アクセス

【2019年版】ヤンゴンからバゴーへの行き方【鉄道・バスでの移動方法】

ぐちを
ぐちを
元学生バックパッカーで現海外ノマド、海外では特にミャンマーが好きで他に50ヵ国くらい渡航経験ありのぐちを(@guchiwo583)です。
ぐろーぶ君
ぐろーぶ君
ヤンゴンからバゴーへ行きたいんだけど、どうやったら行けるの?

という方向けの記事を用意しました。

結論を先に言うと、ヤンゴンからバゴーへは複数の移動手段があり、そのうち鉄道かバスがおすすめになります。

それぞれ解説していくので、バゴー旅行を控えている方はこの記事を参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

ちなみに、記事の後半で詳しく解説しますが、現地オプショナルツアーを利用してヤンゴンからバゴーを旅行することもできるので、合わせて検討してみてください。

▼バゴーの現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ

バゴーの現地オプショナルツアー(ヤンゴン発着)を調べる

また、日本からバゴーへ行くにはまずミャンマー最大都市のヤンゴンへ行くのが一般的です。

航空券は以下で調べることができますよ。

▼ヤンゴン行きの格安航空券検索はこちら

ヤンゴンからバゴーへの移動手段はいくつかある

バゴーの幹線道路

ヤンゴンからバゴーへの移動手段は、

  • 鉄道
  • バス(ミニバス)
  • タクシー
  • ピックアップ

といくつかあります。

そして、この中でおすすめは鉄道バスですね。

それぞれ詳しく解説していきます。

 

ヤンゴンからバゴーまで鉄道での行き方

まずは、ヤンゴンからバゴーまで鉄道での移動方法について解説します。

①ヤンゴン・セントラル駅から列車に乗りバゴー駅で下車

ヤンゴン中央駅の駅舎

まずは、ヤンゴン・セントラル駅(Yangon Central Railway Station)でチケットを購入し、列車に乗車します。

料金は列車によって若干異なりますが、アッパークラスが1,200〜1,600チャット(約90〜115円)、オーディナリークラスが600〜800チャット(約45〜60円)です。

▼ヤンゴン・セントラル駅の場所

バゴーが終点となる列車は存在せず、「マンダレー行き」や「ダウェイ・ポート行き」の列車に乗って途中、バゴー駅(Bago Railway Station)で下車する形となります。

▼バゴー駅の場所

バゴーまでの所要時間はおよそ1時間40分

列車は合計1日8本程度あり、6:00、8:00、11:00、15:00、17:00、20:30発などがあります。

実際のスケジュールは異なる場合があるので、現地で確認してください。

バゴー駅に到着したら、タクシーやバイクタクシーを利用して観光に出るか、予約したホテルへチェックインすればOKです。

帰りは①の逆をたどればOKです

帰りも鉄道にする場合は、①で解説した内容の逆をたどるだけです。

バゴーからヤンゴンへ行く列車は僕が調べた限り、12:11、15:23、18:56発の列車がありますが、時間が変更されている場合もあるので必ず現地で確認してください。

ぐちを
ぐちを
ちなみに、帰りは鉄道ではなく後述のバスを利用するのもありですよ。

 

ヤンゴンからバゴーまでバスでの行き方

続いて、バスによる移動方法を解説していきます。

ちなみに、バスでの移動方法は大きく2通りがあります。

方法①:アウンミンガラー・バスターミナルからバスに乗る

ヤンゴンのアウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーション

ヤンゴン郊外のアウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーション(Aung Mingalar Highway Bus Station)からバゴーを経由するバスに乗り、途中下車します。

▼アウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーションの場所

バス本数は多く、5:00〜19:00の間なら1時間に1本程度が運行されていて、所要時間は約2時間、料金は片道5,000チャット(約360円)です。

ぐちを
ぐちを
バスは外国人価格になるので鉄道より3倍くらい高いです。

バスチケットはバスターミナルで購入できますが、不安な人は事前にヤンゴンのホテルで手配するか、ヤンゴン・セントラル駅前のバスチケット・オフィスで買っておきましょう。

▼ヤンゴン・セントラル駅前のバスチケット・オフィスの場所

バゴーで下車したら、適当にタクシーかバイクタクシーを捕まえて観光するか、宿泊予定の人はホテルにチェックインすればOKですね。

バスはバゴーのバスターミナルか、幹線道路「Yangon – Mandalay Highway」沿いで停車して降りるパターンのどちらかになります。

バゴーの幹線道路沿いにはバス会社のオフィスがあって帰りのバスチケットもここで購入できますが、こちらは外国人価格を取られて割高になる場合があるので、鉄道か後述のミニバスを利用する方がおすすめです。

