\ ポイント最大11倍! /

バガンの遺跡観光は電動バイク(Eバイク)がおすすめ【レンタル方法・注意点を詳しく解説】

当ページのリンクには広告が含まれています。
ぐちを

どうも、海外(特にミャンマー)が好きでミャンマーは複数回の渡航経験があるぐちを(@guchiwo_nomad)です。

ぐろーぶ君

バガンを観光するときの移動手段にEバイクってあるらしいけど、どんなやつなん?

利用方法や注意点を教えて!

この記事ではこのような疑問にお答えしていきます。

本記事の内容
  • バガンの遺跡観光でEバイクをおすすめする理由を紹介
  • Eバイクのレンタル方法と注意点を解説
  • Eバイクの利用をおすすめしない人についても紹介


結論を先に言うと、Eバイクは以下の人におすすめです。

・自由気ままにバガンの遺跡観光を楽しみたい人
・コスパ良くバガンで遺跡巡りをしたい人

上記について深堀りしていくので、バガン旅行を予定している方はぜひ参考にしてみてください(^^)

ちなみに、バガンの移動手段はEバイク以外だとタクシーや馬車などがあります。

また専用車チャーター現地オプショナルツアーを利用してもバガン観光ができるので、合わせて検討してみてください。

また、日本からバガンへはまずミャンマーの最大都市ヤンゴンか、第2都市のマンダレーへ行く必要があります。

航空券やホテルは以下で調べられるので、こちらも合わせて要チェックです。

🇲🇲 ミャンマー旅行でおすすめの予約サイトはこちら!
航空券予約:エクスペディア
ホテル予約:Booking.com
現地オプショナルツアー:ベルトラ
日本発着ツアー:HIS

目次

バガンのEバイクとは?

Eバイク(ニャウンウー、バガン)

Eバイクというと、電動アシスト付き自転車のことを指す場合もあるようですが、バガンでは中国製の電動バイクのことをそのように呼んでいます。

「緑佳」というブランドのバイクが大半ですね。

運転方法は原付とほぼ同じで、右ハンドルを回すことで前進し、両手のレバーを引くことでブレーキがかかります。

運転に国際免許などは必要なく、自転車と同じような感覚で誰でも利用可能です。

バガンの遺跡観光でEバイクをおすすめする理由

バガンで遺跡観光をする際、基本的にはEバイクを利用するのがおすすめです。

その理由を以下で解説します。

自由に遺跡観光ができる

乾季のオールド・バガン

Eバイクであれば自由に遺跡観光ができます。

あらかじめ行き先が決められたパッケージツアーだと行ける遺跡が限られますし、タクシーや馬車を利用する際は、どうしてもドライバーの都合も考慮しなければいけません。

そしてバガンの場合、Eバイクでしかいけない狭い小道の先に遺跡が存在することもあるので、小回りの効くEバイクは自由度が高くおすすめです。

ぐちを

ちなみに、以下の記事でおすすめしているバガンの観光スポット25選は、全てEバイクで巡りました。

あわせて読みたい
バガン旅行の前にチェックすべきおすすめの見どころ25選と観光情報まとめ【現地ツアーも紹介】 ミャンマーのバガンってどんなところ?観光情報が知りたい! という方向けの記事を用意しました。 本記事を読むメリット ミャンマーの古都「バガン」がどんな街か分かる...

Eバイクの自由度の高さを駆使すれば、色々なところへ足を運ぶことができますよ。

ただし、自由度が高いぶん安全管理などが全て自己責任になるので、その点はご注意ください。

安くてコスパが良い

Eバイクは

・機動性の高さ
・料金の安さ

の両方を兼ね備えているので、とてもコスパの良い移動手段になります。

お店やバイクの大きさ、シーズンによっても値段は少し変わりますが、1日利用なら7,000~8,000チャット(約510~580円)、半日であれば4,000~5,000チャット(約290~360円)がレンタル料の相場です。

タクシーや馬車だと1日30,000~40,000チャット(約3,000円)はするので、段違いですね。

ちなみに、自転車のレンタルは1日1,500チャット(約110円)とEバイクよりもさらに安いですが、広大で日陰の少ないバガンで暑い日中に自転車をこいで観光するのはかなりキツイので、おすすめしません。
 

バガンでEバイクをレンタルする方法

Eバイクのレンタルショップ(ニャウンウー、バガン)

