海外ホテル

【2019年版】ミャンマーのホテル事情を解説【料金相場・宿泊の注意点など】

ぐちを
ぐちを
どうも、海外(特にミャンマー)が好きで50ヵ国くらい渡航経験があるブロガーのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
ミャンマーのホテル事情について詳しく教えて!

という方向けの記事を用意しました。

本記事の内容
  • ミャンマーのホテル事情について解説
  • ミャンマーのホテルの種類と料金相場を解説
  • ミャンマーのホテルの注意点を解説

この記事を読むことで、ミャンマーのホテルについてひと通り分かるようになっています。

旅行の参考にぜひ読んでもらえると嬉しいです(^^)

▼ミャンマー行きの航空券検索はこちら

▼ミャンマーの現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ
ミャンマーの現地オプショナルツアーを調べる

▼日本発のミャンマーツアーならH.I.S
ミャンマーの観光ツアー(首都圏発着)を調べる

ミャンマーのホテル事情とは?

さっそくミャンマーのホテル事情について見ていきましょう!

バックパッカー向けの安宿〜高級リゾートホテルまで種類は豊富

バガンのティリピサヤ サンクチュアリ リゾート(引用:Booking.com)

ミャンマーのホテルは、バックパッカー向けのゲストハウスホステルといった安宿から、比較的居心地の良い中級ホテル、そしてラグジュアリーな高級ホテルに至るまで、選択肢が豊富にあります。

特に、

といったミャンマーを代表する観光地ではこれは顕著です。

最大都市のヤンゴンに関しては、日本語が通じる日系ホテルも結構ありますよ。

ただし、マイナーな地方の観光地ではホテル数が少なく、あまりバリエーションに富んでないこともあるのでご注意を。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
例えばどんなところ?
ぐちを
ぐちを
バゴーパテインといった地方都市は格安ホテル~中級ホテルしか存在せず、バックパッカー向けのホステルや高級ホテルはありません。

外国人が泊まれるホテルは国のライセンス取得が済んだもの

(引用:agoda)

少し余談ですが、ミャンマーではホテル側に対し、国のライセンス取得が済んでないとと外国人を泊めることができない規制をかけています。

地図などで、「Burmese Only(ミャンマー人限定)」と表示されているホテルについては、ライセンスの認可が済んでいないものとなるため、外国人が泊まることはできません。

といった有名な宿泊予約サイトでも、たまに「Burmese Only」の場所が出てくるのでご注意を(地方都市に多い)。

また、ミャンマーでは民泊に対しても厳しい規制がかかっていて、AirBnBはあまり普及していません。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
いろいろと複雑だけど、とりあえず「Burmese Only」のところじゃなければ僕たちは泊まれるってことだね!
ぐちを
ぐちを
むしろ、国策でちゃんと外国人対応ができるところに泊まれる仕組みになってるので、利用者側としては安心できますね。

朝食付きが当たり前

ミャンマーのホテルでは、朝食付きが当たり前となっています。

▼参考ツイート

上記ツイートの通り、1泊600円の格安ゲストハウスでもこのような立派な食事が提供されますし、中には1泊400円代で朝食ビュッフェの場所もありました。

これはおそらく、ミャンマーは元イギリス領なのでB&B文化が根付いているのではないかと推測されます。

また、ホスピタリティ溢れる国なので、朝食の提供=当然のもの考えてそうですね。

ぐちを
ぐちを
僕自身、数々のホテルやゲストハウスに泊まってきましたが、過去に朝食が出てこなかった場所は記憶にありませんね
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
ミャンマーのホテルすごい!

フロントでバス予約が可能(ピックアップもあり)

501 マーチャント ベッド&ブレックファストのフロント(引用:Booking.com)

ミャンマーのホテルのほとんどでは、フロントでバスチケットの予約が可能となっています。

わざわざバスターミナルまで行って購入しなくてもホテルで購入できるので便利ですし、相場と同じ値段で買えるので安心できますよ。

ヤンゴン以外の都市であれば、ホテルからバスターミナルまでの送迎(ピックアップ)も無料で付いている場合が多いですね。

また、バスの運行ルート上にホテルが立地している場合は、ホテル前で停車してくれてそこで乗れる場合もあります。

この辺はホテルごとに対応が異なりますが、フロントのスタッフが丁寧に対応してくれると思います。

ぐちを
ぐちを
ちなみに、ヤンゴンでは基本的に自力でバスターミナルまで行かないといけません。バス出発の2時間前(夕方~夜の渋滞時は3時間前)にタクシーやYBSの36番バスを利用してアウンミンガラー・バスターミナルへ向かうようにしましょう。

▼ヤンゴン市内からバスターミナルまでの行き方について詳しくはこちら

あわせて読みたい
【2019年版】ヤンゴン市内(ダウンタウン)からバスターミナルまでの行き方【36番バスかGrabがおすすめ】 今回はこういった質問にお答えしていきます。 結論を先に言うと、ヤンゴンからミャンマーの地方へ行くバスが発着するター...

