ミャンマー旅行の持ち物チェックリストはこちら

【10月〜4月限定】バガン気球ツアーの情報まとめ【日本語アシスタント付きツアーあり】

ぐちを

どうも、海外(特にミャンマー)が好きでミャンマーは複数回の渡航経験があるぐちを(@guchiwo_nomad)です。

ぐろーぶ君

バガンで朝の気球ツアーに参加したいんだけど、どうやって参加すればええん?

いくつか会社があるみたいだけど、おすすめのところはどこかな?

今回はこのような疑問をお持ちの方向けの記事となります。

本記事の内容
  • バガンの気球ツアー会社を紹介
  • バガン気球ツアーの選び方を解説
  • バガン気球ツアーの予約方法を解説

前提として、バガンには気球ツアー会社が3社あり、それぞれ特徴や料金等が異なります。

この記事で、ツアー会社の選び方やおすすめのプランも詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、記事の後半では日本語アシスタント付き気球ツアーの情報も紹介しています。

日本語でツアーに参加したい方はこちらがおすすめですので、合わせてご検討くださいませ(^^)

ちなみに、日本からバガンへは、まずミャンマー最大都市のヤンゴンか第2都市のマンダレーへ行く必要があります。

ミャンマーへの航空券は、エクスペディアの一括検索で最安価格を探せるので、ぜひ利用してみてください。

🇲🇲 ミャンマー旅行でおすすめの予約サイトはこちら!
航空券予約:エクスペディア
ホテル予約:Booking.com
現地オプショナルツアー:ベルトラ
日本発着ツアー:HIS

目次

前提:バガンの気球ツアーは毎年10〜4月の乾季限定

バガンのサンライズと気球
バガンのサンライズと気球

前提になりますが、バガンの気球ツアーは毎年10月から4月の期間限定で参加できます。

ちなみに、2018-2019シーズンは10月7日から4月10日の日程でした。

この期間はバガンでは乾季のシーズンになり、観光客も多くなる時期になります。

いっぽう、5月〜9月は雨季となり、観光客が少なくなるので気球ツアーは開催されません。

また、気球ツアーのシーズンでも、朝に雨が降ると運行休止になることがあるのでその点はご注意を。

ぐちを

特に、雨季が終わってすぐの10月初旬頃は朝に雨がまだ降る可能性が高いです。

その時期はなるべく避けるようにするのが無難ですね。

バガンの気球ツアー会社は3社ある

バガンの気球ツアーを運営している会社は3社あり、それぞれバルーンの色が異なります。

以下で、それぞれ詳しく紹介していきます。

バルーンズ・オーバー・バガン(Balloons Over Bagan)

Balloons Over Bagan
出典:Balloons Over Bagan

バルーンズ・オーバー・バガン(Balloons Over Bagan)はバガンで最も歴史のある気球ツアー会社。

バルーンの保有台数も3社の中では1番多いので、予約ができなくなる可能性は1番低いです。

バルーンの色は赤になります。

▼参考動画

オリエンタル・バルーニング(Oriental Ballooning)

Oriental Ballooning
出典:Oriental Ballooning

オリエンタル・バルーニング(Oriental Ballooning)は、2013年に設立されたイギリス資本の会社です。

パイロットは全員、イギリスのバルーン操縦士ライセンスを保有しているので安心。

バガン以外でも、マンダレーやインレー湖、ガパリでもバルーンを運行していて、バルーンの色は緑となります。

▼参考動画

ゴールデン・イーグル・バルーニング(Golden Eagle Ballooning)

Golden Eagle Ballooning
出典:Golden Eagle Ballooning

ゴールデン・イーグル・バルーニング(Golden Eagle Ballooning)は、2014年に設立されたバガンでは最も新しい気球ツアー会社です。

バルーンの保有台数は3台と少ないですが、そのぶん格安で良質なサービスを提供している会社となります。

人気が高いので、予約は早めに行いましょう。

バルーンの色は黄色になります。

▼参考動画

バガン気球ツアー各3社の料金と特徴

バガンの気球ツアー各3社の料金や特徴を以下にまとめました。

ツアー会社コース料金(USドル)最大登場人数
オーバー・バガンスタンダード35016
プレミアム4508
オリエンタルスタンダード39912
ゴールデン・イーグルスタンダード33012
プレミアム3908