バガンでEバイクをレンタルする方法ですが、

・ニャウンウー
・ニューバガン

などのホテルがたくさん立地するエリアであれば、基本的にどこでもレンタル可能です。

ホテルで貸している場合もありますし、レンタルショップもたくさんあります。

レンタル料金はお店ごとに若干異なりますが、変わっても数百円の違いですしバイクの性能の差もほとんどないので、周辺の複数店舗を調べて良さげなところを選ぶといいでしょう。

バガンでEバイクを利用する際の注意点

Eバイクは利便性の高い乗り物ですが、利用する際は注意点も多いです。

以下で詳しく解説していくので、必ずチェックしておいてください。

道路の状態が悪く転倒の危険がある

ニュー・バガンの道路

バガンは道路状態は悪いため、転倒の危険性が常にあります。

舗装されている道はデコボコですし、砂道では足を取られることがしばしば。

運転時は細心の注意を払ってください。

ヘルメットはない

バガンでEバイクを借りる際はヘルメットは貸してもらえないので、転倒時に大怪我をするリスクが高いです。

ぐちを

そのうち法規制によって導入されるかもしれませんが、現状はガバガバです…笑

なので、万が一に備えて海外旅行保険には必ず加入しておきましょう。

年会費のかからないクレジットカード付帯の保険であれば、追加費用をかけずに現地での治療費をカバーできます。

おすすめはエポスカードで、年会費無料なのに海外旅行保険が自動付帯(持っているだけで補償対象)、さらに現地でのキャッシュレス診療も可能という素晴らしいクレジットカードになります。

まだ持っていない方は、この機会に作っておくことをおすすめします。

エポスカードの海外旅行保険について詳しくは、以下の記事をご参考ください!

ぐちをぐろーぶ
エポスカード海外旅行保険の評判は?1枚で十分?補償内容やメリット・デメリット、使い方を徹底解説!【年... 当ブログ記事では、エポスカードの海外旅行保険について、その評判や補償内容、メリット・デメリットを詳しく紹介しています。キャッシュレス診療を受ける際や持ち物の盗難...

日差しと気温、砂埃に注意

オールド・バガンの光景

バガンは砂漠地帯にあり、ミャンマーで最も暑くなる地域の1つ。

日中の日差しがかなり強く、気温もかなり高くなります。

それでいて、朝や夜はかなり冷え込みます。

そのため、日焼けと防寒のために、強力な日焼け止め長袖の上着は必ず持っていきましょう。

また砂埃もひどいので、Eバイク運転時はサングラスとマスクで対策することもおすすめします。

▼日焼け止め(強力タイプ)

▼軽量コンパクトな防寒着

▼UVカットサングラス(紫外線&砂埃対策)

▼スポーツマスク(砂埃対策)

ミャンマー旅行の持ち物について詳しくは、以下の記事をご参考ください!

あわせて読みたい
ミャンマー旅行の持ち物チェックリスト【必需品・役立つ便利アイテムまとめ】 今度ミャンマーに行くんやけど何を持っていけばええん?必須のやつからあると便利なものまでまとめて欲しい! 今回は、このような疑問をお持ちの方向けの記事となります...

遭難の危険性も

Eバイクでの観光は自由に動き回れるぶん、小道に入ったり遠くまで行きすぎたりした場合は遭難の危険性もあります。

自分がいまどこにいるかは、

・Googleマップ
・Maps.me

などの地図アプリで常に確認するようにしましょう。

また、観光客がEバイクでバガンの外に出ることは禁止されています。

アプリのダウンロードはこちら
Google マップ -  乗換案内 & グルメ
Google マップ – 乗換案内 & グルメ
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ
オフライン地図、GPSナビ:MAPS.ME
オフライン地図、GPSナビ:MAPS.ME
開発元:STOLMO LIMITED
無料
posted withアプリーチ

