アクセス

【2019年版】マンダレーからバガンへの行き方【飛行機・バス・ミニバス・クルーズ船・鉄道での移動方法】

ぐちを
ぐちを
元学生バックパッカーで現海外ノマド、海外では特にミャンマーが好きで他に50ヵ国くらい渡航経験ありのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
マンダレーからバガンに行きたいんだけど、どうやって行けばいいの?

という方向けの記事を用意しました。

結論を先に言うと、マンダレーからバガンへは5通りの移動方法がありますが、おすすめはミニバスになります。

2019年のほぼ最新の情報を共有していますので、この区間での移動を検討している人は、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

ちなみに、現地オプショナルツアーでマンダレーからバガンーを観光する方法もありますので、この記事を読みつつ合わせて要チェックです。

▼マンダレー行きの格安航空券検索はこちら

マンダレーからバガンへの行き方は5通り

マンダレーの大通り

ミャンマー第2の都市マンダレーからバガンへの行き方は基本的に以下の5通りがあります。

  • ミニバス(おすすめ度★★★)
  • 大型バス(おすすめ度★★☆)
  • 飛行機(おすすめ度★★☆)
  • クルーズ船(おすすめ度★★☆)
  • 鉄道(おすすめ度★☆☆)

僕の主観ですが、おすすめ度はこちら。

それぞれの移動方法を詳しく解説していきますね。

 

マンダレーからバガンまでミニバスでの行き方

(引用:Pixabay)

まずは、最もおすすめの移動方法であるミニバスについて紹介します。

こちらはマンダレーのホテルから基本的に予約できるもので、ホテルまでピックアップしてもらえます。

数社が運行していますが、どこもピックアップ込みで9,000チャット(約650円)前後が相場ですね。

ちなみに、OK Expressというバス会社は、バガンのホテルへのピックアップもついているので特におすすめ。

それ以外のミニバスは、基本的にバガンのニャウンウー中心部にあるミニバス・ターミナルまでの運行となります。

▼バガンのミニバス・ターミナルの場所

ミニバスのバスターミナルからバガンのホテルまで距離がある場合は、ここでタクシーと交渉して送ってもらいましょう。

 

マンダレーからバガンまで大型バスでの行き方

続いて、大型バスでの移動方法です。

基本的には先ほどのミニバスのほうがおすすめですが、こちらは夜行便があるのが特徴になります。

①マンダレーのバスターミナルからバガン行きのバスに乗車

チャンミャシュエピー・ハイウェイ・バスステーション(マンダレー)

マンダレーのチャンミャシュエピー・ハイウェイ・バスステーション(Chan Mya Shwe Pyi Highway Bus Station)から数社がバガン行きのバスを運行しています。

▼チャンミャシュエピー・ハイウェイ・バスステーションの場所

料金はバス会社ごとに異なりますが9,000〜1万1,000チャット(約650〜790円)程度、所要時間は5〜6時間です。

7:00〜8:00の朝発がメインですが、21:00発の夜行便もありますよ。

バスチケットはバスターミナルで購入可能ですが、売り切れの心配があるので事前に買っておくのも良いでしょう。

チケットの事前購入方法

②バガンのバスターミナルからホテルへタクシーで移動

大型バスはバガンのシュエピー・ハイウェイ・バスステーション(Shwe Pyi Highway Bus Station)に到着します。

▼シュエピー・ハイウェイ・バスステーションの場所

ここからバガンのホテルまではタクシーで移動しましょう。

バガンのホテルは、

  • ニャウンウー(バガン最大の町/空港から5分程度)
  • オールド・バガン(バガンの遺跡群に近い/空港から15分程度)
  • ニュー・バガン(郊外の静かな町/空港から15分程度)

と立地が3エリアに分かれており、どこに行くかでタクシーの料金相場が変わります。

タクシーの料金相場
  • ニャウンウーまで:8,000〜1万チャット(約570〜720円)
  • オールドバガンまで:1万5,000〜2万チャット(約1080〜1400円)
  • ニュー・バガンまで:1万5,000〜2万チャット(約1080〜1400円)

利用の際は念のため、ボッタクリには十分注意しましょう。

Grabは現状は利用することができません。

ちなみに、夜行バスで早朝到着の場合、タクシードライバーはサンライズ鑑賞もセットで交渉してくることがあります。

この場合、サンライズを観る場所はニャウンラパット・ポンドの丘(Nyaung Lat Phat Pond Hill)になることが多いと思います。

ぐちを
ぐちを
僕は1度それを経験したことがありますが、その時は6時頃にサンライズ鑑賞→7時頃にホテルへ移動となり、トータルで2万5,000チャット(約1800円)でした。ホテル移動ついでにサンライズも見られるので、割とおすすめですね。

 

