アクセス

【2019年】ヤンゴンからマンダレーへの行き方を解説【飛行機・バス・鉄道での移動方法】

お得なキャンペーン情報

月額たったの500円で漫画や雑誌が読み放題の電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやタブレットで気軽に読めるので、とても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。

質問者さん
質問者さん

ヤンゴンからマンダレーへ行きたいのですが、どうやって行くことができますか?

という方向けに、今回は記事を書いていきます。

ミャンマーの最大都市ヤンゴンから第2都市のマンダレーへの移動を検討している方は、3分程度で読めるこちらの記事が参考になるかと思います(^^)

ちなみに、日本からヤンゴンへの航空券はskyticketExpediaの航空券+ホテルで調べるのがおすすめですよ。

ヤンゴンからマンダレーへの行き方は3通り

結論を先に言うと、ヤンゴンからマンダレーへの行き方は3通りあります。

  • 飛行機(おすすめ度★★★)
  • バス(おすすめ度★★☆)
  • 鉄道(おすすめ度★☆☆)

所要時間や移動の楽さを考慮すると、おすすめ度は上記の通りです。

それぞれの移動方法を詳しく解説していきますね。

 

ヤンゴンからマンダレーまで飛行機での行き方

まずは、ヤンゴンからマンダレーまで飛行機での移動方法を解説します。

①ヤンゴン空港から国内線でマンダレー空港へ移動

まずはヤンゴン空港から国内線でマンダレーまで行きます。

運行会社は、ミャンマー・ナショナル・エアラインで、所要時間は1時間程度、料金は片道1万5,000円程度になります。

ミャンマーの航空券はエクスペディアで一括検索すると便利です。

▶︎エクスペディアでミャンマーの国内線を一括検索する

ヤンゴン空港はヤンゴン市内中心部から離れていて、タクシーかバスで1時間、渋滞だと1〜1時間30分程度かかるので、早めの移動を心がけましょう。

タクシーの場合、Grabが安くてボラれる心配もないのでおすすめです。

Grab App
Grab App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

バスはスーレー・パゴダ前から出ているエアポート・バスを利用すると片道わずか500チャット(35円)で空港まで行くことができます。

▼ヤンゴン空港へのエアポート・バスはこちらの記事で詳しく解説してます

あわせて読みたい
ヤンゴン国際空港から市内中心部までシャトルバス(YBS)が開通しました ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はヤンゴン国際空港から市内中心部まで走る空港シャトル...

②マンダレー空港からタクシーでマンダレー市内へ移動

マンダレー空港に到着したら、タクシーでマンダレー市内まで移動します。

マンダレー空港は市内から30キロほどの郊外にあり、所要時間は1時間ほどかかってしまいます。

料金は1万2,000〜1万5,000チャット(860〜1080円)程度が相場です。

交渉制なので、苦手な人は事前にチャーターを頼む手段もあります。

こちらはドライバーが空港まで迎えに来てくれるので安心、往復割引もありますし、最大人数でシェアすれば1人あたり12USドル程度です。

▶︎マンダレー空港からマンダレー市内までのチャータータクシーを予約する

 

ヤンゴンからマンダレーまでバスでの行き方

続いてヤンゴンからマンダレーまでバスでの移動方法です。

①アウンミンガラー・バスターミナルからマンダレー行きバスに乗車

ヤンゴン郊外のアウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーション(Aung Mingalar Highway Bus Station)から「マンダレー行き」のバスに乗ります。

バスチケットはバスターミナルでも購入可能ですが、売り切れの心配があるので事前に買っておくのが無難です。

事前の購入は泊まっているホテルで手配するか、ヤンゴン・セントラル駅前に並んでいるバス会社のチケット・オフィスで行うことができます。

▼ヤンゴン・セントラル駅前のバスチケット・オフィスの場所

所要時間はおよそ10時間で、料金はバス会社やバスのグレードによりますが、1万5,000〜2万チャット(1080〜1430円)程度になります。

VIPバスにすると3列シートでとても快適なので、おすすめ。

JJ Express等がVIPバスを運行しています。

空港と同様に、ヤンゴン市内からバスターミナルまではタクシー(Grabがおすすめ)かバス移動が必要です。

▼ヤンゴン市内からバスターミナルまでの移動方法はこちらの記事でも解説しています

あわせて読みたい
ヤンゴン市内から郊外にあるバスターミナルまでの行き方【バス(YBS)が1番お得】 ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問にお答えしていきます。 ...

