アクセス

【2019年】ヤンゴンからバゴーへの行き方を詳しく解説【鉄道やバスでの移動方法と現地ツアー情報】

お得なキャンペーン情報

月額たったの500円で漫画や雑誌が読み放題の電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやタブレットで気軽に読めるので、とても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者さん
質問者さん

ヤンゴンから日帰りでいけるらしいバゴーへ行きたいのですが、自力で行くならどんな移動手段がありますか?

という方向けに、今回は現地の移動手段に詳しい僕が解説していきます。

結論を先に言うと、ヤンゴンからバゴーへは鉄道かバスで移動できます。

2019年のほぼ最新情報を共有しているので、バゴー観光を控えている方は、3分程度で読めるこの記事を参考にしてもらえると嬉しいです(^^)

ちなみに、ヤンゴンからバゴーへは現地オプショナルツアーでサクッと観光もできちゃうので、合わせてご検討ください(記事の後半でも詳しく解説してます)。

また、日本からヤンゴンへの航空券は最低価格保証付きのサプライスか、ホテルとセットで割引になるエクスペディアを利用するのがおすすめですよ。

ヤンゴンからバゴーへの行き方はいくつかある

ヤンゴンからバゴーへの行き方は、鉄道・バス(ミニバス)・タクシー・ピックアップといくつかあります。

おすすめは、

  • 鉄道
  • バス(ミニバス)

2通りです

この2つでどちらがおすすめかと言われるとケースバイケースですか、基本的には鉄道の方がおすすめですね。

それぞれ詳しく解説していきます。

 

ヤンゴンからバゴーまで鉄道での行き方

まずは、ヤンゴンからバゴーまで鉄道での移動方法です。

①ヤンゴン・セントラル駅から列車に乗りバゴー駅で下車

ヤンゴン、ダウンタウンのヤンゴン・セントラル駅(Yangon Central Railway Station)から列車に乗車します。

▼ヤンゴン・セントラル駅の場所

マンダレーやダウェイ・ポート行きの列車が途中バゴー駅(Bago Railway Station)に停車します。

バゴー駅が終点の列車はありません。

列車は合計1日8本程度あり、バゴーまでの所要時間はおよそ1時間40分

6:00、8:00、11:00、15:00、17:00、20:30発などがあります(※実際のスケジュールは現地で確認してください)。

料金は、アッパークラスが1,200〜1,600チャット(90〜115円)、オーディナリークラスが600〜800チャット(45〜60円)です(列車によって異なります)。

バゴー駅に到着したらタクシー、バイクタクシーで観光するか、ホテルへチェックインすればOKですね。

ぐちを
ぐちを
帰り列車の時間をあらかじめ確認しておきましょう。

帰りは①の逆をたどればOKです

バゴーからヤンゴンへの帰りは①で解説した内容の逆をたどればOKです。

バゴー→ヤンゴンの列車は僕が調べた限り12:11、15:23、18:56発の列車がありますが、時間が変更されている場合もあるので必ず現地で確認しましょう。

帰りは鉄道じゃなくてこの後に解説するバスを利用するのもアリですよ。

 

ヤンゴンからバゴーまでバスでの行き方

続いて、バスによる移動方法を解説していきます。

バスでの移動方法は実は2通りあります。

方法①:アウンミンガラー・バスターミナルからバスに乗る

ヤンゴン郊外のアウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーション(Aung Mingalar Highway Bus Station)からバゴーに向かうバスに乗り、途中下車します。

ヤンゴン市内中心部のダウンタウンからバスターミナルまでは、タクシー(Grabがおすすめ)かYBSの36番バスでアクセスできます。

▼ヤンゴン市内からバスターミナルまでの行き方はこちらの記事で解説してます

あわせて読みたい
【2019年】ヤンゴン市内(ダウンタウン)からバスターミナルまでの行き方【36番バスかGrabがおすすめ】元学生バックパッカーで現海外ノマド、海外では特にミャンマーが好きで他に50ヵ国くらい渡航経験ありのぐちを(@guchiwo583)です。...

