アクセス

【2019年】マンダレーからバガンへの行き方を詳しく解説【飛行機・バス・ミニバス・クルーズ船・鉄道での移動方法】

お得なキャンペーン情報

月額たったの500円で漫画や雑誌が読み放題の電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやタブレットで気軽に読めるので、とても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者さん
質問者さん

マンダレーからバガンに行こうと思っているんですが、どういった移動手段がありますか?

という方向けに、現地の交通事情にある程度詳しい僕が解説していきます。

2019年のほぼ最新の情報を共有しています。

マンダレーからバガン旅行を予定している人は3分くらいで読めるこの記事を参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

ちなみに、日本からマンダレーへの航空券は最低価格保証付きのサプライスか、ホテルとセットで割引になるエクスペディアを利用するのがおすすめですよ。

マンダレーからバガンへの行き方は5通り

ミャンマー第2の都市マンダレーからバガンへの行き方は基本的に以下の5通りです。

  • 飛行機(おすすめ度★★☆)
  • バス(おすすめ度★★☆)
  • ミニバス(おすすめ度★★★)
  • クルーズ船(おすすめ度★★☆)
  • 鉄道(おすすめ度★☆☆)

僕の主観ですが、おすすめ度はこちら。

それぞれの移動方法を詳しく解説していきますね。

 

マンダレーからバガンまで飛行機での行き方

まずはマンダレーからバガンまで、飛行機による移動方法です。

①マンダレー空港から国内線でニャウンウー空港へ移動

マンダレー市内からタクシーでマンダレー国際空港へ行き、国内線に乗ります。

マンダレー国際空港はマンダレー市内から遠く、タクシーで1時間くらいかかります。

マンダレーからバガンへは距離的に近いですが、1日数便の直行便が午前中を中心に運行されていて、所要時間は約30分、料金は片道1万円程度です。

ミャンマーの国内線予約はエクスペディアで行えますよ。

航空券と合わせてホテルも一緒に取ると、割引になる場合があるので要チェックです。

▼バガンのホテルを知りたい人はこちらの記事をどうぞ(高級ホテルもバガンならコスパ良しです)

あわせて読みたい
【5つ星あり】バガンのおすすめ高級ホテル10選をエリア別に紹介元学生バックパッカーで現海外ノマド、海外では特にミャンマーが好きで他に50ヵ国くらい渡航経験ありのぐちを(@guchiwo583)です。...

②ニャウンウー空港からタクシーでバガンのホテルへ

バガンの空港はニャウンウー空港という名前です。

飛行機を降り、空港を出たらタクシーでバガンのホテルへ向かいましょう。

タクシー料金は交渉制になります。

相場はニャウンウー中心部までで8,000〜1万チャット(570〜720円)、オールド・バガンやニュー・バガンへは1万5,000〜1万8,000チャット(1,080〜1,300円)くらいだと思います。

 

マンダレーからバガンまでバスでの行き方

続いて、バス(大型)での移動方法です。

後述するミニバスの方が個人的におすすめですが、こちらも解説していきます。

①マンダレーのバスターミナルからバガン行きのバスに乗車

マンダレーのチャンミャシュエピー・ハイウェイ・バスステーション(Chan Mya Shwe Pyi Highway Bus Station)から数社がバガン行きのバスを運行しています。

▼チャンミャシュエピー・ハイウェイ・バスステーションの場所

料金はバス会社ごとに異なりますが9,000〜1万1,000チャット(650〜790円)程度、所要時間は5〜6時間です。

7:00〜8:00の朝発がメインですが、21:00の夜行便もあります。

バスターミナルまではタクシー、バイクタクシーで移動しましょう。

②バガンのバスターミナルからホテルへタクシーで移動

大型バスはバガンのシュエピー・ハイウェイ・バスステーション(Shwe Pyi Highway Bus Station)に到着します。

▼シュエピー・ハイウェイ・バスステーションの場所

空港からと同様、バスターミナルからバガンのホテルまではタクシーを使います。

相場もだいたい空港からと一緒です(600〜1300円くらい)。

ぐちを
ぐちを
後述のミニバスのほうがおすすめですが、夜行便があるのはバス(大型)の特徴ですね。

 

