観光情報まとめ

【ミャンマー】サガインの観光情報まとめ【マンダレー郊外の仏塔と寺院の集まる宗教都市】

お得なキャンペーン情報

ソフトバンクグループが運営する電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやタブレットで気軽に読めるのでとても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者
質問者

マンダレー郊外のサガインってどんなところですか? 観光情報をまとめていただけると嬉しいです。

という方向けに、今回は現地にある程度詳しい僕がサガインの観光情報を諸々共有します。

▼本記事で共有すること

  • サガインの歴史と概要
  • サガイン観光でするべきこと
  • サガインの観光スポット情報
  • マンダレーからサガインへの行き方
  • サガインのホテル情報
  • 現地オプショナルツアー情報
  • サガインの治安や注意点について

サガイン旅行をお考えの方はこの記事が参考になると思うので、読んでもらえると嬉しいです(^^)

ちなみに、サガインへ行くにはまずミャンマー第2の都市マンダレーへ行く必要があります。

マンダレーへの飛行機は最低価格保証付き格安航空券一括予約サイトのサプライスか、ホテルとセットで割引になるエクスペディアで探すのがおすすめです。

また、マンダレーからサガインへはインワとセットで現地オプショナルツアーを使って観光もできるので、この記事を読みつつ合わせて検討してみてください。

サガインってどんな場所?

サガイン(Sagaing)は、ミャンマー第2の都市マンダレーから南西に約15km離れた場所にある町です。

サガイン地方域の州都

サガインはマンダレーからはエーヤワディー川を挟んだ対岸に位置し、地域的にはサガイン地方域(Sagaing Division)と呼ばれるところに属します。

そして、そのサガイン地方域の州都にもなっています。

サガイン地方域はとても広く、北部ではインドとも国境を接する地域ですね。

ぐちを
ぐちを
旧名なのか不明ですが、ザガインという表記になっていることもあります。

多くの仏塔や寺院が建てられている宗教都市

サガインは、もともとは14世紀頃にこの地を統治したシャン族の王朝に由来します。

この王朝はインワへの遷都によって短命に終わりましたが、サガイン自体はその後何度か旧ビルマ王朝の首都にもなりました。

こうした歴史から、サガインは仏塔や寺院が乱立する宗教都市として発展し、またマンダレーに次ぐエーヤワディー川中流域の政治・経済・交通の中心地にもなっています。

 

サガインに観光で訪れたらするべきこと

サガインを観光で訪れるなら、サガイン・ヒルに登り上からの景色を眺めましょう。

エーヤワディー川沿いに乱立する仏塔や寺院の姿は圧巻で、世界三大仏教遺跡であるバガンにも似た景色を楽しむことができます。

 

サガインのおすすめ観光スポット

サガインのおすすめ観光スポットを紹介していきます。

ちなみに、外国人が一部のサガインの観光スポットを訪れる際は入域料を支払い、ミングォンと共通のチケットを入手する必要があります。

その際にパスポートチェックがあるので、忘れずに持参するようにしましょう。

チケットは5,000チャット(約360円)で、1枚持つことで有料の観光スポットを全て巡ることができます。

サガイン・ヒル(Sagaing Hill)

先ほども紹介したサガイン・ヒル(Sagaing Hill)は、サガインを訪れたら素晴らしい眺めを見るためにマストで観光したい場所です。

丘の標高はだいたい600メートルくらいで、多数の寺院が建てられている巡礼地でもあります。

サガインの町からは、タクシー(バイクタクシー)でアクセス可能ですよ。

ちなみに、サガイン・ヒルは複数の仏教建築が建てられているので、以下で紹介していきます。

ソンユーポンヤシン・パゴダ(Soon U Ponya Shin Pagoda)

ソンユーポンヤシン・パゴダ(Soon U Ponya Shin Pagoda)は、サガイン・ヒルの頂上にある仏教建築です。

ここから四方を眺望することができ、サガイン・ヒルからの素晴らしい眺望を楽しむことができます。

▼詳細情報

名称(英語):ソンユーポンヤシン・パゴダ(Soon U Ponya Shin Pagoda)

住所:Sagaing, Myanmar (Burma)

