ぐちを(管理人)のnoteはこちら
海外旅行の情報

サガイン観光のおすすめスポットと行き方をご紹介【マンダレーから日帰り可能】

ミャンマー旅行が大好きなぐちを(@guchiwo583)です。

質問者
質問者

マンダレーに割と長く滞在する予定なんだけど、時間持て余しそうだなあ。どこかマンダレーの近くで観光できるところはないかな?

という人向けに、今回はマンダレー郊外の観光スポットで、マンダレー市街地から日帰りで行けるサガイン(Sagaing)という場所のご紹介です。

本記事の内容
  • サガインがどんな場所かについて紹介
  • マンダレー市内からサガインまでの行き方を紹介
  • サガイン観光でおすすめのスポットを紹介

3分ほどの記事なので、サクッと読むことができますよ。

マンダレー観光で訪れたいサガインとは?

サガインはマンダレーから南西に約15km離れた場所にある街でして、マンダレーからはエーヤワディー川を挟んだ場所に位置し、地域的にはサガイン地方域(Sagaing Division)と呼ばれるところに属します。

もともとは14世紀頃にこの地を統治したサガイン王朝に由来し、その後何度か旧ビルマ王朝の首都にもなったことがある由緒ある古都ですね。

現在では、エーヤワディー川(イラワジ川)中流域の政治・経済・交通の中心地であり、また、多くの僧院を擁する宗教都市となっています。

サガインはマンダレーに滞在中に日帰りで訪れることが可能で、後述するサガイン・ヒル等、いくつか訪れておきたい魅力的な観光地が存在しています。

 

マンダレー市内からサガインへの行き方

マンダレー市内からサガインまで行く方法をご紹介していきます。

タクシー(バイクタクシー)で行く

車のタクシーだとマンダレー市内ではあまり走っていないのと、サガイン・ヒルまでちゃんと連れて行ってくれるかは確証がつきませんが、バイクタクシーであればたくさん走っていますし、基本的にサガインまで連れて行ってくれるでしょう。

ついでに、サガインの観光スポット巡りを頼むと効率よく巡れますね。そのあたりは値段を含め、ドライバーとの交渉次第です。

▼外国語のコミュニケーションに不安な方は指差し会話帳を持っていきましょう。

おそらくですが、行くだけなら片道5,000チャット(400円)程度かと。

 

ピックアップで行く

節約したい方におすすめはピックアップと呼ばれるミャンマーの公共交通でして、僕が利用した時は、マンダレーからサガインまで片道わずか500チャット(40円)でした。

マンダレー市内の、30番通り(30th Street)と84番通り(84th Street)の交差点付近から出発していますよ。

▼ピックアップ乗り場はだいたいこの辺りです

ただし、乗り心地が悪いのと、途中頻繁に停車するのでサガインまで最低40分くらいはかかります。

▼ピックアップに乗っている間は、GPS機能付きの地図アプリで自分の現在位置を確かめるようにしましょう

Google マップ - 乗換案内 & グルメ
Google マップ – 乗換案内 & グルメ
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ
MAPS.ME オフライン地図とナビゲーション
MAPS.ME オフライン地図とナビゲーション
開発元:MY COM
無料
posted withアプリーチ

 

こちらのGoogle マップやMaps.meといったアプリがおすすめ。

ピックアップはサガインの観光スポットまでは行かないので、それらを巡る際には別途バイクタクシーを利用する必要があります。

移動が面倒な方におすすめなのは現地ツアーです

現地ツアー(オプショナルツアー)に参加してサガインに行くのもおすすめです。

こちらは自力で移動する必要もなく楽ですし、観光ガイドがついているのでより勉強にもなるでしょう。

マンダレー市内の滞在先から発着になるので、ぜひとも検討してみてください。

ちなみに、サガインの対岸に立地するインワもついでに訪れることができるツアーなので、効率よく観光ができるかと。

▶サガインを訪れるお得で便利な現地ツアー(マンダレー発着)を探す。

▼インワの観光情報はこちら

あわせて読みたい
インワ観光のおすすめスポットと行き方をご紹介【マンダレーから日帰り可能】ミャンマー旅行を研究しているぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういったことに答えていきますね。 ちなみ...