バス本数は多く、5:00〜19:00の間なら1時間に1本程度が運行されていて、所要時間は約2時間、料金は外国人価格で片道5,000チャット(360円)です。

ぐちを
ぐちを
鉄道より3倍くらい高いですね…。

バスチケットはバスターミナルで購入できます。

不安な人は事前にヤンゴンのホテルで手配するか、ヤンゴン・セントラル駅前のバスチケット・オフィスで購入もできますが、バゴーまでなら本数も多いのでそこまでする必要はあまりないかと。

バゴーで下車したら適当にタクシーかバイクタクシーを捕まえて観光するか宿泊予定の人はホテルにチェックインすればOKですね。

▼バゴーで下車する場所は大体この辺りです(途中下車なので割と適当)

バスを降りたところにはバス会社もあって、帰りのバスも購入できますが、こちらは外国人価格取られて割高なので、鉄道か後述のミニバスを利用する方が無難です。

方法②:ソーブワージーゴンバス停からミニバスに乗車する

ヤンゴン国際空港近くのソーブワージーゴン(Saw Bwar Gyi Gone)と呼ばれるバス停からバゴー行きのミニバスが出ています。

▼ソーブワージーゴンバス停の場所

こちらは片道1,000〜2,000チャット(70〜140円)とアウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーションから出発しているバスより安いですが、荷物が多くて座席を占領するとその人数分請求されます。

あと、バスが中古でボロいので故障やパンクは結構頻繁にあります。

ぐちを
ぐちを

僕が利用した時もパンクして、後続のバスに乗り換えさせられました。

正直に言うと、ヤンゴンからこのミニバスに乗るのはおすすめしません。

わざわざソーブワージーゴンのバス停までタクシーで行くのがそもそも面倒なので、鉄道かアウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーションからのバスを利用する方が良いです。

ただし、帰りのバゴーからヤンゴンに限ってはこのミニバスを利用するのはアリ。

と言うのも、ヤンゴン行きのミニバスはバゴーの幹線道路(Yangon – Mandalay Highway)沿いでお客さんを拾っているので、外国人もそれに便乗できます。

バゴーのホテルからこの幹線道路へのアクセスも良く、ミニバスの本数も多いので利便性が高いですね。

 

ピックアップやタクシーの直接交渉での行き方はおすすめしません

アウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーションやソーブワージーゴンからは、ピックアップ(トラックの荷台に乗る移動手段)も出ていますが、人数が集まらないと出発しない(=常に地元の利用者で混雑する)ので利用しにくいです。

また、ヤンゴンからタクシーで行く場合も、交渉が必要で、外国人は高く取られます。

ぐちを
ぐちを

特に今ヤンゴンはGrabの普及で流しのタクシーは外国人から稼ぎにくくなっているので、余計に稼げるところから稼いでやろうという心理がドライバーによっては働いている可能性もありますね。

あと、ドライバーの気分で観光させられたり、知り合いのお店に連れてかれたりすることも無きにしもあらずです。

自力で交渉してタクシーを使うよりは、後述の現地オプショナルツアーに参加する方が良いですよ。

 

おまけ:ヤンゴン発着の現地ツアーでバゴー観光もできます

ヤンゴン発着でバゴーを観光できる現地オプショナルツアーに参加するのもアリです。

自力での移動が面倒だなという人は、こちらを利用すると安心。

往復の移動や、バゴーでの観光、食事、日本語ガイドも込みの値段なので、割とお得だと思います。

現地オプショナルツアーだからこそできる価格設定ですね。

バゴー観光だけでなくチャイティーヨ・パゴダ(ゴールデンロック)やシュエダゴン・パゴダにも行けたりと、いくつかツアーの種類があるので、スケジュールと相談して検討してみてください。

 

まとめ:ヤンゴンからバゴーまでは基本的に鉄道での行き方がおすすめです

以上、ヤンゴンからバゴーへの行き方の解説でした。

ちょっと色々あってごちゃごちゃしちゃったので、簡単にまとめると以下です。

  • 本数少ないけど行き帰り含め、鉄道が1番おすすめ(バスは高い)
  • 帰りに限ってはミニバスを利用するのもアリ(帰りのミニバスは楽)
  • ピックアップは利用しない方が良い
  • タクシーを使うなら現地ツアーに参加するべき

あくまでも個人的な意見ですが、だいたいこんな感じです。

まあ、自力で行くなら基本的に鉄道が無難ですね。

バゴーはモン文化が栄えたミャンマーの古都で、最大都市ヤンゴンからも近く、観光にもおすすめの場所です。

ヤンゴン発着の現地オプショナルツアーもあるので、ぜひ時間があれば足を運んでみましょう。

というわけで今回の記事は以上となります。

それでは良いミャンマー旅行を(^^)

▼バゴーのおすすめホテルはこちら

あわせて読みたい
【2019年】バゴーでおすすめのホテル5選【市内中心部の格安・中級ホテルを紹介】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回は現地のホテル事...

▼バゴーの観光情報まとめはこちら

あわせて読みたい
【ミャンマー】バゴーの観光情報まとめ【巨大寝仏で有名な旧ペグー朝時代の都です】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回は現地にある程度...