ミャンマー旅行の持ち物チェックリストはこちら

眺望が素晴らしいチャイタンラン・パゴダの観光情報【モーラミャイン旅行おすすめの見どころ】

ぐちを

どうも、海外(特にミャンマー)が好きでミャンマーは複数回の渡航経験があるぐちを(@guchiwo_nomad)です。

この記事では、ミャンマー南東部モン州の州都「モーラミャイン(Mawlamyine)」にある仏教寺院「チャイタンラン・パゴダ」について紹介します。

この場所は眺望がとても素晴らしく、モーラミャイン観光の際はぜひ訪れて欲しい観光の見どころになります。

現地の観光情報を詳しくまとめていきますので、モーラミャイン観光の参考に読んでみてください(^^)

2018年の6月にモーラミャインを襲った豪雨によって、チャイタンラン・パゴダは土砂が崩れる被害を受けました。今後訪れる人は、現地で最新の情報を確認するようにしてください。

目次

モーラミャイン観光でおすすめのチャイタンラン・パゴダとは?

チャイタンラン・パゴダの外観
チャイタンラン・パゴダの外観

チャイタンラン・パゴダ(Kyaikthanlan Pagoda)は、モーラミャインの中心部に立地する仏教寺院(パゴダ)です。

モーラミャインで最も高い建造物となる、高さ45メートルの黄金の仏塔(ストゥーパ)があることで知られています。

西暦875年に建てられたとされる歴史的価値の高い仏教建築物で、モーラミャインに住む人々にとって心のよりどころともなる聖なる場所です。

仏塔のある場所は丘の上にあり、その丘を取り囲むように僧院が建てられ、僧侶が日々修行に励んでいます。

チャイタンラン・パゴダの魅力

続いて、チャイタンラン・パゴダの魅力を紹介していきます。

眺望が素晴らしい

モーラミャインの街並み
チャイタンラン・パゴダからのモーラミャインの眺め

何より眺望が素晴らしいところにあります。

特に夕焼けの時間帯はおすすめで、サルウィン川の河口となるマルタバン湾に沈む夕日を眺めることができます。

地元のミャンマー人も夕方になると参拝と合わせて夕日を鑑賞しにやって来ますし、欧米人を中心に観光客も夕日を見にわざわざチャイタンラン・パゴダまでやって来ます。

ネコが住み着いている

チャイタンラン・パゴダに住みついてる猫

チャイタンラン・パゴダにはネコが住み着いているので、ネコ好きにもおすすめ。

夕日を眺めつつ、ネコとじゃれ合うなんてこともできますよ(笑)

チャイタンラン・パゴダの立地と行き方

チャイタンラン・パゴダの外観
チャイタンラン・パゴダの外観

チャイタンラン・パゴダは、モーラミャイン市街地の中心部に立地しています。

▼チャイタンラン・パゴダの場所

サポートのお願い

「記事が役に立った!」という方は、サポート(100円〜)をいただけるとすごく嬉しいです。皆様からいただいた寄附金は活動の継続に使わせていただきますm(_ _)m
この続きはcodocで購読
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

95年生まれの旅が好きすぎるWeb系クリエイター。ブログとYouTubeで旅の発信活動しつつ、Web制作や講師業などマルチにやってます。大学で国際学&人類学→新卒フリーランスのWebライター&旅ブロガー→パラレルワーカー。国内47都道府県と海外50ヵ国を訪問。ミャンマー好き。このサイトでは、ミャンマーの旅行情報について紹介しています。

目次