入場料:サガイン入域料(5,000チャット)の掲示が必要

▼地図

ウーミントンゼー・パゴダ(U Min Thonze Pagoda)

ウーミントンゼー・パゴダ(U Min Thonze Pagoda)は、ソンユーポンヤシン・パゴダがある頂上から少し道を下ったところにあるパゴダです。

こちらは仏像が50体以上も存在する圧巻のパゴダとなっています。

▼詳細情報

名称(英語):ソンユーポンヤシン・パゴダ(Soon U Ponya Shin Pagoda)

住所:Sagaing, Myanmar (Burma)

入場料:サガイン入域料(5,000チャット)の掲示が必要

▼地図

カウンムドー・パゴダ(Kaunghmudaw Pagoda)

カウンムドー・パゴダ(Kaunghmudaw Pagoda)は、サガイン・ヒルから5キロほど離れた場所にあるパゴダです。

スリランカのルワンワリサーヤ大塔をモデルに作られた、ミャンマーでは珍しいタマゴ形のストゥーパ(仏塔)のパゴダです。

その歴史は古く、最初の建立は1636年で、完成までに12年の歳月を費やしたそう。

仏像だけでなく、ミャンマーの土着宗教であるナッ信仰やインドのヒンドゥー教の神様の装飾もあり、ちょっと異彩を放ったパゴダになっています。

ぐちを
ぐちを
ちなみに地元では「おっぱいパゴダ」とも言われているとか?笑

▼詳細情報

名称(英語):カウンムドー・パゴダ(Kaunghmudaw Pagoda)

住所:Sagaing, Myanmar (Burma)

入場料:サガイン入域料(5,000チャット)の掲示が必要

▼地図

マンダレーからサガインへの行き方

サガインはマンダレーから1時間程度でアクセスでき、日帰りで観光するのが一般的です。

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

あわせて読みたい
【2019年】マンダレー市内からサガインへの行き方【タクシー・ピックアップ・現地ツアー情報】 こんにちは、ミャンマー好き海外のノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回は現地の交通事...

 

サガインで観光におすすめのホテル

サガインには外国人が泊まれるホテルが数件あります。

時間がある人は、ホテル泊にしてゆっくり観光してみるのも良いと思います。

▼サガインのホテル3選はこちら

あわせて読みたい
【2019年】サガインでおすすめのホテル3選【1泊3000円程度】 こんにちは、ミャンマー好き海外のノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回は現地にある程...

 

サガインの観光スポットを訪れる現地ツアー

マンダレー市内からサガインを観光する際は、現地オプショナルツアーを利用するのもおすすめです。

自力での移動方法を考えたくない人や、日本語ガイドをつけて歴史などをしっかり勉強したい人に特におすすめですね。

こちらは大手H.I.Sのツアーで、マンダレーのホテル発着で近郊のインワを一緒に巡り、夕方にアマラプラのウーベイン橋で夕日を鑑賞するプランとなっています。

 

サガインの治安や訪れる際の注意点

2019年3月時点、外務省の海外安全ホームページではサガインの危険度はレベル1(十分注意)となっていますが、観光する分にはいたって安全です。

注意点としては、夜は非常に暗くなること、また野犬の活動が活発になる時間でもあるので、治安が良いとはいえ夜間の外出はあまりしないほうが賢明です。

 

まとめ:マンダレー滞在中はサガイン観光を行いましょう

以上、サガインの観光情報まとめでした。

サガインは周辺のアマラプラ、インワ、ミングォンを含め、マンダレー滞在中にぜひ訪れましょう。

マンダレーとはまた違った雰囲気の宗教都市になるので、それぞれの違いを楽しめるかと思います。

日帰りが基本ですが、現地で宿泊してゆっくり観光するのもアリですね。

というわけで今回の記事は以上になります。

それでは良い旅を(^^)

▼マンダレーの観光情報まとめはこちら

あわせて読みたい
【ミャンマー】マンダレーの観光情報まとめ【郊外にも見所多数ありな碁盤目状の古都です】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回は現地にある程度...

▼ミャンマー旅行の持ち物リストはこちら

あわせて読みたい
ミャンマー旅行に必要&便利な持ち物をまとめました【必需品・役立つアイテムを紹介】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマド(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はミャンマーに何度も訪れ...