落とし物に注意

Eバイクを利用する際は、ズボンのポケットには何も入れない方が良いです。

ポケットにものを入れていたりすると、運転中に落としてしまうことがあります。

運転中なので気づきにくいですし、落としたものを探し出すのは広大なバガンではかなり困難です。

どこも19時に返却

大半のEバイクレンタルショップでは、19時返却となっています。

これは夜間にバッテリーを充電するのが大きな理由ですが、バガンの夜はかなり暗くなるため、旅行者の安全確保の観点もあるようです。

ちなみに交渉したら翌朝7時まで借りられたという情報もありますが、バッテリー切れの心配があるため、当日中に返却することをおすすめします。

バッテリー切れに注意


Eバイクはバッテリー切れになることが多いです。

バッテリーが切れるともちろん動かなくなるので、そうなると重いEバイクを手で押して歩くことになります…。

バッテリー切れを極力起こさないためにも、

・遠方への移動は極力控える
・駐輪する時は電源を切る

を心掛けましょう。

万が一バッテリー切れを起こしてしまった際の対処法は、後述で詳しく解説しています。

とは言え、経年劣化でバッテリーの減りが異常に早いなんて不運なこともあります。

その場合は、別のEバイクに交換してもらったほうがいいですね。

ぐちを

余談ですが、自分はバガンでは過去2回、Eバイクのバッテリー切れを起こしています。

ちなみにパンクも1回…笑

Eバイクがバッテリー切れやパンクしたときの対処法

万が一バッテリーを切れやパンクによって動けなくなった時は、現地の人を探してレンタルショップに電話してもらうのがベストです。

どのEバイクにもお店の電話番号が記載されていますが、例え英語が通じても広大なバガンで特定の現在地を伝えるのはかなりハードなので、地元の人に頼んだほうがスムーズです。

現地のミャンマーの方々は親切な人が多いので、必ず助けてくれる人を探せますよ。

その後はレンタルショップの人が駆けつけてきてくれ、バッテリーを交換してもらうか、いったん車でレンタルショップに戻って違うバイクに変えてもらうかの対応をしてもらえます。

Eバイクの利用をおすすめしない人


便利でコスパの良いEバイクですが、以下の人にはおすすめできません。

主要な遺跡だけ効率よく巡れれば良い人

「主要な遺跡だけ効率よく巡れれば良い」という人はわざわざ自分で運転するよりも、専用車をチャーターしたり、現地オプショナルツアーに参加するほうがいいですね。

Eバイクはあくまで、自由気ままにマイナーな遺跡にまで足を延ばせることにメリットがあるので、効率重視の人には向きません。

バイクの運転が苦手な人

Eバイクは現地では自転車と同じ扱いで免許は不要ですが、運転方法は日本の原付のそれと同じです。

なので、そもそも原付の運転をしたことがなかったり、バイクの運転が苦手な人は事故のリスクが高いので、利用しないほうが賢明でしょう。

ぐろーぶ君

ヘルメットもないしな…。

多少値段が高くても、タクシーなどの違う移動手段を選ぶのがおすすめです。
 

まとめ:Eバイクはコスパ良く自由気ままにバガンの遺跡観光を楽しみたい人におすすめ!

オールド・バガンの景色
オールド・バガンの景色

以上、バガンのEバイクについて詳しく解説しました。

Eバイクはコスパ良く自由気ままにバガンの遺跡観光をしたい人に、とてもおすすめの移動手段です。

ただし、利用にはいくつか注意点があるので、先述で解説したことをあらかじめ認識してから利用するようにしましょう。

多少値段が高くても専用車をチャーターしたり現地オプショナルツアーを利用したほうが良いケースもあるので、ご自身の状況や日程、旅行スタイルで総合的に判断するようにしてください。

バガンは2019年に世界文化遺産に登録されたミャンマー屈指の観光地で、世界三大仏教遺跡の1つ。

観光客はまだまだ多くないので、今のうちにぜひ旅行してみてください!

それでは、良いミャンマー旅行を(^^)

ぐちを

最後までお読みいただきありがとうございました!

「記事が参考になった!」という人はぜひSNSでシェアしていただきたいです(Twitterならリツイートもしますね)!

また、このブログ以外でも

Twitter
Instagram
・YouTube

で日々発信していますので、ぜひそちらもチェック&フォローしていただけると嬉しいです!

🇲🇲 ミャンマー旅行でおすすめの予約サイトはこちら!
航空券予約:エクスペディア
ホテル予約:Booking.com
現地オプショナルツアー:ベルトラ
日本発着ツアー:HIS

ミャンマー旅行のお得情報(タップで詳細が開きます)
① ミャンマー旅行でインターネットをお得に利用するには?