マンダレーからバガンまで飛行機での行き方

次は、飛行機による移動方法です。

①マンダレー空港から国内線でニャウンウー空港へ移動

マンダレー市内からタクシーでマンダレー国際空港(Mandalay International Airport)へ行き、国内線に乗ります。

▼マンダレー国際空港の場所

マンダレー市内からここまでのタクシー料金は、1万2,000〜1万5,000チャット(約860〜1080円)が相場です。

マンダレー国際空港はマンダレー市内から約30キロと遠く、タクシーで1時間くらいかかります。

飛行機についてはマンダレーからバガンへは距離的にかなり近いですが、エア・カンボーザとマン・ヤダナポンの2社が毎日運行しています。

所要時間は約30分、料金は片道1万円程度ですね。

▼ミャンマーの国内航空券検索はこちら

②ニャウンウー空港からタクシーでバガンのホテルへ

ミャンマーのタクシー(ヤンゴン)

バガンの空港はニャウンウー空港(Nyaung-U Airport)という名前です。

飛行機を降り、空港を出たらタクシーでバガンのホテルまで移動しましょう。

タクシーの料金相場
  • ニャウンウーまで:8,000〜1万チャット(約570〜720円)
  • オールドバガンまで:1万5,000〜2万チャット(約1080〜1400円)
  • ニュー・バガンまで:1万5,000〜2万チャット(約1080〜1400円)

こちらは事前交渉制の流しのものになりますが、不安な方は事前にタクシーチャーターをしておくのもおすすめですね。

 

マンダレーからバガンまでクルーズ船での行き方

エーヤワディー川のクルーズ船(バガン)

クルーズ船を利用し、ミャンマーを南北に流れるエーヤワディー川を下ってマンダレーからバガンへ行くことも可能です。

こちらは早朝に出発し約11時間かけてのんびり移動するプランなので、時間に余裕がある人におすすめ。

クルーズ船という移動手段はこのルートならではなので、気になる人は検討してみると良いですよ。

 

マンダレーからバガンまで鉄道での行き方

最後にあまりおすすめではないですが、マンダレーからバガンまで鉄道での移動方法を解説します。

①マンダレー駅からバガン行きの列車に乗車

マンダレー駅(Mandalay Railway Station)から「バガン行き」の列車に乗車します。

▼マンダレー駅の場所

日中の便もありますが、座席が硬いオーディナリークラスの列車しかないのでおすすめしません。

アッパークラスのある21:00発の夜行列車は、所要8時間50分でバガンには早朝到着、料金は片道2,900チャット(210円)と破格です。

②バガン駅からタクシーでホテルへ

ミャンマーのタクシー(ヤンゴン)

バガン駅(Bagan Railway Station)からは、空港や長距離バスのバスターミナルからと同じく、価格交渉してタクシーでバガンのホテルまで移動すればOKです。

タクシーの料金相場
  • ニャウンウーまで:8,000〜1万チャット(約570〜720円)
  • オールドバガンまで:1万5,000〜2万チャット(約1080〜1400円)
  • ニュー・バガンまで:1万5,000〜2万チャット(約1080〜1400円)

 

おまけ:マンダレーからバガンまでチャーター移動や現地ツアーもあります

ミャンマーの女性とウーベイン橋(引用:Pixabay)

ちなみに、マンダレーからバガンまでチャーターを手配して移動する方法もあります。

その場合、マンダレーのホテルからバガンのホテルまで片道約4時間で、他のお客さんを待つことなく、ドアトゥードアでホテルまで行けるできるので楽チン。

最大人数でシェアすれば1人当たり37USドル(約4,000円)となります。

加えて、マンダレー発着でバガンに2泊3日で旅行する現地オプショナルツアーもあるので、こちらも合わせて要チェックです。

 

まとめ:マンダレーからバガンまでは旅行スタイルに合わせて行き方を選択しましょう

オールド・バガンの光景

以上、マンダレーからバガンまでの行き方でした。

飛行機・バス・ミニバス・クルーズ船・鉄道とありましたが、まとめると以下の通りです。

料金(片道) 所要時間(片道)
ミニバス 1,000円 5〜6時間
大型バス 1,000〜1,500円 5〜6時間
飛行機 1万~1万5,000円 1時間30分~2時間
クルーズ船 5,000円〜6,000円 11時間
鉄道 500〜1,000円 9時間

基本的にミニバスがおすすめですが、のんびり移動したい人はクルーズ船も情緒ある旅になるので良いと思います。

これ以外にも、専用車チャーター現地オプショナルツアーを利用する方法もあるので、それぞれの旅行スタイルに合わせて決めればOKですね。

バガンは世界遺産になったばかりでまだまだ観光客の少ない今が行き時なので、ぜひこの機会に訪れてみてください(^^)

▼マンダレー行きの格安航空券検索はこちら

ミャンマーでネットを使う
  1. レンタルWiFi
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。ミャンマー旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。ミャンマー旅行であればtelenorといった現地SIMか、タイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!