 

サガインのおすすめ観光スポット

サガインのおすすめしたい観光スポットの紹介です。

サガイン観光の際は、最初に訪れる観光スポットでパスポートを掲示し、サガイン入域料を支払う必要があります。

チケットは5,000チャット(400円)でして、1枚持つことで、有料の観光スポットを全て巡ることができます。

サガイン入域料のチケットは、サガインと同じくマンダレーから日帰りで行けるミングォン(Mingun)と共通になっているで、サガインを訪れるならついでにこちらにも行くと良いですね。

▼ミングォンの観光スポットやマンダレーからの行き方はこちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
ミングォン観光のおすすめスポットと行き方をご紹介【マンダレーから日帰り可能】ミャンマーの観光事情を研究中のぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこのような疑問を解決していきます。 この...

サガイン・ヒル(Sagaing Hill)

サガインを訪れたらマストで観光したいのがサガイン・ヒルです。

丘の標高はだいたい600メートルくらいで、多数の寺院が建てられている巡礼地でもあります。

とにかくこの場所からの眺望がとても良いので、わざわざ行く価値はあるかと。

ちなみに、サガイン・ヒルまではバイクタクシーで行くことができますよ。サガインの町からなら2,000チャット(160円)くらいで行けると思います。

▼サガイン・ヒルには観光スポットがいくつかあるのですが、それらがこちらです。

ソンユーポンヤシン・パゴダ(Soon U Ponya Shin Pagoda)

ソンユーポンヤシン・パゴダはマンダレー・ヒルの頂上にあるパゴダ(仏教寺院)です。

ここから四方を眺望することができるので、ぜひとも行きましょう。

▼詳細情報

名称(英語):ソンユーポンヤシン・パゴダ(Soon U Ponya Shin Pagoda)

住所:Sagaing, Myanmar (Burma)

入場料:サガイン入域料(5,000チャット)の掲示が必要

▼地図

ウーミントンゼー・パゴダ(U Min Thonze Pagoda)

ソンユーポンヤシン・パゴダがある頂上から少し道を下ったところにあるパゴダです。

こちらは仏像が50体以上も存在する圧巻のパゴダですね。

▼詳細情報

名称(英語):ソンユーポンヤシン・パゴダ(Soon U Ponya Shin Pagoda)

住所:Sagaing, Myanmar (Burma)

入場料:サガイン入域料(5,000チャット)の掲示が必要

▼地図

カウンムドー・パゴダ(Kaunghmudaw Pagoda)

こちらはサガイン・ヒルから5キロほど離れた場所にあるパゴダです。

スリランカのルワンワリサーヤ大塔をモデルに作られた、ミャンマーでは珍しいタマゴ形のストゥーパ(仏塔)のパゴダでして、その歴史は古く、最初の建立は1636年で、完成までに12年の歳月を費やしたそうです。

仏像だけでなく、ミャンマーの民間信仰にまつわるナッ信仰やヒンドゥー教の神様の装飾もあり、ちょっと異彩を放ったパゴダで、ちなみにですが、地元民には「おっぱいパゴダ」というあだ名もつけられています(笑)

▼詳細情報

名称(英語):カウンムドー・パゴダ(Kaunghmudaw Pagoda)

住所:Sagaing, Myanmar (Burma)

入場料:サガイン入域料(5,000チャット)の掲示が必要

▼地図

まとめ:マンダレー観光の後はサガイン観光へ

以上、マンダレー観光で訪れたいサガインのご紹介でした。

ちょっとアクセスは不便ですが、それでも行く価値はある場所かと。

現地ツアーもあるので、旅行慣れしていない方でもこちらを利用すれば安心ですね。

▼ちなみに、サガインを含めたマンダレー全域のおすすめ観光スポットはこちらの記事にまとめてあるので気になる方はぜひ読んでみて下さい。

あわせて読みたい
【網羅】マンダレーのおすすめ観光スポット【市内・郊外の16選】ミャンマー観光を追いかけているぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった要望にお答えする記事を書きます。 ...

ということで今回は以上です。

良きミャンマー観光を!