観光スポット紹介

【2019年】パアンの観光スポット7選と巡り方を詳しく解説【洞窟寺院がおすすめ】

お得なキャンペーン情報

月額たったの500円で漫画や雑誌が読み放題の電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやタブレットで気軽に読めるので、とても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

ミャンマーのパアンで観光におすすめの場所はありますか?

という方向けに、今回は現地の観光スポットをいくつか巡った経験がある僕が詳しく解説していきます。

結論を先に言うと、今回紹介するパアンのおすすめ観光スポットは7ヶ所で、そのうちの多くが洞窟寺院になります。

3分くらいで読める記事になります。

パアンは洞窟寺院が特に魅力ある観光スポットになるので、旅行を検討している人はぜひ参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

ちなみに、日本からミャンマーの最大都市ヤンゴンへの航空券は最低価格保証付きのサプライスか、ホテルとセットで割引になるエクスペディアを利用するのがおすすめですよ。

パアンのおすすめ観光スポット7選を紹介

早速、パアンのおすすめ観光スポット7選のご紹介です。

▼パアンの観光スポットの場所はこちら

チャウカラッ・パゴダ(Kyauk Ka Lat Pagoda)

チャウカラッ・パゴダ(Kyauk Ka Lat Pagoda)は、パアンの中心部から南に5キロの場所に立地する観光スポットです。

こちらはガイドブックの表紙にもよく登場するパアンの代名詞的存在。

石灰岩の巨大な岩に仏教寺院が建てられていて、スケールの大きさを感じられます。

岩は中腹くらいまで階段で登ることができて、こんな景色も見られます。

雨季だと水が張っていて、さながら極楽浄土のような美しさがありますね。

周辺には売店もあり、カレン族のロンジーなどをお土産に買うことも可能です。

ズウェカビン山(Mount Zwegabin)

ズウェカビン山(Mount Zwegabin)は標高725メートルのパアンを象徴する山で、現地では信仰の対象にもなっています。

その独特な形状を遠くから眺めるのももちろん素晴らしいですが、登山も可能で山の宿坊で宿泊することもできるそうです。

また、麓にはケイナラ パアンズウェカビン ナチュラル ホテルといった高級リゾートホテルもあり、この山を間近に優雅な滞在も可能です。

ちなみに、ロープウェイも建設中とのことで、今後はより山頂へもアクセスしやすくなることでしょう。

ルンビニ・ガーデン(Lumbini Garden)

ルンビニ・ガーデンはズウェカビン山の麓にある観光スポットです。

ここには1,000体を超える仏像が均等に立ち並んでいて、その景観は圧巻。

ミャンマーの厚い信仰心を感じるスポットですね。

ちなみに、「ルンビニ」とはネパール南部にある村の名前のことで、この地で仏陀は誕生したんだそうですよ。

サダン洞窟(Sadan Cave)

サダン洞窟(Sadan Cave)は、パアンの市内中心部から南に10キロほど離れた場所に立地する洞窟寺院です。

ここはパアンでは特に欧米人に人気の高い観光スポットで、ここでは洞窟探検をして最後に手漕ぎの船で元の入口へと戻るアクティビティーを楽しむことができます。

洞窟の出口はこんな感じです。

帰りの船は船頭さんに2,000チャット(150円)を払う必要がありますよ。

洞窟の中を突っ切るのはパアンでもここでしか味わえないのでおもしろいですが、足元はとても滑りやすいので注意です。

また、洞窟の中は非常に暗いのでヘッドライトを持っておくと安全ですね。

ヤテッピャン洞窟(Yathaypyan Cave)

ヤテッピャン洞窟(Yathaypyan Cave)は、パアンの中心部から南西に5キロの場所に立地する洞窟寺院です。

断崖絶壁の中腹にある洞窟に数十の仏像が建てられていて、その姿は圧巻です。

洞窟寺院からの眺望もとにかく美しいので、ぜひ訪れて欲しい場所。

洞窟寺院までの階段を登るのは少しハードですが、登る価値はあります。

ちなみに、周辺にはサルも生息しています。

コーグン洞窟(Kawgun Cave)

コーグン洞窟(Kawgun Cave)は先ほどのヤテッピャン洞窟の近くに立地しています。

7世紀に建てられたとされる洞窟寺院で、洞窟の壁に無数の小さな仏陀が彫られているのが特徴ですね。

ここは洞窟がある山の上に登ることができ、美しいパアンの田園風景が見渡すことができます。

コーカタウン洞窟(Kaw Ka Thaung Cave)

コーカタウン洞窟(Kaw Ka Thaung Cave)は、パアンの市内中心部から南東に4キロほどの場所に立地する洞窟寺院です。

紹介する観光スポットの中では最も市内に近い立地です。

洞窟の規模は小さいですが、それでも立派な寺院として機能しており、参拝しにくる地元の人も多いです。

寺院の敷地には小さな池もあり、雨季に訪れた時は水が張っていて美しい光景が見られました。

 

パアンの観光スポットの巡り方

パアンの観光スポットは市内中心部から離れた郊外に立地しているため、自力で訪れる場合は移動手段の確保が必要です。

基本的には、ホテルや街中でバイクを借りるのが一般的ですね。

ただし、道が分かり辛くてかつ舗装もされていない箇所が多く、特に雨季はぬかるみも多くなるので運転が危険な場合もあります。

なので

  • タクシーやバイクタクシーを利用する
  • 宿の洞窟寺院を巡るツアーに参加する

といった形で、極力運転は現地の人に任せてしまうのが一番安全です。

ちなみに、僕はソー ブラザーズ 2 ゲストハウスの1日トゥクトゥツアーでこれらを巡りました。

▼詳しくはこちら

あわせて読みたい
【ミャンマー】写真46枚で振り返るパアン1日トゥクトゥクツアー【2017年8月】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回は、僕が2017年8月に訪問したミャンマ...

 

まとめ:パアン観光は洞窟寺院巡りが特におすすめ

以上、パアンのおすすめ観光スポット7選のご紹介でした。

パアンはユニークな洞窟寺院と雄大な自然との調和がとにかく素晴らしい観光地なので、ぜひ観光で訪れて欲しい場所です。

特に、雨季(6月~10月)はところどころ水が張ってさながら極楽浄土のような景観が楽しめますよ。

というわけで今回の記事は以上になります。

それでは良い旅を(^^)

▼パアンの観光情報まとめはこちら

あわせて読みたい
【ミャンマー】パアンの観光情報まとめ【自然と洞窟寺院が美しいミャンマーのおすすめ観光地です】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はパアンの観光情...