近年は宿泊費が激安に

ミャンマーは民主化直後の2016年くらいまでは宿泊費が高いことで有名でしたが、近年は宿泊費が激安になっています。

これは、ここ数年でホテルの建設が一気に進んだものの、思うように観光客が伸びていないのが大きな要因です。

ぐちを
ぐちを
具体的な料金の相場については以下で解説していきますね。

 

ミャンマーのホテルの種類と料金相場(ランク別)

ここからは、ミャンマーにあるホテルの種類をランク別に紹介し、それぞれの料金相場ホテル事情を解説していきます。

高級ホテル(1泊8,000円〜)

ヤンゴンの高級ホテル「セドナ ホテル」(引用:Booking.com)

都市部を有名観光地を中心に、外国人観光客や現地の富裕層をターゲットにした4つ星・5つ星の高級ホテルもミャンマーにはたくさんあります。

形態も

  • シティホテルタイプ
  • リゾートホテルタイプ
  • コロニアルホテルタイプ

などに分かれていて、

これら高級ホテルでは、豪華で広々とした部屋充実のアメニティ設備はもちろん、プールフィットネスルーム、また館内に高級レストランを備えたところが多いです。

セドナ ホテル ヤンゴンの客室(引用:Booking.com)

高級ホテルとは言え、ミャンマーではオフシーズンの最安価格で1泊8,000円から泊まることが可能です。

シャングリラ ホテルパン パシフィック ホテルといった日本では1泊数万円するホテルでも、ミャンマーなら1泊1万2,000〜1万5,000円程度

しかも部屋単位の価格なので、2人で割れば1人あたりその半額と、日本では考えられないほどの安さでラグジュアリーな宿泊体験を得ることができます。

ぐちを
ぐちを
学生の方も1泊くらいこうした高級ホテルに泊まってみるのもおすすめです!飲み会を2〜3回我慢して、普通では味わえない経験に投資しましょう!
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
ミャンマーに来たら1回くらいは泊まってみたい!

中級ホテル(1泊3,000円〜8,000円)

ヤンゴンの中級ホテル「ホテル 51」(引用:Booking.com)

中級ホテルは多くが3つ星程度で、高級ホテルほどの豪華さには無いものの、一通りのサービスとアメニティーを備えた場所がほとんどになります。

ホテル 51の客室(引用:Booking.com)

相場は1泊3,000円から高くても8,000円くらいまでで、「それほどお金は出せないけど、ある程度快適なところに泊まりたい!」という人に特におすすめですね。

ちなみに、ヤンゴンにある日系ホテルの多くは、この中級ホテルとなります。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
日系ホテルなら日本人にも安心だね!

格安ホテル(1泊1,000円〜3,000円)

バゴーの格安ホテル「アマラ ゴールド ホテル」(引用:Booking.com)

格安ホテルは必要最低限の環境とアメニティーのみを備えた1〜2つ星のホテルとなります。

狭い部屋にベッドと水周りの設備があるだけ、といった様相ですね。

アマラ ゴールド ホテルの客室(引用:Booking.com)

料金相場は1,000円〜3,000円程度

朝食に関しては、別室の共有ダイニングルームで食べるケースがほとんどになります。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
寝るためだけなら格安ホテルで十分かも!

ゲストハウス(1泊500円〜1,500円)

モーラミャインの「ブリーズ ゲストハウス」(引用:Booking.com)

ゲストハウスはリーズナブルにアットホームな環境で泊まれるのが特徴の宿泊施設です。

場所によっては格安ホテルやホステルと兼ねているところもありますね。

簡素で狭い部屋にベッドと必要最低限のアメニティーがあるだけ、トイレやシャワーは共同の場所が多いです。

(引用:Booking.com)

快適さには欠ける場合もありますが、旅慣れしている人には節約しつつ旅人との情報交換もできるので、ぜひおすすめしたいですね。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
アットホームなところはメリットだね!

