ぐちを(管理人)のnoteはこちら
アクセス

ヤンゴンからインレー湖(ニャウンシュエ)への行き方を詳しく解説【飛行機・バス・鉄道】

お得なキャンペーン情報

月額たったの500円で漫画や雑誌が読み放題の電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやタブレットで気軽に読めるので、とても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者さん
質問者さん

ヤンゴンからインレー湖に行きたいんですが、どういった方法で行けますか?

今回はこういった質問に答えていきます。

先に言っておくと、ヤンゴンからインレー湖へは複数の移動手段があり、値段や所要時間が異なります。

それぞれ詳しく解説していくので、インレー湖旅行を考えている人は3分くらい時間とってこの記事を読んでいただければと思いますm(__)m

 

インレー湖観光の拠点の町はニャウンシュエ

インレー湖観光の拠点はニャウンシュエ(Nyaung Shwe)という町になります。

なので、インレー湖観光はまずニャウンシュエに行くことが前提となります。

▼ニャウンシュエの場所

ちなみに、ニャウンシュエの町に入る手前にチェックポイントがあり、外国人はこちらでインレー湖の入場料(10USドル or 1万3,500チャット)を支払う必要があります。

 

ヤンゴンからインレー湖(ニャウンシュエ)までの行き方は3通り

ヤンゴンからインレー湖の玄関口であるニャウンシュエへの行き方は大きく以下の3通りあります。

  • 飛行機(おすすめ度★★★)
  • バス(おすすめ度★★☆)
  • 鉄道(おすすめ度★☆☆)

それぞれ詳しく解説していきますね。

 

ヤンゴンからインレー湖(ニャウンシュエ)まで飛行機での行き方

ヤンゴンからニャウンシュエまで飛行機で行く方法を解説していきます。

①ヤンゴン空港から飛行機でヘーホー空港へ移動

まずはヤンゴン空港から国内線でヘーホー(Heho)という町へ行きます。

ヘーホーはニャウンシュエから北西に15キロほどの場所にあり、インレー湖観光の空路の拠点となる町です。

▼ヘーホーの場所

ミャンマー国内線の検索と予約はエクスペディアが安いのでおすすめです。

ヤンゴンからヘーホーまでの所要時間は1時間くらいで、値段は片道100~150USドル(1万~1万5,000円)となっています。

ヤンゴン市内から空港までの移動手段はタクシー(Grabが安くておすすめ)か、エアポート・バスの2択があります。

市内から空港までは遠く、1時間(渋滞の時間だと1時間30分~2時間)くらいかかるので、余裕を持って空港まで移動しましょう。

▼ヤンゴンのエアポート・バスの詳細はこちらの記事で解説しています

あわせて読みたい
ヤンゴン国際空港から市内中心部までシャトルバス(YBS)が開通しました ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はヤンゴン国際空港から市内中心部まで走る空港シャトル...

②ヘーホー空港からタクシーでニャウンシュエへ移動

ヘーホー空港に到着したらタクシーでニャウンシュエまで移動します。

流しなので交渉が必要で、料金相場は2万チャット~2万5,000チャット(1,400~1,800円)くらいかと。

交渉が得意でない人は事前にチャーターを頼むという手もあります。

ドライバーが空港まで迎えに来てくれるので安心ですし、往復だと割引きもあり、最大人数でシェアすれば1人あたりの値段もそれほど高くはないです。

▶VELTRAでヘーホー空港からニャウンシュエまでの貸切チャーターを予約する

 

ヤンゴンからインレー湖(ニャウンシュエ)までバスでの行き方

続いて、ヤンゴンからニャウンシュエまでバスで行く方法を解説していきます。

①アウンミンガラー・バスターミナルからニャウンシュエ行き or タウンジー行きバスに乗車

ヤンゴン郊外のアウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーション(Aung Mingalar Highway Bus Station)から「ニャウンシュエ行き」か「タウンジー行き」のバスに乗車します。

直行となるニャウンシュエ行きは本数があまり多くないので、運悪くバスがなかった場合は乗り換えが必要なタウンジー行きに乗車することになります。

バスのチケットは、滞在している宿かヤンゴン中央駅前のバスチケット売り場で手配可能。

料金はどちらも1万5,000~2万チャット(1,000~2,000円)です。

所要時間は10時間くらいかかるので、移動は夜行バスがおすすめ。

VIPバスだと3列シートになるので、移動が格段に快適になりますよ。

空港と同様、ヤンゴン市内からバスターミナルまでの移動手段はタクシー(Grabが安い)かバスの2択です。

▼ヤンゴン市内からバスターミナルへの移動方法はこちらの記事で解説しています

あわせて読みたい
ヤンゴン市内から郊外にあるバスターミナルまでの行き方【バス(YBS)が1番お得】 ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問にお答えしていきます。 ...

