カフェ

【全部行った】ヤンゴンのカフェ21選【ノマドおすすめカフェや猫カフェも紹介】

ぐちを
ぐちを
元学生バックパッカーで現海外ノマド、海外では特にミャンマーが好きで他に50ヵ国くらい渡航経験ありのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
ヤンゴンのカフェ情報が知りたい!立地やWi-Fiの良し悪しとか、店内の雰囲気とか詳しく教えて!

という方向けの記事を用意しました。

本記事の内容
  • ヤンゴンで僕が行ったカフェ21ヵ所を紹介
  • ノマドワーカーにおすすめのカフェTOP5を厳選

この記事では、僕が2018年12月にヤンゴンを訪れた時に調査した21ヵ所のカフェについてレビューを紹介します。

また、記事の後半ではWiFiや電源があり、ノマドワークにも利用できるカフェをまとめていくので、ぜひ参考にしてみてください。(^^)

▼ヤンゴン行きの格安航空券検索はこちら

▼ヤンゴンの現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ

ヤンゴンの現地オプショナルツアーを調べる

ヤンゴンのカフェ事情

ダウンタウンの夜景(ヤンゴン、ミャンマー)

カフェ紹介の前に、現在のヤンゴンのカフェ事情を少しだけ解説します。

カフェは最近になって増加

僕がミャンマーに初めて訪れたのは2016年の3月なんですが、その時と比べると現在カフェの数はかなり増えてきた印象です。

もともと欧米スタイルのカフェ文化があまり発展していなかったミャンマーですが、最近は外国人も利用しやすいオシャレなカフェがダウンタウンを中心に多く見受けられるようになっています。

Wi-Fiは基本どこでもあり

ちなみに、カフェにWi-Fiはほぼどこでもありますが、スピードは正直に言うと微妙なところ。

場所によってはかなり遅かったり、また速くても停電などの理由でWi-Fiが途切れることがあったりします。

ぐちを
ぐちを
特に10mbpsを超えるスピーディーなWi-Fiがあるカフェはヤンゴンだとかなり限られてきますね…。

なので、カフェで仕事や何らかの作業をしたい人は、カフェ選びがとても重要になります。

記事の後半でノマド向きカフェを5ヵ所厳選してますので、ノマドワークしたい人はそちらのカフェをぜひ利用してください。

ちなみに、WiFiの遅いミャンマーですが、現地のSIMは4G回線が利用できるのでかなりスピーディーです。

価格も1,000円以下と激安なので、空港に着いたら入手しておくことをおすすめします。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
なるほど!ミャンマーはWiFiよりもSIMカードが便利なんだね!

▼ミャンマーのSIMカードについて詳しくはこちら

あわせて読みたい
【2019年版】ミャンマーSIMカード3社の料金や特徴を解説【旅行ならtelenorがおすすめ】 という方向けの記事を用意しました。 この記事を読むことで、ミャンマーのSIMカード選びに困ることがなくなり...

 

ヤンゴンのおすすめカフェ(ダウンタウン)

ダウンタウンの街並み(ヤンゴン)

さて、いよいよカフェ紹介に移ります。

まずはダウンタウンのカフェからご紹介しますね。

ダウンタウンはヤンゴン市街地南側エリア一帯のことで、イギリス統治時代に建てられたコロニアル建築が立ち並び、また活気あふれるインド人街やチャイナタウンもあるザ・ヤンゴン的な場所です。

ヤンゴン滞在の拠点としておすすめがこのダウンタウンであり、今回ご紹介するカフェも多くがダウンタウンにあります。

▼ヤンゴンのカフェマップはこちら(赤色のカフェマークがダウンタウンのカフェです)

El Cafe

El Cafeはダウンタウンの西側、「Anawrahta Road」沿いにある小さなカフェ。

何と言ってもコーヒーの価格が安く、かつWi-Fiが速くて電源もあるというノマドワーカーにとってはコスパ最強なのがこのEl Cafeです。

ダウンタウンのカフェとしては立地が若干良くない気がしますが、ヤンゴンでノマドワークしたいならわざわざ訪れる価値があるカフェですね。

パン パシフィック ヤンゴンのカフェ

ショッピングモール「ジャンクション・シティ」のGF階にあるカフェで、5つ星ホテルのパン パシフィック ヤンゴンの系列です。

5つ星ホテルのオシャレでゴージャスなカフェなのに、コーヒーがわずか5000チャット(約360円)で飲めてしまうのがヤンゴンならではですね。

ぐちを
ぐちを
ちなみに、ここのケーキもめっちゃ美味しいのでぜひ食べてみてください!