方法②:ソーブワージーゴンのバス停からミニバスに乗車する

ヤンゴン行きのミニバス(バゴー)

ヤンゴン国際空港近くのソーブワージーゴン(Saw Bwar Gyi Gone)と呼ばれるバス停から、バゴー行きのミニバスが出ています。

▼ソーブワージーゴンバス停の場所

こちらは片道1,000〜2,000チャット(約70〜140円)とアウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーションから出発しているバスより安いです。

ただし、荷物が多くて座席を占領するとその席の分運賃を請求されます。

また、バスが中古でボロいので故障やパンクはかなり頻繁にある感じがしました。

ぐちを
ぐちを
僕が利用した時もパンクして、後続のバスに乗り換えさせられました。

正直に言うと、ヤンゴン市内中心部からソーブワージーゴンのバス停まで行くのがそもそも面倒なので、ヤンゴンからこのミニバスに乗るのはあまりおすすめではありません。

ダウンタウン近くから出ている鉄道か、36番バスでわずか15円でアクセス可能なアウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーションからのバスを利用する方が無難です。

ただし、帰りのバゴーからヤンゴンに限ってはこのミニバスを利用するのはアリ。

と言うのも、ヤンゴン行きのミニバスはバゴーの幹線道路「Yangon – Mandalay Highway」沿いでお客さんを拾っているので、外国人旅行者もそれに便乗できます。

バゴーのホテルからこの幹線道路へのアクセスも良く、ミニバスの本数も多いので利便性が高いです。

 

ピックアップやタクシーの直接交渉での行き方はおすすめしません

ピックアップ(マンダレー)

アウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーションやソーブワージーゴンのバス停付近からは、ピックアップ(トラックの荷台に乗る移動手段)も出ていますが、人数が集まらないと出発しない(=常に地元の利用者で混雑する)ので利用しにくいです。

また、ヤンゴンからタクシーで行く場合は値段交渉が必須で、外国人は高く取られる可能性があります。

 

おまけ:ヤンゴン発着の現地ツアーでバゴー観光もできます

ミャンマーの女性とウーベイン橋(引用:Pixabay)

ちなみに、ヤンゴン発着の現地オプショナルツアーでバゴーを観光することも可能です。

自力での移動が面倒だなという人は、こちらを利用すると安心。

バゴーを代表する観光スポットの

  • シュエターリャウン寝仏
  • シュエモードー・パゴダ
  • チャッカワイン僧院

などを訪れることができますよ。

往復の移動や、バゴーでの観光、食事、日本語ガイドも込みの値段なので、割とお得だと思います。

バゴー観光だけでなくチャイティーヨ・パゴダ(ゴールデンロック)シュエダゴン・パゴダにも行けるプランもあるので、好みのツアーを選んでみてください。

▼バゴーの現地オプショナルツアーはベルトラがおすすめ

バゴーの現地オプショナルツアー(ヤンゴン発着)を調べる

 

まとめ:ヤンゴンからバゴーまでは基本的に鉄道での行き方がおすすめです

シュエターリャウン寝仏(バゴー)

以上、ヤンゴンからバゴーへの行き方の解説でした。

簡単にまとめると以下です。

  • 本数少ないけど行き帰り含め、鉄道が1番おすすめ(バスは高い)
  • 帰りに限ってはミニバスを利用するのもアリ(帰りのミニバスは楽)
  • ピックアップやタクシーは利用しない方が良い
  • 現地オプショナルツアーを利用するのもおすすめ

バゴーはミャンマーの古都で、最大都市ヤンゴンからも近く観光にもおすすめの場所。

時間があれば、ヤンゴン旅行のついでに足を運んでみてください(^^)

▼ヤンゴン行きの格安航空券検索はこちら

ミャンマーでネットを使う
  1. レンタルWiFi
    WiFiのモバイル端末を空港や宅配でレンタルし、使用後に返却します。大手キャリアの海外パケット通信より安価で、SIMの操作も不要なのがメリット。ミャンマー旅行であればグローバルWiFiの4G高速プランがおすすめです。
  2. SIMカード
    現地で使用可能なSIMカードを購入し、現地の販売員に頼むか、もしくは各自で設定します。レンタルWiFiよりも安価ですが、設定が多少複雑で、SIMフリーのスマホでないと利用できないのがデメリット。ミャンマー旅行であればtelenorといった現地SIMか、タイAISのアジア周遊SIM「SIM2Fly」をネット通販で購入するのがおすすめです。自分で設定する場合はSIMカードケースホルダー&ピンの用意も忘れずに!