おすすめ宿

【5つ星も紹介】バガンでおすすめの高級ホテル10選をエリア別に紹介

お得なキャンペーン情報

月額たったの500円で漫画や雑誌が読み放題の電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやタブレットで気軽に読めるので、とても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者さん
質問者さん

ミャンマーのバガン遺跡に行く予定ですが、どうせ行くなら良いホテルに泊まりたいと思っています。どんなホテルがありますか?おすすめがあれば知りたいです。

今回はこういった質問にお答えしていきます。

具体的にはエリアごとに高級ホテルを10ヵ所ご紹介します。

うち、5つ星ホテルが1件で残りは4つ星ホテルがほとんどです。

3分程度で読めるかと思うので、旅行の参考程度にご一読いただければと思います(^^)

バガンの高級ホテル事情

高級ホテル紹介の前に、知っておきたいバガンの高級ホテル事情を少し解説します。

5つ星ホテルは今のところ1件のみ

今のところバガンには最高級ランクの5つ星ホテルは1件のみです。

これから紹介するホテルは10件ですが、すなわち5つ星ホテルが1件ある以外は全て4つ星ホテルとなります。

また、バガンは世界遺産登録を目前に控えた関係から、新規のホテル建設に規制がかかっており、これから他の5つ星ホテルが建設される予定はない模様。

立地は3エリアに分かれる

バガンの高級ホテルの立地は、おおまかに以下の3エリアに分かれています。

①ニャウンウー(Nyaung-U)

ニャウンウーはバスターミナル、鉄道駅、空港に近く、「バガンの玄関口」とも呼べる場所です。

比較的規模の大きい町となっており、観光客向けのホテルやレストラン、土産物ショップが立ち並ぶほか、地元民向けのマーケットも存在します。

ニャウンウーに滞在するメリットは、何よりバガン到着後のアクセスの利便性が高いこと、そしてレストラン等の候補が多いことですね。

一方、地元民・観光客が多く集まるエリアになるため、喧騒は若干あります。

また、バガンの遺跡からは多少離れているので、遺跡までのアクセスは少し悪いです。

ぐちを
ぐちを

遺跡まではタクシーや馬車をチャーター、それかEバイク(電動バイク)や自転車を借りて自力で行くことになります。

②オールド・バガン(Old Bagan)

オールド・バガンは、バガンの遺跡が集中するエリアの総称です。

旧パガン朝時代の首都でもあった場所で、11~13世紀頃に建てられたパゴダ(仏塔・寺院)の多くがこのオールド・バガンに建てられています。

オールド・バガンは政府により「考古学保護区」に指定されており、現在は新規のホテル建設が最も難しいエリア。

そのため、オールド・バガンに立地するホテルは全て昔から存在する中級以上のホテルになります。

オールド・バガンに宿泊するメリットは、やはり遺跡のすぐ近くに泊まれることですね。

一方、レストランやカフェといった外出先の候補はほぼ無いです。

遺跡観光以外、滞在中はホテルで過ごすのが基本になります。

ぐちを
ぐちを
オールド・バガンに泊まれるのは高級ホテルのみなので、どうせならオールド・バガンのホテルを選ぶと良いかもしれないですね。

③ニュー・バガン(New Bagan)

ニュー・バガンは、オールド・バガンにもともと住んでいた人が「考古学保護区」の指定を受けて追い出され、新しく建設された町です。

歴史をみれば少し悲しいですが、現在は生き生きとしたローカルの雰囲気も交えつつ、観光客向けのレストラン等がバランス良く混じっているエリアになります。

ニャウンウーよりも静寂があるので、落ち着いた滞在を好む人におすすめ。

一方でバガン到着後のアクセス、そして遺跡観光のアクセスも悪いエリアになってしまいます。

ぐちを
ぐちを
ホテルにピックアップをしてもらえると便利です。

ローシーズンは宿泊費が軒並み安くなるのでお得

バガンの観光ハイシーズンは11~3月、一方ローシーズンは4月~10月くらいです。

ローシーズンはちょうど酷暑の時期(4~5月)、雨季の時期(6月~10月)に重なります。

ローシーズンは観光客が少なくなるため、バガンでは宿泊費が軒並み3割~5割程度安くなってお得に旅行することが可能。

実は、バガンは乾燥地帯であり、ミャンマーの他の地域と比べると雨が少なく、雨季でも朝や夕方にスコールがあるくらいで、日中に雨が降ることはなく、十分に観光が楽しめます。

ぐちを
ぐちを
雨季のバガンは青空と雲が広がり、草木も青々としているので良い感じですね!