何よりここはWi-Fiが爆速で100mbpsを超え、調査したヤンゴンのカフェの中では断トツトップの速さでした。

電源が見当たらなくて残念というツイートをしたんですが…

この通り、真ん中の席だったらあるみたいですね。

スーレー シャングリラ ヤンゴンのカフェ

先ほどのパン パシフィック ヤンゴンと同じく、5つ星ホテルで有名なスーレー シャングリラ ヤンゴンのカフェです。

宿泊者じゃなくても利用可能で、コーヒー1杯4USドルから。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
5つ星ホテルのカフェなのにコーヒーがたったの400円ちょっとってヤンゴン凄い

安定したWi-Fiと電源があるノマドワーカーの作業場としても優秀なカフェですが、内装がオシャレすぎで普通にカフェする分にも凄く楽しい場所ですね。

Gloria Jean’s Coffee

ジャンクション・シティ2階のオーストラリア系チェーン、Gloria Jean’s Coffeeです。

電源の数が多く、Wi-Fiもまあまあ良いレベルでしたが、僕が利用した時は急にWi-Fiが不安定になる時がありました。

このすぐ隣にはOld Town White Coffeeもあり、こちらでもノマドワーク可能なので、合わせて検討してみましょう。

Freedom Cafe Sule

ダウンタウンの「32nd Street」沿いのカフェで、スーレー シャングリラ ヤンゴンの裏側に立地しています。

このカフェは2階席が座敷になっていて、インスタ映えする可愛い系のジュースが多いのが特徴。

ノマドワーカーよりは、女子会やまったり利用したい人向けです。

Café Genius

こちらは「31st Street」に立地するカフェ。

Wi-Fiも電源もないようなので、ノマドワーカーには不向きです。

ただし、コスパ良く利用できるカフェなので、休憩がてら利用してみるのはアリですね。

ぐちを
ぐちを
すぐ以下で紹介するスコット @ 31st Streetのカフェにも近い立地です!

スコット @ 31st Streetのカフェ

「31st Street」沿いのホステル、スコット @ 31st Streetは、1階がカフェになっていて宿泊者以外も利用可能となっています。

Wi-Fiも安定していてほぼ全ての席に電源があるノマドワークには申し分のない場所。

このホステルそのものがアゴダ評価9.0と、ヤンゴンの格安ホステルの中でもかなりおすすめです。

ここに宿泊しながらノマドワークもできちゃいますし、居心地最高なのでたぶん仕事もはかどるかと。

ぐちを
ぐちを
ちなみに、夜遅くまで利用可能なようです。ホステルは24時間対応フロントなので、もしかしたらカフェも24時間利用可能かも。

21 ホステルのカフェ

こちらの21 ホステルも上記で紹介したスコット @ 31st Streetと同様、1階部分がカフェとなっているホステル。

コーヒーの価格も安く、Wi-Fiもかなり良い感じです。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
次はこのホステルのレビューもしてよ!
ぐちを
ぐちを
わかった(笑)

バオバベッド ホステルのカフェ

このバオバベッド ホステルもホステル一体型のカフェで、宿泊者以外も利用可能。

僕はこちらで宿泊もしたんですが、滞在者が多くなる夕方や夜など、時間帯によってWi-Fiが遅くなる時があります。

とは言え、ノマドワーカーの作業場としてはとても優秀なカフェかと。

ぐちを
ぐちを
めっちゃ居心地の良いホステルなので宿泊利用にもおすすめですよ!

