ぐちを(管理人)のnoteはこちら
アクセス

【2019年版】ヤンゴンからバガンへの行き方を詳しく解説【飛行機・バス・鉄道での移動方法】

お得なキャンペーン情報

月額たったの500円で漫画や雑誌が読み放題の電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやタブレットで気軽に読めるので、とても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者さん
質問者さん

ヤンゴンからバガンへ行きたいのですが、どうやったら行けますか?

おすすめの移動手段があれば教えてください。

といった方向けに、今回はミャンマーの交通事情にある程度詳しい僕が解説していきます。

2019年のほぼ最新の情報を共有しています。

3分程度で読める記事なので、ヤンゴンからバガンへの移動の参考になるかと思います(^^)

ちなみに記事の後半でも解説していますが、現地オプショナルツアーでバガンを訪れる方法も共有していますので、合わせて検討してみてください。

▶︎ヤンゴン発着バガン日帰りツアーの詳細を見る

▶︎ヤンゴン発バガン1泊2日ツアーの詳細を見る

ヤンゴンからバガンへの行き方は3通り

結論を先に言うと、ヤンゴンからバガンへの行き方は3通りあります。

  • 飛行機(おすすめ度★★★)
  • バス(おすすめ度★★☆)
  • 鉄道(おすすめ度★☆☆)

所要時間や移動の大変さを考慮すると、おすすめ度は上記の通りです。

それぞれの移動方法を詳しく解説していきますね。

 

ヤンゴンからバガンまで飛行機での行き方

まず最初に、ヤンゴンからバガンまで飛行機での移動方法を解説していきます。

①ヤンゴン空港から国内線でニャウンウー空港まで移動

飛行機は単純で、ヤンゴン空港からミャンマーの国内線でバガンまで行くだけです。

運行会社はミャンマー・ナショナル・エアラインで、所要時間は1時間20分、料金は片道1万4,000〜1万5,000円程度です。

ミャンマーの航空券はエクスペディアで一括検索すると便利です。

▶︎エクスペディアでミャンマーの国内線を一括検索する

バガンと入力すれば普通に出てきますが、バガンの空港は、ニャウンウー空港(Nyaung-U Airport)という名前で、バガン空港ではないので注意。

ヤンゴン国際空港はヤンゴン市内中心部から離れていて、タクシーかバスで1時間、渋滞だと1〜1時間30分程度かかります。

▼ヤンゴン国際空港の場所

なので、空港へ行く際は早めの移動を心がけましょう。

タクシーの場合、Grabなら安くてぼったくりの心配もないのでおすすめです。

Grab App
Grab App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

また、ダウンタウンのスーレー・パゴダ前から出ている赤い車体のエアポート・バス(Airport Bus)で行くことも可能で、こちらは片道わずか500チャット(35円)です。

▼ヤンゴン空港へのエアポート・バスはこちらの記事で詳しく解説してます

あわせて読みたい
ヤンゴン国際空港から市内中心部までシャトルバス(YBS)が開通しました ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はヤンゴン国際空港から市内中心部まで走る空港シャトル...

②ニャウンウー空港からタクシーでバガンのホテルへ移動

ニャウンウー空港に到着したら、タクシーバガンのホテルまで移動しましょう。

バガンのホテルは、

  • ニャウンウー(バガン最大の町/空港から5分程度)
  • オールド・バガン(バガンの遺跡群に近い/空港から15分程度)
  • ニュー・バガン(郊外の静かな町/空港から15分程度)

と立地が3エリアに分かれています。

バガンではGrabはまだ利用できないためタクシーは流しのみで、料金の相場はニャウンウーまでは8,000〜1万チャット(570〜720円)、オールド・バガンやニュー・バガンまでは1万5,000〜1万8,000チャット(1080〜1300円)くらいかと。

バガンは観光地でタクシーはかなりボッてくるケースも多いので、値下げ交渉はした方がいいです。

英語や交渉が苦手な人は、事前にタクシーをチャーターしておくという手もあります。

こちらは空港までドライバーが迎えに来てもらえ安心、往復割引もありとなっていて、最大人数でシェアすれば1人あたりもそれほどかからないのでおすすめです。

▶︎ニャウンウー空港からバガンのホテルへのチャータータクシーを予約する

 

ヤンゴンからバガンまでバスでの行き方

次に、バスでの移動方法を詳しく解説していきます。

①アウンミンガラー・バスターミナルからバガン行きのバスに乗車

ヤンゴン郊外のアウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーション(Aung Mingalar Highway Bus Station)からバガン(ニャウンウー)行きのバスに乗車します。