 

バガンの玄関口「ニャウンウー」のおすすめ高級ホテル4選

いよいよ、バガンの高級ホテル紹介に移ります。

まずは、バガンの玄関口「ニャウンウー」のおすすめ高級ホテル4選。

ホテルの立地は以下のマップに記載してあるので、そちらもどうぞ。

▼バガンの高級ホテルマップ(ニャウンウーのホテルは赤色

オウリアム パレス ホテル & リゾート (Aureum Palace Hotel & Resort)

(引用:agoda)

オウリアム パレス ホテル & リゾート (Aureum Palace Hotel & Resort)は、ニャウンウーの中心地から車で15分くらいの場所に立地し、バガンで唯一の5つ星ホテルになります。

軍によって昔建てられたとされるリゾートタイプのホテルで、バガンの他のホテルと比べても規模が桁違い。

内観もゴージャス極まりなく、宿泊者を圧倒させるつくりとなっています。

▼客室の様子

プールからはバガンの遺跡群が一望でき、近くにはバガンの素晴らしいパノラマを360度見渡せる「バガン・ビューイング・タワー」もあります。

また、ゴルフ場(バガン・ニャウンウー・ゴルフクラブ)もすぐ隣りにあるので、ゴルフ好きの人にもおすすめホテルです。

アメージング バガン リゾート (Amazing Bagan Resort)

(引用:agoda)

アメージング バガン リゾート (Amazing Bagan Resort)は、ニャウンウーの中心部から車で3分、自転車で10分ほどの距離にある4つ星ホテルです。

とてもゴージャスな内観で、清潔感あふれます。

客室も1つ1つが広々としたつくり。

▼客室の様子

(引用:agoda)

ホテルのEバイクを借りて遺跡観光に出ることもできますよ。

先ほどの、オウリアム パレス ホテル & リゾートの近くなので、「バガン・ビューイング・タワー」や「バガン・ニャウンウー・ゴルフクラブ」へのアクセスも抜群です。

ヘリテージ バガン ホテル (Heritage Bagan Hotel)

(引用:agoda)

ヘリテージ バガン ホテル (Heritage Bagan Hotel)は、ニャウンウー空港のすぐ近くに立地する4つ星ホテルです。

空港からのアクセスで選ぶならこのホテルが一押し。

新しく建てられたばかりのホテルで、客室も綺麗です。

▼客室の様子

(引用:agoda)

屋外プール、スパ、マッサージなどのリラクゼーションも充実していますよ。

アナンタ バガン ホテル (Ananta Bagan Hotel)

(引用:agoda)

アナンタ バガン ホテル (Ananta Bagan Hotel)は、ニャウンウー中心部から車で5分ほどの距離に立地する4つ星ホテルです。

規模としては比較的コンパクトでこじんまりとしていますが、スタッフのホスピタリティーに定評のあるリゾートホテル。

客室も綺麗で広々としています。

▼客室の様子

レンガ造りの建物がバガンの景観とよく似合いますね。

バガンの代表的な建築物「シュエジゴン・パゴダ」や「ティーロミンロー寺院」へのアクセスも良いです。

 

遺跡に近い「オールド・バガン」のおすすめ高級ホテル3選

ここからはバガンの遺跡群が立ち並ぶオールド・バガンのおすすめ高級ホテルを3つ紹介します。

▼バガンの高級ホテルマップ(オールド・バガンのホテルは青色

バガン ティリピセヤ サンクチュアリ リゾート (Bagan Thiripyitsaya Sanctuary Resort)

(引用:agoda)

バガン ティリピセヤ サンクチュアリ リゾート (Bagan Thiripyitsaya Sanctuary Resort)は、オールド・バガンの西側、エーヤワディー川沿いにたたずむホテルです。

日系のホテルであり、日本人スタッフもいるので安心のホテルですね。

日本とミャンマーの両方のホスピタリティーを良いところどりしたホテルと言えます。

客室もシックな装いで広々としています。

▼客室の様子

(引用:agoda)

ガーデンビューとリバービューの部屋がありますが、個人的にはリバービューがおすすめです。

特に夕陽に染まるエーヤワディー川の景色はとても美しく、必見ですよ。

エーヤ リバー ビュー リゾート (Aye Yar River View Resort)