Café Salween

ダウンタウンの東側、「47th Street」にあるオシャレカフェです。

Wi-Fiも速く、電源もたくさんあるのでノマドワーク向き。

実際に作業している人も多かったですね。

ぐちを
ぐちを
値段はヤンゴンでは高めですが、ノマドワーカーにはかなりおすすめしたいカフェです!

KAFE IN TOWN

KAFE IN TOWNはダウンタウンの東側、「Merchant Road」沿いにあります。

ミャンマー料理を中心とする食事メニューが豊富で、どちらかと言うとレストランにも近い雰囲気。

ノマドワークも可能ですが、会食などの利用におすすめかなと思います。

CAFFA (MYANMAR)

KAFE IN TOWNから歩いてすぐの距離にあるカフェです。

こちらのほうがノマドワークに適していて、値段も安く、コスパ良し。

ただし、電源があまり多くないので、必要な人は真っ先に確保するのが前提になってしまいますね。

Home Sweet Home

ダウンタウンの西側、「Strand Road」沿にあるカフェです。

デザート類がとても充実していて女性向きな気がしました。

香港系(?)か何かのカフェみたいですね。

Yangon Language Cafe

このカフェはちょっと特殊なカフェ。

というのも、イギリス留学していたミャンマー人女性が、「ヤンゴンに語学学習のスペースが少ないから」という理由で開業したカフェだそうです。

店内には語学学習者向けの本がたくさん置いてあってまさに名前の通りのカフェとなっており、パソコンでの作業にも向いていました。

ただし、ダウンタウン外れにあって立地はちょっと悪いですね…。

Easy Cafe

ジャンクション・シティやボージョー・アウンサン・マーケットがあるエリアの北側、「Bo Yar Nyunt Street」沿いにあるカフェです。

Wi-Fiが速くてノマドワークに最適ですね。

この通りは外国人向けのレストランやバーもたくさんある楽しいエリアなので合わせて行ってみましょう。

ぐちを
ぐちを
フラット・ホワイトが頼めるカフェはヤンゴンでは珍しいかも?

 

Craft Cafe

Craft Cafeも「Bo Yar Nyunt Street」沿いにあります。

先ほどのEasy Cafeにも近いです。

ぐちを
ぐちを
ツイートではEl Cafeに近いと書いちゃってますが、Easy Cafeの間違いです!

こちらはEasy Cafeよりも店内が広く2階まであるんですが、利用者はそれほど多くなく落ち着いて利用できる印象でした。

あと、2階は冷房がそれほどキツくなかったので、寒いのが苦手な人はそちらが良いと思います。

 

ヤンゴンのおすすめカフェ(ダウンタウン以外)

ここからは、ダウンタウン以外でおすすめのカフェを紹介。

ヤンゴン最大のモール「ミャンマー・プラザ(Myanmar Plaza)」があるインヤー湖周辺エリアや、程よくローカルな雰囲気もあって外国人の長期滞在者にも人気が高いサンチャウン(San Chaung)エリアのカフェを中心に訪れました。