バスチケットはバスターミナルでも購入可能ですが、事前に手配しておくと安心です。

事前に手配するには、

といった方法があります。

▼ヤンゴン・セントラル駅前のバスチケット・オフィスの場所

所要時間は約10時間で、料金はバス会社やバスのグレードにもよって10〜20USドル(1100〜2200円)の範囲程度になります。

バガンまでは長距離移動なので、夜行バスで移動するのが無難です。

バス移動は長くて疲れますが、VIPバスなら3列シートで足元も広いので、おすすめ。

ぐちを
ぐちを
個人的におすすめのVIPバス会社はJJ Expressですね。

ヤンゴン市内中心部からバスターミナルまではタクシー(Grabがおすすめ)か200チャット(15円)で利用可能なYBSの36番バスを利用しましょう。

▼ヤンゴン市内からバスターミナルまでの移動方法はこちらの記事でも解説しています

あわせて読みたい
ヤンゴン市内から郊外にあるバスターミナルまでの行き方【バス(YBS)が1番お得】 ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問にお答えしていきます。 ...

②バガンのバスターミナルからタクシーやサイカーでホテルまで移動

ヤンゴンからのバガン行きバスは、ニャウンウーのシュエピー・ハイウェイ・バスステーション(Shwe Pyi Highway Bus Station)に到着します。

▼シュエピー・ハイウェイ・バスステーションの場所

ここからバガンのホテルまではタクシーで移動します。

近くのニャウンウーまでなら、サイカー(ミャンマーの三輪車)も利用可能ですね。

夜行バスで早朝到着の場合、タクシードライバーはサンライズ鑑賞もセットで交渉してくることがあります。

ぐちを
ぐちを

ホテル移動ついでにサンライズも見られるので割とおすすめです。

その場合、6時頃にサンライズ鑑賞→7時頃にホテルへ移動となり、トータルで2万5,000チャット(1800円)くらいです。

バスの車内は冷房ガンガンの可能性があります。また、バガンは乾燥地帯で、朝晩は冷え込む時があるので、上着を持っておきましょう。

▼僕は海外旅行はいつも軽量で暖かいウルトラライトダウンです

 

ヤンゴンからバガンまで鉄道での行き方

最後に、あまりおすすめできない移動手段ですが、鉄道での移動方法も解説していきます。

①ヤンゴン・セントラル駅からバガン駅まで列車で移動

ヤンゴン・セントラル駅からバガン駅まで長距離列車で移動します。

列車は16時ヤンゴン発で、所要時間は17時間、翌朝9時にバガンに到着というかなりの長時間移動です。

列車の予約はMyanmar Train Ticketという英語サイトから予約可能で、料金は20USドル(2,200円)になります。

直接窓口で購入すればもう少し安くなる可能性もありますが、未確認です。

②バガン駅からタクシーでホテルまで移動

僕は列車移動の経験がないので詳細不明ですが、バガン駅に着いたら飛行機やバスと同様、タクシーでバガンのホテルまで移動すればOKだと思います。

値段は交渉制なので、ある程度の値下げは必ず行った方がいいですね。

 

おまけ:ヤンゴン発着の現地ツアーでバガン日帰り観光もできます

実はヤンゴン発着でバガンを観光できる現地オプショナルツアーがあります。

こちらは、

  • 日帰りでバガン遺跡を観光
  • 1泊2日でバガン遺跡+近郊のポッパ山を観光(おすすめ)

の2種類があり、特に後者の1泊2日ツアーが内容的にもおすすめです。

ツアーは朝早くの出発ですが、往復航空券や諸々の移動がすべてが込み、また日本語ガイドもつくので、実質かなりおトクな内容となっています。

自力で移動するよりも圧倒的に楽なので、ぜひ検討してみてください。

▶︎ヤンゴン発着バガン日帰りツアーの詳細を見る

▶︎ヤンゴン発バガン1泊2日ツアーの詳細を見る

 

まとめ:ヤンゴンからバガンまでは飛行機かバスでの行き方がおすすめです

以上、飛行機・バス・鉄道での移動解説でしたが、まとめると以下です。

料金(片道) 所要時間(片道)
飛行機 1万5,000〜2万円 2〜3時間
バス 2,000〜2,500円 10〜11時間
鉄道 2,000〜2,500円 17時間

飛行機かバスがおすすめですね。

快適さと速さなら飛行機、コストならバスになるでしょう。

また、ヤンゴン発着のバガン日帰りツアー1泊2日ツアーという選択肢も合わせておすすめです。

バガンは3,000以上もの遺跡が広大な土地にたたずむ世界三大仏教遺跡の1つで、ミャンマーを代表する観光地となっています。

ミャンマーを訪れる際は、せっかくなのでバガンを観光すると良いですよ。

というわけで今回の記事は以上となります。

それでは、良いミャンマー旅行を(^^)

▼バガンのおすすめ宿はこちらの記事をどうぞ

あわせて読みたい
【5つ星も紹介】バガンでおすすめの高級ホテル10選をエリア別に紹介 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問にお答えしていき...
あわせて読みたい
【2019年版】バガンのおすすめゲストハウス&ホステル5選【1泊2000円以下】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問にお答えしていき...