アクセス

【2019年版】チェンマイからヤンゴンまで陸路移動での行き方【メーソート・ミャワディ国境】

お得なキャンペーン情報

ソフトバンクグループが運営する電子書籍サービス「ブック放題」が1ヶ月無料キャンペーンを実施中!

海外旅行のオトモに最適な「るるぶ」も読み放題となっていて、大変お得です。

電子書籍なので海外旅行でも重い本を持ち運ぶことなく、スマホやタブレットで気軽に読めるので、とても便利ですよ。

▶︎1ヶ月無料で「ブック放題」を試してみる

こんにちは、ミャンマー好き海外ノマド(@guchiwo583)のぐちをです。

質問者さん
質問者さん
タイのチェンマイからミャンマーのヤンゴンまで陸路で行こうと思っています。どうやって行くのか、どのくらいの費用と時間がかかるのか知りたいです。

今回はこういった質問にお答えしていきます。

この記事を書いている僕は、実際のこの区間の陸路移動を3回経験した者です。

詳細を3分くらいで読める記事に分かりやすくまとめるので、旅行の参考に読んでもらえると嬉しいです(^^)

ちなみに、日本からチェンマイへの航空券はskyticketExpediaの航空券+ホテルで調べるのがおすすめですよ。

チェンマイからヤンゴンまでの陸路移動について

先に言っておくと、チェンマイからヤンゴンまでの陸路移動は1泊2日かかり、結構ハードです。

時間に余裕があるバックパッカー的な旅人向きの移動手段になります。

▼比較するとこんな感じです

所要時間 費用
空路 1時間(直行)、3時間(経由) 1万5,000~3万円くらい
陸路 2日 2,000~3,000円くらい

「2日かかってもハードでもいいから安く済ませたい」という人でなければ、おとなしく空路を利用しましょう。

▶︎格安航空券一括検索サイト「Skyticket」でヤンゴン行き航空券を探す

 

チェンマイからヤンゴンまで陸路移動での行き方

ここからは陸路移動をしたい人向けに具体的な移動方法を解説します。

チェンマイからメーソートまでバスで移動

まずは、チェンマイからミャンマー国境沿いの町「メーソート(Mae Sot)」までバスで移動します。

メーソート行きのバスは「アーケード・バスターミナル(Arcade Bus Terminal)」から。

チェンマイ市内からだとソンテウやトゥクトゥク、Grabでバスターミナルまで行くことができます。

▼アーケード・バスターミナルの場所

所要時間は7時間くらいです。

タイ・ミャンマー国境が開いている時間の関係から、バスの時間は早朝か夜(夜行バス)がおすすめ。

国境が開くする時間(6時)、閉まる時間(20時)に合わせたタイムスケジュールを組む必要があります。

タイとミャンマーの間には30分の時差があるのでご注意を。

また、直行バスがない場合は「ターク(Tak)」からミニバン(ロットゥ)に乗り継いで行くこともできます。

メーソートから国境を越えてミャワディーへ

メーソートのバスターミナルに着いたら、国境へ向かいます。

国境までは距離があるので、バイクタクシーやソンテウを利用しましょう。

バイクタクシーは交渉次第ですが50バーツ(170円)程度、ソンテウなら20バーツ(70円)です。

地図アプリ「Maps.me」でソンテウの乗り場「Songthraw to Myanmar border」の場所を確認できますよ。

MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション
MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション
開発元:MY COM
無料
posted withアプリーチ

 

国境は橋(タイとミャンマーの友好橋)になってので、橋を渡って出国・入国手続きを行います。

ミャンマーへの入国はビザが必要でしたが、2018年10月から試験的に1年間は日本人・韓国人を対象に免除されています。

▼ミャンマーのビザ免除についてはこちらの記事もどうぞ

あわせて読みたい
【結論】ミャンマーの観光ビザ免除について【最終報告です】 ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(guchiwo583)です。 今回は10月から行われる日本人・韓国人を対象とするミャンマ...

ミャワディ―からヤンゴンまでバスかシェアタクシーで移動

無事にミャンマーに入国したら、そこはミャワディ(Myawaddy)という町です。

ミャワディに着いてまず行うべきことは、ミャンマーの通貨「チャット(Kyat)」の入手。

ミャンマーで現地通貨「チャット」を入手するには、

  • ATMからおろす(手数料500円が基本取られる)
  • 通りの両替所で両替(USドルやタイ・バーツからで日本円は不可)

の2通りがあります。

タイ・バーツからミャンマー・チャットへの両替は、ミャワディだと良心的なレートの場所が多いです。

ただし、ミャンマーの他の都市では両替事情が異なってくるので注意が必要ですね。

▼詳しいミャンマーの両替事情についてはこちらの記事が参考になります

あわせて読みたい
【2019年最新版】ミャンマーでの両替の種類・注意点とお得なチャット入手方法とは? こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 ▼先日こんなツイートをしました ...

無事にチャットを入手できたら、ヤンゴンまでの移動手段を確保しましょう。

移動手段は、

  • バス
  • シェアタクシー

の2択で、料金はどちらも1500円程度です。

バスは早朝発か夜行バスになります。

日中の時間等はヤンゴンまで直行で行くことができない可能性もあり、その場合は途中のパアンやモーラミャインを経由する必要があります。

バスターミナルからヤンゴン市内までタクシーかバスで移動

大型バスであれば、ヤンゴンの「アウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーション(Aung Mingalar Highway Bus Station)」に着きます。

▼アウンミンガラー・ハイウェイ・バスステーションの場所

ここからヤンゴンの市内中心部までは、タクシーか路線バス(YBS)に乗る必要があります。

タクシーに乗る場合はGrabを使うと便利で、料金はだいたい9,000チャット(720円)程度になります。

バスはバスターミナルの外に36番のバス(黄色い車体)が止まっており、それに乗るとダウンタウンのスーレー・パゴダまでわずか200チャット(15円)で行けます。

このように、タクシーで直接行くか、YBSの36番バスを使って宿に向かえばOKですね。

▼ヤンゴンのおすすめホテルはこちらの記事で紹介しています

あわせて読みたい
【1泊1000円以下多数】ヤンゴンのおすすめゲストハウス&ホステル12選【エリア別に安宿を紹介】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった質問に答えていきます...
あわせて読みたい
【2019年】ヤンゴンの日本人向けホテル8選【おすすめ日系ホテル・日本語スタッフ情報など】 こんにちは、ミャンマー好き海外ノマドのぐちを(@guchiwo583)です。 今回はこういった疑問にお答えしていき...

まとめ:チェンマイからヤンゴンまでの陸路移動もあり

以上、チェンマイからヤンゴンまでの陸路移動の解説でした。

全体の行程をまとめると、

  • チェンマイからメーソートまでバスで移動
  • メーソートからミャンマー側のミャワディへ国境越え
  • ミャワディーからヤンゴンまでバスかシェアタクシーで移動
  • バスターミナルからヤンゴン市内までバスかタクシーで移動

になります。

移動の際の注意点としては、

  • 国境の開門時間は6時~20時まで
  • 入国後すぐミャンマーチャットを入手(日本円からの両替は不可)

ですね。

1泊2日を要し、移動時間も長くてハードですが、飛行機よりも格段に安く移動ができますし、道中の景色の変化もおもしろいので一度は陸路移動してみるのもありですよ。

というわけで、今回の記事は以上になります。

旅行の参考になれば幸いです(^^)