アクセス

【2019年】ヤンゴン国際空港から市内(ダウンタウン)までの行き方【バスが35円で最安】

お得なキャンペーン情報

ソフトバンクグループが運営する電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやタブレットで気軽に読めるのでとても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者
質問者

ヤンゴン国際空港から市内まではどのような手段で行くことができますか?

という方向けに、ミャンマーの現地事情にある程度詳しい僕が詳しく解説していきます。

結論を先に言うと、ヤンゴン国際空港から市内(ダウンタウン)までの行き方はタクシーかバスの2通りです。

それぞれの料金や所要時間など詳しく解説していくので、旅行の参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

ちなみに、日本からミャンマー最大都市ヤンゴンへの航空券は、最低価格保証付きのサプライスかホテルとセットで大きく割引になるエクスペディアを利用するのがおすすめですよ。

ヤンゴン国際空港から市内(ダウンタウン)までの行き方は2通り

繰り返しますが、ヤンゴン国際空港から市内(ダウンタウン)までの行き方は

  • タクシー
  • バス

の2通りです。

ちなみに、ダウンタウン(Downtown)とはヤンゴン南部の碁盤目状のストリートとコロニアル建築が立ち並ぶエリアのことで、ヤンゴンで最も活気がある場所と言われています。

▼ダウンタウンの場所

多くのホテル(特にバックパッカー向けゲストハウスといった安宿)がこのダウンタウンに集中しているので、ヤンゴン観光の拠点となる場所になります。

▼ヤンゴンのホテルについてはこちらの記事にまとめています

あわせて読みたい
【1泊1000円以下多数】ヤンゴンのおすすめゲストハウス&ホステル12選【エリア別に安宿を紹介】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問に答えていきます...
あわせて読みたい
【1泊1万円以下も】ヤンゴンのおすすめ高級ホテル12選【5つ星のみ紹介】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマド(@guchiwo583)のぐちをです。 今回はこういった質問にお答えしていき...
あわせて読みたい
【2019年】ヤンゴンの日本人向けホテル8選【おすすめ日系ホテル・日本語スタッフ情報など】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった疑問にお答えしていき...

 

ヤンゴン国際空港から市内(ダウンタウン)までタクシーでの行き方

タクシーは、

  • 流しのタクシー
  • Grab

の2種類があります。

おすすめはGrabを利用すること

(引用:Grab.com)

タクシーを利用するならおすすめはGrabです。

Grabは、東南アジアを中心にタクシーの配車サービスを提供している会社になります。

Grab App
Grab App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

 

ミャンマーでは2019年5月現在、ヤンゴンのみでGrabを使うことができます。

Grabには以下のメリットがありますよ。

Grabタクシーのメリット
  • 距離に応じて料金が事前に決まる(ボラれる心配がない)
  • 運転手に行き先を言う必要がない
  • クレジットカード払いができる

デメリットは、インターネットが使えないと利用不可なところでしょうか。

ただし、ヤンゴン国際空港でSIMカードを購入すればすぐにインターネットを利用することができるので、あまりその心配は必要ありませんね。

▼ミャンマーのSIMカードについて詳しくはこちら

あわせて読みたい
【2019年】ミャンマーSIMカード3社の料金や特徴を詳しく解説【旅行ならtelenorが1番おすすめです】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(guchiwo583)です。 という方向けに、今回は度々ミャンマーを...

使っているスマホがSIMフリーでないと、海外のSIMカードを利用することができません。事前にSIMフリー化を行ってから海外SIMを利用しましょう。

お使いのスマホがSIMフリーでない場合は、グローバルWiFiなどのレンタルWi-Fiを利用する方法もありますよ。

料金と所要時間についてですが、ヤンゴン国際空港からダウンタウンまでGrabを利用した場合、行き先にもよりますが大体料金は8,000~10,000チャット(約580~720円)くらいになります。

所要時間は道路が空いていると約40分~1時間程度ですが、渋滞していると1時間30分以上かかってしまいます。

流しのタクシーについて

流しのタクシーはGrabとは違い、もちろんアプリを使わずに利用ができます。

ただし、運転手が外国人料金を要求してくる場合があり、そうするとGrabの1.5~2倍ほど高くなる傾向があります。

相場としては、10,000~15,000チャット(約720~1,080円)をみておくと良いでしょう。

所要時間は同じ道を通るので、一切Grabと変わりません。

ぐちを
ぐちを
 最近はGrabの普及で利用客が奪われたせいか、空港でのタクシーへの勧誘も激しくなっているので注意しましょう。ただ流しだと危険とかは特にないので、金額面で気にしなければ全然使って大丈夫です!

 

ヤンゴン国際空港から市内(ダウンタウン)までバスでの行き方

エアポート・バス(Airport Bus)と呼ばれる赤い車体のバスが、ヤンゴン国際空港からダウンタウンのスーレー・パゴダ(Sule Pagoda)を経由し、ヤンゴン中央駅(Yangon Central Railway Station)までを結んでいます。

YBSというヤンゴンを走る路線バスの1サービスです。

エアポート・バスは途中、ショッピングモールや高級ホテルが付近に隣接するミャンマー・プラザ(Myanmar Plaza)や、観光名所であるシュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda)といった停留所を経由します。

エアポート・バスの停留所

停留所は全部で18ヵ所ありますが、ダウンタウンまで出たいなら降車地はスーレー・スクエアかスーレー・パゴダにすると良いですね。

ちなみにこちらのエアポート・バスですが、料金が一律500チャット(約35円)とタクシーに比べるとだいぶ破格です。

タクシーとほぼ同じ道を通るので、所要時間もタクシーとほとんど同じ。

なので、基本的にエアポート・バスを利用するのが無難かと思います。

バスでスーレー・パゴダまで出てそこからGrabを呼ぶ手もありますので。

参考までに、エアポート・バスのデメリットも共有しておきますね。

エアポート・バスのデメリット
  • 停留所が分かりにくい
  • 運転が荒い
  • 大きい荷物の置き場所が少ない
  • エアコンが強め

ヤンゴン国際空港のエアポート・バス停留所は、到着ゲートを出てケンタッキー(KFC)を通り過ぎた先の、道路を渡ったところにあります。

 

まとめ:ヤンゴン国際空港から市内(ダウンタウン)までの行き方はエアポート・バスが最安

以上、ヤンゴン国際空港から市内(ダウンタウン)までの行き方でした。

タクシーとエアポート・バスの2種類がありますが、エアポート・バスが片道35円と最安で所要時間もタクシーとさほど変わらないので、基本的にこちらを利用するのがおすすめですね。

タクシーを利用したい人であれば、Grab利用がおすすめですよ。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

それでは良い旅を(^^)

▼ヤンゴンの観光情報まとめはこちら

あわせて読みたい
【2019年】ヤンゴンの観光情報まとめ【伝統と最先端が集うミャンマー最大の都市です】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回は現地にある程度...