(引用:agoda)

エーヤ リバー ビュー リゾート (Aye Yar River View Resort)も、エーヤワディー川を望めるホテルです。

広々とした屋外プールと、嬉しいバスタブ付きの客室が用意されています。

▼客室の様子

(引用:agoda)

オールド・バガンの建造物の中では「ブー・パヤー」に近い立地となります。

また、「バガン漆器博物館」もすぐ近くにあるので合わせて訪れると良いでしょう。

ザ ホテル @ タラバー ゲート (The Hotel @ Tharabar Gate)

(引用:agoda)

ザ ホテル @ タラバー ゲート (The Hotel @ Tharabar Gate)は、オールド・バガンの遺跡建築「タラバ―門」近くに立地する4つ星ホテルです。

何より特徴的なのがロビーの天井の高さ。

これは、バガンの王宮をイメージした作りとなっていて、客室も同様に天井が高く設計されており、開放的です。

▼客室の様子

(引用:agoda)

「アーナンダ寺院」や「タビンニュ寺院」といったオールド・バガンの有名遺跡建築にもアクセス抜群の絶好のロケーションです。

 

静寂ある「ニュー・バガン」のおすすめ高級ホテル3選

最後は静寂ある町「ニュー・バガン」のおすすめ高級ホテルをご紹介。

▼バガンの高級ホテルマップ(ニュー・バガンのホテルは黄色

バガン ロッジ ホテル (Bagan Lodge Hotel)

(引用:agoda)

バガン ロッジ ホテル (Bagan Lodge Hotel)は、ニュー・バガンでは最高級クラスのホテルです。

広大な敷地に立派なガーデンと2つもプールを備えており、快適なリゾートホテル。

客室はダブル、ツインのほか、スイートルームを選ぶことができます。

▼客室の様子

(引用:agoda)

ホテル周辺は静かで何もないエリアなので、正直利便性はあまり良くありませんが、ゆったりとしたホテル滞在が好みの人であれば、満足のいく滞在になるかと思います。

▼ちなみに、こちらはYouTubeの動画があります

アマタ ガーデン リゾート バガン (Amata Garden Resort Bagan)

(引用:agoda)

アマタ ガーデン リゾート バガン (Amata Garden Resort Bagan)は、ニューバガンの東側に立地するホテルです。

こちらはバガンでは珍しく白色の欧風モダンなテイストの建物で、全体的に明るい雰囲気があります。

最近できたばかりの新しいホテルなので、客室もとても綺麗です。

▼客室の様子

(引用:agoda)

ホテルの近くにはレストランもあるので、滞在中は外食を楽しむと良いでしょう。

ミャンマー トレジャー リゾート ホテル (Myanmar Treasure Resort)

(引用:agoda)

ミャンマー トレジャー リゾート ホテル (Myanmar Treasure Resort)は先ほどのアマタ ガーデン リゾート バガンのすぐ近くに立地しています。

こちらはバガンでは一般的なレンガを使用した建物です。

客室を含め、内装はシックな赴きでスタッフのホスピタリティーにも定評があります。

▼客室の様子

(引用:agoda)

ニュー・バガンでは比較的安めの価格帯でコスパの良い高級ホテルになります。

 

まとめ:バガンの高級ホテルで最高の贅沢を楽しもう

以上、バガンでおすすめの高級ホテル10選でした。

高級とは言え、日本で言えばビジネスホテルくらいの値段で泊まれるところも多いので、コスパ良くリゾート感覚を味わうことができます。

せっかく高級ホテルに泊まるなら、高級ホテルのみ滞在が許されるオールド・バガンに泊まるのが無難ですね。

特に、バガン ティリピセヤ サンクチュアリ リゾートは日本人スタッフもいるので安心です。

ただし、唯一の5つ星ホテルであるニャウンウーのオウリアム パレス ホテル & リゾートや、ニュー・バガンで最高級のバガン ロッジ ホテルは要チェックだと個人的には思います。

というわけで、今回の記事は以上になります。

バガン旅行の参考になれば嬉しいです(^^)

▼バガンの観光情報まとめはこちら

あわせて読みたい
【ミャンマー】バガンの観光情報まとめ【旅行で必ず訪れたい世界三大仏教遺跡の1つです】 こんにちは、ミャンマー好き海外のノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はバガンへ3度...