▼こちらの地図では青いカフェマークの場所です。

THE COFFEE BEAN & TEA LEAF

ヤンゴン最大のモールであるミャンマー・プラザのGF階(日本で言う1階)にあるカフェです。

パソコンをカタカタしている人も多い印象でした。

僕が利用した時はWi-Fiが微妙だったんですが、良い時もあるようですね。

▼下記ツイート参照

Victoria Coffee Lounge

こちらはミャンマー・プラザの1階(日本で言う2階)にあるカフェ。

スペースは小さく、ノマドワークには不向きですが、何より安く、パン・ケーキ類も充実しています。

ミャンマー・プラザでコスパ良く休憩したい人にはおすすめですね。

The District Coffee Lounge

こちらはミャンマー・プラザ近くの「Saya San Road」沿いにあるカフェです。

落ち着いいて雰囲気なのがグッドですが、停電が多く、その度にWi-Fiが切れることがありました。

作業はできなくもないですが、わざわざこのカフェを訪れる理由は特にないしょう。

ぐちを
ぐちを
僕は人と会う予定もあってこちらを利用しました。会食での利用は結構アリだと思います。

Tokyo Coffee Cafe & Bar

こちらはサンチャウン(San Chaung)地区にある日本人経営のカフェです。

内装はまさに日本の喫茶店のような雰囲気。

年配の日本人男性と若いミャンマー人の従業員(日本語少し話せる)が働いていました。

Wi-Fiも調査した中では2番目のスピードだったので、ノマドワークにも向いてますよ。

ヤンゴンで日本を感じられ、日本食も味わえるわりに全体的な価格が安かったのが印象的でした。

ダウンタウンに滞在している場合、行くのが面倒にはなってしまいますが、サンチャウン地区の街歩きついでに行ってみるとおもしろいと思います。

ぐちを
ぐちを
日本食の日替わりランチもやっています!
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
え、それ最高

 

おまけ:ヤンゴンの猫カフェ

Freedom Cafe

Tokyo Coffee Cafe & Barと並び、サンチャウンを訪れたらぜひ行って欲しいカフェです。

こちらのカフェはヤンゴン唯一の猫カフェでして、2階部分がネコのいるスペースとなっています。

入ってないですが、3階にはワンちゃんもいるみたいですよ。

ネコ・イヌ達がいるスペースに入るにはそれぞれ別途5,000チャット(360円)の支払いが必要です。

ドリンクメニューはダウンタウンのFreedom Cafe Suleと同じでした。

同じ系列なんでしょうね。

ぐちを
ぐちを
Wi-Fiあるか聞いたら「ない」という回答でした。ノマド目的で来る場所ではないですね。ですが、ネコちゃんが可愛すぎて3時間くらい滞在してしまいました…笑

 

ヤンゴンのWi-Fiが速いノマド向きカフェおすすめ5選

以上が僕が訪れたヤンゴンのカフェ21ヵ所の紹介でした。

この中からWi-Fiスピードや電源の有無、居心地の良さを考慮し、僕がノマドワーカーの作業場としておすすめしたいカフェを5つピックアップしてみます。

▼結果はこちら(個人の主観です)

  1. El Cafe
  2. スーレー シャングリラ ヤンゴンのカフェ
  3. Café Salween
  4. Tokyo Coffee Cafe & Bar
  5. 21 Hostel

こんな感じですね。

Wi-Fiヤンゴン最速だったパン パシフィック ヤンゴンのカフェは、作業場として利用しなかったので今回は除外しました。

4位のTokyo Coffee Cafe & Barを除いた全てのカフェがダウンタウンにあるので、カフェ利用をしたいノマドワーカーはとりあえずダウンタウンに泊まるのが良いかと。

上記5ヵ所以外でもノマドワークできるカフェは多いので、ご自身でカフェ巡りして色々比較してみるのも良いと思います。

▼ヤンゴンの短期ノマド移住についてはこちら

 

 

今回はPolcaでヤンゴンのカフェ調査を企画しました

ちなみに、今回のカフェ巡りはヤンゴンのカフェを調査する目的で行いました。

その際、polcaによるカフェ代の支援を企画し、結果20人から6,300円の温かいご支援をいただくことができました。

▼支援者のみなさま

ぐちを
ぐちを
支援者の皆様、ありがとうございました!

 

まとめ:ヤンゴンに来たらカフェ巡りも楽しい

ヤンゴンのEl Cafe

以上、ヤンゴンのカフェ21選でした。

最近になって作られた新しいものばかりで、内装がオシャレなところも多いです。

ぜひ、ヤンゴン滞在中は休憩も兼ねて、こうしたカフェへ足を運んでみてください。

この記事が参考になれば何より嬉しいです(^^)

▼ヤンゴン行きの格安航空券検索はこちら

▼ヤンゴンの現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ

ヤンゴンの現地オプショナルツアーを調べる

ミャンマーでネットを使う
  1. レンタルWiFi
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。ミャンマー旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。ミャンマー旅行であればtelenorといった現地SIMか、タイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!