②マンダレーのバスターミナルからタクシーでマンダレー市内へ移動

ほとんどの長距離バスは、マンダレー市内中心部から少し離れたチャンミャシュエピー・ハイウェイ・バスステーション(Chan Mya Shwe Pyi Highway Bus Station)に到着します。

▼チャンミャシュエピー・ハイウェイ・バスステーションの場所

ここからマンダレー市内中心部まではタクシーかバイクタクシーを利用しましょう。

バスを降りると客引きが寄ってくるので、そこで交渉すればOKです。

相場はタクシーで5,000チャット(360円)、バイクタクシーで2,000チャット(150円程度)程度かと。

外国人価格でボラれる場合があるので、ある程度の値下げは必須ですね。

バスの車内は冷房ガンガンの可能性があります。また、マンダレーは乾燥地帯で、朝晩は冷え込む時があるので、上着を持っておくと安心です。

▼僕は海外旅行はいつも軽量で暖かいウルトラライトダウンです

 

ヤンゴンからマンダレーまで鉄道での行き方

最後に、あまりおすすめではないですが、鉄道での移動方法も解説していきます。

①ヤンゴン・セントラル駅から長距離列車でマンダレー・セントラル駅行きの列車に乗車

ヤンゴン・セントラル駅からマンダレー行きの列車に乗ります。

列車は6時、15時、17時発の列車があり、所要時間はおよそ15時間ですが、遅れることも頻繁にあります。

料金はネット予約(アッパー・クラスのみ)で18USドルですね。

Myanmar Train Ticketというサイト(英語)から予約可能です。

直接窓口で購入すればもう少し安くなる可能性もありますが、未確認です。

ただ、いずれにせよ移動手段としては鉄道よりも断然バスの方がおすすめです。

鉄道の利点:鉄道駅はどちらも市内中心部に立地

鉄道の利点を挙げるとすれば、ヤンゴン・セントラル駅もマンダレー・セントラル駅もどちらも市内中心部に立地していることですね。

これについてはバス利用との決定的な違いですが、とはいえタクシー捕まえれば移動も楽チンですし、そこまで重視すべきポイントかと言うと、そうでもない気がします(笑)

 

おまけ:現地ツアーでヤンゴンからマンダレー日帰り観光ができます

実はヤンゴン発着の現地オプショナルツアーでマンダレーを日帰り観光することも可能です。

日帰りなので朝はかなり早めですが、往復航空券と諸々の移動すべてが込みなので、自力で移動するよりも圧倒的に楽ですね。

  • マハーガンダーヨン僧院
  • ウーベイン橋
  • マンダレー王宮
  • クトードー・パゴダ

といったマンダレーを代表する観光スポットを巡ることができます。

2名以上であればランチ、日本語ガイドも込みで480USドル(およそ5万円)なので、意外とリーズナブルです。

▶︎マンダレー日帰りツアー(ヤンゴン発着)の詳細を見る

 

まとめ:ヤンゴンからマンダレーまでは飛行機かバスがおすすめの行き方です

飛行機・バス・鉄道での移動方法を解説しましたが、まとめると以下です。

料金(片道) 所要時間(片道)
飛行機 1万5,000〜2万円 2〜3時間
バス 2,000〜2,500円 10〜11時間
鉄道 2,000円 15時間

飛行機かバスがおすすめですね。

快適さ時間を取るなら飛行機、コストを取るならバスです。

マンダレーは碁盤目状の古都で、日本で言えば京都のような場所。

観光にもおすすめなので、ぜひ1度足を運んでいただければと思います。

というわけで、今回の記事は以上です。

それでは良いミャンマー旅行を(^^)

▼マンダレーのおすすめ宿はこちらの記事をどうぞ

あわせて読みたい
【5つ星あり】マンダレーのおすすめ高級ホテル5選【1泊1万円代】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はミャンマーのホ...
あわせて読みたい
【2019年版】マンダレーでおすすめのゲストハウス&ホステル5選【1泊1000円以下】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回はマンダレーの安...

▼マンダレーの観光情報まとめはこちら

あわせて読みたい
【ミャンマー】マンダレーの観光情報まとめ【郊外にも見所多数ありな碁盤目状の古都です】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 という方向けに、今回は現地にある程度...