✔️ 楽天モバイルに乗り換えれば追加料金が不要(短期の旅行におすすめ)

楽天モバイルのRakuten最強プランなら、毎月2GBまでミャンマーでのデータ通信(海外ローミング)が無料で利用可能!

現地に着いたら「海外ローミング」をONにするだけで、日本と同じようにサクサクネットが使えます◎

それなのに、利用料は最大3,278円(税込)しかかからないので、控えめに言ってコスパ最強です!

\海外旅行でも楽天モバイルがお得/

✔︎海外72の国と地域で使える
✔︎2GB超過後は1GBあたり500円でチャージ可

✔️ プリペイドSIMカードを別途購入(中期〜長期の旅行におすすめ)

5日以上の中・長期での旅行なら、プリペイドSIMカードを別途購入しましょう!

個人でSIMの差し込みなどしないといけないデメリットはありますが、海外用のポケットWi-Fiをレンタルするよりも安価で済みます。

ミャンマー旅行であれば、現地の空港でSIMカードの購入ができます。

ご自身で設定・管理される際は、SIMカードケースホルダー&ピンのご用意も忘れずに!

② 海外旅行保険に無料で加入できる!?

海外旅行保険はクレジットカード付帯のものなら無料で利用できます!

加えて、エポスカードなら年会費が永年無料なのにゴールドカード級の海外旅行保険が付帯!

使いやすいVISAブランドで、即日発行も可能です🙆

クレカ付帯海外旅行保険は補償金額は合算が可能なので、すでにメインのクレカを持っているかたにもサブとしておすすめの1枚です◎

\年会費永年無料・即日発行も可/

✔︎マルイユーザーは必携
✔︎海外旅行の特典も充実

ぐちをぐろーぶ
エポスカードの特徴・メリット・評判を徹底解説!【2年使ってみて分かった感想→マルイと海外旅行好きは必携... 当ブログ記事では、エポスカードの詳細や特典、メリット・デメリット、口コミ評価などを詳しく解説しています。マルイ利用者や海外旅行好きは必携のクレジットカードです。
③ 空港ラウンジを最安で利用できる!

楽天プレミアムカードは空港ラウンジが無料で利用できる「プライオリティ・パス」を追加料金ゼロで発行可能!

MastercardやJCBでの発行も可能で、海外旅行保険も付帯。楽天市場での利用でも1番お得になるクレジットカードです👍

年会費は11,000円(税込)しますが、年に2〜3回ほど海外旅行に行かれる方ならすぐに元が取れますよ◎

\新規入会で楽天ポイントもプレゼント/

✔︎  楽天系サービスのヘビーユーザー必携
✔︎ プライオリティ・パスを無料で発行可能

ぐちをぐろーぶ
楽天プレミアムカードの特徴・メリット・評判を詳しく解説【最安でプライオリティ・パスが持てる!】 | ぐ... 当ブログ記事では、楽天プレミアムカードの詳細や特徴と、利点や欠点、口コミの評価を実際に使用している自分の体験談や感想を元にまとめています。プライオリティ・パスを...
あわせて読みたい
バガン旅行の前にチェックすべきおすすめの見どころ25選と観光情報まとめ【現地ツアーも紹介】 ミャンマーのバガンってどんなところ?観光情報が知りたい! という方向けの記事を用意しました。 本記事を読むメリット ミャンマーの古都「バガン」がどんな街か分かる...
あわせて読みたい
日本からミャンマーへの行き方【直行便や乗り継ぎ便、LCC情報を解説】 日本からミャンマーへは何の航空会社で行けるの?直行便はある? という方向けの記事を用意しました。 本記事の内容 日本各地からヤンゴンへの行き方を解説日本各地から...
あわせて読みたい
ミャンマー旅行にクレジットカードが必要な理由とおすすめのクレカ5選 ミャンマー旅行にクレジットカードって必要?もし必要ならどのカードがおすすめなん? という方向けの記事を用意しました。 本記事の内容 ミャンマー旅行にクレジットカ...
あわせて読みたい
ミャンマー旅行の持ち物チェックリスト【必需品・役立つ便利アイテムまとめ】 今度ミャンマーに行くんやけど何を持っていけばええん?必須のやつからあると便利なものまでまとめて欲しい! 今回は、このような疑問をお持ちの方向けの記事となります...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1995年生まれのWeb系フリーランス。海外旅行がとにかく好きです。ブログとYouTubeで旅の情報を発信中。

目次