴダに及びませんが、セットで訪れると良いですね。

鐘の内側を覗くことも可能で、やたら落書きが多かったです。

こちらはミャンマー人の観光客にも人気が高いように感じました。

▼詳細情報

名称(英語):ミングォン・ベル(Mingun Bell)

住所:Mingun, Myanmar (Burma)

入場料:ミングォン入域料(5,000チャット)の掲示が必要

▼地図

 

マンダレーからミングォンへの行き方

マンダレーからミングォンへは

  • ボートを利用しエーヤワディー川を渡る
  • タクシーを利用しサガイン経由で陸路移動する

の2通りの行き方があります。

基本的には、1日1往復運航されているツーリスト・ボートを利用して半日観光するのが一般的ですね。

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

あわせて読みたい
【2019年】マンダレー市内からミングォンへの行き方【ボートがおすすめ】 こんにちは、ミャンマー好き海外のノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回は現地の交通事...

 

ミングォンのホテル事情

ミングォンには外国人が宿泊可能なホテルは無いため、観光の拠点はマンダレー市内のホテルとなります。

▼マンダレーのおすすめホテルはこれらの記事をどうぞ

あわせて読みたい
【5つ星あり】マンダレーのおすすめ高級ホテル5選【1泊1万円代】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はミャンマーのホ...
あわせて読みたい
【2019年版】マンダレーでおすすめのゲストハウス&ホステル5選【1泊1000円以下】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はマンダレーの安...

 

ミングォンの観光スポットを訪れる現地ツアー

マンダレー市内からミングォンを観光する際は、現地オプショナルツアーを利用するのもおすすめです。

こちらはツーリスト・ボートを利用しますが、マンダレー市内のホテル発着なので移動手段が少し楽になります。

特に、日本語ガイドをつけて歴史などをしっかり勉強したい人におすすめしたいプランです。

 

ミングォンの治安や訪れる際の注意点

2019年3月時点、外務省の海外安全ホームページではミングォンの危険度はレベル1(十分注意)となっていますが、観光する分にはいたって安全です。

注意点も特にありませんが、観光スポットを訪れる際は

  • 土足禁止
  • 参拝者が優先

など、仏教のルールや観光のマナーに配慮するようにしましょう。

 

まとめ:マンダレー滞在中はミングォン観光がおすすめ

以上、ミングォンの観光情報まとめでした。

ミングォンはツーリスト・ボートで気軽に訪れることができるマンダレー郊外の観光スポットで、壮大なミングォン・パトドージー・パゴダやインスタ映えする白亜のシンピューメ・パゴダが特に人気です。

マンダレー滞在中に、周辺のアマラプラインワサガインと合わせてぜひ訪れると良いですよ。

ガイド付きで歴史などをしっかり学びたい人は、現地ツアーを利用するのもアリですね。

というわけで今回の記事は以上になります。

それでは良い旅を(^^)

▼マンダレーの観光情報まとめはこちら

あわせて読みたい
【ミャンマー】マンダレーの観光情報まとめ【郊外にも見所多数ありな碁盤目状の古都です】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回は現地にある程度...

▼ミャンマー旅行の持ち物リストはこちら

あわせて読みたい
ミャンマー旅行に必要&便利な持ち物をまとめました【必需品・役立つアイテムを紹介】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマド(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はミャンマーに何度も訪れ...