②シュエニャウンで下車し、ニャウンシュエへ移動(タウンジー行きバスの場合)

タウンジー行きバスの場合、タウンジーのすぐ手前のシュエニャウン(Shwe Nyaung)という場所でバスを下車します。

シュエニャウンからは、タクシーかバイクタクシーに乗ってニャウンシュエまで移動しましょう。

ぐちを
ぐちを

シュエニャウンとニャウンシュエってややこしい…笑

ちなみに、シュエニャウンのバス停から徒歩10分のマーケットから地元民向けのニャウンシュエ行きピックアップ(トラックの荷台に乗る公共交通)が出ているらしいです。

ただ、僕は利用したことないので詳細不明です。

 

ヤンゴンからインレー湖(ニャウンシュエ)まで鉄道での行き方

すいません、紹介しといてなんですが、ヤンゴンからニャウンシュエまで鉄道で行くのは時間がかかり過ぎるのであまりおすすめできません。

とはいえ、鉄道での移動に挑戦してみたい強者向けに解説していきます。

①ヤンゴン中央駅からシュエニャウン駅へ移動

ヤンゴン中央駅からタウンジー行きの列車に乗車し、シュエニャウン駅で下車します。

駅の窓口で乗車券を購入可能。

所要時間は驚異の30時間…ヤンゴンを午前11時に発車し、シュエニャウンに着くのは翌日の17時です。

料金はアッパークラスが9,400チャット(680円)、オーディナリークラスが4,050チャット(300円)になります。

②シュエニャウンからニャウンシュエへタクシーで移動

シュエニャウン駅に到着したらバスと同様、タクシーかバイクタクシーでニャウンシュエまで移動しましょう。

詳細不明ですが、マーケット近くのピックアップに乗る手もあるようです。

 

おまけ:現地ツアーでヤンゴンからインレー湖観光もできます

実はヤンゴン発着の現地ツアーでインレー湖を日帰り観光することができます。

自力の移動は色々と自分で手配しないとなので、そういった心配が現地ツアーなら一切必要ありませんね。

その代わり朝はめちゃめちゃ早いですが、2名以上ならヤンゴンのホテルからの送迎・往復の国内航空券・現地インレー湖での日本語ガイド込みで1人あたり550USドル(6万円)弱なので、意外とお得に効率よく観光できる便利なツアーです。

VELTRAでヤンゴン発着インレー湖日帰りツアーを予約する

 

まとめ:ヤンゴンからインレー湖(ニャウンシュエ)までは飛行機かバスがおすすめの行き方です

飛行機・バス・鉄道の3通りの移動手段を解説しましたが、まとめると以下の通りです。

料金(片道) 所要時間(片道)
飛行機 1万〜1万5,000円 2時間〜3時間
バス 1,500〜2,500円 11〜12時間
鉄道 1,000〜2,000円 30時間

鉄道はあまりおすすめできないので、飛行機かバスの2択が基本です。

快適さをとるなら飛行機、コストをとるならバスですね。

インレー湖はシャン州を代表する景勝地なので、ぜひ1度訪れることをおすすめします。

というわけで、今回の記事は以上になります。

ミャンマー旅行の参考になれば嬉しいです(^^)

▼インレー湖のおすすめ宿はこちらの記事をどうぞ

あわせて読みたい
インレー湖(ニャウンシュエ)でおすすめの高級5つ星ホテル5選【1泊2万円前後】 こんにちはミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問に答えていきます。...
あわせて読みたい
【厳選5選】インレー湖(ニャウンシュエ)でおすすめのゲストハウス&ホステル【バックパッカー向け安宿】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問に答えていきます...

▼インレー湖で僕が撮影した写真を紹介しています

あわせて読みたい
写真37枚で振り返るインレー湖サンライズ&サンセット1日ボートツアー【2016年2月】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回は僕が2016年2月に参加したインレー湖...