上記の通り、料金は会社ごとにバラつきがあります。

スタンダードプランとプレミアムプランの主な違いは、搭乗人数ですね。

また、各社のプレミアムプランには「写真のプレゼント」がサービスとしてあり、USBでデータをもらうことができます。

バガン気球ツアーのプランの選び方

様々なプランがある中で、どのプランが良いか選び方に迷われる方も多いでしょう。

ここからは、選び方のコツについて解説していきます。

重視するべきポイントは搭乗人数

1番に意識するべきポイントは搭乗人数です。

なぜなら、バルーンのスペースは狭く、人数が多いと身動きが取りづらくなるからですね。

特に、欧米人観光客は体が大きい人も多いので、この視点は重要となります。

基本的には、スタンダードプランよりも人数の少ないプレミアムプランを利用するのがおすすめ。

12人(スタンダードプランの最大登場人数)も乗っていたりすると、カメラを使う時に譲り合いしないといけなくなります。

朝食はあまり意識しなくてOK

朝食はスタンダード、プレミアムを含め、全ての気球ツアーで出されます。

ただし、朝食をバルーン選びのポイントとして意識する必要は正直あまりないです。

というのも、ツアーの終了時間はどのプランでも8時過ぎで、帰った後にホテルでも食べることができます(笑)

ちなみに、ミャンマーではどこのホテルでも基本的に朝食が付いています。

それでも朝食にこだわりたい人は、バルーンズ・オーバー・バガンのプレミアムプランならシェフが腕を奮って出してくれますので、こちらを利用しましょう。

ただし、そのぶん450USドル(約5万円)と1番価格の高いプランになります。

1番おすすめはゴールデン・イーグルのプレミアムプラン

Golden Eagle Ballooning
出典:Golden Eagle Ballooning

上記を考慮すると、ゴールデン・イーグルのプレミアムプランが390USドルと値段も安く手頃なので、1番おすすめできます。

ただし、ゴールデン・イーグルはバルーンの台数が少なくすぐに埋まってしまうので、予約は1ヶ月くらい前からしておいたほうが良いでしょう。

また、日本語アシスタント付き気球ツアーの場合は自動的にオリエンタル・バルーニングのスダンダードプランになりますので、ご注意ください。

バガン気球ツアーの当日の流れ

以下が、気球ツアーの当日の流れです。

各会社ごとに若干違いますが、おおむね下記で統一されています。

当日の流れ
  1. 早朝5時頃にホテルでピックアップしてもらう
  2. 他の乗客を拾いつつ、離陸場所へ向かう
  3. 5時半頃に離陸場所に到着
  4. 簡単な朝食を食べ、気球ツアーの注意事項を確認
  5. 6時頃にフライトスタート(約1時間)
  6. 7時頃に着陸し、シャンパンで乾杯
  7. 搭乗の証明書をもらい解散、8時過ぎにホテルへピックアップで戻る
ぐちを

ちなみに、飛行を無事に終えた後にシャンパンで乾杯するのは、昔からある気球乗りの文化なんだそうですよ。

バガン気球ツアーの注意点

バガンの気球ツアーに参加する際の注意点をいくつか共有します。

上着を準備し、下はズボンを履こう

乾燥地帯にあるバガンの朝はかなり冷え込み、また気球は上空高くを飛行するので、防寒着は必須です。

かさばる心配のないユニクロのウルトラライトダウンを1着持っておくと、安心ですよ。

ネット通販ではユニクロより安価のライトダウンコートも売られています

また、バルーンの乗り降りの際に不便なるので、スカートやロンジー(ミャンマーの伝統衣装)は履かずズボンを履くようにしましょう。

ストラップは必須(スマホやカメラなど)