ホステル(1泊400円〜1,500円)

ニャウンシュエのバオバベッド ホステル(引用:Booking.com)

ホステルはバックパッカーをメインターゲットとした場所で、大部屋に複数人で泊まるドミトリータイプの宿泊施設となります。

ミャンマーのホステルは2016年以降の建設ラッシュで急激に増加したので、比較的新しく綺麗な設備の場所が多いです。

共有ですがベッドにカーテンが付いているところがほとんどなので、一定のプライバシーが保てる環境ではありますよ。

バオバベッド ホステル ニャウンシュエの客室(引用:Booking.com)

料金相場は場所にもよりますが、ヤンゴンでは最安で400円からあります。

バガンやインレー湖といった有名観光地でも高くて1,500円程度ですね。

ゲストハウスと同じく世界中からバックパッカーが集まる場所になるので、旅人との出会いや情報共有を求めている人にはおすすめです。

ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
意外と綺麗で快適な場所が多そうだね!
ぐちを
ぐちを
正直に言うと、1,000円程度で格安ホテルのシングルに泊まるよりは、同じ値段でホステルのドミトリーに泊まったほうが綺麗で快適なことが多いです!

 

ミャンマーのホテルに宿泊する際の注意点

最後に、ミャンマーのホテルに宿泊する際の注意点を解説していきます。

事前予約が無難

ホテルに泊まる際は、旅行シーズンやお祭りがある時などは予約が困難になることがあるので、事前に予約しておくのが無難です。

予約する際は、

といったサイトを使うのが一般的です。

また、Hotels Combined というサイトを使うと様々な宿泊予約サイトを一括検索して最安値を表示してくれるので、こちらもぜひ活用してみましょう。

WiFiは弱いところが多い(特に安宿)

ミャンマーはネット環境が不十分なので、WiFiスピードが遅いことがあります。

特に低価格の宿泊施設では使いものにならないレベルで遅いこともあります。

対策として、現地で使えるSIMカードレンタルWiFiをあらかじめ準備しておくと良いでしょう。

停電は頻繁にある

また、ミャンマーの電力事情は悪く、停電も頻繁にあります。

その間は部屋の電気やWiFiが一切使えなくなるので、復旧するまで気長に待つしかありませんね。

一部の中級・高級ホテルでは自家発電装備で対応してくれるところもあります。

トイレットペーパーは基本的に流せない

ミャンマーでは、基本的にトイレットペーパーをトイレに流すことができません。

ホテルのトイレでは使用後のトイレットペーパーを入れるための箱が置いてあり、そこに入れる形となります。

一応ウォシュレットは東南アジアでよく見られるノズル式のものがありますが、日本人には使いにくいので必要なら携帯ウォシュレットを持っていくと安心ですね。

▼TOTOの携帯ウォシュレット

虫に注意

ミャンマーは熱帯の国なので、虫が多いです。

ホテルで特に注意するべきなのは、

  • ダニ
  • ナンキン虫
  • ゴキブリ

といった虫になるでしょう。

特に、低価格で設備の古いホテルほど出てくる可能性が高いですね。

蚊に関しては、個人的に蚊のいなくなるスプレーが効果が高いのでおすすめ。

自分の泊まる部屋に2〜3回噴射するだけで、蚊の撃退効果がありますよ。

▼蚊のいなくなるスプレー(24時間有効)

虫に刺された場合は、応急処置としてムヒを活用しましょう。

万が一症状の悪化や感染症のリスク等がある場合には、現地の病院に行くことを強くおすすめします。

▼ムヒ

 

まとめ:ミャンマーのホテル事情は近年改善が進んでいる

セドナ ホテル ヤンゴン

以上、ミャンマーのホテル事情やホテルタイプ別の料金相場について解説しました。

ミャンマーのホテル事情は近年改善が進んでいて、快適に泊まれる場所が多くなってきています。

ホテルのタイプ別ではそれぞれメリット・デメリットがあるので、ご自身の旅行スタイルに合わせて好みの場所を選びましょう。

たまには高級ホテル、たまにはホステルと価格帯を変えてみて違いを楽しむのも旅行の経験としておもしろいかと思いますよ(^^)

▼ミャンマー行きの航空券検索はこちら

▼ミャンマーの現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ
ミャンマーの現地オプショナルツアーを調べる

▼日本発のミャンマーツアーならH.I.S
ミャンマーの観光ツアー(首都圏発着)を調べる

ミャンマーでネットを使う
  1. レンタルWiFi
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。ミャンマー旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。ミャンマー旅行であればtelenorといった現地SIMか、タイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!