マンダレーからバガンまでミニバスでの行き方

ミニバスは、バックパッカーなどの個人旅行者や、学生旅行に最もおすすめです。

こちらはマンダレーのホテルから予約でき、ホテルまでピックアップしてもらえるので楽チンです。

数社が運行していますが、どこもピックアップ込みで9,000チャット(650円)が相場のようですね。

ちなみに、OK Expressというバス会社は、バガンのホテルへのピックアップもついているので特におすすめ。

それ以外のバスは、基本的にニャウンウー中心部のバガンのミニバス・ターミナルまでの運行となります。

▼バガンのミニバス・ターミナルの場所

ミニバスのバスターミナルからバガンのホテルまで遠い場合は、ここでタクシーと交渉して送ってもらいましょう。

 

マンダレーからバガンまでクルーズ船での行き方

クルーズ船を利用し、ミャンマーを南北に流れるエーヤワディー川を下ってマンダレーからバガンへ行くことも可能です。

こちらは早朝に出発し、約11時間かけてのんびり移動するので、時間に余裕がある人におすすめですね。

クルーズ船という移動手段はミャンマーでも珍しいので、このルートで旅するならぜひ検討してみましょう。

到着後は、バガンの船着場からはタクシーでバガンのホテルまで行く必要があります。

 

マンダレーからバガンまで鉄道での行き方

最後に、マンダレーからバガンまで鉄道での移動方法です。

①マンダレー駅からバガン行きの列車に乗車

マンダレーの駅(Mandalay Railway Station)からバガン行きの列車に乗車します。

▼マンダレー駅の場所

列車は21:00発の夜行列車です。

日中の便もありますが、オーディナリークラスという座席が硬い列車しかないのでおすすめしません。

所要8時間50分でバガンには早朝到着、料金はアッパークラスで2,900チャット(210円)なので、格安ですね。

②バガン駅からタクシーでホテルへ

バガン駅(Bagan Railway Station)からは、空港や長距離バスのバスターミナルからと同じく、価格交渉してタクシーでバガンのホテルまで移動すればOKです。

 

おまけ:チャーターでマンダレーからバガンまで移動もできます

ちなみに、自力で移動するのがしんどい人は、チャーターを頼むのもアリです。

チャーターの場合はマンダレーのホテルからバガンのホテルまで片道4時間程度で、他のお客さんを待つことなく、ドアトゥードアでホテルまで行けるできるので楽チン。

最大人数でシェアすれば1人あたり価格も37USドルなので、そこまで高くはありません。

 

まとめ:マンダレーからバガンまでは旅行スタイルに合わせて行き方を選択しましょう

以上、マンダレーからバガンまでの行き方でした。

飛行機・バス・ミニバス・クルーズ船・鉄道とありましたが、まとめると以下の通りです。

料金(片道) 所要時間(片道)
飛行機 1万〜1万5,000円 1時間30〜2時間
バス 1,000〜1,500円 5〜6時間
ミニバス 1,000円 5〜6時間
クルーズ船 5,000円〜6,000円 11時間
鉄道 500〜1,000円 9時間

いろいろとありますが、結論それぞれの旅行スタイルに合わせて決めればOKです。

例えば、バックパッカーならバスやミニバスがおすすめですが、のんびり移動したい人はクルーズ船もかと。

また、車をチャーターするという手もあるので、ぜひ検討してみてください。

というわけで、今回の記事は以上になります。

それでは、良いバガン旅行を(^^)

▼バガンの観光情報まとめはこちら

あわせて読みたい
【ミャンマー】バガンの観光情報まとめ【旅行で必ず訪れたい世界三大仏教遺跡の1つです】 こんにちは、ミャンマー好き海外のノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はバガンへ3度...

▼バガンのおすすめホテルはこちら

あわせて読みたい
【5つ星あり】バガンのおすすめ高級ホテル10選をエリア別に紹介元学生バックパッカーで現海外ノマド、海外では特にミャンマーが好きで他に50ヵ国くらい渡航経験ありのぐちを(@guchiwo583)です。...
あわせて読みたい
【2019年】バガンのおすすめゲストハウス5選【1泊1000円代あり】元学生バックパッカーで現海外ノマド、海外では特にミャンマーが好きで他に50ヵ国くらい渡航経験ありのぐちを(@guchiwo583)です。...