上空でスマホやカメラを使う際は、万が一落としてしまわないためにもストラップを使用しましょう。

首かけ式のネックストラップが最も安全です。

バガン気球ツアーの予約方法

バガンの遺跡群と気球
バガンの遺跡群と気球

肝心のツアーの予約方法ですが、各会社の公式サイトから英語でウェブ予約ができます。

手順は、日付と人数を選択し、必要事項を記入するだけ。

支払いはクレジットカードやデビットカードのほか、PayPalでも行えます。

予約が確定するとメールが送られてくるので、あとはその案内に従えばOKです。

英語が苦手な人は日本語アシスタント付きのツアーに申し込もう

英語が苦手で自力での予約に不安な方は、少し割高になりますがベルトラの現地オプショナルツアーを活用する方法もあります。

当日の日本語アシスタントも付くプランで、通常は475USドル(2名以上の申し込みが必要)。

グループ割引が適用されると最大10%OFFになります。

ちなみに、利用する気球ツアー会社はオリエンタル・バルーニングで、プランはスタンダードプランになります。

まとめ:10〜4月にバガンへ行くなら気球ツアーがおすすめ

バガンのサンライズと気球
バガンのサンライズと気球

以上、バガン気球ツアーの情報をまとめました。

ツアー会社は3社あり、それぞれ特徴が異なりますが、迷ったらゴールデン・イーグルのプレミアムプランにしておくと間違いないです。

また、ベルトラの現地オプショナルツアーであれば日本語ガイド付きのツアーも組めるので、こちらも要チェックです。

10月~4月の乾季にバガンを訪れた人は、気球ツアーを楽しむチャンス。

値段は高いですが、最高の経験になること間違いなしなので、バガンを訪れるならぜひ気球ツアーに参加しましょう。

それでは、良いミャンマー旅行を(^^)

ぐちを

最後までお読みいただきありがとうございました!

「記事が参考になった!」という人はぜひSNSでシェアしていただきたいです(Twitterならリツイートもしますね)!

また、このブログ以外でも

Twitter
Instagram
・YouTube

で日々発信していますので、ぜひそちらもチェック&フォローしていただけると嬉しいです!

🇲🇲 ミャンマー旅行でおすすめの予約サイトはこちら!
航空券予約:エクスペディア
ホテル予約:Booking.com
現地オプショナルツアー:ベルトラ
日本発着ツアー:HIS

ミャンマーでインターネットを使う方法
  1. レンタルWiFi(旅行初心者向け)
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。複数人でのシェアも可能なので、グループ旅行では重宝するでしょう。ミャンマー旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード(旅行上級者向け)
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。ミャンマー旅行であればtelenorといった現地SIMか、タイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly(シムトゥーフライ)」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!
あわせて読みたい
バガン旅行の前にチェックすべきおすすめの見どころ25選と観光情報まとめ【現地ツアーも紹介】 ミャンマーのバガンってどんなところ?観光情報が知りたい! という方向けの記事を用意しました。 本記事を読むメリット ミャンマーの古都「バガン」がどんな街か分かる...
あわせて読みたい
ミャンマー旅行にクレジットカードが必要な理由とおすすめのクレカ5選 ミャンマー旅行にクレジットカードって必要?もし必要ならどのカードがおすすめなん? という方向けの記事を用意しました。 本記事の内容 ミャンマー旅行にクレジットカ...
あわせて読みたい
ミャンマー旅行の持ち物チェックリスト【必需品・役立つ便利アイテムまとめ】 今度ミャンマーに行くんやけど何を持っていけばええん?必須のやつからあると便利なものまでまとめて欲しい! 今回は、このような疑問をお持ちの方向けの記事となります...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

95年生まれの旅が好きすぎるWeb系クリエイター。ブログとYouTubeで旅の発信活動しつつ、Web制作や講師業などマルチにやってます。大学で国際学&人類学→新卒フリーランスのWebライター&旅ブロガー→パラレルワーカー。国内47都道府県と海外50ヵ国を訪問。ミャンマー好き。このサイトでは、ミャンマーの旅行情報について紹介しています。

目次